nanto-e.com archive

はれあたまダイアリー

いつも楽しく読ませていただいてきました。ちょっと自分でもやってみようかと思いました。

オールスターとじゃがいも

2008年07月01日
 母は巨人の大ファンだ。
 ラジオで野球放送を聞きながら野良仕事をする。
 「じゃがいもを掘り起こすのはオールスターゲーム
 のころ」
 母はいつもそう言って来た。
 だからもう少しあとの7月中旬から下旬ぐらい。
 
 でも、最近温暖化のせいか早まっている。
 今年はもうすっかり掘り起こされた。
 
 堀りたてのじゃがいもは
 つめできれいに薄い皮がむける。
 これがなかなか気持ちの良いもので
 包丁でむくより時間がかかるが止められない。
 今日は3個むいた。
 
 


 これはカレーライスになって
 今は家族のおなかの中にある。
 
 まだ採れだしたばかりで
 野菜君たちはまばゆいスターのようです。


今日のウイッシュリスト

・薬物中毒から抜け出す。

・やり手になる。

・大統領の演説原稿を書く。

「4001の願い」バーバラ・アン・キプファー編
         向井千秋・向井万起男 共著より

では明日また。




 
 

ちょっとほっと

2008年07月02日
 わたし、「城華」と言うチームに入って
 踊っております。
 
 今日キリンビール主催「富山キリン倶楽部」例会の
余興出演に行ってきました。
 

 演目は
 「コダイジン」
 「買い物ブギ」
 「羞恥心」
 「じゃんとこいむぎや」

 の4曲でした。


 笠置シヅ子の「買い物ブギ」は素晴らしい曲です。

 「羞恥心」はチームのみんなが入れ込んでいた。

 わたしはけっこうあざとくて
 まずどうしたらお客さんに喜んでもらえるかを
 考えてしまうので
 かっこいいとかは二の次にしてしまうので
 チームのみんなはけっこう苦労してます。

 でもこういうのをやると
 踊りの幅が広がるのよ。
 
 チームのみんなが楽しいのと
 お客さんに喜んでもらえる企画と
 その継ぎ目の高いところを目指し、
 形にならないまま
 今年もシーズンに突入です!!

上地命

2008年07月03日

 




写真は昨日の「買い物ブギ」の踊りです。

きのう、「羞恥心」も踊ってきた。

 帰りの車で一緒になったメンバーが
 話してくれたこと。

 この踊りの練習をするために
 他の人からDVDを借りて見て以来
 上地君の大ファンになってしまった。

 

 待ち受けはもちろん、ダウンロードした写真を
 喜々として見せてくれた。
 上地君のブログを合間を見ては覗くのはもちろん
 時には書き込む。
書き込む人が多いから
 読んでくれてるかわからないけど…
 映像を見たり歌声を聞いたり
 気がつくと2時を廻っていたり…
 
 と、ひっさしぶりの胸のときめきを
 彼女は話す。

 もうすぐ不惑をむかえるぐらいの彼女だけれど
 わたしも彼女くらいの時に
 同じようなことがあった。
 
 わたしのばやいは
 宝塚のトップスターだったが
 同じビデオを100回は見たと思う。
 見ては涙しため息をつき
 苦しいぐらいの思いだった。

 「好き」という気持ちは
 出そうと思って出てくるものではない。
 そしてこの気持ちは
 ダイナミックに人を変えてくれる。
 
 だから、とりあえず目出たいことだ。



  

「モンスターペアレンツ」が取り上げられる傾向

2008年07月04日
 学校にもの申すのはかなり勇気がいる。
 
 先生のご指導の中には
 「ン?」
 と思われるご指導もある。
 学校だけの常識になっていたり、
 先生はお気づきになっていないかもしれないけど
 子どもの力が削がれるような
 言動も聞いてきた。
 
 でも、わたしはほとんど何も言えなかった。
 やはり、子どもが人質という気もあったし、
 面倒を起こしたくないと気持ちもあった。
 
 子ども伝手に聞いていると
 うちの子だけが思っているのかな、とか。
 
 でも、上手に堂々と
 学校や担任の先生に指摘する方もいらした。
 そんなお母さん
 (わたしの知っている限り、たいがいお母さんだ った)を見ていて憧れた。

 いいことは褒め、気になるところは指摘する、
 それが学校と保護者の、
 何より子供たちのために大切なことだ。

 しかし、モンスターペアレンツ
 といった呼び方で
 一部のエキセントリックな保護者について
 このような騒がれ方をすると
 ますます、学校にものが言いにくくなるのではない かと心配しています。
 
