nanto-e.com archive

はれあたまダイアリー

いつも楽しく読ませていただいてきました。ちょっと自分でもやってみようかと思いました。

中日ドラゴンズ優勝!

2010年10月01日
阪神タイガースが自滅した。

こういう言い方は阪神ファンの方は傷つきますか?

でも
自滅としか言いようのないような
きのう今日の試合。

とにかく
中日ドラゴンズの優勝!

今年後半のピッチャーの良さは
抜きんでていた。

「野球は投手」だよねー。

落合監督の会見が始まって
10秒経ったか経たないかで
ニュース速報が入った。

大阪地検の偉い人が
逮捕されたらしい。

せっかく久しぶりの
地味落合ドラゴンズの優勝だっていうのに
ここでニュース速報で
画面が切り替わるとは

華がないにも
ほどがある。

しかし
大阪地検の話だけどさ、
改ざんした庶民的な風貌の
前田何とかさんの気持ちもわかるし
(だって思いこんじゃってるからね)

それを隠そうとした
上司の人の気持ちもわかる。

正しくあらねばならないところ
守るべきものがあるところ

それから生まれるドラマ
というか
守るために偽りが生まれるって
ドラマには欠かせない。
だって
それが実際だから。

この人と同じ偉い立場で
部下からそういうことを
うち明けられたら
私だって絶対隠す。

絶対隠すもんね。

正しくあらねばならないほど
隠さなければならないことが
多くなるのは当たり前。普通。

だからこそ
涙ながらに改ざんを公表すべきだと
訴えた検事正はすばらしい。

早速どなたか
ドラマ化をお考えになってはいかがでしょうか?



クマ見舞い

2010年10月01日
きのうのクマ騒ぎ。

会社には見舞いの電話が相次ぎました。

山に入っていって
人に出会ったばかりに
駆除されなければならなかった
クマには申し訳ない。

しかし
実際に出会ったその人は
駆除されることを
強く希望されました。

顔の30?前で
クマのほえる顔を見れば
そりゃ違いますわね。

それにしても

「駆除」

という言葉はどうなんだろう。
意味を調べてみると

追い払うこと

と書いてあるが
クマの場合は
銃殺だ。

性的虐待を「いたずら」と
加害者に加担するような軽い呼び方を
していたのと同じように

クマを殺すのを
駆除というのは
ちょっとなんかごまかしてないか

とエセ・ヒューマニスティック
(自分でつっこんでいる)
に思ってしまう。

本当に大事に至らずによかったと
今日も改めて思いました。

庭先のムラサキシキブ




穏やかな秋の一日です。

秋晴れ

2010年10月02日
キティちゃんの切手に
5つもコメントを頂けるなんて
思ってもみなかった。
これだから
ブログは楽しいですね。

今日は
いいお天気でした。

中にいるのがもったいない

ぜったい「秋」が撮れるはずだ

ブログを書くようになって

天気がいいと

花は咲いていないだろうか
虫は来ていないだろうか
雲はどうだろうか
山はどうだろうか

いろいろなことが気になって
カメラを持って
家の周りを一周する。




フジバカマが咲き出した。
日陰で年々弱ってきている。
後ろはキンミズヒキかな。





陽光にきらめく
赤とんぼの羽。

悪くないでしょ。

でもね、
どこからともなく
糞のにおいがするのよ。

今日はこればっかり。

すみません。

キティちゃんの切手

2010年10月02日
仕事をしていると
開けた窓から風が入ってきて
ほんのり
キンモクセイの香りがただよいます。




秋ですね。

写真はとてもいい香りが
漂ってくる感じでしょう?

キンモクセイの写真を取りに行ったら
ここはなぜか
糞の臭いが。
おまけにハエの羽音が
ぶんぶんと聞こえてきて
台無しでした。

そばにタヌキの巣があるため
と想像します。
狸害はいろいろなところに。

話は変わって

ハガキに貼る
50円切手が無くなって
郵便局に買いに。

郵便局に買いに行ったが
今はいろいろな記念切手やら
地方切手やら
けっこう種類も豊富にあって
選ぶ楽しみがあるのだけど

買うのは
キティちゃんの切手
決めていました。




なぜかというと

シール式だからです。

裏を舐めなくていい。

それにミシン目じゃなくて
切り離してあるので
さっとはがれます。
記念切手は
複雑な配置のもあり
珍しくて買ってきても
あわててたりすると
切り取る時に
切手が破れそうになることがあるんです。

だから
舐めなくていい、破れない
キティちゃんの切手はいいんです。

こうやって考えてみると
ちょっとハガキを出す時も
いつもあわてて
ばたばたと出しています。

今日のような静かな秋の日には
本当は落ち着いて
自分をみつめるのもいいかもしれないのに、

きょうもばたばたの日です。

結局
ばたばたが性に合っています。

そのまんま知事の不出馬宣言

2010年10月03日
宝塚歌劇団には
華月雪星宙という5組のほかに

「専科」

というところがある。
どちらかというと

タカラヅカ内後期高齢者的要素が強く

もちろん
それなりの役者でないと残れないが
老け役、おじさん、おばさん役に
お芝居の中で脇を固める大切な存在だ。

先日
そのタカラヅカ専科の
星原美沙緒さんという
大ベテランの退団がHPに
発表されていて
残念な気持ちがしているところだ。

昔は
タカラヅカに骨を埋める生徒さん
(歌劇団生は生徒と呼ばれる)
がけっこういて
専科も充実していたが
最近
昔に比べて
みんな早く辞めていく。

専科がスカスカになってきている。

天海祐希、真矢みき、黒木瞳などの
華々しい芸能界での成功があり
芸能界へのステップの一つ
みたいになってしまって
見切るのも早く
さっと退団していく気がする。

そのまんま知事にとっても
宮崎は一つのステップ
だったのね。

そういう時代なんだろう。

そういう時代なんだと思う。


村祭り

2010年10月04日
きのうは地区の村祭り

といって
家で何をやるわけじゃないんだけど
午後になって

笛と太鼓の音が
どこからとなく
聞こえてくる

獅子舞ならではの
節まわし

チャンチャンチャララン
チャンチャンチャララン
チャンチャンチャララン
チャンチャララン

チャンチャンチャララン
チャンチャララン

うちは仕事をさせてもらっているので
花を打たせてもらった。

それで
夜の7時半に獅子舞が
おいでることになっていたが
私は会合があって
お獅子を見られなかった。

でも出かける前に
茶の間をのぞいたら
お父ちゃんが
お獅子が来るというので
着物を着てしゃんとしていた。

しゃんとしたお父ちゃんを見られて
うれしかった。

あとで
母が話してくれたけど
父は獅子舞の演舞にうるさいので
公民館でしかやらなかった
むずかしい獅子頭の振りを
やってくださったらしい。

それは
八平衛(はちべえ・屋号)のあんちゃんしか
(あんちゃんといっても50代半ばだけど)
できない振りなのだそうだ。
嘉平(かへい)の池田さんから受け継いで
おられるらしい。

見たかった

残念に思った。

今月のJAの家の光という雑誌に
「祭りが消えていく」
といった特集が組んであった。

うちの地区の
お獅子は残っていってほしいな。

はちべえのあんちゃんから
だれかちゃんと
譲り受けていってほしいな。




手鏡暗示法

2010年10月04日
昨日の夜10時過ぎに
携帯に電話がかかる。

娘だ。

荷物が着いたよ、という。
お菓子他を送ると
いつももっとうれしそうに
お礼を言ってくるのに
今日は何だか声に元気がない

「今日もダメやった…」

娘は大学の競技ダンス部に
入っていて







2年生、今年の8月頭に
パートナーも決まって
9月から
何回か試合に臨んでいるが
ずっと
思うような結果が出ないらしい。
特にきのうは
自分たちでは出来が良かったと
思っていただけに
準決に進めなかったのが
ずいぶん悔しかったみたい。
泣いているような
気配が伝わってくる。

