nanto-e.com archive

はれあたまダイアリー

いつも楽しく読ませていただいてきました。ちょっと自分でもやってみようかと思いました。

渡辺淳一「告白的恋愛論」

2010年06月01日
この間から藤巻さんの本を何冊か借りたり
1Q84もマキちゃんが貸してくれたのよ。
だからけっこう溜まってるんだけど

この間の日曜に図書館に行ったら
この「告白的恋愛論」の背表紙が目に入ったのよ。

渡辺淳一の「告白的恋愛論」よ
そそられるでしょう?
それでちょっと手に取ったらもう一気よ。

9人の女性が出てくるんだけど
(奥さんは出てこない)
世間で言われるところの
不倫だったり
付き合う時期も重なり合ってて
だから
いくら渡辺淳一先生とは言え
よくここまでお書きになったなと
正直びっくりした。
これは「恋愛論」であって
一歩切り離して読むものかも知れないけど
そうはいかないわよ。
不倫なのに、いいの?いいの?って
どうしても思っちゃうからぞくぞくするのよ。

「不倫は文化」って本当のことを言って
あれだけ世間から糾弾された
石田純一は何だったのかと思うわ。

でも読んでいると
うらやましいと思う。
渡辺さんもその相手の人も。
生涯の間にこんな体験ができるなんて
うらやましいことだと思う。

以前読んだ「いい人をやめると楽になる」の中で
曾野綾子さんが
「結婚というシェルターみたいなものの存在を十分に利用しながら、浮気という禁断の実もおいしい、というような甘えた男女が私はどうも好きになれない。夫以外の男との浮気はどうしてこころを震わすのだろう、などと聞くと、そんなことにしか心が震えないんですか、と聞き返したくなる。ささやかな人間関係の信頼に応えない人生は、基本のところですばらしくもないし、ドラマチックでもないのである。」

って書いていらしてその時は
そうだなと思ったけど

この本を読んでると
人生はそんな簡単に割り切れるものではないし
だからおもしろいって思えてくる。

でも不倫て
それこそリスクテイカーよ。
リスクを覚悟しないと
踏み込めない世界。

ここまで踏み込んで
ここまでおおっぴらにして
それで憧れさせるっていう
渡辺淳一って
すご過ぎ。

「美」は作られるもの

2010年06月01日
ゲゲゲの向井理って
ほんとにきれいな顔だよね。
きのうは「鶴瓶の家族に乾杯」
っていう番組に出るっていうんで
母も私もすごく楽しみにしてたのよ。

そしたらやっぱり
訪問地の安来市の人も向井理にとろけてたわよ。
きれいな顔を十分堪能できて
よかったわ。


10時からは「心の遺伝子」
違うタイプの美しさの
IKKOさんよ。

着物姿で
メイクは濃い今風で
似合ってるかと言えば微妙だけど、
でも、全体の雰囲気がいいのよ。
トータルでオーラが出てる感じ。

IKKOさんのすごいところはね
すっぴんの顔も堂々と出すのよ。
すっぴんはやっぱり
年相応のおじさんよ。
それがあんなふうに
ムードがある妖しくかつ清楚な
女の人になるなんて
「美」って
たとえスタートがどこでも
どんなふうでも
あそこまで作っていけるものなんだと
感心した。

IKKOさんが
すごい努力家だって事が
改めてわかったしね。

でも昔
10年ぐらい前かしら
ある町の教育長さんが
何かのスピーチで
同性愛者のことを
「イヌ畜生にも劣る」と表現なさって
その古めかしさに
少しびっくりしたことがあったけど

石川遼君の登場が
男子ゴルフの世界をいっぺんに引き揚げたみたいに
IKKOさんのような人の登場によって
今までマイナーな立場にあった人たちへの
理解が少しずつ深まっていく。
NHKよ。
NHKの夜10時台の番組に
女性の着物姿で出てるIKKOさん。
なんかうれしかったわ。

辞任のニュース

2010年06月02日
期待してたのに
民主党ファンだったのに、
いや、今でも応援してますが。

わたしのように
まだ歩き始めたばかりの
よちよち民主党を見守りたい
と思っていた人は
いっぱいいたはずだ。
でもいつの間にか
自民党より
保守色が濃くなっていき
ここのところ
どのニュースも見るに堪えなかった。

大臣たちのハトヤマ続投支援には
ほんとうにがっかりした。
前原さんでさえ
反省して続投してほしいって。
大臣の立場で
鳩山さんに辞めるべきだと言ってほしかった。
原口さんなんて大臣になったら別人のようだ。

でも一度がらがらに崩れないと
再生もやってこない。
とにかく
退陣は次への一歩としてよかったと思う。

バナナがごちそうだった

2010年06月02日
朝のゲゲゲで
顔のきれいな水木しげる役の向井理が
義姉の家へのおみやげに
バナナを持って行っていた。
バナナを買うお金がよくありましたね、
と奥さん役の松下奈緒が言っていた。

叔母が小さい時
大人しい叔母だったが
ある日買い物に行って
八百屋のバナナの前で動かなくなった
どうしてもバナナが食べたくて
固まってしまった、
という話をばあちゃんから何回も聞いた。
昭和20年代後半の話。

あの番組は
懐かしい昭和の時代、
ものもないお金もない時代の
その感覚がよみがえってくる楽しい番組。

思い出して懐かしむ分にはいいけれど
戻りたいかと言われれば
やだ。

あんな時代から
日本は本当に豊かになった。
どうして豊かになったかと言えば
国の外から持ってきたからだろう。

富が行き渡るのって
ホストクラブのシーンなんかで見るけど
シャンパングラスを積んだのがあって
その一番上に注ぐと
ずっと下のグラスにまで
ひとりでに行き渡るでしょ。
そう言うやり方だと楽に行き渡るけど
今の民主党のいろんな補償政策は
経済政策が伴ってないので
上から注ぐんじゃなくて
下のグラスに一個ずつ少しずつ
水を入れてる感じで
その水も借り水で
たいへんそうでできるかなって感じね。

イミョンバクもサルコジも
就任当時はスキャンダルもあったけど
今はもう完全に水平飛行に入ってるわよね。
鳩山さんはいい人だけど
そこまで上昇する力がなかった。

とにかく誰でもいいから
やっぱり上から水を注げる人を
呼んでこられる人になってほしい。

だってあの時代に戻るのは
やっぱりいやだもの。

「告白」試写会

2010年06月03日
「告白」の試写会に
行ってきました。

女性教師の一人娘が
担任するクラスの生徒に殺される

一体誰が殺したのか?

って始まるんだけど
以外に犯人はすぐにわかっちゃうのよ。
犯人がわかるまでがおもしろいんで
こんなにすぐにわかって
あとどうするんだろう
と心配になるぐらい
すぐわかっちゃうんだけど

そのあとがずーっと
広がってくのよ。

一見何でもなさそうだけど
ちょっと凍みる歯の詰め物の下が
ひどい虫歯になってるっていうか
いや、ちょっと違うかな、

見たことないけど
柱にシロアリが巣喰っていて
床をまくってみたら
もうあちこち食べられて
がたがたになっていたっていうか
やっぱり虫歯と一緒のことか。

少しずつ暴かれていく楽しみは
本そのまま。
っていうか松たか子の話し方なんか
本からそのまま主人公が出てきたと思うくらい、
本の感じが出てた。

人がいっぱい死んでくんだけど
殺す人の気持ちに
半分共感できて
半分共感できないのよ。
わりに人物がはっきり作られてて。

「フィクション」として
距離を置いて見られるところがいい。

本のイメージを壊さず作られた
監督さんと出演者の皆さんに拍手です。



お薦めテレビ番組

2010年06月04日
さとなおさんのブログからですが
今年の3月
グルジア国立バレエ団が来日したときの
ロミオとジュリエット」が

今日6月4日(金)NHK教育放送11:00〜

アンナ・アナニアシヴィリという
すばらしいバレリーナ、
「プロフェッショナル」で紹介された
ボリショイバレエ団ソリスト岩田守弘さんが
お出になるようです。

もうひとつ
WONDER×WONDER
NHKの番組ですが
先日放送された「京都!天下無双の別荘群
に度肝を抜かれました。
再放送が

BS2 6月6日(日)10:00〜

よろしかったらご覧ください。

誕生日なんて別にいいんだけどさ

2010年06月05日
この間
私が生まれた日、誕生日だったのよ。
一緒に仕事してるYちゃんは
ちゃんと覚えてくれてて
おめでとうって言ってくれたのよ。
あともう一人
メールをくれた若い友達がいて
うれしかった。