 

プライド

2008年07月04日
 きょう、スーパーでトビウオが1匹58円だった。
 トビウオは同じ光り物系の魚の中でも
 飛び抜けて美しい青をしていて、
 鶴太郎さんとか描いてそう。
 
 


 母とダブってしまったので
 わたしのはコブ締めにしました。
 



 この間、菜彩屋へ行った時
 トビウオ8尾を230円で売っていた。

 思わず手を伸ばすわたしに
 スーパーの扉の奥から出てきたおじさんが
 「塩焼きにしても、コブ締めにしてもおいしい よ。」

 「生で食べれるが?」

 「福井であがったがいさかいバンバンやちゃ。」

 そのときのおじさんの顔が自信にあふれていて
 とても魅力的だった。

 プロの表情だった。

 自信を持って仕事をしている人の顔っていいね。

 

石崎光瑤さん

2008年07月05日
 今日、福光美術館の石崎光瑤展を見に行った。
 このブログがご縁で
 館長のほそみちさんにご案内いただいた。
 
 ブログを始めて10日余り、
 こういう素晴らしいことになるなんて
 ブログってダイナミックだわー。
 
 ということで、ほそみちさん
 本当にありがとうございました。
 一緒に行った連れも
 みんな口々によかったよかったと。
 わたしは鼻高々でございました。

 ご説明いただくと
 作品の時系列がよくわかり
 彼の人生も伝わってきた。

 極めては次へ、極めては次へ、
 飽くなき挑戦を続けた光瑤さん。

 常設展の 緻密な絵を拝見していた時は
 まじめでおとなしいオタクっぽい方なのかな
 と思っていたのだが
 全く違っていて
 前へ前へ、深く濃いいー人生を送られた、
 魅力的な男性だった。

 美術館て異空間。

 非日常を味わえる。
 
 とりあえずのこころチェンジにもとてもいいかも。

 

ギョッ!

2008年07月06日
 酔っぱらいのうちの人を迎えに行こうと
 車を運転していたら、
 ライトが前方に人影を映し出した。
 
 高齢の老人女性らしい。
 近くへ行くと
 なんとその女性は手招きしている。
 
 その、
 怖くて、
 黙って通り過ぎた。
 
 うちの人を乗せた帰りに
 もう一度そこを通ったら
 やはりその老女がとぼとぼ歩いている。

 車を止めて
 どこへ行くんですか?
 と聞いてもあやふやでハッキリしない。

 結局その方を車に乗せて
 希望されるお宅に行ったのだが
 誰もお見えにならない。
 自宅ではないようだ。

 警察に連絡して
 カタはついたのだが
 やはり少しボケが入っておられるようであった。

 思ったこと2つ

 ・南砺市ではこのようなことがこれから度々あるよ うな気がする。

 ・夜9時以降の道ばたでの老女の手招きはかなり、
 背筋がゾッとする。

 
 写真は自宅に生える半化粧。
 途中から葉の部分部分が真っ白になります。
 今が盛り。

中学生の好きな漢字

2008年07月07日
中国の文欄中学校生が福光中で
体験授業をされるというので
のぞかせてもらってきました。

中国の中学生の皆さん




自己紹介中


その授業で
福光中生は「自分の好きな漢字」一字を書いていた。

ゆめこさん




きずくさん





それから彼は「越」
どうしてこの字を選んだの?


「チャレンジって感じがして」

「いいねえ」


この字を選んだ人も。

井口からの転校生?


「どうしてこの字を選んだの?」

花言葉


なんて言う花言葉?