ところが
私は明日の朝持っていかなければならない
仕事の書類を見ていて
実は
気持ちはおざなりだった。

最初悪くてあとで良くなる方がいいないけ
とか
どっちにしてもやることは決まっとるないけ
とか
大丈夫だよ
とか
声をかけていたが

まあまあ元気な声が戻ってきたので
電話を切ったけど。

そう言えば

この間読んだ中村天風先生の本の中に

「かなえたいことが実現できる手鏡暗示法」

というのを書いてあったのを思い出し
これをメールに送ろうと思った。

どうせなら
ブログにも書いて
1回分浮かせちゃうみたいな。

「かなえたいことが実現できる手鏡暗示法」

 何でも思ったとおりになるといったって、手品じゃない。思ったらすぐそのとおりになるかい。自分じゃ気づかないが、時間をかけて思い通りになる手順をふんでるまでさ。だがね、できてる人間ほど、早く自分の思ったとおりになって行くな。何かしたいこと、かなえたいことをし遂げたければ、毎晩寝る前にそれを字に書く。楷書で書く。心にはっきりと入ってくるから。
 それから手鏡暗示法をするんだ。もうこれでうまく行く、大丈夫だと思ったら、手鏡暗示法だけで間に合うようになる。手鏡暗示法とば、たとえば英語が苦手で上手になりたいなら、寝る前にたった一度、手鏡に映った自分の、眉間のところを見て、「英語が上手になる」と一回だけ真剣につぶやく。
 それから朝起きてから一日中何回でも、「英語が上手だ」と自分の耳に聞こえる程度で断定してつぶやく方法だ。

 最初は自分の思いどおりになるのにだいぶ日にちと時間がかかるが、いったんうまく行くと、自分がかなえたいことがらはだんだんと日にちも時間もかけずにうまく行くようになる。私が手鏡暗示法で根掛けの時にいう言葉は、一貫して「おまえは信念が強くなる」だ。



娘はいいとして
私は何をつぶやこう。
それは内緒です。

ヘチマの絵

2010年10月04日
ご縁で
石動小学校の学習発表会に
行って来ました。

5年生の演目を
見せていただいたあと
作品を見て回る。

4年生のヘチマの絵

ヘチマってどうして
こんなに絵になるんだろう。

ここのヘチマ絵は
本人も絵に入っていて
ヘチマとの距離感、見方が
それぞれに違っていておもしろい。

ピンナップ6枚。

どうぞ。







































蓮根

2010年10月05日
やりたいことが
次々に現れてくる

でも最近
老眼鏡がないと
進まないんだ

物事が。

知りたいことがいっぱいあるのに
楽しそうなことがいっぱいあるのに

下り坂にいるという現実を
受け止めつつ
9月は忙しくて休んでいたお茶のお稽古に
久しぶりに。

先生が取り出された
レンコンの蓋置(ふたおき)




蓋置は
釜の蓋を置くのでそう呼ばれますが
湯杓(ゆしゃく)を置く時にも
使います。




ほら
こんな風にね。

本物そっくりに作られた
レンコンの蓋置。
ユーモラスで楽しい。
お遊び感覚。

今日のお軸





読み

うみべのうた(海辺の歌)
              伴正臣

おきつ(の)ふね(沖つ船)
かじとるおともさやかなり(舵取る音もさやかなり)
うみべのやかた(海辺の館)
よるしずかにて(夜静かにて)


海辺の館に居ると
沖に出た船の舵を取る音が
かすかに聞こえてくることよ

と秋の入り口らしい
季節感あふれる歌です。




花はミズヒキと秋海棠

久しぶりのお稽古で
注意を受けながらのお稽古は
気持ちいいのよ。

「はれあたま」と書こうとすると

2010年10月06日
「はれたま」

になったり

「はえあたま」

になったりします。




トイレの窓にとまっていたカマキリ。

でかかった。

希望の光

2010年10月06日
さっきの自転車新婚ご夫婦から
メールが届いて
クマに遭わず
無事に白川に着かれたとのことだった。

この辺りは風情があり、素晴らしいところですね。 自転車では大変でしたが来て良かったです。
 私達のブログの更新は不定期ですが、白川郷の写真 もアップしますので、お時間のあるときにでもま  た、ご覧になっていただければ幸いです。」


とお書きくださいました。

旅の方にいいところだと
ほめていただけるとうれしいですね♪

「自転車・日本一周」

ブログをお尋ねした時
これだけのキイワードだと

「でも自転車で日本一周してる人
 いっぱいいるからなあ」

とおっしゃっていた。

そうか

いっぱいいるんだ。

汗をかいて楽しんでいる人たちが。


きのうはテレビで
イクメンの特集をやっていた。
法律の改正もあり
ここにきて
育休を取る男性が増えてきているという。

イクメン…育児に主体的に参加する男性

数年前
何かの雑誌で
イクメン先進国のヨーロッパのどっかの国の話として
育休を取った男性、
子育てを経験した男性は
育休を取る前と人が違ってくる、
人格的に数段あがるのだと
かいてあるのを読んだことがあるけど

きのうの人は
「段取り力が上がる」
それとなんと言っても

コミュニケーション能力が上がる

と言ってらした。

相手のことを察するようになる。
相手にも親がいてやっぱり大切に育てられたんだろうなとか、ビジネスの相手をより、一人の人間として見られるようになるというのだ。

実際に登場してきた新米パパが
赤ちゃんを大事そうにだっこして

「ずっとやってみたかったんです」

と輝いている目が印象的だった。

自分に誠実に生きようとする
若い人たちは
希望の光です。




正面が福光高校のあの通り。
ここからの景色がいいですよね。
好きな通りです。
紅葉が少しずつ始まっています。



前を行く車の
なんとくんがとてもかわいくて。





遅咲きの小ぶりの朝顔。

愛らしい。





自転車で日本一周

2010年10月06日
昼ごろ
車で帰ってくると
事務所前の道路に

若い人が
見かけない若い方が
自転車の修理中

見目よいお二人だったので
声をかけたくなり

「パンクですか?」

とお尋ねすると
そうですとのことで

砺波から白川へと向かわれる途中とのこと。
スーパー農道をずっときて
国道304に向かわれるんだね。

新婚旅行
自転車で日本一周

北海道へと北上して
北海道一周の後
フェリーで新潟へ
それから富山へと

何度も言いますが
とてもステキなお二人だったので
あの、
ブログをやってるんですが
写真を撮らせていただいても
いいでしょうか?
とお願いしましたら
快く了解してくださって
ほら




ステキなお二人でしょう?

ということで
お二人のブログ

自転車日本一周 二人旅

「最近クマが出るので
 気をつけてくださいね」

お昼時間でしたが
お茶を差し上げるでなく
ほんとにお話ししただけで
失礼しました。
明日は砺波に戻られるというので
また南砺市内を
通られるかと思います。
お見かけになったみなさん、
よかったら
お声をかけてあげてくださいね。

人生を楽しむ
お二人の
末永いお幸せをお祈りします。






母の帰り

2010年10月07日
亭主を大切に扱え
 
 旦那さんを大切にしてあげなさい。ああ見えても家のために、一所懸命はたらいているんだから。



亭主のあやし方
 
 おかみさん、宿六はあやすもんだぜ、でっかい坊やだから。家じゃ私も、坊やといわれてるぜ。「坊やご飯よ、さあ、あーん」だ。亭主がむつかりゃ何でもいいや、ハイハイというとおりになってろ。どうせどうでもよいことなのに、それをなんじゃもんじゃといい返すからこじれちまう。


   実録「中村天風先生 人生を語る」より

「ああ見えても」っていうのがいいでしょう?