家族、つまり父と母、夫は
全く忘れてたわよ。
でも別にそれでいいのよ。
わたしだって
今までそんなにていねいに
祝ってあげてないし
夫に対しては
覚えてるかな、覚えてるかなって
内心試してるのよ、
でも全く覚えていなくて
ご飯食べて飲んだらすぐ寝ちゃってたわね。
でも別に本当にいいのよ。
そこまで期待してないから。

でも期待してる人がいたのよ。

それはお察しの通りだけど

娘よ。

去年はちゃんとおめでとうメールが来たのよ。
だもんだから
今年も来るかなって思っちゃうでしょう?
ところが来ないのよ。
携帯も
パソコンも
何回も見たけど
来ないのよ。
別にどっちでも、と、思うんだけど
来てないかな
来てないかなって見ちゃうのよ。

そのうち
きっと娘はうっかりしてるだけだから
私の方から教えて上げた方が
親切かもしれない、と
メール打とうかなとも思うんだけど
自分から自分の誕生日を言うのも
ちょっと残念じゃない?

それで夜の11時ぐらいになって
あと1時間で誕生日が終わっちゃう
とやっぱり娘にメールしたのよ。
「今日私の誕生日だよ」って。

そしたら
しばらくして
「あ、忘れてた」ってメールがあったけどね。

まあそれだけの話だけどさ。
それだけの子育てて
それだけの娘が育ったって話で
別にいいんだけどさ。

やっぱり
少しも子離れしてないってことも
改めて思ったし。

次の日から
また普通の日の
1/364日ずつが過ぎていきます。

誕生日ありがとう

2010年06月06日
ぴいすけの母さんの
ブログを開けたのよ。

「あっ!」
って題にお書きになっていて
何があっ!なのかなと思ったのよ。

そしたら
「もうすぐ、カウンターが10000になる!」
ってあって
カウンターを見たら

10000」じゃないの。
左側には龍馬伝の垂れ幕
右側には10000番
なんか
えらくなったような気がしたわ。

キリ番を踏んだのは初めてよ。
すぐに
コメントに書かせてもらったのよ。

そうしたら
ぴいすけの母さんが
連絡をくださって
そして記念の品を頂いたのよ。







せっけんがはいっていて
いい香りがして
こんな手作りのお品をいただけるなんて
香りと一緒に心に染みてくるわ。

そして
このハガキも入れてくださっていたのよ。




この絵も文字も
心に飛び込んできたわ。

ありがとうございました。

ブログがなかったら
知り合うはずのないご縁

とても不思議。

このブログに感謝しています。

12通りの茶席

2010年06月07日
Buluenight さんがお書きになっていますが
私も姉妹弟子にあたりまして
社中のお茶会のお手伝いで
冨田家で一日を過ごさせていただきました。




安居寺のふもとにある
大きなお屋敷です。

今は十八代目にあたられるということで
茶会のために座敷の畳を新調して
くださったとのこと。

茶席の座敷は一面がすべて簀戸(すど)
にしてありました。





奥行きのある庭が見渡せます。
細かい細かい竹?蘆?が通っています。
枠はヒノキで紋の模様がくり抜かれていて
外の光でくっきりと浮かび上がります。





正客というのは
いちばん上座に座られるお客様で
亭主とお話をされるのはこの方だけです。

亭主がひけらかすように
自ら進んで説明するということは
お茶の世界では基本的にないようです。

お尋ねがあれば
答える

基本スタンスはそれです。

ですから
どんな質問をするのか
どういう質問の仕方なのか
力量が試される面もあるので
正客さんは大変です。
そして
お人柄も表れます。

12回のお席ですと
12人の正客がいらっしゃいます。

いろいろな方がいらっしゃいます。

茶席は「音」を楽しむ場でもあるので
障子一枚隔てた水屋(準備する部屋)で
息を潜めながら
会話から
お客様がどんな方なのか想像する。

それも楽しみの一つです。

そう言えば

町の公民館主催で
児童会の子どもたちを対象に
お茶会が開かれているのですが

数年前のこと
確か4年生ぐらいだったと思いますが
ベオさんの息子さんが
座り順で正客になられましたが、
素直な質問と豊富な知識で
楽しい会話が次々と広がっていって
数々見てきた中でも
五本の指に入る正客振りでした。

きらきらと輝く正客さんでした。
わたしにはできない、
とひれ伏したい気持ちになったのを
思い出しました。

兼ね過ぎじゃない?

2010年06月08日
今日はね
PRIMAさんとこで
しこたまワインを飲んできたので
眠たくってあんまり書けません。

今日の内閣発表だけど
消費者庁、少子化対策、男女共同参画担当の
以前、ミズホさんがやっていらしたポストを
荒井なんとかさんて人が
他の大臣と兼務になってて
それでいいのかって。

少子化対策はどっちかというと
経済問題だと思うんだけど
そっちと抱き合わせの方が
いいと思うんだけど。
ここらへんを軽く考えているようじゃ
あんまり期待できないのよ。
まあ明日の新聞発表を見て
またゆっくり考えてみよう。


とにかく今はおなかいっぱいよ。

PRIMAさんとこで飲んだワインは
「ぶどう」の味がしたわ
そうたくさん飲んだことはないけど
ワインを飲んで
ブドウの味がするって思ったのは初めてよ。
ブドウの味がするワインて
おいしかったわ。

またゆっくり書きますね。
さっき見てみたら
写真が大方ぼけてたのは残念でしたが。

この人のためなら

2010年06月08日
この前の金美齢先生の講演で
小泉首相の話になった。

小泉首相がアメリカに行った時
プレスリーのマネをしていたこと。
調子に乗った振る舞いのように見えたが
プレスリーは日本でいえば
美空ひばりのような人。
外国の大統領が来て美空ひばりのまねをすれば
悪い気はしないだろう。
ということで
どうしたら喜ばれるかが考えられての
行動だったということ。
今さらいっても詮無いが
小泉さんは「大人」だったような気がする。

金先生は小泉さんのことを

「あの人もいろいろあったけど
 でも

存在感はあったわね」

とおっしゃっていた。

逆にそのあとの総理大臣には
「存在感」がないということ。

小泉首相といえば
飯島秘書官が有名だ。
この秘書官の隠れた場所での
采配があればこそだった
というのは
よく言われていることだ。

ウィキペディアを読んでみると
秘書への採用の際に
「この人のために生涯頑張り抜こう」
と決意したという。
読んでいると
鈴木宗男氏、松岡利勝氏の名前も出てきて
おもしろい。

惚れさせる人
惚れて支えてくれる、できれば切れ者

大きな組織の代表になる上で
こういう関係があることが
望ましいと思うが

果たして菅さんはいかがか。

そういう角度から見ると
けっこう薄っぺらい気がして
不安があるのだが

でも菅さんは
今のところ
厳しい表情で事に
当たっておられるのがよい。

鳩山さんのつかみどころのない視線、
しまりのない表情は
不安を募らせたから。

とにかく
少しでも長持ちするよう
祈っている。



夜のプリマベーラ

2010年06月09日
やっぱりさあ
夜に来て
ワインていうのを飲まないと
なんかくやしいじゃない?