高潔なる理性


ひゃー、勉強になりましたm(_ _)m

二度寝

2008年07月08日
 ブログを始めたせいか 寝不足だ。

 朝、娘の弁当を作って
 娘が出かけてから
 恐ろしい雨が降っていたし
 また布団に入り込んだ。
 目が覚めたら
 6時45分。

 母がいつものように
 朝食を作ってくれていた。

 最近眠くて眠くて。

 時間を切る詰めるとしたら

 飲む
 

 時間しかない。
 
 アルコホーリックは生活の句読点のようなもの。
 句読点がない文章が読みにくいのと一緒で、
 人生のメリハリがなくなってしまってしまいそう。

 禁酒も何度かしてきたけど
 いつの間にかここにいる。

 おととい見かけない魚がスーパーにいました。


  

 名前は「イサキ」

 刺身にしたら こりこりで
 大変美味しゅうございました。 
 

 

 

命の終わり

2008年07月09日
3年前、ばあちゃんは、94歳で亡くなったが
死ぬ前の1年半は寝たきりでうちにいました。

ばあちゃんは誇り高い人だったので

「寝たきりになるのだけはいや。
 下の世話になるのは絶対イヤ。」

と、口ぐせのように言っていました。
そうならないようにと思っていると
そのことが心の中を占めてしまい
返ってそうなってしまう、
と聞いたことがありますが
その典型的な例のような気もしましたが、
ま、多かれ少なかれ世話にならずには
なかなか人生を終われないかもしれません。

寝つく前は
いつまでも生きていたくない、とか、
上に書いたようにマイナス思考で心配ばかりしていましたが
寝ついてからは
少しボケが入ったというか、

「なんか、うんまいもんないか」

しか言わなくなり
とてもナイスなばあちゃんになりました。

ボケは死ぬ準備のために神様がくださるんだな。
(ときに長いこともあるようですが)

うんまいもんないかだけだったばあちゃんが
ある時から

「だやい、だやい」

を連発するようになりました。

みんなだやいよ、とか
寝とればみんなだやいよ、とかわたしたちは言ってたけど

1ヶ月後にばあちゃんは
ご飯を食べている途中に死んでいきました。

死ぬ時のだやさだったんだな…。


実践倫理宏正会の「愛和」という雑誌に
終末期を見とってこられたお医者さま内藤いづみ氏が
死ぬ時の心の苦しみについて書いておられます。

「それは『いてもたってもいられない、底なし沼に引き込まれるような不快な感じ』だそうです。これが人が死んでいくときの、魂の苦しみだと思うんです。この状態になると、病院のホスピスでは薬で眠らせてしまうこともあり、患者さんは一見苦しむことなく静かに亡くなりますが、そのような心の痛みまで薬で押さえ込んでしまっていいのかという疑問が、私にはあります。」

「人には本来生む力、生まれる力と同様の『死ぬ力』が備わっているはずであり、それを助けるのが自分の役割だと思うようになりました。」

ばあちゃんのように、できたらわたしも
「死ぬ力」を発揮したいと今は思いますが、
もう少し間近まで行ったら変わるか、
今はわかりません。
















鳥の巣!

2008年07月10日
仕事場のパソコンの前は窓です。
その前の窓の外に
トチノキがあります。

その木に
鳥の巣が作ってありました。
ずっと座っています。
卵を抱いているよう。

鳩とスズメの間ぐらいの大きさです。

ちょっとぼけてますが。





これから毎日彼女に会えると思うとうれしいです。

みんなに自慢したくなります。


あなたは断れるか

2008年07月11日
私は12,3年前、宝塚のトップスターを
死ぬほど好きになった。
それ以来宝塚の観劇は続いている。
なので、宝塚友達も多い。

そして、ときどき話題に上るのが

「もし、(トップスターの)彼女から一夜を共にしたいと言われたら
断るか?」

という質問だ。

そして、みんな口を揃えて言うのは

「絶対断らない。」

巨人ファンで有名なSMAPの中居君も
原監督から誘われたら断らない、
と、何かの番組で言っていたのを
聞いたような気がする。

こういうのって「ホモセクシュアル」(性格にはバイセクシュアル?)に入るんだろうか、入らないんだろうか…?

