nanto-e.com archive

はれあたまダイアリー

いつも楽しく読ませていただいてきました。ちょっと自分でもやってみようかと思いました。

ヒヨドリの声

2008年08月06日
事務所そばに巣をつくってくれたひよどりのおかげで
ヒヨドリの声を聞き分けられるようになりました。






茶の間の外のヤマボウシのあたりからよくヒヨドリの声が聞こえてきます。

あの大雨の日はとくに警報のようにずっと鋭い鳴き声を出し続けていました。ひょっとしてここにも巣がかけてあって落ちそうだと騒いでいるのかと思って、ヤマボウシの木を見渡しましたが巣は見あたりませんでした。ただ騒いでいただけのようです。

多い時には4羽集まっています。よくみると、色づいてきたヤマボウシの実をついばんでいます。

大雨、大雨に対する自分、無力感を感じること、自分自身の失敗、と、自信を無くすことが続きましたが、
このヒヨドリを見ているとずいぶん慰められました。

ヤマボウシの実はまだいっぱいあります。

まだまだ遊びに来てくれると思うと楽しみです。
実をくわえている写真をねらいたいと思います。

マザコン

2008年08月07日
漫画家の赤塚不二夫氏が亡くなり
先日から、生前の赤塚さんの映像が流されている。
お酒を飲んでいらっしゃる場面が多く、
かなり破天荒な生活でストレスの多い職業の割に
72才というのは長生きではないか?

高校生の時、友達の家にあった「天才バカボン」を
3人でで廻し読みした。
テレビでしか知らなかったバカボンは
漫画の方が数十倍おもしろかった。
3人でバカボンのおもしろさを笑い合った。

センスの良さは本当に天才だと思う。


テレビで流れる赤塚さんの話で印象に残ったことがあった。

お母さんが大好きで、お母さんが亡くなった時、
自殺をしようと思ったほどだったという。
まだ、芽が出ない時代、お母さんだけは
「おまえはぜったい才能がある」
と、励まし続けていらっしゃったという。

同じように母親に思いを馳せる話をもうひとつ聞いた。

NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」での
宮崎アニメの宮崎駿監督の話だ。

ポニョの映画の中に
自らの母親と自分との関係を再構築させている。
病気がちだったというお母上。
もう亡くなってしまったお母上を
もっと幸せにしたかったという
駿さんの思いがにじみでていた。

「マザコン」

子どもが母親を思う気持ちをからかう表現で適当でない。

生まれてきて
母親としっかりと愛情を結べることは
なんと幸せなことだろう。


母を思う気持ち、子を思う気持ちは、
生きる上で特別大きなエネルギーの源だ。

マザコン万歳!

自分がかわいい

2008年08月08日
数日前 車の接触事故を起こした。
気分的には今も深い海の底だ。

仕事の合間にヤフーのホームページを見る。
(本当はいけないのだが)

今はもう載っていなくて定かではないが
講師の養護教諭が前方不注意で88才のお年寄りをはね、死亡させ、逮捕されたという記事だった。

「前方不注意」

私と同じじゃないか。

私の場合、おかげさまでケガをされた方はいなかった。

逮捕されずに今こうしてどうでもいいことを書いていられる。ありがたいではないか。

さっきまではそうでなかった。

「前方不注意」

しかし、ほんのわずかだ。
もうすこし早く右折ウインカーを出してもらえれば、避けられたのに。

私はそんなに悪いことをしたのだろうか?