ていうか、
マキちゃんとPRIMAさんとこで
食べようって言ってて
やっぱり夜の方が都合がいいって
そうなったんだけど
以前
スポーツクラブjoyで
よく一緒に汗をかいてたお仲間とも
一緒にPRIMAさんのお店に行ったのよ。

それがね
ワインを飲んだでしょ。
そうなると取材が二の次になっちゃうのよ。
写真も撮ったんだけど
シラフでもボケボケなのに
酔うと余計に焦点が定まらない感じね。

だからその範囲のことだけどね

前菜が8品よ。
ひとつ目は
バーニャカウダって名前なんだけど、
熱いお風呂って意味なんだって。
お野菜をディップにつけて食べるんだけど
そのディップは
にんにくとアンチョビと牛乳と何かでできてて
とにかく家では味わえない複雑な味。




ディップが残ったので
フォカッチャをお代わりして
スプーンに付いたのも全部キレイに食べたわよ。

あとはハム(肩肉、普通はもも肉なんだって)と水牛のチーズ

イワシのマリネ

南砺野菜のトマト煮込み

詰める前のソーセージ

たこのおぼれ煮

焼きナス

もう1個書いてなくて思い出せない

あと鯛のメインディッシュをいただいて

ピザを頂いて




ピザをいただく頃だったか
PRIMAさんが
お手伝いにいらしたMAOさんを
紹介してくださって
(もちろんかわいらしい、ステキな方だったわよ)

スパゲティを食べて

そしてデザートとお茶よ。

おなかいっぱいになるとは聞いてたけど
でもね
目の前に来るとおいしそうでしょ?
食べでおかいでか!
っていうファイトが湧いてきて
もちろんみんな完食よ。

そんなによそに食べにいったことはないんですが
前菜が充実してるのが
PRIMAさんのお店の特徴のような気がしますし、
最初にがつんとくるのがいいですね。

お店の皆さんもサービスに慣れていらして
みなさん笑顔で
目があった時の感じがよかった。

PRIMAさんは相変わらず
端から端まで目を配っていらっしゃいましたよ。

PRIMAさんは
こういうお仕事のために
生まれてきた方
だな
と思いました。

あ、玄関のお花坊さんのお花も真っ盛り。
「お花坊さんのとこの花は丈夫なんですよー」
とPRIMAさん。

ブログのご縁が楽しいですね。


絶品!フルーツたい焼き!

2010年06月09日




出たって聞いて

食べたわよ。

想像よりおいしかった!

冷やして食べるから
今からにぴったり!

中に入ってるカスタードも
甘すぎずちょうどいいし。

だまされたと思って

どうか1回食べてみてください!






世界の子どもたちの笑顔

2010年06月10日
きのうフルーツたい焼きを食べた母が
おいしかったって
今日さっそく買ってきてくれて
2個目を食べたのよ。

みなさんほんとに一度はお試しくださいね。

っていうことで
たい焼きの話は今日はもう終わりなんだけど

あることでメールをいただいた方の
アドレスに
「tategotoazarasi」って入っていて
読んでみると
竪琴アザラシじゃない?

竪琴アザラシって
どんな生き物だろうって
ベオさんの言い方を借りれば
ググってみたのよ。
そうしたら

まだ泳げないタテゴトアザラシの赤ちゃんが氷の穴にドボン!

っていうのが出てきて
これが
北川孝次っていうひとの写真で
表紙に行ってみると

「上海万博日本館で笑顔の写真が採用されました」

って書いてあるのよ。

あー、これ、この間のニュースで見た!

と思い出したのよ。

それで世界の笑顔っていうページがあって
全部見たワケじゃないんだけど
モンゴリアの写真
(次ページをクリックして全部見てね)
が好きだったので
よかったら見てくださいね。

風が吹けば桶屋が儲かるじゃないけど
ネットって次々に新しい世界が広がって
楽しいのよねえ、
そのおかげで
朝が起きられない、
すみません、
もう寝ます、お休みなさい。

義理堅いおじょうさん

2010年06月10日
ジリアンって言って
2年前に砺波工業高校で
教えていたALTの先生なんだけど
その時に城華で踊ってくれてて
それから
麦屋節も好きで「花筏(はないかだ)」
っていう、
ジリアンのお母さん以上の年齢の人ばっかりの
踊りの団体なんだけど
仲良く混ざってくれて
じょうはな座の定期公演に出たり
城端になついてくれてて

それで
今日突然
遊びに来てくれたのよ。
はないかだのカワイさんとマツシマ先生と一緒に。

ジリアンは今シンガポールに戻って
ハイスクールで英語を教える先生。
クラスには中国から
国の奨学金で留学してきてる
生徒もいるんだって。
6月で夏休みに入って日本に遊びに来たみたい。
でも来年からは部活の担当が
まわってきそうだから
来年は遊びに来られないかも知れないって。
シンガポールにも
部活があるみたいよ。

この間テレビで見たんだけど
シンガポールはゴミを捨てると罰金を取られる
美しい町だったけれど
最近よその国からきた人が増えて
ルールを守らない人が増えてるって。
ジリアンにほんとにそう?
って聞いたら
やっぱりそうだって。
フィリピンや中国やアメリカから
たくさんの人が来てるって。

そう言えば
村上ファンド事件の村上さんも
シンガポールに行っちゃったんじゃ
なかったっけ。
日本が40%、シンガポールが17%
っていう税率が関係あるみたいだけどね。

ああ、そうそう、
ジリアンの話だけど
日本語がとっても上手なのよ。

うちにお菓子のおみやげまで
持ってきてくれて。

ジリアンは年かさのある人とも
仲良く友達になれるところが
すごいとこなのよ。

ほんとにいい子よ。
ほんとにいい子だわでも
まだ独身だって。

だれかシンガポールに
いい人知りませんか?






フォーシン

2010年06月11日
今日は富山まで行って
その帰り道の音川線で
私の前を走るトラックに書いてある
文字が気になったのよ。





真信進心カンパニー
  フォーシン


シンが四つで
フォー(4)シンね

シンと読む四つの漢字
わかりやすくていい字を選んであって
おもしろいなと思いました。

でも一体何を売ってる
会社なんだろう?

写真を撮ろうと思ったんだけど
運転中だし
運転してないと撮れないし
携帯は違反だけど
写真はどうだっけ、
じゃあ
おにぎりを食べたり
パンを食べるのはいいのかな
とか前から思ってることを
また思い返したりして
カメラを取り出して
サイズを小さくして
フラッシュなしにして
撮ったのよ。

でも

運転中に撮るのは

危ないわね。

今度から
我慢しようと思うんだけど
おもしろいのがあると
また撮りたくなるかも。

がまん
できるかどうか
ちょっと心配。

花笠音頭

2010年06月12日
今年の敬老会のうちの地区の演目の一つが




去年ちょっとしたことから
YOU TUBEで
花笠祭りを見て
そのかわいらしさに
びっくりしました。

でも実際踊ってみると
なかなか
このかわいさは出せないのよ。

ひとつに
これに出てくる踊り子の皆さんと
年齢がね

年代が違うんだけど
そんなことは最初からわかってるんで
もう
なりきって
ぶりっこぶりぶりで
がんばってもらうしかありません。
ただ今
可愛さ練習中。

これは大学生の花笠音頭
いかにも大学生らしくて見応えがありますね


この運動会のこの子
じょうずでしょう?

いろんな踊りがあって
奥が深いです。

いつか山形に行って
見てみたいな。

いや、踊ってみたいわね。

ブブゼラの音に消された所信表明演説

2010年06月12日
今朝の読売新聞

一面のいちばん大きいポイントが

亀井金融相が辞任

つぎが

「南アW杯開幕」

まあ四年にいっぺんだしね。

その次が

「宮崎県境一部封鎖」

こちらは深刻だから
もちろんわかります。

その次よ

「超党派で財政健全化」

更に小さい字で

「菅首相が所信表明演説」

今朝のNHKニュースを見ても
ワールドカップと口蹄疫のニュースがほとんどで
スポーツコーナーに行く前の
ほんのちょっとの時間に
すこーし触れられただけだった。

それにしても
ブブゼラっていうの?
あのラッパみたいなヤツ。
おなかにずんずんひびいてくるような音で
けっこう気になりますね。

別に見たいワケじゃなかったけど
南ア×メキシコの試合を見てたら
日本の試合と
スピードが違う気がしたけど。
とっても速く感じたけど。
気のせいだといいんだけど。

今は
ワールドカップに隠れちゃってる
現政権
その隠れ具合が
吉と出るか、凶と出るか。

日本チームが活躍できないと
そのはらいせが政権へのやつあたりにも
なりそうな。

スピードが気になったんだけど
日本チームがんばってね。





菅首相の所信表明演説

2010年06月12日
新しい政権に期待していない
というか
今の日本の局面が深刻だし
だれがやってもそううまくはいかないだろう

でも
菅さんは思ったより慎重で
最近の早期交替の首相の皆さんの
轍を踏まぬよう
石橋を叩いて渡るような
用心深い目つきが目立つ。

今日のお昼
ほんの5分ぐらいだけど
所信表明演説を聞いた。

下を向いて原稿を読みながら
決してうまくはないが
力強い。

ちょうど湯浅氏のライフサポートの
話が出てきていた。

派遣年越村を作った湯浅誠氏が
政権交代で民主党の参与になり
政治家や政府の役人たちと
話し合いを重ねるが
自治体の現場を動かすのは難しく
壁にぶち当たっている番組を
お正月頃NHKでやっていた。