先日撮りためてあった「ラストフレンズ」を
一気に見た。

上野樹里や瑛太といった魅力的な俳優さんたちだったが、性同一性障害、DV(ドメスティックバイオレンス)、児童への性虐待など、虐待や偏見などの暴力がてんこ盛りで、それで普通はこんなにきれいにまとまらないよなあ、と思ってみていた。

わたしは「CAP」
(子どもへの暴力防止プログラム)をやっているので
普段から「暴力」については日頃
何が暴力で何が心を傷つけるか、など
わりに意識している方かもしれない。

子どもが持っている力を出そうとすることを
大人が先回りして邪魔することが暴力だったり
一見暴力に見えない「優しい暴力」もある。

「差別」や「偏見」が
恐ろしい暴力であると改めて思う。

十数年前、出かけていった先の町の教育長さんが
ホモセクシュアルについて
「犬畜生にも劣る」と、
語られたのを聞いたことがある。
別に彼が悪いと言っているのではない。
知らないだけなのだから。
今は昔とは少し違ってきているかもしれないが。

「ホモセクシュアルは人口の10%ぐらいだと言われている。米国心理学会が1994年に発表した『ホモセクシュアリティについて』と題する声明にはこうある。『この10%という割合はそれぞれの文化の価値観や道徳観の違いにもかかわらず、驚くほどにどの文化にも共通している。また、社会の価値観の変化によってその人口が変わることもない。」
       「子どもと暴力」森田ゆり・岩波書店

10%というのは想像より
多い数字ではありませんか?

自分の性の嗜好について
偏見から明らかにできない人
また気付こうともしない人は
私たちの周りにもたくさんいらっしゃるのかもしれない。

というより、自分も本当はどっちなのだろう。





気になっちゃって

2008年07月12日
仕事場前に作られた鳥の巣
昨日無事に孵化しました。

無着色の小さめの梅干しみたいな
ひな鳥の頭が動くたび
気になって気になって
気もそぞろです。

ひなは3匹いる模様。
親鳥がえさを与えるとき、
シャッターチャンスをねらいますが
なかなかいい写真は撮れません。

ビデオカメラも引っ張り出してきました。


クリックしていただくと
雛が口を開けている様子がご覧いただけます。



今日は城華の臨時練習。
富山テレビさんの
じょうはな座の定期公演の取材のおまけで
城華も練習風景の取材を受けました。

若い女性アナウンサーの質問は
あまりむぎやや城端のことを
ご存じないような気もして
私の答えがかみ合っていない気もしました。

今週一週間は
もう少しこうすれば良かったかな、とか、
私に何か問題があったのだろうか、とか、
考えさせられることが多かったです。

その時はガマンしても
消化しきれずに
線香花火のように
しばらく経ってから
バチバチッ、バチバチッて
関係ないところではじいたりしてしまいます。

道は長し。

大きな礼状

2008年07月13日
先日、現場から帰っておいでた職場の人に

「これにお礼を書いてもらえんかね。」

と、この袋を見せられた。






筆まめな隣の席の彼女が
さらさらっと、お礼の言葉とポップなカラフルな絵を
かいてくれて、この幼稚園に送った。

それから2週間余り。

A4版の少し厚みのあるボコボコした封筒が届いた。

中から出てきたのがこのお礼状。






ちよのようちえん年長組さん58人からのお礼状。
大きさは35センチ×1.4m。
こんな大きなお礼状をいただいたのははじめて。

全体としてとてもいかしている。

先生からの丁寧なお手紙も添えてあり
エビでタイを釣ったような気がした。

またお返事を書こう。

ひな鳥報告続き

2008年07月14日
ひな鳥は4羽いる模様。
親鳥がやってくるとせいいっぱい
クビを伸ばして
えさを待つ様子は
何回見ても見飽きません。

親鳥はえさを与えたあと
ひな鳥の糞を食べているように見えます。

けっこう大きなえさで
ひな鳥ののどにつかえて
死んでしまうのではないかと思えるほどですが

えさを何回かひな鳥の口に入れては
入れ直し入れ直しして
大きなえさは小さなひな鳥の中に消えていきます。






4時過ぎに大きな雨が降ってきました。

羽を広げて座り巣を守る親鳥






雨に打たれてもじっと動かず耐えている様子は
けっこう感動的です。



継続

2008年07月15日
子どもたちは日に日に大きくなっていきます。

えさを待ちわびる子どもたち





あらまちがえちゃった。これは名古屋のおみやげ

こちらがひな







話を変えて…

11年前に禁煙しました。
わりに楽に禁煙される方もいらっしゃいますが
私はかなりつらかったです。

禁煙の助けになったのは
約束して知り合いと2人で始めたことと
インターネットの禁煙マラソンのページにある
「今○○日目です、がんばってます」
というような掲示板でした。
印刷してカバンの中に入れ
吸いたくなると見てました。