と、人というのは人の悪いところはすぐ見えるが
自分のことはなかなか悪く思えない。

しかし、飲酒運転や速度オーバーならいざ知らず、
前方不注意で人身事故を起こした多くの人が
そのように思うだろう。

「私はそんなに悪いことをしたのか?」

車というフィルターを通すと
ちょっとの不注意が

大きな

事故を招く。

「便利」は「危険」と隣り合わせなことを
改めて学ばせていただきました。
ご迷惑をお掛けしましたみなさま、
申し訳ございませんでした。



これでいいのだ

2008年08月09日
宿根草を初めていただきました。





思ったより
くせがなくてやわらかくて食べやすい。
かつぶしかけポン酢、しょう油でもいいし、ドレッシングでもいいしなんでもOKぶりに、
今後楽しみになりました。

タモリさんの赤塚不二夫さんへの弔辞は
聞き応えがありました。
普段とはうって変わって
厳しい世界で生き残っていらっしゃる
理由がわかったような気がしました。

特に心に残ったところはここです。

「あなたの考えは、すべての出来事、存在をあるがままに、前向きに肯定し、受け入れることです。それによって人間は重苦しい陰の世界から解放され、軽やかになり、また時間は前後関係を断ち放たれて、その時その場が異様に明るく感じられます。この考えをあなたは見事に一言で言い表しています。すなわち『これでいいのだ』と。」

偶然読んでいた宗教家のひろさちや氏の
「こだわりを捨てる−般若心経−」
にも同じことが書いてありました。

「仏様に請求書の祈りをしてはならない、領収書の祈りをせよ。

領収書の祈りとは、「わたしはこれでいいのだ!」と自分を大肯定し、その上で仏に
『ありがとう』
と感謝するものです。
誤解しないでください。「まあこれでしかたがないか。高望みはやめて、これであきらめておこう」というものではありません。そうではなくて、「これでいいのだ!」という大肯定にもとづく感謝、それが領収書的祈りです。」

タモリさんの方がわかりやすい。


サルスベリも今が盛り。

一番のステイタス

2008年08月10日
昨日、老人会に近い高齢者の多い会合に出た。
お隣の方は五箇山の方だ。
お話ししていて、彼女の家の食事の支度は
お嫁さんがしていらっしゃることがわかった。

きょうび、高齢者のみ世帯が多いし
食事は別だったり、
高齢の方でもお嫁さんに食事の
支度をしてもらえる方は
幸せな方だと思う。

お嫁さんにしてもらえるなんていいですねえ!

と思わず声に出していったら

お嫁さん言うてももうすぐ嫁さんもろわんなんような
孫おるがいよ。

その24才のお孫さんも一緒に暮らしておられると言うことでますますすばらしい。

そのあと

「わたしは外で作る人。
(畑で野菜を作る人)
よめさんはうちで作る人。
(食事の支度をする人)」

と言っていらっしゃった。

畑で野菜を作っても
嫁さんが全然使ってくれないと
嘆かれるお舅さんもある。

何気ないようで、
なかなかない良い循環、役割分担ができている
すてきなお宅だ。


孫を連れて散歩される高齢のご婦人。
孫と一緒に暮らしている証。
いまどきの高齢者にとって
一番のステイタス。
見て見てオーラに満ちあふれている。

赤ちゃんの可愛さとあいまり
くすっとほほえんでしまう。



やめられない英語学習教材

2008年08月11日
『マインドハックス勉強法』佐々木正悟・著

「勉強法」というストレートな表現がタイトルに
ついていますが、学習するための方法が、
とにかく具体的に書かれているハウトゥー本です。

その中に紹介されている
「i Know」という英語学習の無料サイト。

スーパーマリオブラザースをやるように
ゲーム感覚で楽しくて止められない、
とにかく一度やってみてください、

と、推薦されていてやってみました。

あとを引く楽しさは確かにあります。

興味のある方はお試しあれ。





距離感

2008年08月12日
 大切な人のために何ができるのか。
 人のためにできることは何なのか。
  
 肉親が難局に立たされた時、
 ローラさんのように思い悩まれるのは
 当然のことだろう。
 
 それほどの難局ではないにしても
 わたしもときどき同様の悩みに立ちつくす。

 
 私の好きな精神科医・斉藤学の本
 「家族パラドクス」

 オープン・カウンセリングという形式での
 参加者とのやりとりが一冊の本になっている。
 その中の好きだったひとくだり。
 斉藤氏がカウンセリングの参加者に
 語りかけている。
 