そう言えば菅さんも
湯浅さんの横によく映っていた。

これだけの財政難の中で
貧困問題を語り
どうにかしようっていうのは
おとぎ話に聞こえる時もあるけど

でも何とかしたいと思っている
菅さんの話にけっこう感動した。

この人は
ずっとこういうことを何とかしたいと思って
政治をやってきたんだ

菅さんの政治家としての
長い歩みが感じられるスピーチだった。

健闘を祈る。

それにしても
ずーっとヤジが飛んでいて
落ち着いて話が聞けない。
国会に品格がない。
悲しい限りだ。





高齢者の高齢化

2010年06月13日
きのうは
井波西別院で
綽如(しゃくにょ)上人の命日にちなんだ
法要とお茶会がありまして
そのお茶会のお手伝いに。

お茶会が終わった後
しばしの反省会。

「椅子に座れるのなら行くけど」

お茶券をおすすめすると
そう言ってお断りになる方が
いらっしゃるとのこと。
ここのお茶会は和室の畳ですからね。
椅子も少しは準備してあるんですが。

「ひざ」を痛めている方が本当に多い。

確かに
お風呂屋さんに行くと
高齢者の方の腹、腰、尻あたり、
ぽったりと豊かな姿をよくお見かけする。
ひざも苦労が多いだろう。

すこし太っていた方が
長生きすると最近言われているけど
「少し」で止めておくのは
なかなかむずかしいみたい。


今日は蓑谷地区の

「高齢者の集い」

もう10年以上毎年あるんだけど
多い年には120名以上の参加があったが
今年は初めて90人代。
100人を切っちゃった。
こういう催しは大方リピーターで
そのリピーターの皆さんが
高齢化で少しずつ減ってきている。

ここも和室であったんだけど
その施設に今年から
座れない人のため用の低い椅子が準備してあって
10脚以上使われてましたね。

和室には
座れない人用の椅子が
必需品になってますね。

「高齢者は洋室」ですね。

高齢の方とたくさんお目にかかった
二日間でした。

高齢者の集いのひるどき、
近所のおばあちゃんが
配った弁当を食べずにお帰りになるよう。
そう言えばここの家は
毎年夫婦で来てくださっていたのに
おじいちゃんはどうしたんだろう。

「帰られるが?」

「じいちゃんのごはんをせんなんもんやさかい」

「そういや、今年だんなはんおいでなんだね」

「今年2月から、うちで寝とるがいけ」

「あらー、そりゃ大変やね」

「よーうはたらいたさかい。
 いつまでもいうわけにいかんちゃ」

おくさんに
「よーうはたらいたさかい」
と評価されている
だんなさんは
幸せだなと思いました。

高齢者も高齢化で
ジリ貧で
そして
次世代へ続きにくい。
それを身近に感じた二日間。



下がり藤

2010年06月13日
きのうのお茶会のお菓子は
下がり藤 よしむら製




甘さがちょうどよくて
美味しいお菓子でした。

藤はもう終わってるでしょ。
お茶は先取り先取りなのに
どうして藤なんだろうと思ったんだけど
先生から
下がり藤は
西別院の花ということで
それにちなんでの
藤のお菓子だった。

そういうことね。

この6月のお茶会は
別院の奥の方にある
柳汀閣(御殿)で行われます。

柳汀閣は佐藤助九郎という人が
建てたっていうことは
何度かお茶のお手伝いをして
耳にしていたんだけど

きのうこの下がり藤のお菓子を
持って帰って
夕飯時に父に見せたら
父が
あの柳汀閣の御殿は
ここの在所のカイニョも使われている、
立派な木が使われているんだぞ
というようなことを言って

佐藤助九郎は
本願寺にいっぱい寄附をして
いっぱいいっぱい寄附をして
この下がり藤の紋を使うことを許されるように
なったんだって言うのよね。

へえ、
と思ってさっそくウィキってみたのよ。

佐藤助九郎って
想像以上に立派な人でした。

「極めて私欲の薄い人であり、人徳円満な人」で

「私費を投じて橋を架設」

「私費を投じて幾多の難民救済事業を志し」


葬式の様子もすごい

「当時、官・財界その他会葬者は1万数千を数え、小学校の生徒は全校あげて道の両側に並んで葬列を送った。葬列の進む1キロメートルの道路は砂利を敷き公葬者のために空田1反歩(約992平方メートル)を借りた。」

もっと有名でもいいような気がする。
私が知らないだけ?

誰かドラマ化しない?

ひねたいも

2010年06月14日
先日
会社のある男の人と話をしていて
彼は週に何度か夕食の準備をなさっている。

それで
夕食準備の話から玉ねぎの話になったのよ。

「新玉ねぎ出とるけど
 去年の玉ねぎの方がずっと甘みがある」

へえー、
去年の玉ねぎの方が美味しいんだ。
新しけりゃいいと思っていたけど
そうとは限らないんだね。

男性に教えられるのが新鮮だった。


そして
うちのじゃがいも。

芽が出て芽が出て
母が何度も芽をむしって
表面部分はしわしわ




ところが
このいもが

美味しいのよ。

ほくほくでしっとりしてて。
去年よりおいしいくらい。

「きたあかり」って品種らしいんだけど。

とにかく
見た目はあれでも
味はいい。

何だか
いもに
励まされた気分。

他山の石

2010年06月14日
お仕事で法務局に行く

砺波の法務局には
富山新聞がおいてある

中国とのガス油田についての話が一面、
一枚めくると
板東真理子さんの
「他山の石」という記事が。

ギリシャの財政破綻についての記事で
「他山の石」は
日本はギリシャは他人事ではないですよ
という意味でつけられているタイトル。

詳しい内容は覚えていないけど

年間収入の20倍になってしまった
国の借金
されども
いちど広がってしまったサービスは
なかなか元に戻せない
とにかく
ギリシャはひとごとではないですよ

といったような内容だったと。

構造改革の小泉さんでさえ
税金の問題は棚上げのままだった。
ずっと前から
消費税を上げる必要があると言われながら
どの政権も本気で持ち出せないままに
ここまできてしまった。
どっちにしても
選挙で選んだ人たちが決めてきたことだし
今さら誰が悪いのと言ってみたところで
あまり足しにはならない。


問題は

その借金問題と
いつ
どのように
わたしたちが
向き合わなければならないか

ということ。

今はインフォームドコンセントっていうの?
自分の病状の説明を受ける
権利と義務があるって言われているけど

それとおんなじで
借金がこれくらいになったら
こうなってしまう可能性がある
余命何年じゃないけど
こうしたらこれくらいの時期で、
こうすれば大変だけど
孫子の代まではいきませんよ、

どっちにします?
とか
っていう説明がほしいわね。

第3の道って言われても
そんなうまくいくかしら
と思うんだけど

でも今までの政権より
少しマシな気がする

とにかく
少しは長いことやってほしい。

そこに落ち着いちゃった。


本田圭佑は結婚していた

2010年06月15日
きのうの試合で得点した
本田圭佑は
星陵高校出身とお昼のニュースで
言っていた。

え!
金沢の星陵高校?
すぐそばじゃん!
あのビッグマウスが石川県出身?
松井秀喜は北陸人ぽいけど
本田はもっと前へ出るタイプで
精悍な顔立ちが
きかん気を表してる
あんな新種が北陸から?



さっそくウィキってみると
大阪出身で
ユースチームへの昇格がなかったため
星陵高校へ進学し
石川県勢の高校としては
初のベスト4の原動力になった
とのこと。

やっぱり
北陸人ではなかった。

それからずっと読み進めていく。

どこのチームに行ったとか
成績とかどうでもいいのよ。
わかんないし。

え?

2008年7月に元保育園勤務の保育士の女性と結婚した

って!



どうでもいいんだけどさ、

でもなにか

ちょっと

だいぶ

盛り下がる。




残念だーっ!