「あやすもんだぜ」と言われても
しばらく前までは
ぜったいいやだった。
今だって
そんな上手にあやせないけど
言ってることはわかる。

年を取ったらわかるようになってきた。

女遊びをしたものに

女と寝たことがばれるような遊び方をするな。


ということだそうだそうですよ。

子どもを野放しにするな

 子どもを野放しにし続けると、悪いことも当たり前と思っちまう。善い悪いをよく教えてしつけるのが、教育の始まりなんだ。それはなんだかんだといっても、家でしかできない。子供は今いる環境をごく自然に、当たり前と思ってるんだ。子供にすさんだ気持ちを起こさせる環境にしなさんな。
 共稼ぎで、忙しい朝に子供に作った料理ひとつだって、弁当ひとつだって、まごころがこもってりゃ、それがわかる。だから子供は母親が帰ってくると、また同じようにうれしがってとびつくんだ。父親の勤め帰りとは訳がちがうんだ


子供の頃
一日で一番うれしい時間が
母が帰ってくる時間だった。
工場が終わって
買い物をして
おやつも楽しみだったが
母のそばにいることがうれしかった。

夏場は帰ってきても
すぐ田んぼに行っちゃいましたが。

大きくなると
実際に飛びつかないけど
気持ちはいつも
おかえりー、と
母のふところに入りたい気持ちだった。

これを読んで
母が帰ってきた時の
うれしい気持ちを
思い出した。

ハーバード白熱教室@東京大学

2010年10月08日
最近
今まで公にされなかった
ハーバード大学の授業が公開されて
話題になっていると
この番組の前振りでNHKは言ってます。

そのなかでも
人気の高い
マイケル・サンデル
の政治哲学の授業

「正義」について語ろう

の授業がサンデル先生を招いて
東京大学の安田講堂で行われたのを
先日NHKで放送していました。




とにかく
かっこいいんだよねー。

この人に自分の意見を聞いてほしい、
この人に認められたい、

という
吸い込む力がある。

安田講堂で発言した一人が
あとのインタビューで

「議論のやり方がものすごくうまい。わざと反対の意見を引き出して、そういうのも、オーケストラの指揮者みたいにわかってやってるんだろうなって。ライブで(授業を)受けてみると、すごい存在感だし、でもそれが威圧的じゃない。チャーミングですごい人間的に素晴らしい方だと思いました。」

その通り。
「オーケストラの指揮者」の例えはうまい。

でもこのために
あらゆる答えを想定した
準備がなされていることが
想像できる。

東京大学でのディベートの
討論の題は2つ。

イチローの年俸はオバマに比べて妥当か。


もう一つは

前の時代が犯した戦争犯罪について
公に謝る道義的責任があるのか。


特に後半のタイトルについては
人々がもっとも
関心を持ちエキサイティングに語られる話題だと
サンデル先生は言う。

戦争責任について

最初は

1930年代および第2次大戦で
東アジアの国々に対して
前の時代が犯した犯罪に対して
日本が公に謝る道義的責任があるのか

と、問いかける。

自分がやったことでなくても、そこで生まれて育ったのだから責任はある。

人は生まれる場所を選べない、だから、自分のやっていないことまで責任を負えない。

参加者からいろいろな意見が出る。
みんな自分の思うことを
言っているのだけど
なんて言うのか
サンデル先生の前では
「自分の良心」の声を聞いて
発言している。
たとえば

いつまで
誤り続ければいいのか。


の質問に

「相手が痛みを忘れるまで」


という
答えがあり
それにけっこう拍手が起こったりして

ピュアーな会場の雰囲気が伝わってくる。


サンデル先生がうまいところは
その次に

「ではヒロシマとナガサキに原爆を落とした国の
 アメリカ合衆国の現在の大統領オバマは公に謝る道義的責任があるかないか」


この質問で
被害者の立場になって
考えることになり
さらに議論は深まっていくのだ。

そして出てくるのは

話し合いは
「未来を向くため」のものでは
なくてはならないこと。

そして
意見の違いはあっても
お互いに
「聞く」事が大切であること。


当たり前のことだが
この授業のあとだと
それがしみこむんだよね。
この授業を実際に受けた人が
サンデル先生のフィルターによって
みな
シェイプアップされたような
輝いた顔で
授業が終わっていくのだ。

それと
参加している人が
上手に英語を話しているのも
時代を感じましたね。

そういう時代なんですね。

私はいっしょに食べます

2010年10月09日
私はもう食べ終えて
まほろばちゃんのお皿を見たら
愛らしくて
写真を撮らせてもらいました。




でもこれだけだと
元がどうなのかわかりませんので
別のを持ってきて
復元写真





わたしは
栗を割りながら
周りといっしょに食べましたが。

まほろばちゃんの
皿に残った
栗への
ふかーい愛情が感じられました。

蓮舫のほかにだれがいる?

2010年10月09日
百何十万のスーツなんですか。

よくわかりませんが
ニュースで見ただけですが
美しい写真でした。

かっこいかったです。

国の大臣という要職にあって
国民の支持もあって
その上美しい。
彼女に着られているスーツは
うれしそうでした。

スーツは彼女のためにあるような気がしました。
あれだけ着こなせる人は
そういない。
この雑誌の仕事は
いい仕事だと思いましたよ。

自民党小池総務会長が
「外国では議会でコンサートなども開かれている。閉ざされたままの方がおかしい。」
            讀賣新聞10/9

とおっしゃるあたり
これこそが超党派でかっこいい。

内閣の写真撮影、他の場面でも
にこりともしない蓮舫氏、
政治手腕はまだまだですが
取り組む姿勢は伝わってくる。
がんばれ。

宝塚歌劇で麦屋が

2010年10月10日
昨日
宝塚を通じて
友人になった
お友達から
メールをもらった。

「宝塚で麦屋をやってるみたいだよ」

ええっ!

紋付き袴で菅笠を使って
踊っているらしい。

星組の公演(10/8〜11/8)で
「春の踊り絵巻」っていう
和物の演目

星組のトップ娘役は
夢咲ねねちゃんといって
富山出身の方ですから
その辺のご縁もあるかも

というのが
友人も私も推測するところです。

見に行きたいけど
今は仕事もあれだし
他のこともそうだし
とても見に行けそうにない。

星組のトップの
柚木礼音はダンスがうまくて
かっこいいトップさんですよ。

どなたか
いらっしゃって
宝塚の麦屋を見にいらっしゃって
報告していただけると
最高なんですが。

ほんと
見てみたいなあ。

打ち上げ準備

2010年10月10日
今日は城華の
打ち上げ

それで
きのうから準備




これは大根用のおでん
もとい
おでん用の大根下ゆで

なぜ
打ち上げに私が
大根をゆでるのかというと

城華は
子どももたくさんいて
食べに行くと
複数人数家庭はお金がかかるのね。

だから
オードブルとか取って
公民館とかでやる形なんだけど

オードブルをとっても
いっぱい残ったりして
もったいないな
と思うことがあったのね。

それでオードブルを少な目にして
感謝の気持ちを込めて
何か作っていこう

って、
作り出したのが
いつのまにか
定着しちゃったのよ。

それで
今年も作ってくれますかって
言ってもらえたものだから
喜んで引き受けたのよ。

自分の作った料理を
喜んでもらえるって
私の人生の中で
いつも
ポイント高いアイテムだしね。

でも
今年は段取りが悪くて
今もこうしてる場合じゃないんだけど
なんか休みたくなって
パソコンの前に
座っちゃったってわけ。




鶏の唐揚げ竜田風

この倍の量なのよ。
これは量が多いから
終わるとほっとするのよ。

じゃあ
もうひとがんばり。

やってきます。




打ち上げ終わり

2010年10月10日
手羽元は竜田風じゃなくて
なんていうの
揚げてから甘ずっぱいタレをからめます。

あと




ポテトサラダでしょ




スパゲッティでしょ




炊き込みご飯でしょ




煮玉子でしょ





グリーンサラダでしょ





おでんでしょ




豚汁


それと写真を取り忘れたけど

あとぜんざいね。

ちょっと自慢モードなもんで
ちょっと遠慮して
写真をMサイズにしてみたけど
自慢モードは自慢モードね。

とうとう
このネタを
持ち出してしまった。

もうあとがないぞ

だんだん
薄っぺらくなってるかもしれない。

秋のいただき物

2010年10月11日
おいしそうな
栗をいただきました。
今年は栗が高いそうで
うれしい。






チューリップの球根もいただきました。
たくさん。






まちがえないように
気をつけないとね。

売れ続ける理由

2010年10月11日



仙台の4700人の
過疎地域にありながら
年商6億を売り上げるスーパー「さいち」
売り上げの半分が
おはぎと総菜の5割を占めるという。

おはぎは1個105円
平均で1日5000個、
土日休日に1万個以上
お彼岸には2万個以上売れるという。

おはぎもお総菜も
社長と奥様の専務さんが
試行錯誤を重ねて
作り上げられた商品です。

毎日朝1時半におきて
総菜を作る。

それからしてもう
すご過ぎ。

へえ、と思うところはいっぱいあったのですが
うまくまとめられないので
とりあえず
帯にある
さいち式非常識経営の13ヶ条を書いて
今日はごまかします。

?売れる商品に特別な素材は必要ない
?チラシは打たない
?職人は採用しない
?化学調味料・添加物は使わない
?レシピ・マニュアルは必要ない
?経営ノウハウは出し惜しみしない
?「アナログ閻魔帳」の効用は、エクセルでは見えな い。
?取引先と価格交渉はしない
?倉庫は持たない
?ロスゼロの計算で、売れ残りは計画にいれない
?誰も見向きもしない「規格外を無駄にしない
?支店は出さない
?同業者はライバルではない