 「わたしは、あなたの物語を今日初めて聞いたので、今日以後はあなたの変化に興味を持ちます。こういう場合に人がどのように「自分」にたどり着くかということは、わたしにはとても興味深いからです。人のことを興味深いなんて言って失礼と思うかもしれないけれど、わたしはそうは思いません。
 人が人にしてあげられることはせいぜい「関心を持つこと」です。自分に関心を持って見ている人の存在を信じることができるということは、あなたの回復を助けます。
 よかったら、わたしに「あなたに関心を持って見つめるもの」の役割をください。関心を持って見ています。それ以外のことは、すべて余計なことだと思います。親が子どもにしてあげられることも、それにつきます。」


難しいことだけれど、私もこのようにできたら、と、思うことがある。



 それにしても、ローラさんの文章はいつもどこか
ユーモラスで、読む人を落ち込ませない。
 ご家族ががんばっていらっしゃる様子を伺うと、
心から拍手を送りたくなる。
 
 災害について、忘れ去られないよう、関心を持ち続けるよう、懸命に書き続けていらっしゃるすべての皆さんに心から敬意を表します。
 

雑感

2008年08月13日
 携帯の使用明細が送られてくる。
 パケット代が1300円台と今までになく高い。
 なぜだろうと考えてみる。
 わからない。

 今日のブログを書き始める。
 何か写真なかったかしら。
 携帯を見て、そうこれこれ、
 携帯からパソコンに送信する。

 あ、これか。

 パケット代を使って送った割に
 どうでもいい写真ですが
 先日、高岡インターを降りた信号のところで
 横に並んだバイクの人。




 
 これは原付ではなく
 何CCかわからないけど立派なバイク。

 でも、足がつま先立ち。
 
 思わず携帯で盗み撮りみたいに
 撮ってしまいました。

 
 オリンピックでの数々の試合。
 ついついテレビをつけがち。
 負けそうになると
 チャンネルを変えるか消すかする
 普通のファンです。
 さっきもテレビをつけた途端
 ダルビッシュが打たれ
 ノーアウト1、3塁になってしまったので
 あわててまた消してしまいました。

 消したり付けたりの日々が続きます。
 

長髪と短髪

2008年08月14日
頭でない「毛」の事情について
ほそみちさんが触れていらっしゃいましたが
わたしは「頭」の毛について。

きのう、バレーボール女子の試合を見ていた。
日本チームの木村さおりさんのボブカットがすてきだ。栗原さんの髪型も同様にすてき。
そんなことを娘に言っていたら、
娘がマルボロにホームステイさせていただいた時
そこの娘さんから、
「日本人の女の子はどうしてみんな髪が短いのか?」
と尋ねられたと言う。

そう思ってみれば相手方のポーランドの選手は
みんな髪が長い。

日本の女性だけが短いのか?

と思って今日の柔道を見たら
中国、韓国、日本とみんな短い。


ツウィッギーのショートヘアーとミニスカート
(わからない方が多いかもしれませんね(^_^;)
から受けた影響は大きかった。

今はヨーロッパやアメリカはまた違うのだろうか?