お龍 低音の魅力 

2010年06月15日
この間お昼の番組に
岡田以蔵役の佐藤健が出ていて
もちろん録画してゆっくりと見た。

役を降りた佐藤健は
色の白いほんとうにきれいな顔だ。

今年の大河ドラマの龍馬伝は
その時代のリアルさが追いかけられていて
新鮮。

ほこりっぽさ、
そして
日に焼けた感を出すために
みんな、かなりの黒塗りだ。

この間から
龍馬の妻になった
お龍が出てきた。

ヒロインのこの役。

やはり黒塗り。

きりっとした鋭い目つき。

キャストでかなり成功していると思うが
その中でも真木よう子は
肝の据わったお龍感が出ていて
とても好きだ。

そして真木よう子お龍の声は低い。

ブブゼラじゃないけど
地を這うような
低いところから出てきて
それまでの生き様を物語っている。

その声が

かっこいいのよ!

今までにない
ヒロイン像に
これからどうやって
龍馬と生きていくのか
これからの描き方が楽しみ。

7月4日に
武市半平太の切腹、
岡田以蔵の処刑、
もう、
高知に帰ってきて以来
わかっていても
心配で
胸が痛みます。

ただ
お龍の登場で
それが終わっても
お龍を見守りたくなりました。

克美はいるが克典はいない

2010年06月16日
「同窓会 ラブアゲイン」

というドラマがはやっているらしい。

45才設定で
同じ年頃の方は
特に気になるらしい。

この間ラジオで言ってたけど

「同窓会に行ったって
 高橋克典はいないよねえ!」

KNBラジオのお昼枠の番組
中年女性アナウンサーの

「いないよねえー!」

のイントネーションの上がり下がりが激しく
絶対
絶対
いない感が強調されている。

もうひとりの男性アナウンサーが

「黒木瞳もいないよねえ」

「いないよねえ」

女性アナウンサーのあいのて。

もう一回高橋に戻って

高橋克典はいないよねえ、
 高橋克美ならいるけど


そう、
この2人
一字ちがいでよくまちがえる。

克典はいないが
克美ならいる。

わかる気がする。


最後は体力

2010年06月16日
最近
何となく忙しい。
そしてやりたくないことが
知らず知らずのうちに後回しになっていて
後手、後手の
循環になり

自分に自信がなくなっていくという
よくあるサイクルに陥りつつある。

そしてこの蒸し暑さ、
ほんとにもう。

読売新聞6/9の
「私の先生」というコラムに
村主章枝さんが
大学時代の授業で
ニーチェの哲学を
教わった先生について書いていらした。

わたしも学生時代
ニーチェをかすったが
なんのことかさっぱりわからないままに終わった。

最近
「ニーチェの言葉」
という本を見て
へえ、
こんな今風のことを言ってたんだ

びっくらこいているところだ。

「弱さを克服して究極の個人の強さを求めるニーチェ哲学が、スケーターの精神面とすごく近いことがわかってきました。」   新聞より

「『人間、一番大事なのは頭でも要領の良さでもない。最後は体力なんだ』との先生の言葉も忘れられません。」       新聞より


最後は体力


哲学の代表格のひとりみたいなニーチェの講義で
「最後は体力」
になっちゃうところがおもしろい。

それと
村主さん、
早稲田大学でスポーツ枠での入学だと思うけど
ちゃんと授業に出ていらっしゃったのだ。

まあ
そんなこんなに感心しながら

そう言えば最近、
運動する機会がめっきり減っている。
以前は無理をしてでも
屋内グランドに足を運んでいたのに
今は週一がいいとこ。
ローラさんが通ってるって書いてらして
ああ、私も少しはがんばらなきゃな、
とは思ってはいたが
ブログにしょたれて
行けなくなっていた。

毎日の運動は
けっこう底のところで
自分を支えてくれる。
そのことを忘れていた。

昨年末にバンクーバー五輪切符を逃し、止めたくなかったがやめたくなかったが資金的な問題で辞めざるをえないかなと思っていた時も、先生からの年賀状の一言が奮い立たせてくれました。
〈すごく大変だったと思う。でも、これであなたが人間をやめるわけじゃないんだよ〉  新聞より

富山市の医薬品会社「陽心堂」の援助を受け
現役続行が決まった村主さん。

わたしもひとつずつ。
あそことあそこに電話。
あれを書いて。

明日は屋内グランドで自転車を漕ごう。






5日間の夢をありがとう

2010年06月17日
タチアオイが咲き出しました。





この花って梅雨に入ると
咲き出すんですね。
この花がてっぺんまで行くと
梅雨明けっていうから
もろに「梅雨の花」なんですね。

春の花が終わって
少し寂しくなったところで
うわっと咲き出して
辺りを彩ってくれます。



みなさん書いていらっしゃいますが
あの調子の悪さから
まさか勝つとは思えなかった
サムライニッポン。

パッとしないニュースの中で
ひときわ輝いています。

「特ダネ」では
きのうも今日も
小倉さんがはしゃいでいます。
お昼だって
サッカーネタが続きます。
夜のサッカー番組だって
ちょっと見てみようかな
と思っちゃいます。
よそのチームの対戦を見る
余裕もあります。
韓国を応援することだってできます。

これで負けていたら
すぐにチャンネル変えてるでしょう。

勝利から
オランダ戦まで5日間。

その間
ずっと噛みしめていられます。

あと2日間。

明日も小倉さんの
うれしそうなサッカー応援を
聞いてあげようかな。


良いことへの道

2010年06月18日
すべての良い事柄は、
遠回りの道を通って、
目的へと近づいていく。
        「ツァラトゥツトラはかく語りき」

             
ただいま遠回り中。

いろいろあると
「ニーチェの言葉」白鳥春彦 編訳
        ディスカバー・トゥエンティワン社

をパラパラと見ます。

力が湧いてきます。

いのさんのブログで力を抜いて
この本で力をこめなおす。

順番を逆にしてはいけません。

ひとり一言

2010年06月18日
年に一回の集まりが
もうすぐある。

15人ぐらい。
女ばかり。

一回研修旅行でみんなで外国に行って
そのあと
年一回の親睦会。

今年は当番の組に入っていて
司会とか進行とかその役割。

宴会で
一人2分ずつぐらい
近況報告をするのがいいなと
思っていたんだけど
それは却下になっちゃった。

何でよ。
みんなの声が聞けて
いいと思うんだけど。
楽しみにしてたんだけど。


あーそれにしても
6月のジャブ的気ぜわしさ。
ストレスの溜まりやすい季節。
みなさん
ご自愛くださいね。
いのさんのサッカー解説を読むと
かなりいろんなことが
どうでもよく思えてきて
おすすめです。




せこい首相

2010年06月19日
民主党ファンと
言い続けてきた手前
今度の内閣も
応援したい気持ちでいっぱいだ。

だが

多くを説明せず国会は終わりに。
今の雰囲気として
説明より実行が求められている
っていうことはあるかもしれないけど、
逃げるように終わっていった
終わり方がせこい。

「第三の道」っていう
あっちもこっちもうまくいきます、
っていう説明が
せこい。

消費税10パーセントも
自民党を引き合いに出し
「超党派」と言っているところが
せこい。

わたしの思う「せこい」の中には
「ひきょう」「ずるい」という
意味も混じっている。

ああ。

「せこい」っていうのは
自分を投影していていやなのよ。

漢字に弱い首相、
体の弱い首相もあれだけど
せこい首相ってどうよ。

何とか応援させてくれ。
もう替わるのはいやだ。










「この世の全部を敵に回して」

2010年06月20日
今回のハトヤマ退陣は痛かった。
無党派層が増えたのも
わかる気がする。

そもそも政治に期待する方が
間違っていたのかもしれない、
などと思ってしまう。

「私たちは文民政治をほんとうの政治と思い込んでいるから、殺戮や破壊に満ちたこの世界の現実を政治の力で変えることができるのではないかというピント外れの子供じみた夢想につい浸ってしまうのだ。本当の政治とは軍人政治なのである。」P107