朝の朝礼で社長さんが従業員に
必ず言われるふたつの言葉は

「結果を出せるような人間になってください」



「必ず幸せになってください」

だそうです。

わたしもそうなりたいと思って
「はい」と
心の中で社長さんに返事をしました。

「いつでもメモ」の大切さ

2010年10月12日
きのうの「売れ続ける理由」
スーパー「さいち」の続きです。

新商品のアイディアはいかにして生まれるのか

 専務が新しい総菜を思いつくのは、頭が空っぽの時が多いようで、「夜ぐっすり寝て、目覚めた時に思い浮かんだ商品が100%売れる」と言います。
 何かをふと思いついたら、ティッシュペーパーでも何でも近くにある紙にちょっとメモ書きを残しておく。あとで見ても全然読めないような字でも、それを思い出しながら作った商品は成功するようです。
 たとえば、「いま、どんぶり物が少ないな」と思いながら寝て、起きたときにふと鰻丼を思いつく。もちろん、普通の鰻丼ではなく、生姜をを先に煮ておいた中に鰻を切って煮しめて鰻の臭みを消し、それをご飯に乗せて、さらに生姜をトッピングする。凝った物ではありませんが、こうしたちょっと手を加えただけのものが本当によく売れるのです。

  第2章
  −同業他社でなく、「家庭の味がライバル」という非常識なルール−より



ヒットした曲についての
話をテレビで聞く時にも
トイレやお風呂でメロディを思いついたとか
ふとした時に
アイディアが湧いてくることは
よくあることのようですね。

うまくいっている人は
まめに書き残していらっしゃいますよね。

有名人でなくても
たとえばブログネタ、
ちょっとした時に
あれ書こう、
これ書こう、
と思うのですが
心の中にしかメモしてないので
15分もすると
あれ、
さっきのは何だったけ。
とってもいいネタだと思ったのに…。
しばらくして
また浮かんできたのに
そのときも
ああそうだった、と思いながら
書かないので
結局また忘れてしまう。

そんなことの繰り返しです。

でもこれを読んで
枕元と
トイレの中に
ペンを置いておこう
と思いました。

「秋思」

2010年10月13日
きのうのお茶のおけいこです

お軸




わたしがお軸の字を読めるのは
10本に1本ぐらいの割合ですが
きのうは読めました。

写真がちょっとななめなのが残念です。

これは
高岡の国泰寺の管長さん
澤 大道という
えらい方がお書きになったそうです。

どれくらい
えらい方かというと
きのうのおけいこで
先生に伺ったのには

金閣寺、銀閣寺の管長を務める
有馬なんとかと
おっしゃるかたと
兄弟弟子で

えっと
だから
その
とにかく
えらい方のようです。

墨の色が
この文字にぴったりで
素敵です。

そして
お花です。
ミズヒキとフジバカマ






ああ、
なんか、
いい女になりたい!

思いました。

きのうは。

栗の煮込み失敗

2010年10月13日



これは
この間の栗よ

これだけ見ても
失敗かどうか
わからないでしょ

それが
ちょっと
水っぽいのよ

残念だけど

この栗の煮付けのいいところは
渋皮を剥かなくていいところ

渋皮を付けたままで
3回ぐらい
水を替えてゆでこぼす




でも今年の栗は
けっこう渋がきついので
もう1回か2回
水を替えてゆでた方がいいかもしれない

あとは砂糖を入れて
煮込むだけ
最後にブランデーをちょっと入れてね


これはお義姉さんに
作り方を教わったのよ

「ゆでこぼす」って
ほんとにこぼれるように
しないといけないのかしら
でも
こぼれるとめんどうだから
こぼれるほどお湯は入れないのよ

でも
お義姉さんは
「ゆでこぼす」っておっしゃってたのよ。

それでもって
お砂糖の分量も聞いたんだけど
「う〜ん、いっつも
 めっそうでやってるからねー」

「めっそう」
というのは
「目分量」のことです。
名古屋方面ではめっそうといいます。

ほら
お義姉さんのあれがおいしかったから
作り方を教えてくださいって
かわいいと思わない?
聞かれて悪い気はしないでしょ。
だから
きっと喜んでもらえるし
なんて
思って聞いてるところが
いやらしいけどさ。

でもそういうことよ。

いっかい
水っぽくなったら
何度砂糖を足しても
水っぽいままです。

でも
腐っても鯛、
水っぽくても栗、

だからさ。

1こつまんではなくなり
みたいな感じで
徐々減りです。

ついつい食べちゃいます。

秋ですね。

でもあなたの時代まで、そうであってはならない。

2010年10月13日
「ハプスブルクの宝剣」藤本ひとみ 文芸春秋社

女王マリアテレジアの架空の恋の物語だ。

美しく聡明で勇気ある青年エドゥアルトに
恋してしまうマリア。

しかし青年がユダヤ人であることを知り
愛おしさ余っての憎さ百倍、
愛憎入り交じった史実を絡めての
おもしろいお話しだった。

私は知らなかったのだが
1700年代半ば
この時代もユダヤ人は
徹底的に差別されている。

居住区はもちろん別
言葉も別
道路も真ん中を歩いてはならず
男二人、あるいはカップルだったりすると
なぶり殺しにされても文句は言えない。
一言のお触れにより
持ち物全てを置いて
3日以内に居住区を追放される、
激しい弾圧の中を
生き抜いてきた民族なのだと
改めて知らされた。

紆余曲折を経て
ユダヤ人の誇りを取り戻すエドゥアルト、
命をも惜しまぬその姿に
マリアははじめて
自分の見方を変える日が来る。


エドゥアルトが気味の悪いユダヤ人だというのは
本当なの?

と訪ねる息子のヨーゼフに

ユダヤ人が居住区に住んでいるのは、
あの人たちが好んでそうしているわけではないし
知らないから気味悪く思えるだけで、
知り合えばそんなことはなくなるかもしれない。
自分の目で見、自分の肌で感じ、自分の頭で
判断することが大切です。
私の時代には、前例や遺習が正しいことだと
されてきました。
でもあなたの時代まで、そうであってはならないのですよ


息子のヨーゼフは答えます

エドゥアルトがユダヤ人というのなら、僕はユダヤ人が嫌いではありません。お母様もそうではありませんか


マルボロから来てくださる
若い人たち。

お別れの時には
涙、涙、涙…。

国に違いはあっても
人の心に違いはない
人は思ったより簡単に
こんなに心を通い合わせることができるのだ
と教えてもらえる
いつ見ても感動的な瞬間です。

ヨーゼフの言葉を借りるなら

○○さんが○○人というのなら
わたしは○○人が嫌いではない。
あなたもそう思いませんか?


そういう関係を
地道に作り続けることが大切だと
私たちにできるのは
それしかないですよね。

藤本さんがマリアに言わせていますが

「賢い皇帝におなりなさい。慣習に捕らわれず、真実を見つめ、思いやりを持って行動できるように努力なさい。それがあなたを幸せにするでしょう。」

勝ち負けはわかりませんが
幸せになるためには
やはり
その道しかない。

戦争を経験したばあちゃんが
ずっと
戦争だけはしたらあかんと言っていました。

あなたの時代はそうあってはならない

マリアの言葉で
ばあちゃんのことを
思い出しました。


栗の渋皮煮 ちゃんとした作り方

2010年10月14日
今朝
メール箱を開けたら

雑メールに混じって

「ご無沙汰です」

の文字が。

広告メールの長いうじゃうじゃしたタイトルの中で

「ご無沙汰です」の6文字は

すっきりとした佇まいだ。

開いてみると
高校の同級生のユキちゃんからのメールだった。

うれしい!