などとどうでもいいことが着地点になってしまって少し残念な今日の日ではある。


うちには3本のサルスベリがあります。

3本とも微妙に花の色が違います。

人と同じように、花にも個性があるのだとうれしくなります。

これがうちのサルスベリ3人娘です。











憧れのヒデさん

2008年08月15日
少し日が経ちましたが
8月2日にマルボロからいらっしゃった
一行とのお別れパーティが
クアガーデンで行われました。

お別れパーティはマルボロ側のしきりで
行われますが
司会をなさったのが
写真のヒデ・ピーシーさんです。





いつ見てもほっそりとスマートで
さらさらヘアのボブカットがすてきだ。


マルボロと城端との学生の交流を
続けることができたのは
一重にこのヒデさんの尽力にあると
関係者のどなたからか伺ったことがある。

関係者にもヒデさんのファンは多い。
この日も終わった後
ヒデさんの周りには人垣ができて
ちょっとのごあいさつをするのにも時間がかかった。

パーティの様子を見ていても
子どもたちからの信頼も厚く
みんなに好かれていらっしゃることが見て取れる。

しばらくの時間しかご一緒したことはないが
話を聞くのがお上手で
すぐさま、ずっと前から知り合いのような
近しさを感じさせてくださる。

パーティに行って
ヒデさんの写真だけ撮ってきました。



いつもと同じで静かなお盆

2008年08月16日
私は兄弟がいないし
ばあちゃんがなくなって
近所に住む叔母たちの来訪もなくなった。

静かなお盆だけれど
ここ数年は慣れっこだし
部屋を片づけたり
それはそれで楽しいお休みなのだが

今年はオリンピックのせいのテレビザッピングと
そのための寝不足によるうたた寝で
お盆が終わっていった。

オリンピックにはなんとたくさんの
競技があるのだろう。

そして、がんばっている人って
なんてたくさんいるんだろう。

悔いを残さないってどういうことなんだろう。

どうやって自分と折り合いをつけてるんだろう。

焦点が合わないようなぼーっとした目で
テレビを見ながら
考えてしまった。



応援したくない国

2008年08月17日
オリンピックを見ていて
団体戦、サッカー、バレーボール、卓球など
日本と対する相手チームへの応援がすごい
ことにだんだんと気がついてきた。

中国の人たちは
「応援したくない」国のために
こんなにがんばっているのだろうか。

今日の読売新聞に
「『応援したくない国』の貢献」
と題された記事があった。

実際にサッカーの日本対ナイジェリア戦を
観戦してきた読売新聞社の佐藤良昭氏氏の記事だ。


「試合は1対2で負けた。客席を埋めた中国人は、ナイジェリアを熱烈に応援、中立地なのにアウウェーの様相だ。続いて観戦した米国−オランダ戦の応援はほぼ互角。どうやら中国人にとっては、日本だけが応援したくない国らしく、相当意識している。」途中抜粋

 氏は、その日本が、天津五輪センタースタジアムの設計を手がけたのが日本企業であること、また、飲料水の確保が難しい中国で、日本の技術が大きく貢献していることなど、もっと、日本の貢献を幅広くアピールしてもいいのではないか、と締めくくっている。

 これだけ多くの人が日本を応援したくないのは、教育の影響だろう。
 
 どこかの国を恨むとか、憎むとか、そんなことを私たちは学校で教わらなかったし、今もない。日本という国に生まれたことを誇りに思うし、幸せに思う。

 誰かを憎んだり、恨んだりする感情は、大きなエネルギーを使う。果てしがなくて結局はその人を幸せにしない。

 毅然としない日本政府の対応が批判の的になるけれど、こんなヒステリックな教育をしている国よりよほどましだ。


 しかし、中国は強くてパワーにあふれている。オリンピックを終え、ひとつ、上野段階を求められるようになる中国。どんな国になっていくのか楽しみだ。



 
 

アインシュタインの言葉

2008年08月18日
 中国をいろいろ言っておいて
 日本のことを引き合いに出すのも何ですが
 思い出したフレーズがあります。


 「世界に誇る日本の道徳力 
    心に響く二宮尊徳90の名言」
  という本の中に
 アインシュタインが1922年、
 来日した際に残した言葉が
 書かれています。
 
「世界の未来は進むだけ進み、その間いく度かの争いは繰り返されて、最後の戦いに疲れる時がくる。そのとき、人類は真の平和を求めて、世界の盟主をあげねばならない。この世界の盟主なるものは、武力や金力でなく、あらゆる国の歴史を抜き越えた、もっとも古く、もっとも尊い家柄でなくてはならぬ。
 世界の文化はアジアに始まってアジアに帰る。それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。
 我々は神に感謝する。われわれに日本という尊い国をつくっておいてくれたことを。」


 今から86年も前のことですから
 今の日本がここからかけ離れていると
 言われればそうかもしれませんが、
 それにしてもアインシュタインから
 このような評価を受けていたのは意外でした。

 ときどき
 思い出しておきたい
 フレーズではあります。 
 



 

平均台を渡る心

2008年08月19日
自分で言うのも何だが
私は結構行け行け人間で
前向きなところがある。
しかし、何というか
好きなことだけ一生懸命で
やるべきことが穴だらけなのだ。