などと書いてあっても
わりにすーっと入ってくる気がする。

この本は

「白石一文が問う2000年代『人間失格』の書」

とオビに書いてあるようですが、

白石一文は去年「ほかならぬ人へ」で直木賞
をとった人です。

「ほかならぬ人へ」は仕事ができる男女の
恋愛小説ですが、この本は全くそれらの本とは
種を異にした小説でした。




装丁はどうでしょう。
内容が内容とは言え、微妙です。

目次もなくあとがきもなく
何の説明もありません。
それがまたこの本を特徴づけています。

アマゾンのこの本の内容紹介のところに

「自前の人生観を語りたかった、それが全ての作家の最低限の義務だと思います」

「アンコだけの小説です。皮も何もない。読者に面白くないと思われても、知ったことか、という思いでした。今、自分が何を考えているのか、自身で確認したかった」

とあります。

なぜだかこの間の
草刈民代さんの美しい裸身を思い出しました。
表現者として
世間がどう思おうとも
これをせずにはいられない
その感じが本に出ていました。


「性的欲求を満たす目的で異性を殺したり傷つけたりするといった行為もおそらく動物の世界にはないだろう。特にセックスの醜悪さを白日の下に晒すのは売買春という現象である。もちろん動物の世界に売買春は存在しない。売春が職業として成立する社会は異様である。人間の性は金銭に置き換えられるほどの商業性を持ってしまった。金銭によって繁殖と分離された「快楽としての性」を手軽に買うことができる社会に本質的な倫理道徳が成り立つわけはないのである。
 人間ほど非禁欲的な動物はいない。人間の欲望というものには限りというものがない。私たちは生まれながらにしてそのように作られているため、そうした本性を自分自身の手で改善したり修正したりすることは不可能なのである。
 戦争、テロ、狂信、犯罪、飢餓、貧困、人種差別、拷問、幼児虐待、人身売買、売買春、兵器製造、動物虐待、環境破壊−私たち人間は歴史の中でこれらのうちのたった一つでも克服できただろうか。答えは否だ。そして今後もそんなことは絶対できないのだ。」
             P124

期待はずれ

2010年06月20日
タイトルが
「期待はずれ」で
「夫の禁煙」が続いていて

夫がまた吸い出したかというと
それがそうではなくて
禁煙は3ヶ月を過ぎた今も
続いている。

予想外に続いていて
えらいな
と思う。


何が期待はずれかというと

夫がタバコを止めると

何か
夫婦の間が
近づくと想像していた。

夫が禁煙すると
仲良くなるような
気がしていた。

ところが
タバコをやめても
夫は夫のままで

わたしは
そういつもいつも
手放しで褒めることもできず

夫とわたしの距離は
禁煙前も
禁煙後も
まったく変わらないことに

最近気付いた。

その距離感がいいのだが

ちょっと
期待はずれではあった。
いや、
期待をはずしたのは
私の方か。

まあいいや。

どこへ行ったらいいのだろう

2010年06月21日
自衛隊の小松基地のそばだって
ものすごくうるさい、
沖縄の言うこともわかる、

と、以前仕事でよく小松に足を運んでいた
父は言う。

飛行機のキンキンの音が
毎日するようになったら
やっぱりいやだ。
基本的な生存権の侵害のような気がする。
最近のニュースで
沖縄に足を運んだ
徳之島の町長の一人が
あらためて
反対の決意を固めておいでた。

では基地はどこへ行ったらいいんだろう。


「発展途上国」
アジア・アフリカ諸国を
教科書でそう習った。
発展の途上、
だからいつかはみんな発展して
みんな先進国になるんだ、
小学生の頃、そう信じていた。


同じように
時代が進むと
暴力団だって
なくなるだろうと思っていた。

実際に暴力団は減っているのだろうか。
時代によって
姿かたちを変えてはいるが
その存在感は
ニュースで見る限り相変わらずのようだ。

でも最近思う。

わたしの心だって
いいとこと悪いとこでできている。

他人の慶事を見た時
まずわき起こるのが嫉妬心、
なんであいつが。
それを
いやいやまてまて
あの人だってがんばったんだ、
わたしだってそこそこ幸せじゃないの
どうして妬む必要がある?
とよい子の方のわたしの気持ちを
自分の中で育て上げ
悪い子のわたしの気持ちを包んでいく。
それで何とか
世間への体裁を整える。

いくつになったって
意地悪な気持ちは消えやしない。
心は「善」と「悪」でできている。

それとおんなじに
悪の組織がいつかはなくなるっていうのは
おとぎ話だと思うようになった。


白日の下にさらされた大相撲。
みんなまだまぶしくて
どうしたらいいかわからないみたい。
急に覆いを取られた
アリの巣みたい。

大相撲は何となく
いろんな事が「込み」なのが
暗黙の了解になっていたのが
こうなってしまって
影が無くなって
それこそ魅力という点でいえば
どうなんだろう

そっちの方が心配になります。

ああ、だめだ。

吉祥天さんのブログ
6月17日「大相撲について
を拝見して
感動したものですから
何か書きたかったんですが
うまく書けません。

相撲の出店の中に
一件その関係のお店が
あったということですが
真っ当な商売をなさっていたのだとしたら
それも追われなければいけないのでしょうか。

あるものはあるのに
追われてどこへ行かれるんでしょうか。

来年こそ

2010年06月22日
私たち夫婦は昔名古屋に住んでいて
こちらに帰ってきて
20年以上になるが

名古屋時代の
仲が良かった数組の夫婦と単身者と
年に一度は必ず会う。

長野とか岐阜とか山梨とか
時には新潟、福井など。

一泊で旧交を温める。

どうして
毎年
ここまで続いたかというと
それは

世話をしてくれる人がいるからです!

どうしてわたしばっかり
とか
次は誰かやってよ
とか
言わずに
(いや、最初のうちは言っていたが
 誰もやらないので結局彼女が毎年引き受けてくれて
 それが当たり前になっていったっていう感じ)

ずーっと
お世話してくれたおかげで
わたしたちは
それに乗っかるだけでよくて
気心の知れた仲間と毎年会えるのを
楽しみにしてきた。

その会が続くかどうかって
仲いいかどうかより
世話をしてくれる一人の人がいるかいないか
それに係っているんだと
彼女が教えてくれた。

今年も
7月24,25日に会うはずだった。

ところが
その彼女から
電話がかかってきて
今年は都合が悪くなって
行けなくなったって言う。

どうしたんだろう。
子どものことで何かあったんだろうか。

私たちは行けないけど
やって
っていうけど、
肝心の世話家族がいないと
盛り上がらないよね。

実は
だんなの仕事がなくって。
ここ2ヶ月で2週間ほどの
仕事しかしていない、
旅行に行く気持ちになれない
と言う。

だんなは腕のいい職人なのに
建設関係はやっぱり厳しいんだなと
ずしんとくる。

結局
旅行は取りやめになった。

でも正直に話してくれて
とても強い夫婦だなと
尊敬の念が湧いた。

やっぱり入りが少ない時は
使わない方がいい。

取りやめになってゴメンね

と改めてメールが来たので

一番いい選択だと思うよ

と返事をしたら

彼女はちゃんと仕事してるし
そして楽しくやってるし
だんなの方も
夏にまとめて仕事が来そうという話なので
安心した。

今度のことで
彼女のことが
今までより更に好きになった。

来年は会えるといいな。

そして

もう少し
もう少し
仕事のある世の中になってほしい。

お願いします。

強い日本のパスポート

2010年06月22日
この前
金美鈴先生の講演の話を書きましたが
そのとき

パスポートにもランクがあって
日本のパスポートは
ランクが上だっておっしゃっていたことを
書いたんですが
書いておきながら
意味がよくわかっていなかったんです。

きのうの
さとなおさんのブログに
ちょうど
今日
日本のパスポートは最強らしい
っていうタイトルの中身だったので
一部をここにもご紹介します。


あと、
これは気づきそうで気づかなかったことなのだけど、海外旅行の強者や添乗員さんたちから
「日本のパスポートがいかに強いか!」
という指摘がいくつか。
「どこでもさくっと入国できるパスポート最強」
「そして圧倒的に威力がある日本のパスポート。
いろんな国の人に日本人と同じ勢いで集合かけられない...。チケットとれ次第現地入りっ!なぁんて荒技、無理だから」
「日本のパスポートのありがたさにはもうホント脱帽です。どの国にもスムーズに入国できるなんて他の国ではありえないです」
「小汚い極貧バックパッカーだろうが、テロリストっぽい風貌の怪しい芸能人だろうが、顔パス的に入国できる日本のパスポート最強」……。
なるほどー。本当の国力ってこういうところに現れるのかもしれない。」
        