でも、禁煙できて
人生が少し変わった気がします。
禁煙は「自分に勝つ」あるいは
「自分をコントロールできた」感覚を
もたらしてくれました。

ずーっと達成感のない人生を送ってきて
初めて何だか「やった!」という感じでした。

「禁煙」は「継続」です。
継続が人を変えてくれることもわかりました。
だからそれ以来いろんな継続を試してやってます。

禁酒も何度も挑戦してきましたが
今度で何回目でしょうか。

只今6日目。

でも、こんな暑い日はビールが恋しいのよねえ。
あまり自信がありませんが、
ここに書けば歯止めになるかなと
期待して書いてみました。


梅雨明け

2008年07月16日
ほそみちさんがおっしゃるように
もう少しアップで撮れないかと
近づいてみましたが

何しろ昔のデジカメのせいか
拡大はこれがせいいっぱい

2階の窓から落ちないように
手を伸ばすのもこれがせいいっぱい











でもかわいいでしょう?

それが4匹いるんですが
えさをもらってるひなと
あまりもらえてないひなと格差があるみたいな
気がするんです。

ひなはさっきえさをもらっても
知らん顔して次も
えさくれえ、えさくれえ、と、口を開く。
遠慮とか気遣いとか
兄弟を思うとか全くありません。

弱肉強食の世界だから仕方がないことだと
テレビ番組だとそう思えるんですが
ここにいる4匹は
全員無事に育ってほしい!

おかあちゃん がんばれ!
夕方元気のなかった1匹 がんばれ!



夕方 ヒグラシが鳴いているのに気付きました。
いつ聞いてもなんとなく
センチメンタルになるこの声。

気がつくと立ち芙蓉が空へ向かって
泳いでます。





立ち芙蓉のてっぺんまで咲くと梅雨明けだって
この間聞いた話を思い出すくらい
てっぺんまで咲ききってました。

いいとことわるいとこ

2008年07月17日
今日のひなはぐったりのを







親鳥が行ってしまっても
しばらくみんなして
思いっきりクビを伸ばし
えさほしいポーズをすぐには止めないひなたち
しかし、そのうちに首がだんだん垂れてきて
巣の中にべちゃっとなります。

がま口みたいな口だけが
存在感あります。

写真には撮れませんでしたが
羽もだんだんそれらしくなって
目も開きかかっています。

親鳥はえさを一匹の口に入れては
また出し
他の子の口に入れてはまた出し
3匹目の子でやっとえさが収まりました。

よくわかりませんが
平等になるように考えてるのかな
とも思えます。


話は変わって…

娘の担任の先生は
ちょっとハンサム。

しかも、離婚により独り身。
(全く関係ないと言っちゃ関係ないんだけど(^_^;)

なので

個人懇談が



?涼しい。



それに

?伸びても苦でない。

ただ、

?他の保護者も時間が伸びがちで待たされる。

?話がきれい事で終わってしまいがち。


という残念なところもあります。

今日は前の方が25分も延びて
戸を開けて
「まだ終わりませんか?」
と、お尋ねしたくなりました。

そうしたらわたしはモンスター・ペアレンツ
と思われるかなと気になって止めました。

で、いったい私は何を話してきたのか
もう思い出せなくなっているのが
少し困ったところです。

煮卵

2008年07月18日
 明日はうちのチームで踊ってくれたALT
(外国人の英語の先生)のジリアンのお別れ会。
 ジリアンはシンガポールからやってきた
 聡明なお嬢さんだった。
 むぎや節に興味を持ってくれて
 砺波から城端まで電車で通って踊りに来てくれた。
 素直な性格でどこでも好かれていた。
 そのジリアンが帰ってしまうので
 お別れ会です。

 うちのチームは子どもが多いこともあって
 どこか料理屋さんへ食べに行ったことは
 ほとんどない。
 たいてい公民館でオードブルとか取って
 やります。
 
 親子で参加してくれている人も結構あるので
 2人分でも払いやすい金額ということを
 考えます。
 今回は大人1800円子ども1400円です。
 
 オードブルだけじゃちょっと寂しいので
 サラダとスパゲティと煮玉子を持っていきます。
 煮玉子はほんとは昨日ぐらいから煮ておいて
 何回か煮返した方が味がしみるんですが
 前日の煮込みとなりました。