行け行け人間はうつ病にかかりやすいと
この前の市民大学講座で
精神科医の海原先生のお話しで伺った。
その時は人ごとのように聞いていたが

最近失敗続きで
それもわかるような気がする。

落ち込むと深い。

でも、食欲もあるし
病気と言うほどではない。

がんばろう。

オリンピックで4位になった人のことを思えば。
(さっきも日本人の人が)

110メートルハードルを棄権した劉翔を思えば。

バレーボール日本男子を思えば。


夕方、畑に行って
千石豆の蔓の中に頭を突っ込み
現実から逃げました。

蔓の中のジャングルは別世界です。




いつもありがとうございます

2008年08月20日
今日届いた請求書




見にくいですが
下に「いつもありがとうございます」
と、ボールペンで書かれています。

こちらとはずっと前からの
お付き合いで
これまで何度も
請求書をいただいてきましたが
このような肉筆が入っていたのは
初めてです。

そうスラスラの美しい整った字
というわけでなく
素朴な味わいのある文字で
しばらく見入ってしまいました。

30秒ぐらい ほっこりしました。

ちょっとわたしもまねしようかな、
と、ちらっと思いました。

今日はやりたくなかったことの
7パーセントぐらいができた日でした。



おかえりなさい

2008年08月21日
今日、事故に遭わせて
治療を受けていた車が戻ってきました。
大けがだったので
長期の入院でしたが
すっかりきれいにしていただいて
美人になって帰ってきました。

久しぶりの私の車
いつもの座り心地
走り出すと何だか重い。

さすがもうすぐ13万キロのことはある。

後ろを振り向く時
窓ガラスにごちんと頭をぶつけた。
少しのことなのだが
代車の方が広かった。

しかし、なんといっても自分の車がかわいい。

もう2度と

あんな目に合わせはしない!

前の車とは車間距離をとる。

脇見運転をしない。
ケータイなどもってのほかだ。

車だけじゃなくて
全体に穴のない生き方を目指そう。
地道に今の時を埋めていこう。と、


と、誓いを新たにする
今日であった。

これで何べん目かしら。





うつ病

2008年08月22日
本日
「うつ病の理解を深める」という研修を受ける機会がありました。

先日書いた
うつ病になりやすいタイプについて
もう少し詳しくわかりました。


まず3つの行動パターンに分けられています。

A型行動パターン

攻撃的でどちらかというとガマンしないで身勝手なところのある人

B型行動パターン

A型とは反対に我慢強く、他人とは競争しないで比較的バランスのとれた人


C型行動パターン

イライラや怒りなどの感情を隠して表面上幸福そうに振る舞う人


うつ病になりやすいのはA型です。(ちなみにC型はがんになりやすいそうです。)
うつ病についての話ですので、A型についてもう少し詳しく書かれています。

・歩いたり、食べたり、話したりするのが非常に早い
・待たされたり非難されたりすると、イライラしたり怒りやすい
・一度にいくつかのことをやる
・休むことに罪悪感を感じる
・やる以上は徹底的にやらないと気がすまない
・自分なら速くできる仕事を、他の人がノロノロやっているのを見ると苛立つ
・いつも競争しようという気持ちを持ちやすい


うつ病は治る病気ですが、誰でもなるし、なってしまうと時間がかかるのでお医者さまの指示の下、じっくり治療する必要があるようです。この病も、早期発見、早期治療が大切とのこと。
富山、高岡辺りは心療内科系のクリニックも増えているとのことですが、この辺は余り無いので、総合病院でも最近は対応しているので、とにかく、気軽に病院に行ってくださいとのことでした。

お話しをしてくださった石崎先生は、話しやすい感じの女性の先生でした。
わたしも一回行ってみたいなと思いました。



うつの自己チェックシートがありましたので
書いてみます。

A1.□ほとんど一日中、憂うつな気分または沈んだ気持ちでいる。

A2.□何ごとにも、興味がわかない、いつも楽しめていたことが楽しめない。

A1、A2のうちどちらかに当てはまる。


    ↓
A3.
□毎日のように、食欲が低下、または増加する。もしくは自分では意識しないうちに、体重が減少、または増加する(例:1ヶ月間に体重の5パーセントの増減)