今年の年賀状の住所の下、
ハガキの隅っこに
はれあたまブログのアドレスを書いておいた。
それを見てくれたんだ。

きのう栗の煮込みがうまくいかなかったって
書いたのを読んで
メールしてくれたのだった。

ユキちゃんは大学を卒業して
結婚して三重県にずっと住んでいる。
50歳の区切りの同窓会の時
つまり3年前ね、
同窓会からの帰り
城端線で一緒になって
仕事の話になった。

ユキちゃんはずっと公務員として
お仕事しているのは知っていたけど

「地域の人と一緒になって
 地域をよくしていくために仕事をするのは
 楽しい。
 公務員というのは、やりがいのある仕事だよ」

そのときそうやってユキちゃんが話していて
同級会の間でも
そういうやりがい系の話はあまり出なかったし
まして
公務員の人でやりがいがあるという人は
あまりいなかったので
とても印象に残った。

着実にいい人生を重ねているんだという
落ち着いた雰囲気があった。

三重県農業技術情報システム

硬いタイトルですが
この中に三重県の郷土料理のレシピが
いっぱい並んでいて
(いわしの押しずし、かしわ御飯、くり赤飯、芋ぼた、いばらまんじゅう、なすあんおやき、鬼まんじゅう、いわしのかば焼き、だて巻き、干しずいきの煮物、ずいきの酢のもの、などなどいっぱい)


その中に栗の渋皮煮もありました。
よろしかったら
みなさんも作ってみてくださいね。
大粒の栗だと
砂糖は多めの方がいいようですよ。

栗の渋皮煮
<<一口メモ>>
鬼皮は収穫直後が一番むきやすい。日数が経過した場合は熱湯に十分つけてからむくとよい。
鬼皮をむくとき渋皮に傷をつけると煮汁がにごる。肉くずれもおきやすい。
箸休め、お茶うけに喜ばれる。

<<作り方>>
1. 栗は鬼皮をむく
2.鍋に水と栗を入れ、強火にかけて重曹を加えてゆでる。
3.ゆでて水が真黒になったら水を替え、さらに十分間ゆでる。ふたたびゆでこぼし、あと十五分ゆでる。
やわらかくなった栗を水にとり、表面の硬い筋や、けばだちを取り除く。
4.水カップ二杯に栗を加え、分量の砂糖を三回に分けて加え、紙ぶたをして30分煮て冷ます。
材料
栗 20個
重曹 小さじ1/2
砂糖 2カップ

チリ国歌

2010年10月14日
33人目が
上がっておいでるのを
地下から移していたけど
地下には
少なくともあと4人の人が
カメラに写っていたので
早くみんな上がってこられるといいですね。

救助に地下に向かわれた隊員の方、
こわい仕事を
お疲れさまでした。

自然発生的に
わき上がる歌声。
たぶん国歌ですよね。
場合が場合ということもあるけど
聞いていて
元気が出てくる。

チリ国歌は
明るくて前向きになれる
いい曲ですね。

「君が代」は
ステキな曲ですが
こんな場には合わないよね。

「ふるさと」も違う気がするし
何がいいかなあ。


うちの母は
ずっと
この事故のニュースが流れると
見ていられないと言って
チャンネルを変えた。
私もまず無理だろうと思った。
地下で今は生きている人たち。
そういう映像が映ってしまう。
そのことが返って
残酷に思えた。

「夜中に目え覚めた時でも
 ああ、鉱山の人らちどうしてやなあ、
 思てしもわ」

と事故が起きた当時
母が言っていた。
それが誰も死なずに
みんな戻ってこれたなんて

いやー
うれしい。

母もテレビでずっと見て
喜んでます。

ふくらぎの頭

2010年10月15日
きのう
法務局に用事があって
近所のスーパーで買い物をした。

たいがいは地元でしてるんですよ、
きのうは時間がなくてついでに。

フクラギが「298円」で
通路の真ん中の箱の氷の上に
何匹か乗っている。
おお、季節だぞ、安いぞ、
買って帰ろうと袋に入れていると

そうですね、
うちの母親ぐらい、

70代は確実に入り込んでいる
ご婦人が次々とお見えになり
私と同じように
フクラギを取り上げられる。

先だった分
ちょっと私の方が大きかったかも

少し、ウフ、と思った。

まあ、それはいいとして
箱の真ん中の表示に

「希望の方は頭取ります、皮をはぎます」

と書いてあって

お二人とも
魚を調理場の人に手渡されて
お刺身の身のみにする
依頼をされた。

昔は
フクラギの頭の身や
血合いなどアラは
お汁の身にした。

なるべく無駄なく食べたものだ。

いや、若い人には期待しないよ、
でも、
うちの母親ぐらいの人だったら
そうやってくれないかなー、
1本そのまま
買って帰ってくれないかなー
なんて、
勝手に期待しちゃうんだよね。

確かにそんなことしなくても
食べ物はいくらでもあるし
頭なんてゴミになって
うっとおしいだけだよね。

でも
70代、おまえもかって感じで
無駄なく生活してた時代から
ずいぶん遠いとこに来ちゃったなー、
となんとなく
きのうは思ってしまいました。


ぜんざい売ります食べに来て

2010年10月16日
明日は
城端小学校の学習発表会です。

去年に引き続き
うどんの隣で
ぜんざいを商います。

1杯 200円

田村萬盛堂さんのあずきに

餅は朝から蒸してついての本格派です。

どうぞご利用ください。
お待ちしております。


議員でも金

2010年10月16日
今日の読売新聞一面を飾る
谷亮子

美しい。

いつものように
少しほほえみながら
話す横顔を見て
この人はいつの間に
こんなにきれいになったのだろうと
びっくりした。

いつも前向きだ。
やわらちゃんの暗い表情を見たことがない。
一流のプロスポーツ選手は
たいがい誰でもそうだけれど
それでもやわらちゃんは別格だ。

「谷でも金」
「ママでも金」

このまま行けば

「ばばでも金」

を目指せるのではないかと思ったが

「議員でも金」

に変わった。

もともとすでに国際人だ。
努力する方法も知っている。

世界に通用するアスリートが
政界にはいるのは悪いことではないと思う。

でも
筑波大準教授、
かつての世界選手権金メダリストの
山口香さんが
彼女が背負ってきたことは
簡単にまね出来ることではないと
賛辞を送りながらも

これからは、選手としての実績を切り離して頑張ってほしい。妻として、母としてスポーツ界を切り開いてきた。これを『谷亮子だから特別にできたこと』で終わらせず、他の選手たちのために、道を整えていくことが重要だ。」(読売新聞)

と、釘を刺してエールを送っていらっしゃる。

「常にひたむきで、本当に尊敬できるアスリートだった」(読売新聞)と

だんなの谷さんに言われる人なので
新しい道でも
ひたむきにがんばっていくんだろう。

ますます
美しくなってください。

オフ会来ない?

2010年10月16日
それにしても
ソフトバンクの和田って
どうしてあんなにいい男なの?
明日
2時間ドラマの主役を
和田がやるっていう記者発表があっても
なるほどねって思うわよ。

投げる和田、
ダッグアウトの和田、
ちらっと見るだけだけど
どれも絵になってて
ほれぼれしちゃうわ。

和田と同じぐらいいい男
今のところ6人が集まる
オフ会にいらっしゃいませんか?

「書く」って
結構恥ずかしい。

気持ちは裸ですよ。

その「裸」を知ってる
みんなが集まるんだから
混浴みたいなものですよね。

だから恥ずかしいんだけど
始めは照れがあるのが
飲むにつれ食べるにつれ
加速度的に
開放的になっていくのが
オフ会のおもしろいところで…。

コメント書き込みの方も
ぜひ。
だってもう、
それなりの個性で
みなさん際立ってらっしゃいますし。

おいしいお料理と
おいしいワインを
みんなで楽しみましょう!