          6/22 さとなおブログより

安全な国ニッポン

私たちは幸せなんですね。

最強のパスポート その2

2010年06月23日
さとなおさんの今日のブログが

続・日本のパスポートは最強らしい


きのうのブログを
続(ぞく)っていたので
わたしもひきつづき。

だって
日本がいい国だって
ほめられるのってうれしいんだもん。

さとなおさんのブログ本体を
ご覧いただければ
続々と寄せられている
強い日本パスポートの
具体例をいっぱい読むことができます。

1個だけ
ここに書かせてもらうと

「日本に留学してた外国人の知りあいに「どこの国でも行けるから」という理由で頑張って日本のパスポートを取った人がいます。海外で暮らしているのに。日本はすごいって海外で言われた時、日本人は「そんなことないよ」って言いがちなんですよね。Yes!って言いたいですね。」
           さとなおブログより

読んでいると
うれしくなってくる。


発展途上国は「発展」のままだし、
暴力団も減っていない

ってこの間書いたけど

この国の大きさで
「国の津々浦々豊かになった」

っていうのは
世界に例がない
奇跡のようなことなんだよね。

さとなおさんじゃないけど
日本に生まれて
本当にラッキー。
それをかみしめて
また今からがんばらないとね。

市民税支払いの季節です

2010年06月23日
6月半ばに
市民税支払の用紙が来ました。

一括は割引がきくといいのに。

源泉税に較べ
ずっしりしてます、市民税。

利賀のスキー場の7000万円の行方
気になりました。
山瀬さんのブログで
その経過について
報告されていて
興味深く見せてもらっていました。

今年はとりあえずという感じなのでしょうか。
では
市全体のスキー場の
今後の計画はどうなるのでしょうか。
これからも
全部運営されていくのでしょうか。

山瀬さんに
今度会ったら聞いてみよう。

山瀬さんは賛成の立場を取られたと
書いてありましたが
結局どうなったのかは
「利賀の魅力盛りだくさん」さんのブログで
わかりました。

やっぱり新聞見ないと分からないのかな。
新聞あんまり落ち着いてみないからな。

議会の結果とか
なるべく早く
市のHPでアップしてあるといいのにな

時々思います。

きいちゃんの浴衣(ゆかた)

2010年06月24日
石川県小松瀬領養護学校の先生、
山元加津子先生の本の一節です。



 職員室にいると、きいちゃんがとてもうれしそうな顔をしてとびこんできました。きいちゃんはいつもどちらかといえば元気のない印象をあたえる子だったので、驚いてたずねると、「お姉ちゃんが結婚するの。私、結婚式に出るのよ」と言いました。
 どんな洋服を着て出ようか、結婚式ってどんなかしらとそれは楽しみにしていたのでよかったなあと思っていた矢先、ある日、教室で泣いているきいちゃんをみつけました。聞けば、おかあさんがきいちゃんにお姉ちゃんのために結婚式に出ないでほしい、と言ったとのことでした。「私のことが恥ずかしいのよ。おねえちゃんばっかり可愛いのよ。私なんか産まなければよかったのに」と言って泣くのです。これがきいちゃんの本心でないと思うのですが、きいちゃんも、そうきいちゃんに言われたお母さんもとても傷ついているだろうなあと思いました。お母さんは、決してきいちゃんよりお姉さんを可愛がっているのではなく、かえってきいちゃんのことばかり考えているような方でした。でも結婚式に出ることで、お姉ちゃんが肩身の狭い思いをするのではないか、お姉ちゃんの子どもに障害を持った子が生まれるのでは、と他の人に思われるのではないかとお母さんは考えられたのだと思います。

 そんなきいちゃんに私は何も言ってあげられなくて、いっしょにきいちゃんのお姉ちゃんにプレゼントを作ろうと言いました。お金がないので、さらしの布を買い、金沢の山のほうにある二俣町というところで染めをならって、白い布を夕日の色に染め、きいちゃんはお姉さんに浴衣を縫い上げました。
 きいちゃんは小さいときに、高い熱が出て、思った場所に手をもっていくのが大変になりました。アテトーゼといって、手が持っていこうとするところの前へいったり、後へいったり……なかなかその場所にいかないのです。だからきいちゃん自身は、縫い物ができると思っていなかったと思います。そして、私自身もきいちゃんが一人で縫い上げるのはむずかしいと思っていました。でもミシンもあることだし「とにかく作ってみようよ」と最初、提案したのでした。
 でも、きいちゃんはとてもがんばりやさんでした。毎日毎日縫っていくうちに、縫い目はだんだんと揃ってきました。私はとても驚きました。
 そして、きいちゃんは学園へ持って帰ってからも学校でも丁寧に縫いつづけ、それは結婚式の十日前に仕上がりました。
 きいちゃんがプレゼントした二日後ぐらいだったと思います。きいちゃんのお姉さんから電話がありました。びっくりしたことに、お姉ちゃんは、きいちゃんとそして私にまで、自分たちの結婚式にぜひ出てほしいとおっしゃるのです。最初はお母さんの気持ちを思い、ためらっていたのですが、きいちゃんと相談して、式に出席することにしました。
 きいちゃんのお姉さんはそれはそれはきれいで、幸せそうでした。でもきいちゃんを見て、なにかひそひそ話をしている人が何人かいるのが私は気になり、きいちゃんはどう思っているのかしら、出席しないほうがよかったのではないかしらと思ったりしていました。
 そんなことを思っていたころ、お色直しで扉から現れたお姉さんはなんと、あのきいちゃんが縫った浴衣を着ていたのです。お姉さんはとても清楚で可愛らしく、浴衣もとても映えてみえました。感激していたらお姉さんは、だんなさまになる人とマイクの前に立ち、話しだしました。
「この浴衣は、私の妹が自分の力で縫って、私にプレゼントしてくれました。妹は小さい頃、高い熱が出て、体が不自由になりました。その不自由な手で、こんなにすてきな浴衣を縫ってくれました。妹は小さいころから家を離れて生活しなくてはなりませんでした。私は妹が両親と一緒に生活している私を恨んでないかしらと思ったこともありました。でも妹はそんなことは決してなく、私のために浴衣を縫ってくれました。今、高校生で浴衣を縫える人は何人いるでしょう。私の妹は、手が不自由にもかかわらず、浴衣を縫いました。妹は私の誇りです」
 そしてきいちゃんと私を呼んで、私たちを紹介してくれました。
「これが私の誇りの大事な妹です」と…。

    「たんぽぽの仲間たち」山元加津子 三五館


この本は私の少し年下の友人の
マキちゃんから借りた本です。
マキちゃんは
本が好きで
私がいうのも何ですが
収入の割に
好きな本は買わずにいられない人で
たくさんの本を持っていて
この本もその一冊だと思います。

そういうマキちゃんを
私は尊敬しています。

実力だけじゃないサッカー

2010年06月25日
少し前
良く覚えてないんだけど
いい人だけが報われる社会じゃなくて
いろんな要素があって
いい人だって報われなかったり
悪人だってそこそこ良い人生だったり
だからこそ
この世界おもしろいんじゃないかって
そんな抜き書きをした覚えがあるんだけど

サッカーって
手を使えないから
不便。

手を使えない
その不便さに
いろんな要素が
混ざり合っていく。
チームの気分、
国の気分、
監督の気分、采配、
少しの角度、
少しのコンタクト

それがゲームを決定づける。

サッカーって

大人のゲームだよね。

あの時、「岡田」と「鳩山」はjひとくくりだった

2010年06月25日
それにしても

「もっとうれしいかと思ったが…」

と話す本田は

しびれる。

今日は珍しく早く起きたのだが
こわくてテレビをつけられなかった。
6時過ぎになって
観念してテレビのスイッチを押した。

NHKは全く関係のないニュース。
おそるおそるザッピングする。
いっちゃんにしたら

「3−1」?

勝った?

わーい!

またみんなであのお祭り気分を味わえるんだ!

しかも3−1って2点差じゃん!

テレビに映る
本田のフリーキック、
遠藤のフリーキック

リプレイ

これがほんとにニッポン?
これがあのニッポン?

夢みたーい!1

日本全体にとって記念になるような一日。

祝日にしてもいいくらい。
6月は祝日ないし。

5月の終わりには
「有言不実行」の代表格として
鳩山さんと並んで取り上げられていた
岡田さん。

鳩山は完全に沈み、
岡田は頂点に昇った。

マリアナ海溝と
エベレストぐらい違ってしまった。

もう選挙どころじゃない。
パラグアイよパラグアイ!