□毎晩のように睡眠に問題がある。
(寝つきが悪い、真夜中・早朝に目が覚める、寝過ぎてしまうなど)

□普段に比べて、スムーズに話したり動いたりしにくい。もしくはイライラして落ち着きが無く、静かに座っていられない。

□毎日のように、疲れや気力のなさを感じる。
   
□自分に価値がないと感じたり、罪の意識を感    じる。

□集中したり、決断することが難しい。

□生きていたくないと繰り返し考えてしまう。

    ↓
A1、A2、A3の質問のうち5項目以上が当てはまる。

    ↓

このような気分が2週間以上続いていたら、「うつ」の可能性が考えられます。
     (参考:M.I.N.I.日本語版)


こうやって書いてみるとここまでの症状はなかなかならかないかとも思いますが、とにかく、一度病院に行ってみたくなりました。
興味津々。









男子受難の時代

2008年08月23日
オリンピックの結果を見て
日本の場合
男性と女性の結果を比べてみると
水泳を除いて

少しずつ 女性の方が成績が上位だ
逆にいうと
男性の方が よわっちい。

特に野球とソフトの差は
気の毒なくらいだ。

別に比べなくてもいいんだけど
つい比べたくなるのはどうしてだろう。


男性は受難の時代だ。
今や一家を支えるほどの
給与を出せるのは国関係と
ごく一部の企業だけなのに

男は一家を養うもの、という、
何とはないすり込みがまだ残っている。
男に生まれたからには
という社会からのプレッシャーは
なんと重たいことだろう。

ひきこもりだ、学校や仕事を辞めた、
結婚できない、離婚されそうだ、
暴力を振るう、
だの、周りの人を見ていると
男の子を持ったための悩みを
聞くことが多いのだ。


むかし、あるPTAの会合で
子どもの問題について話し合っていた時
それはもう充分話して終わり頃だったけど、
高齢の男性の方が
「こどもはいいがいちゃ、
問題は男の方や。
年をとって地域にも出てこん、
お金をかせがんようになって
家の中でも捨てられて
どうしようもないやつがたくさんおる。」

というようなことを言われて
説得力があった。

星野監督、結構つらそうなタイプだけど、
ぼきんと折れないでくださいね。







空中ブランコ

2008年08月24日
最近何回か名前を聞いて気になっていた本
「空中ブランコ」(奥田英明 著)

噂にたがわず面白い。

本はヒマがない時ほど
面白い本に当たって
盗み読みをしたくなる。

この人の本を全部読みたくなった。

空中ブランコは
奇怪な精神科医伊良部氏が
患者を治療する様子が書かれている
短編集の集まりだ。

へんてこな精神科医の設定だが
患者自体は例えば、
パートナーと息が合わないサーカス団員。
尖端恐怖症のヤクザ。
義父のカツラをむしり取りたい衝動を
必至にこらえ続ける医者。
ファーストへの送球が出来なくなったプロ野球選手。
同じ人物設定を過去に用いていないか、病的に気にする女性作家。

など、こんな人たちが
こんなことで悩むなんて
悩み自体は大変リアルに描かれていて
共感を持つ。

うつ病かしらと少し思いかけていた私は

みんなけっこうだめ人間なんだよね、と、

気が楽になった。




今2冊目の「インザプール」

図書館にももちろんあります。







心は上野さんでいっぱい

2008年08月25日
今Nスペを見てました。
ソフトの上野さんの特集でした。
頼もしくてかっこよくて、
危うく落ちそうになるくらいだわ。

ソフトの話が出てくると
反射的に 「野球」のことを思い出してしまう。

棒グラフでソフトボール女子が
プラス方向にぐっと伸びるのが絵に出てくる瞬間、
野球の面々のうなだれた試合の様子が
マイナス方向にぐぐっと伸びる。

新聞を開いても
星野野球の評価をまず探してしまう。

「ひ弱」「情におぼれた選手起用」
「仲良しのコーチ選び」「準備不足」

ふんふん、
どれももっともだわ、終わった後だからね。

私は中日ファンなので、岩瀬や川上の
首尾が上がらなかった起用は不満だ。

私の分析は…

星野監督は奥様を数年前に亡くされている。
そして、名参謀だった島野コーチも
昨年63才の若さで世を去った。

大切な2人を失った星野氏は
すでに力を発揮しにくくなっているのでは
ないかと思う。

つまり、星野氏の起用自体が
見る目がなかったのだ。

しかし、これも終わったから言えること。

これほどひどい試合内容になるとは
思っていなかった。

いじわるだけど
今後の星野さんの行方に興味がそそられる。







疲労骨折だと?