遅咲き

2010年10月16日



キュウリです。

このキュウリは今が盛りで
毎日
1本、2本ととれるので
他がみんな枯れてしまった今
重宝してます。

このキュウリが生えてきたのは





はたけの野菜くずを捨てていたところ

くずの中から

ゴミの中から

芽が出てきたんです。


出自がゴミ捨て場、

遅咲き、

でもこんなに立派で
よけいに光って
役に立ってます。

キュウリを
勝手に同志にして
がんばろうねと
声を掛け合っています。

ダブル・ファンタジー

2010年10月17日
お昼のNHKの番組に
作家の村山由佳という人が出ていて
「いい子をやめたんです」
と紹介されていたのが

「ダブルファンタジー」村山由佳 文藝春秋

だった。





「いい子をやめる」
そして表紙は官能的な足が

多分
いやらしいことがいっぱい書いてあるんだろうと
早速
ネットで図書館のこの本を予約した。

確かにおもしろかった。
この人はほんとにいい子をやめたんだな
と読みながら何回も思った。

性的な描写はいいとして
主人公の夫のことを
完膚無きまでにたたきのめしている
表現が気になった。
その前後に離婚されているというし、
あの表現は自ら体験したことが
色濃く反映されているとしか思えない。

こういう表現をされた
元夫に
深い同情を禁じ得ない。

表現せずにはおれない作家のサガと
いうものはあるだろう。

でも何でもかんでも
書けばいいってもんじゃないんだよ、
という気もした。

母親の心理的虐待を受けて育ったことが
彼女を形作っている鍵として出てくるけれど
性へののめり込みは
母親への復習のように思えた。
だいたい、
「いい子をやめる」っていう表現自体が
そのことを表してるんだけどね。

みんなはどう思ってるんだろうと
アマゾンのカスタマーレビューを見てみたら
5星 19
4星 10
3星  8
2星 10
1星 10

と5星が多いけど
評価がかなりばらけている作品。

いろいろ書いてますが
とにかく性描写も多くて
楽しめましたよ。

城華の演舞

2010年10月17日
今日は
ぜんざい販売で小学校へ

ただ見に来るより
仕事があって
体を動かして参加できるのは
楽しいです。

でも味見だけで
ぜんざい5,6ぱい分食べたかもしれない。
しばらく
あずきの顔は見たくない。

やっぱり
お仕事というのは
大変ですね。
プロというのはすごい。

今年は餅の出来がよかったです。
つきたての
熱いのを
がまんして丸める男性陣






きれいにならんでいます。






あ、表題と全く違う内容になって
しまいましたね。

今年のじゃんとこいむぎや
城華の演舞です。

もしよかったら
ご覧くださいね。

コーチャビリティ

2010年10月18日
数年前のなんかの講座で
印象に残っている言葉

「コーチャビリティ」

これからはこの能力が大切だと言われた。


英語の
「コーチ」から発生している言葉

「コーチング」は人に教える側での言葉のようですが

「コーチャビリティ」は

コーチを受ける力

つまり人から教えを受けようとする
意志がある

教わりたいと望む心

と言うのだろうか。

叱られても
それを受け入れる力と言うか。

年をとると
だんだん叱ってくれる人が少なくなる。

習い事のいいところは
「叱ってもらえる」ところですよね。

年配の男性が
年下の人に教わって
素直に従われる姿は
かっこいい。
叱られても
それを素直に受け入れられる姿は
かっこいい。

それこそ
若い人たちに
多くのことを
伝えている姿だと思います。

鶴瓶さんがかっこいいのは
そこもあるんじゃないかと
今日の番組を見ても思いましたね。

そんなに黒豆って好きだった?

2010年10月18日
井口の黒豆大豆刈り取りの
招待券をいただいた。

黒豆

これからの季節
黒豆はないよりあったほうがいい

しかし
時代の流れ的に
黒豆はどちらかというと
マイナーな食べ物だ。

そんなに人がお見えになるとは思えない。
これはぜひ
いってあげなくては

城端井波線の街道沿い
目指した場所が見えてくる。

な、なんだ、
あの大勢の人たちは、

何なんだ
この車の行列は。

もう道路近いところは車でいっぱいで
ずーーーーっと奥まで行って駐車する。

1mの紐をもらって
それに縛れるだけ縛って
持って帰っていいっていうシステムね。

招待券だけでは申し訳ないので
もう1本2000円の紐を買う。
母と二人で
畑に向かう。

大勢の人でびっくりしながらも
取れるだけ頑張ろうと
闘志を燃やしたわよ。
畑はもう取り進められて
ずっと奥に。




たくさんついてそうなのを
選んで、っていうか
生の豆の木はけっこう大きくて
集めるのと縛るのと格闘したわ。




わたしは縛るのとか全然ダメで
ずっと百姓をやってきた母でないとダメね。

ほら
戦果よ。
これが4000円分の黒豆よ。




私たちは枝ごと持って帰ってきたけど
駐車場では家族みんなで
豆のさやを枝からもいでいる
グループがずっと並んでいて
壮観だった。
みんなもう
これが毎年の行事ですって感じで
行楽してるって感じよ。

でもこれって
黒枝豆で
乾燥したあの黒豆にはならないんですってね。

ねえ、
みんな
みんなそんなに黒枝豆が好きだったの?
どうしてこんなに大勢の人なの?

「いってあげなくては」

は大きな勘違いだったと
今だにあの人の波を見た時の
あの衝撃が忘れられない。

来年はみなさんも
お越しになってみてはいかがでしょうか。

関東対決か

2010年10月19日
杉内は

今晩

なかなか寝られないだろう。

ホームの最終戦でこれだけ
残酷な負け方をしなければならなかった
ホークス

いつかつかむ日本一のための
ストーリーだと思って
耐え忍んでほしい。

それにしても
2回を投げた和田は相変わらず
力強くさわやかだった。

「こりゃ
日本シリーズは巨人対ロッテやな」

4対0の辺りから
巨人ファンの父は
3位から上がってきた
ロッテと巨人を完全に重ねて
もうセリーグの出場チームは
巨人と決めている。

「ロッテはそうかもしれんけど
 セリーグはまだわからんないけ!」

ドラゴンズファンの私は
いちおう抗議するが
でも
あの巨人の逆転の勝ち方はヤバい。

短期決戦は勢いだからねえ。
父の言うことも
あながち外れていない。

いや、(ぶるぶる!)
同じ轍は踏むな!
ドラゴンズがんばれ!
3位から勢いづいてきた

この国を出でよ

2010年10月19日



最近 法務局へのお使いが多くて
カーラジオをよく聞く。

夕方5時のニュース番組で
昼間にあった国会答弁の音声が流れる。

尖閣諸島の問題について
問いただされた菅総理が答えている。

「中国には強く抗議する(うんぬんかんぬん…)」

ラジオだと
なおさら覇気のなさ、
力のなさが明確だ。
おそらくいつものように
下向いて棒読みだろうね。

政治の
ページがめくられるたび
菅総理、および民主党政権の残念さが
伝わってきて
見るに耐えないし、見ないようにしている。

この国は
大丈夫なのか。

シンプルな質問が
いつも頭の中のどこかにある。

ユニクロの柳井氏は前書きで
僕は政治が大嫌いです、
それなのになぜ今、この本で政治や国家について語るのか、

もう黙っていられないところまで、
日本の危機が迫っているから、

とその理由を答えていらっしゃいます。

第1章の項目「現状分析」の見出しを
書いてみましょう。

絶望的状況なのに脳天気な日本人

・「失われた20年」に国民の財産300兆円が失われた−大前
・「まだ大丈夫」という錯覚はどこから生まれるのか−柳井
・今の日本は「ミッドウェー後」とそっくり−大前
・急成長アジアでは「もう日本は敵じゃない」−柳井
・“ジャパン・パッシング”が本格化している−大前
・経済敗戦国ニッポンは「世界の保養所」になる−柳井
・今や世界は「日本破綻」に備え始めている−大前