 今日のひな君はいい写真は撮れませんでしたが
 今日初めて見たのは

 ひながくちばしで毛繕いするところ。

 いっちょう前です。

 だんだんと全体が黒くなって
 羽も立派になってきました。






 巣が手狭そうで
 ひな同士でいざこざやっていると
 落ちないかとはらはらします。



 
 

お別れ会

2008年07月19日
 今日はひなの撮影ができませんでした。


お別れ会の飾り付けの準備
 
 
 
お別れ会の飾り付けの準備をしたいので、1時から2時まで、子どもたち、できたら大人の人も集まってください、と、グループのメーリングリストを使ってお願いした。

来てくれたのは、親子1組…。

ありがたい。彼女たちが来てくれなかったら、わたしは平常心でお別れ会を迎えることができなかった。

楽しくおしゃべりをしながら、お迎え作品を作ることができました。

仕上がりがこれ。




主役のジリアンは、ちゃんと原稿を用意してあいさつをしてくれた。(去年のALTのお嬢さんたちも同じように原稿を用意してくれた。)
ココナツミルクの牛乳カンのようなお菓子も作ってきてくれて美味しかった。
ALTのみんなはパーティーでの振る舞いは、すてきだと思うところがいっぱいある。

 でも、シンガポールには帰るけど、麦屋祭りに踊りにまた帰ってくるんだって!それほど、惚れ込んでもらって感謝してます。
 1年学校に行って、高校の英語の先生になるつもりとか。

 楽しい人生を、ジリアン。

巣立ち

2008年07月20日
 今日、昼に事務所に上がった。
 昨日は仕事やお別れ会の準備でバタバタしていて
 写真を撮ることができず
 今日もせっかくのいいお天気なので
 布団を干したり洗濯したりで、
 さあゆっくりとひなちゃん観察♪
 と思ってやってきたら
 巣がからっぽ………。


 巣が見つかったのが7月10日で
 翌日羽化したので
 巣立つまで10日ということになる。
 
 鳥ってほんとに早く大人になるのね〜。
 

 これだけそばにいたのに
 何の断りもなく巣立っちゃってまったくもう。
 
 プンプン!!

 で、結局何の鳥かはっきりとはわからずじまいです が、仕事場ではヒヨドリ説が有力です。


 話は変わって…。

 今日昼のゴシップ番組を見ていたら
 不倫で話題になった巨人の選手が
 一軍に登録になったと言っていた。
 
 女性の方はすぐにすべての番組を降板し謹慎、
 片や男性は「プロは結果を出せ」と
 場所を与えられている。
 
 背景はそれぞれ違うだろうが、それにしても
 今回に関してのメディアの取り上げ方は
 男性に甘く、女性に厳しい。
 「いじわる」だ。
 負けずにがんばってほしい。

 だいたい、酒の勢いで一晩どうかなったか
 ならないかなんて、生理現象の一部のようなもので くだらなさすぎて騒ぐに値しない。

 
  明治生まれの小説家、佐藤春夫が谷崎潤一郎の夫 人に恋をして、谷崎夫妻は離婚、夫人は佐藤春夫氏 の妻になるという事件があったというのを思い出し た。
 
 こういうのこそ「不倫」の名にふさわしいと思うけ ど。

 それにしても、あたいって、
 この手のネタが 好きよね…。
 

 
 

 

 
 

白いナス

2008年07月21日
夫の実家は花や苗を営む。
春に遊びに行った時に ナスの苗をもらった。
苗屋さんなので 珍しい種類のものもある。
もらってきて植えて、結局食べ方がわからず
観察だけで終わった苗も今まであった。

今年は「これあげる。白いナスの苗」

と、いただいてきて

そして、成りました。






見た目には悪くないでしょう?