2008年08月26日
星野JAPANのニュースは続く。
阪神の新井とソフトバンクのムネリンが
疲労骨折していたと
ニュースの見出しにある。

横浜の村田だってケガを押して出た。

楽天の岩隈は村田の補欠要因として
名前が挙がっていたのに
村田か「ぼく大丈夫」と言ったもんで
結局岩隈は涙をのんだ。

聞けばオリンピックに出たいが一新で
今期はがんばっていたらしい。
素晴らしい成績を残していたのに
結局、チャンスは与えられなかった。

今さら骨折していましたは無いだろう。
活躍が見込めないのなら
いさぎよく降りればよかったのに。

選ぶ側だって
診断書ぐらい取って
万全かどうかチェックしてもいいのではないか。

都合の悪いのを黙っていくなんて
小学校の遠足じゃあるまいし…。


ああ、ぼやくって楽しい!




今日 こずくらを煮ました。







部屋にうまおい(すいっちょん)が
よく入ってきます。
かえるは かみつかないんだけど
バッタやこれはかみつくので
部屋に入ってくると
出すのが大変。

シュウメイギクもひとつふたつ。

だんだんと季節は
深まっていきます。








残念なニュース

2008年08月27日
誘拐のニュースを聞く度、
今この時に恐怖に震えている
人質の方を思うと
苦しくなってくるのだが

今回ほど無事で帰ってほしいと
思ったことはないのは
私だけでないと思う。

テレビに映るアフガニスタン風の
服を着ている笑顔のまぶしい
日本の好青年。

現地の子どもたちのためにもと
農業指導にアフガニスタンに渡った青年を
誰が邪魔することができるか?
まして殺すだなんて。

ペシャワール協会代表の中村哲さんを
初めて見たのはニュース23か何か
だったと思う。
筑紫哲也さんを前に
アフガニスタンの情勢について
静かに語っていらっしゃった。
井戸を掘るお医者さんの中村さんは
すでに仙人のような風貌と人格が
備わっているように見えた。

彼を始め、関係者の悲しみは
いかばかりであろう。


暴力を前にすると
無力感に襲われる。
こんなにご苦労している人がいるのに
わたしは平和な日本でのほほんと。
私に何ができるのだろうか。

と、ここまで書いて

「戦争をしなくてすむ世界をつくる30の方法」
by 平和をつくる17人 合同出版

という本を以前見せてもらったのを
思い出した。

具体的な方法で統一されていたのが新鮮でした。


目次を貼り付けておきます。


1章 視点を少し変えてみよう


1 新聞やテレビを疑ってみよう
2 一面的でないアメリカを知ろう
3 男女共同参画社会実現に向けての計画づくり
4 被害の「現場」から発想しよう
5 「テロリスト」っていったいだれ?
6 戦い合わない未来を抱こう
7 戦争は「必ず」避けられる


 2章 気軽にいろいろやってみよう

8 街の空気を変えていこう
9 サッカーでお互いの理解を深めよう
10 大使館を訪ねてみよう
11 町で写真展を開いてみよう
12 地元の議員と話をしてみよう
13 NGOってどんなところだろう
14 自分の可能性をみてみよう
15 自分の思いを表現しよう


 3章 暮らしをちょっと変えてみよう

16 子育て広場開設
17 子どもの虐待SOSの設置
18 子育て相談電話の設置
19 子育て支援計画(15年度)
20 子育て支援計画のための子育て世帯に対する実態調査の実施