つまりこの本は
わたしのさっき書いた

「日本は大丈夫なのか」の質問に

「全然ダメ」

と答えてくれた本でした。

しかも説得力あるし。

こわくてこわくて最後まで
あっという間に読んでしまいました。

そういうことです。

教育敗戦国

2010年10月20日
きのうから
落ちこむ系のネタを書いていて
自分の書いたネタに
引きずられている。

きのう紹介した
「この国を出でよ」ですが、
この国を脱出した方がいいですよ
っていう意味じゃなくて

若者よ
もっと世界を知って
外に出ていかないとダメだ

っっていう意味の
「この国を出でよ」ですからね。
説明が不十分でした。

そして
見出しを紹介していて

「経済敗戦国」

なるほど
そういう表現か。

そうすると

「政治敗戦国」

いや、政治面ではもとより
負けているのか。

しかし「この国を出でよ」の中でも
日本の教育の遅れが
取り上げられている。

人が育っていないために
未来への明るい展望が開けない。
残念ながら
ある意味
「教育敗戦国」になってしまっている。

しかし
本当に学べるようになるのは
決定的な打撃
紛れない「貧」が訪れないと
無理なのかもしれない。

なんて
結局
こんな暗いところに
話が落ち着いてしまって
すみません。

みなさん
がんばりましょうね。

子どもは
ほめてのばして
たたいて
鍛えましょうね!



腐った肉

2010年10月20日
先日テレビショッピングで
洗濯機を買った方から聞いた話。

あの有名なテレビショッピングで
洗濯機を買ったら
氷見の業者が
洗濯機を取り付けにおいでたそうです。

氷見からだと
1時間半かかるこの地域。
いったいいくらで
この仕事(洗濯機運搬取付料)を
受けているんですか、
とたずねたところ、

「5000円」

と答えられたとのこと。

氷見から往復3時間、
つまり午前中しっかりかかって
二人の人足で

5000円

ということです。

まったく採算が取れないが
でも
何もない時にはいい、
とおっしゃっていたそうです。

仕事が何もない
というのはつらいです。
そのために
または売れ上げを少しでも上げるために
採算の合わない仕事を
引き受けざるを得ない、

この前のETV特集は
そういう中小企業の社長さんたちの
ドキュメンタリーでした。

合わないのに引き受けざるを得ない
そういう仕事のことを
コンサルタントの人が
「腐った肉」
と呼んでいました。

おいしいところは食べられて
残って誰も手を付けなくなった肉

ほんとに大変です。

でも生きる活路を見つけようと
奮闘する社長さんたち。

今日一日を無事に過ごせたことを
喜ぼう
とおもいました。

ヨッテカーレの菊

2010年10月21日
秋です。




桜ヶ池にあるヨッテカーレの入り口に
菊がたくさん並んでいます。




きれいでしょ。

仏壇のお花には
やはりこのタイプの組み合わせか。




このバケツには
4束入っています。
ひと束の感じ
わかっていただけますか?

ひと束200円です。

これも200円ですが
玄関用に。




天候が良くなって
葉物も順調に育っているようですね。
お店の中にたくさん並んでいます。

狂った夏が長く続き
これから季節が全ておかしくなるのでは
みたいな不安がありましたが

果実が実り、花が咲き
まともな季節がやってきてくれたんだと
ほっこりさせてくれる店内でした。

地味すぎるドラゴンズ

2010年10月21日
今日のお立ち台は
吉見、高橋、浅尾のピッチャー3人

地味だ。

最優秀中継ぎ投手の浅尾が
とても愛くるしい顔をしているのが
せめてもの救いだが。

落合監督になって
とてもわかりやすく
雰囲気が地味になったドラゴンズだが
近年の中でも
今年は地味さが目立つ。
岩瀬も、荒木も年を取った。
堂上二世兄弟が活躍しているが
名前の割におとなしい雰囲気だ。

地味な今年の中でも
今日の試合は本当に地味だった。

2点のうち
1点はピッチャー吉見による安打。
もう1点は犠牲フライ。

打者のお立ち台が誰もいない。
ということで
ピッチャー3人がお立ち台に。
おとなしくて地味なインタビューだった。

でも

いい。

だって

勝ったんだもん。

勝ったんだもん。

勝ったんだもん。

巨人はロッテと違ったし
ドラゴンズはホークスと違った。

しかし
まだ油断はできない。

できれば
地味なまま一気に。

とファンはあくまでも
欲張りなのだ。

山瀬さんの背戸の田んぼのコスモス畑

2010年10月22日
キバナコスモスが美しかった
山瀬さんとこの田んぼ




2週間が経って
今度はお色直し





きれいですね。

山瀬さんのコスモスを
紹介した時に
ブログを読んでくれている
宝塚好きつながり友人が
南砺市の人間でなくても
お花を摘んでもいいのかしら

聞いてきてくれて
それはもう
全然大丈夫、と返事をしていましたが
今日
行って来たと
メールが届きました。

とってもきれいだったって。

それで
わたしもあわてて
行って来て写真を撮ってきて
今日のブログ用にしたってわけなのよ。

これは
この間山瀬さんたちが
刈り取ってくださってすっきりした
桜ヶ池パーキングエリア。





ここは来年は
山瀬さんの畑みたいに
花いっぱいになる予定です。
来年見に来てくださいね。

便利さが奪う情緒

2010年10月22日
学生の時
野尻湖周辺で
サークルのキャンプをした。

それが
すぐそばにスーパーがあって
足りないものがあると
すぐに買い物に行けた。

しまいに
あのさー、あんまり買い物に行くと
キャンプの意味がないよ
みたいに言われて
それもそうだなと
思った。


私の携帯の電話が鳴る。
この時間はたいがい娘だ。
「ババ歩き」
大学から最寄りの山手線の駅まで
歩くことをこう呼ばれているらしい。
大学のそばにアパートを借りているので
出かけた時は駅から
ババ歩きをすることになる。
そのときによく電話をしてくれる。
だいたい15分ぐらい。
娘は家族のスターなので
私一人が独占しては申し訳ないので
私→うちの人→父→母
と携帯電話家族一週をして
また娘と少し話す。

だから
ある意味
すぐに買い物に行けるスーパーみたいな感じで
すぐに連絡が取れるっていうのは
なにか
「募る思い」
みたいなものを奪うわね。

でも
それより
便利で
娘の声が聞ける方が
全然いいんだけど。

子離れできない
母親レポートでした。

オフか今江

2010年10月23日
「オフ会前」
と入力しようとしたら
このパソコンはロッテファンなのか
タイトルのような変換をしたので
記念にそのままにしてみました。

つまり
書くことがなくって
なんにでも食いつく状態。

午前中JA女性部のケナフ寄せ植え
にいってきて
元気なお花坊さんの顔を見てきました。
まあ、
今日も元気オーラが
どわどわと出ているお花坊ちゃん。

「夜もよろしくお願いしますうー!」

って挨拶してくれました。

飲もうねー!

なんて思ってないのよ。

だってわたしはもう大人だもの。
静かに若い方を見守るつもりよ。

そういえば
JA女性部で毎年配布される
ケナフの花が咲き出しました。
ケナフは
秋が深まってから咲き出すので
ケナフの花が咲き出すと
冬を意識し出すんです。




この静かで清楚な感じ、
私と似てない?