でも、どうして料理していいかわからんのです。


天ぷらにして食べましたが
味はまったく茄子紺のナスと同じ味です。

しかし、手が伸びない。
煮ても漬け物にしても変に茶色になるだけで
おいしそうに見えないんです。
あの、悪気はないんです、お義姉さん、
でも、どうしていいのかわかりません。

あの、茄子紺の美しい色が
いかに必要不可欠なものか
逆によくわかりました。

玄関の花の脇にでも
かざっておこうかしら。

かざっておくだけというわけにも行かないので
お盆に夫の実家に墓参りに行くまでは
「○○したらおいしかったです〜!」
というような例を作らねば。

夫の実家では今でも
できるだけぶりっ子をとおしています。
ハハハ。


夏の日

2008年07月22日
ネタを探しに出かけた夕方の畑





近くでシャッターを切っても逃げませんでした。
チョウの夜は早いんですね。

話は変わって…

今日、5時半近くに駅前を通りかかったら
娘の同級生の高3の女の子が歩いてる。

彼女はソフトテニスをやっていて
県内強豪校の○商のキャプテンだ。
迷コーチのブログにもよく登場するお嬢さんだ。
入学以来、始発登校、帰りはいつも9時過ぎ。
こんな明るい時間に帰ってくるのを
久しぶりに見る。
歩いているので「乗ってかない?」と
声をかけた。

彼女は強い選手なので
正直、有名人とお近づきになったようでうれしい。

中学校の時、彼女は成績もよかった。
しかし、迷うことなくソフトテニスでの進学を選び、
力を出し切りながら高校生活を送ってきた。
1年の時から中心選手となり、
キャプテンとなってからは様々な重圧があったことを
いろいろな人から漏れ聞いた。
もうすぐインターハイ、彼女のテニス漬けの高校生活もそこでひと区切りがつく。

「○商のキャプテンは大変やったやろ。」

「はい。」

「でも、これからの人生の中で絶対無駄にはならんからね。」

「はい。」

どうしてこう、すぐお説教めいたことを言いたくなるのだろう。言わずもがなのことを言った後は、軽いおしゃべりをして車中を過ごした。

何というのか、おばはんのお説教めいたことでも話をしっかり聞いてくれる。

いろんな事を通り抜けてきた
彼女の明るさは清々しい。

車を降りた後も、立ち去らずに見送ってくれた。

これからも彼女は自分で道を切り開いて
生きていくだろう。

幸多かれと祈る。



たしかに丈夫

2008年07月23日
涼しさのおすそ分け





先日日曜日読売茶会 本席の花

    ・ヤハズススキ
    ・オニユリ
    ・キキョウ
    ・カワラナデシコ
    ・ルイヨウボタン

私の茶道の先生がお撮りになった一枚です



ほそみちさんから7月5日にいただいた宿根草

7月9日の様子





しっかり根がついてます

そしてこれがきのう7月22日




順調に大きくなってます

わたしが知っている中で今一番元気なのが
この宿根草です

あまり夏バテなど感じたことがなかったのですが
今年は疲れます
「歳」のせいだとは思いたくありませんが。

これをやったら元気になる!
これがおいしい!
これが目の保養になる!
このにおいがたまらない!
この音が心をくすぐる!
この肌触りが最高!
など、情報をお待ちしております。

今日城華キッズの踊りの練習をしましたが
5人のうち3人が
もう「ポニョ」を見てました。

宮崎アニメの宣伝のしかたがすごくて
出たては引いてしまうのですが、
結局いつかは作品を見ます。
今回も楽しみです。




教科書問題の余波

2008年07月24日
 城華の踊りの振付は
 富山の松岡ジャズバレエの松岡身枝先生に
 お願いしている。
 松岡ジャズバレエは韓国の舞踊団体との
 親睦を深められ
 お互い行ったり来たりの活動が数年続いていた。
 今年は松岡ジャズバレエが
 8月上旬に韓国へ行って踊られるということで
 昨年から準備を進めていらっしゃった。

 海外へ出かけて一公演というのは
 大変な準備だ。
 ずーっと、練習を積み重ねていらっしゃって
 ここにきて突然中止になった。
 
 理由は教科書問題。
 学習指導要領解説書への竹島についての
 記載の件だ。
 
 ヤフーで「竹島」を入れると
 全国の日韓交流が中止になっているニュースが
 ずらーっと並んだ。

 民間の交流がこれだけストップしている
 のは深刻な事態だ。

 でも、松岡先生から伺うまでは
 全然知らないままだった。

 ヨン様も東方神起も来日してたし。

 
 戦争ってこんな始まり方をするのかも、
 などと不吉なことを考えてしまう。
 
 なぜどうしてこうなったのか
 わからないうちにことが進んでいく…。
 
 「歴史に翻弄(ほんろう)される」
 
 という言い回しがあるけど
 そういう事態にならないように
 不本意な民間交流の中止がストップするよう、
 韓流スターファンのみなさまには
 がんばっていただけたらと思います。
 政府より頼りがいがあるような気がするのですが。



 写真は今年の曲を練習する城華の子どもたち。
 上手でしょう?