 4章 国連だって活用できる

21 地雷廃絶の流れをもう一歩すすめよう
22 ルールを張り巡らせて、戦争の手をしばろう
23 「核には核を」は越えられる!
24 テロも戦争も「裁判」にかけよう


 5章 「次の社会」のしくみをつくろう

25 NGOで学校をつくろう
26 自分たちで食べ物を作ろう
27 省エネと自然エネルギーの事業を起こそう
28 軍備のカネを環境と生活に使わせよう
29 今の企業を非営利中間法人にしてしまおう
30 東アジアに平和の枠組みをつくろう

特効薬

2008年08月28日
帰ったら娘がいた。
娘が先に帰っているとうれしい。

娘は今高3で受験を控えていて
家でまったく勉強できないといって
朝早く出かけ夜遅い。

娘の顔を見るだけで
今日あった出来事、
ちょっとした会話で「ん?」と思った不愉快さ、
心に刺さったトゲが
溶けていく。

一日の出来高を
おもしろおかしく報告しあう。

娘と話している間は
大方笑顔でいるような気がする。

来年の今ごろはいない。
春には娘はもうここを出ていく。

かわいい笑顔の特効薬がなくなる。

まあ、このブログに
気持ちをぶつけるしかないかな。





同じはずなのに

2008年08月29日
出会ってきた同じような問題

痛いとこ突かれても
人が集まらなくても

落ち込んだ後には
自分の改善点を見つけて
気持ちを切り替えて
乗り切ってきたのに

同じようなことなのに
なぜかファイトがわいてこない

人を恨んでしまう。

相手を信用できないのは
つまり
自分を信用してないってことなんだよね。


もう少し
自分を好きだっていう気持ちを取り戻したい。




今日のNHKスペシャル

負けた星野野球特集。
負けても特集になるんだからすごい。

星野監督、
少しむくんでおられるように思う。
お大事になさってください。

しかし、今ここで
カメラの前で
気持ちを言葉にできるのは
星野監督、さすがだ。
いい男だ。


伊良部一郎シリーズ

2008年08月30日
「空中ブランコ」(奥田英朗)の前の
精神科医伊良部一郎シリーズ

私は「勃ちっぱなし」(だったかな)
が面白かった。

「継続性勃起症」という心因性の病気の一つだと。

本当に周りに何人かいそうな
気弱そうな人が
この病気になっているのが
あまりにアンバランスでかわいそうすぎて
頭の中に絵が書きやすく楽しめた。

ネットで見ると
映画化されている。

この継続性勃起症の男性を
オダギリジョーが演じているのだ。
ぜひ見たいではないか。

でも、ビデオ屋さんまでが遠いのよ。

いつか見よう。


ミルキーのマンゴー味。




けっこういけます。



ララピポ

2008年08月31日
奥田英朗 3冊目

「ララピポ」

意味は最後近くにわかる。
このタイトルはうまい。

性描写が山ほど出てくる。
かといって官能小説ではなく、
かといって(だから?)
引き込まれてあっという間に読んでしまった。

昨日借りてきて今日もう返してきた。
はい、ちゃんと図書館にある本ですが
読みながら、
いいのか?いいのか?と。
表向きは普通の単行本なので
どうということはないのだが

読んでいるところを人に見られたら
どうしようとか、
隠れて雑誌を読む
中学生の気持ちが久しぶりにわかった。

ズギュンズギュンとくる内容だった。

ネットで見るとこれを映画化するとある。

えーっ!

どうやって映画化するのだ?

作者自身が
「いいのか?ほんとに映画化するのか?」
とつぶやくキャプションが入っている。

これは実写はパスだわ。


娘が都会の大学に行ったらどうしよう。

こんな世界が横でぱっくり
口を開けているのだ。

娘はとってもいい子だし
まさかとは思うが

大した子育てをしてないので
きっぱり言い切るほどの度胸もない。

うーん、複雑だ…。


作者 : はれあたま

 かなり生きてきて、でも、生きてきた中で今が一番楽しい気がしています。ブログに参加することでもっと楽しくなればいいなと思ってます。

2014 年
11
12
2013 年
2012 年
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
1
2
3
4
5

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。