似てないわね。
わかったわよ。

似たもの同士

2010年10月23日
オフ会よ

ちょっと早めに6時20分頃着きそう
どうしよう
少し手前で降りて歩いていこうかな
なんてちょっと思ったけど
ちょっと思ってる間に
車はもうプリマベーラ前に着いたのよ。

そうしてプリマベーラの中を見ると
あら、どうして?
人影が大勢でもうビールも出てるわ。

歩かなくて良かった。
オフ会は6:00からだった。
遅刻してすみません。
勝手に6:30に決めてました。

会場、集まるメンバーによって
雰囲気がそれぞれ違うところが
おもしろいですねー。

プロのお料理は
香りが違うわね。
何かわかんないけど
いい香りがするのよ。
おいしいって思うのよ。

キノコとカキをいためた何かが
めっちゃおいしかったわ。

それと
パインさんが
蕎麦を持ってきてくださって
ふるまってくださったのよ。

これが
赤ワイン
さっきまでなみなみとあったんだけど
いのさんのグラスにつがれて
これだけになったのよ




これが
蕎麦のつゆ






これが白ワインで






これがそば湯




まちがえないようにしないとね。


プリマさんとこの玄関よ
ゴージャスな紅葉





加賀友禅みたいだった

いろいろおみやげをご用意くださった方もいらして
たのしいオフ会でした。
ありがとうございました。


翌檜

2010年10月24日
遅れてきていながら

「普通6時半でしょ」

ああ恥ずかしい

恥ずかしい

「翌檜」

何と読むかわかりますか?

ヨクヒノキではありません。

正解は
「あすなろ」

あて字ですね。

あすはひのきになろう
と思いながら
今日はなれないままのあすなろ

これも仕事があるのに
やる気がなくて
漢字ゲームをやっていて
出てきた漢字です。

昨日といい
今日といい
あすなろって
わ、
わ、
わたしのことだ!

と思いながらも
ブログネタ見つかって良かったみたいな。

ああもう。

ではおやすみなさい。

心の生活習慣を変える

2010年10月25日
年をとると

まあいいや

って思うことも増えるけど

これはこうしかならないか

と思う現実もいっぱいまわりにごろごろしてる。

それは
自分の体の調子だったり、
硬直した人間関係だったり。

でも
きのうは
マキちゃんと
高瀬神社のお茶会に一緒に行って
何だか帰りたくなくて
というか
マキちゃんといるのが楽しいので
お茶を飲みに行って
ヨッテカーレにも行ってきた。

ここに売っている
「シカクマメ」というのがあって




ひとパックで140円

どうやって食べるんですか?

って、レジで聞いたら
ゆでてドレッシングとか
ごまあえとか。

マメって名前がついてるけど
豆は全く入っておらず
くせもなく食べやすい。
どっちかというとおいしい。

というわけで
ふたたび買いに来たのだ。
マキちゃんも買って帰ったよ。
楽しい一日。
充電できました。

更なる充電のために
最後にニーチェの言葉を

心の生活習慣を変える

 毎日の小さな習慣のくり返しが、慢性的な病気を作る。
 それと同じように、毎日の心の小さな習慣的なくり返しが、魂を病気にしたり、健康にしたりする。
 たとえば、日に十回自分の周囲の人々に冷たい言葉を浴びせているならば、今日からは日に十回は周囲の人を喜ばせるようにしようではないか。
 そうすると、自分の魂がいやされるばかりではなく、周囲の人々の心も状況も、確実に好転していくのだ。
  『曙光』

         −ニーチェの言葉−

明日も元気出していきましょう!

かっこいい真央ちゃん

2010年10月25日
「今はジャンプ全てを
見直しているところなので…」

オフ会で浮かれている間に
フィギュアスケートのフリーが
終わってしまっていた。

結局
いいところのないまま
失敗ジャンプが続き
8位という思わしくない結果に
ニュースの酷評が続く。

でも
インタビューに答える真央ちゃんを見ると
とても落ち着いていて
今の結果よりも
自分のジャンプを見直す
壮大な取り組みに挑む
相変わらず前向きな様子が
本当にステキだ。

得意なジャンプを
あえて全て見直すということ。

きのうまでの栄冠を
捨て去り
新しい道に果敢に挑戦しようとする
真央ちゃんはかっこいいなと
ほれぼれとインタビューを見ていた。

オリンピック前の
絶不調の時も落ち着いていた。

新しい真央ちゃんに
出会える日が楽しみだ。


お天気より寒い日本シリーズ地上波放送減

2010年10月26日
お天気より寒いのが
さっきヤフーの見出しで見た

「日本シリーズ1,2,5戦地上波放送なし」

だよ。

1,2,5戦ていうと

ナゴヤドームじゃん。

名古屋の放送局、
男気を出してがんばってほしかった。

ほんとうにせちがらい。

中日×ロッテ

というのは
視聴率予想では
最悪の組み合わせらしい。

そうか。

名古屋の地元のみなさん、
盛り上げて頑張ってくださいね。
BSで見て応援してます!

民生委員が続かない

2010年10月26日
うちの地区の民生委員の方は3人
一人は前任の方が亡くなったあとの後任なので
1期半ぐらいだが
あとの2人は1期

今年の12月は改選期だが
3人全員がお辞めになると聞いた。

いろいろ引継もあるし
誰かが残って誰かが代わる、
何となくそうなっていたのだが
誰も残られなかった。

だって大変そうだよ。

すごい大変そうだもん。
気持ちはわかる。

役所からの
どうしてここまで系の書類が
年々増えること。
それは民生委員の仕事か
と聞いていて思うことがあったね。

でも民生委員の人に聞くと
そりゃ書き物も大変だけど
本当に大変なのは
一人暮らしの高齢者のお世話なんだって。

大変ていうか、
体も心も弱りつつある
心細がる高齢者の方をケアするのは
とっても心を使うことだよね。
雪が降ったり
風が吹いたりするたびに心配になるし
心休まる時がないみたい。

そして
そういう
一人暮らしのお年寄りが
増加している。

一人でも大変なのに
受け持ちの地区に
何十人単位でいらっしゃるんだよ。

そりゃあ参っちゃうよね。

それなのに
受け持ちは各地区一人だし
システムが昔からほとんど変わってない。

せめて
もう少し
報酬が上がるといいのに。

大変さは2次関数曲線で上がってるのに
これじゃ辞めたくなって当たり前。

悪いところばかり見てもダメだけど
現実を見るのも大事だよね。

民生委員の人が
もう少し報われるようになると
いいなと思うんです。
そうしないと
本当になり手がなくなってしまう
と心配するはれあたまです。

山に雪が

2010年10月27日
今朝起きたら
目の前の山に雪が




これは
9時頃用事があって
城端中学校から東に行ったとこで
撮ったんだけどね
原山、その上が縄が池
高清水山系

うちはもう少し山の方にあって
同じ城端でも
南山田、城端駅周辺の人が
うちにおいでると

「山が近いねー
 いいとこやわー」

と言われることがあって
高岡ぐらいの人ならいざ知らず
たかだか城端の人に
山が近いねー、
と言われるのは
複雑な気もする。

クマはどうしているんだろうか。
今年の冬は何割のクマが生き残れるのか。

うちに野良猫が来るけど
いつの間にか見なくなる。
野良猫はやっぱりやせてるし
死んでしまうんだと思う。
飼い猫から見て
ずっと寿命が短い。

クマがクマらないように
できることはないんだろうか。

山に柿の木を植えるとかダメ?
そうしたら下に降りてこなくてすむのに。

ぬくぬくとストーブに当たりながら
ちょっとだけ
クマのことを考えた。

ほっとする何か

2010年10月28日
きのうは
あるところの寄り合いが

2時から
7時15分まであった。

ちょっと長かったけど
きのうは
居眠りをすることなく
最後まで
起きてました。

でも
終わって外に出て
家に着いたら
どっと疲れが出てきた。

まあ、
どこでも
今は
そんないい状況っていうのは
あまりなくって
厳しい環境の中で
どうするかって話で

まあ話の途中は
緊張感もあるけど
帰ってくると
ほんとに疲れるわね。

それでね
机の上を見たら
この間の
オフ会の名札があったのよ。

かわいいでしょう?





かわいいとちのみさんが
かわいい名札を作って
くださったのよ。
みんなのために。

いのさんに教わったように
脇を締めたつもりなんだけど
またボヤけてるわね。

オフ会のことを思い出すと
ちょっと心がほわっとするわよ。

お天気が寒いのはイヤだけど
心が寒いのより
よっぽどいいわよね。

名札で
ちょっと暖まったはれあたまでした。
作者 : はれあたま

 かなり生きてきて、でも、生きてきた中で今が一番楽しい気がしています。ブログに参加することでもっと楽しくなればいいなと思ってます。

2014 年
11
12
2013 年
2012 年
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
1
2
3
4
5

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。