 

 。



 

好対照

2008年07月25日
 きのう書いた教科書問題
 今日、ある懇親会の場で その話題に触れたら、
 みんな全然乗ってこなかった。
 すぐに他の話題に切り替えられてしまった。
 
 まあ、
 私の立ち位置にも問題があるのかもしれないが、
 みんながこうだから
 政府がああなってしまうのか、
 にわとりが先か卵が先か、
 
 みんながもう少しこの問題について
 理解を深めないと
 日本としての対応の土台ができていかない。
 その意味で
 指導要領解説書に載ったことは
 ある意味よかったのではないか。

 それに比べ
 こちらの住民の皆さんは
 たくさんご意見をくださり
 すごいとこだなと
 改めて思いました。
 
 ありがとうございました。

 種をいただいて蒔いて育ちましたが
 名前を忘れてしまった植物です。

 どなたかご存じありませんか?







 



河原乞食

2008年07月26日
今日は正調のこきりこと
よさこい系の城華のおどりのハシゴだった。

正直疲れたが、楽しかった。

「踊り」は昔に比べるとずいぶん自由化された。
私の町は麦屋祭りがあるが
昔は舞台に上がれるのは
結婚前の生娘(表向きは)と決まっていた。

「腰の線が違う」などと
おじさま方が話していらっしゃるのを
耳にしたこともある。

時代は変わり、少子高齢化が進み
じょうはな座なんかもできて定期公演があったりして
麦屋をおどるのは
「生娘」だけじゃやっていけなくなっている。


まあ、「時分の花」というし
年齢でハンデがある分それなりの努力が必要でしょうが、年増ならではの色っぽい手さばき、目線など
いいもの見たなと思うこともあります。

最近の中高生の中性化した踊りより
奥様の方がよほど
「生娘」を上手に演じられます。


よさこいの全国的な普及は
多くの人に踊る場をもたらしてくれました。


踊れるならどこだって行く。
少しのお手間をいただけるならなおありがたい。

暴力団関係者の会合で踊ったとか
余興をやったとかで
芸能人が騒がれることがあるが
可哀想な気もする。

基本的に踊れといわれたらどこででも踊る。

芸人というのはそんなものだ。

と、
いっぱしの芸人のような口を利いてしまいました。

明日も城華は

昼2:00〜 クアガーデン
       東海北陸自動車道開通記念イベント

夜6:00〜 ねつおくり

に参加させていただきます。
おひまがありましたらまたご覧くださいませ。


脱力感

2008年07月27日
昼、集合してから
準備、本番、練習、本番、本番、本番…。
PM10:00まで続きました。

よさこいのチームができて
それぞれに年月が過ぎ、
チームの色がはっきりしてきた。

太子伝、ねつおくりとこの2日間で
今年の踊りが発表されて
つまり、この一年の成果が問われる時でもある。



自分の力が感じられない。
着実に歩みを進めるチームを見ながら
私はいったい何をしてきたのだろうと
反省を迫られる2日間だった。

反省などと
詰まらない言葉はあまり書きたくないのですが
自分の力量を知らされることは
しかたのないことですので
またそれをふまえて
明日から息をしたいと思います。

写真は昨日の太子伝での
ロードの踊りです。

大雨

2008年07月28日
近所の川です。通行止めになって遠くからの写真で
わかりにくいかもしれませんが。

川の側面のブロックが流されてます。




電信柱も崩れ落ちました。




田んぼがえぐり取られました。




田んぼが水に浸かりました。




山の川が茶色にえぐり取られたのが遠目にもわかります。





田んぼの畔やくろが崩れ落ち、
場所によっては壊滅的です。
この地域のこんな被害は初めてだと思います。
作者 : はれあたま

 かなり生きてきて、でも、生きてきた中で今が一番楽しい気がしています。ブログに参加することでもっと楽しくなればいいなと思ってます。

2014 年
11
12
2013 年
2012 年
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
1
2
3
4
5

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。