また芸術的なシュートが見られるかな。

本田のビッグマウスが楽しみだー!!

見たくない選挙番組

2010年06月26日
テレビは好きだが
ニュースはどちらかというと好きだが

選挙のニュースはいやだ

だからすぐにチャンネルを変える。
サッカーを探して。

民主党のここ何ヶ月かの
はっきりいえば「失敗」は
政治に対する
虚無感をひきおこした。

最強のパスポートで
日本はいい国だと言い聞かせてみるけど
今後のことを考えてみると

いつか
太田総理の番組で誰かが言ってたけど
今の日本の現状は
「行くも地獄、戻るも地獄」
っていうのが
いちばんぴったりの表現なんじゃないのか。

選挙の時だけ
いいこと言われたって
できるわけないじゃん
って思っちゃうんだよね。

けさのNHKニュースで
シンガポールに移住し始めている
若い企業家を特集していた。
子どもの将来を考えると
未来のない日本よりも
ということで
アジアで、法人税が安くて、などから
シンガポールが選ばれていた。

そう言えば
ユニクロは社内公用語を英語にすると
この間発表していた。

若い人たち

見捨てないで

この国を。

なんか暗くなってきましたので
話題を変えて
「キリ番を見た」


自分の切り番て
見られるようで見られないのよ。
珍しく見られてうれしかったです。
そいでもって
これもおまけ。




両端が5でいい感じでしょ。

みなさまのおかげで
ここまでやって参りました。
これからも
可愛がっていただける
ブログ作りを目指します。

なんか選挙中の政治家みたいになっちゃった。

ほかの国の試合を見る余裕

2010年06月27日
きのう寝がけに
またテレビをつける。

お、
決勝トーナメントが始まっている!
日本も出場する
決勝トーナメントが始まっている!

韓国 VS ウルグアイ
私はとくにサッカーファンでないから
日本が負けちゃってたら
絶対に見ないね。
でも日本が混じっているから
そのルンルンした気持ちが
ほかの試合にも興味をわかせる。

いつものように
なかなか点が入らない。
あそこのあれだけに球を入れるっていう
それだけのことなのに
どうしてこんなに入らないんだろう
と不思議なくらい
点は入らない。

後半になって
韓国が同点に追いついた。
韓国チームには
とってもかわいい選手が二人いた。
結局印象に残ったのは
そこなんだけどね。

そうかトーナメントになると
勝ち負けをつけなきゃいけないから
延長戦とかPKとか
ドラマチックな仕掛けが増えるのね

ひと蹴りが世界の経済をも動かす
ダイナミックさ、
今回はまじまじと感じさせてくれた
ニッポンありがとう!

そう言えば新聞に

韓国も中国も以前のように
日本を敵対視せずに
応援してくれる人が増えたって
書いてあった。
各方面での日本に対する優越感が
心のゆとりをもたらしたみたい。

そうやって応援されるのも
少し悔しいような。

きのうは結局眠くて
最後まで試合を見られなかったけど
結局韓国は敗れたと今朝のニュースで。
正直
韓国には何か勢いがなかった。

勢いの神様
お願いだからもう少し
日本チームに張り付いていてくれ!

今神棚に向かってお願いしました。


巨人 大鵬 玉子焼き

2010年06月28日
「巨人 大鵬 玉子焼き」

このブログは比較的
高世代の方が多いので
この言い回しをご存じだと思う。

2回目の二十歳を迎えられた
草ピーさん辺りは
ちょっとわからないかもしれないが

この3つは
その昔 子どもの好きなものの
代名詞として使われた。

「巨人 大鵬 玉子焼き」

巨人も大鵬もめったに負けなかった。
そして長いこと強かった
別格のお相撲さんだった。

大鵬はロシアの血が入っていたかで
色白の美丈夫の
美しくて強いお相撲さんだった。

今度
特別に何回も
「解雇以上」と言われている
大嶽親方は
大鵬部屋のお婿さんでなかったかと思う。

貴闘力(大嶽親方)が
大鵬のお嬢さんと結婚が決まった時
こんな大横綱の部屋の跡を継ぐのは
大変だろうなと
思ったのを思い出す。

大鵬親方は
とてもまじめな人柄に見えた。
まじめ一直線、努力の人

晩年にきて
今の状況は
かなり厳しいことだ。

テレビで見ると
大嶽親方本人はもう腹をくくっている様子。

でも家族は
大鵬親方はどうだろう。

ニュースを聞くたび
白黒テレビの頃
どのうちも
すもうを必ず見ていた頃
テレビに映っていた
落ち着いた横綱大鵬を思い出す。

早く風化するように

大鵬親方のためにそう願う。

ちょっと入ってきた言葉

2010年06月28日
ひとつめ

庄川から砺波へと向かう
道の途中

「運転は あなたの顔です 心です」

と書かれた大きな看板が。

そうか
運転は心を表すのか

最近いつもあわてている

せかせかして
すぐに追い越しをかけたくなり
前の車との車間距離が
ついつい短くなってしまう
危なっかしい
せこい運転

顔にもせこさが出ているかもしれない
気をつけよう。

ふたつ目

その富山へのドライブの途中
KNBラジオの午前中の情報番組の会話の中で
中年女性アナウンサーが

「からだにいいもん食べる先に
 からだに悪いもん食べんようにせんなー」

最近アワの出る飲み物と
だんだんと親交を深めていた私は
ドキッとする。
そりゃそうだ。

そして
3つ目

友人よりメール来る

「なるほど 冷やしフルーツたいやき うまい!」

でしょう?
いのさんがリピーター率が高いって
書いてらしたが
なるほどって言われるとうれしいです。

みなさんも食べてみてくださいね。

パラグアイに勝つんだ!

2010年06月29日
さっきから
ずっとパソコンの前に座って
早く書いて
屋内グランドに行く準備をしなきゃ
と思ってるんだけど

何を書いていいのか
さっぱり

書けない

書かなきゃと思うほど
書けない


先日から
テレビで
パラグアイという国について
いろいろ取り上げられている。
アルゼンチンとブラジルに挟まれて
サッカーに関しては揉まれている国。
玄人筋の評価が高い
なかなか手強いチームのよう。

国は
平地ばかりでトンネルがひとつもなくて
農業が中心で
やはり
経済的には苦しい国で
60パーセント以上の人が
一日1ドル以下で暮らす国。

でも
ワールドカップでは
何の遠慮もいらない!

どの国も対等!

そこがいいとこだよね。

今日の
ヤフーニュースの見出しに
あったひとつだけど

「パラグアイ戦『戦い方は秘密』」

当たり前だよね。
もうひとつ

「南アでも高まる本田人気=さらなる知名度アップは 次戦次第か」

これも当たり前じゃない?

あたりまえでもクリックして見ちゃったけどさ。

さあ、そろそろ
行かないとね。





タイムカード

2010年06月30日
今日は月末なので
タイムカードを交換する日

私たちがここに帰ってきたのは
昭和63年
平成元年の前の年だった。

その頃は
まだタイムカードでなかったけど
だいたい
22年が過ぎたことになる。

10枚余りのタイムカード
6月の印字されたカードを見て
無事に終わりの日まで
来れたことを
ありがたく思う。

「ザ・3K」の仕事なのに。
ありがとうございます。


そして新しいカードを、
7月のカードを準備できるしあわせ。

浮き沈みもあるし
いろいろあるけど
カードの交換時に
決してまじめではない私ですが
神妙な気持ちになります。

なんとかここまで来れたありがたさ、
そしてまた明日へ続いていくありがたさ、

毎月
毎月

思います。

あのチームがもう見られない

2010年06月30日
パラグアイの
守備はかたかったね

惜しかったけど
負けは負け

もうあのチームが見られないと思うと
お葬式気分

あとのことを忘れさせてくれる、
麻薬のような、
しびれさせてくれるチームだった。

もう
ショーはおしまい。
しょうがない、
日常と向き合おう。

そして月末だし

雑事がおそってきています。
作者 : はれあたま

 かなり生きてきて、でも、生きてきた中で今が一番楽しい気がしています。ブログに参加することでもっと楽しくなればいいなと思ってます。

2014 年
11
12
2013 年
2012 年
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
1
2
3
4
5

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。