nanto-e.com archive

はれあたまダイアリー

いつも楽しく読ませていただいてきました。ちょっと自分でもやってみようかと思いました。

半日うたた寝

2011年05月01日
関口さんのサンデーモーニングの
張本さんの「喝!」を聞いているうちに
だんだんとまぶたが降りてきて
気が付くと
「サンデージャポン」が始まっていた。

ローラちゃん、キャバ嬢の何とかっていう人、
ミッツさん、杉村太蔵、
デーブスペクター、
みんな
はずさず、おもしろい。

ホリエモン収監の話題がでて
自分自身の収監について語る
ホリエモンの映像が流れる。

その映像のあとで
ホリエモンの印象はどう?
とふられたローラちゃんは
「いい感じ」
と答えていた。

確かに
ホリエモンはいい感じだった。
収監はすでに覚悟していたのか
少し離れたところから
この顛末を見るように
淡々と語っていた。

厚生省の村木厚子さんの
えん罪事件以来
本当はどうなんだろう
と思ってしまう。

相撲の八百長事件だって
最高裁までいって
あのときは八百長だって言ってた人が
負けたんだったよね。

よくは知らないけど
収支報告書を
1円の単位まで書いていたのは
鈴木宗男と
小沢一郎だけだって
何かで聞いたことあるよ。

訴えれば訴えただろうが
スケープゴート的な見方も
少なからず
目にしますよ。

鈴木さんも、小沢さんも、ホリエモンも。

ホリエモンが
落ち着いて話していて
良かったと思った。


きのうは
2回もがんばりますと書いたのに
うたた寝で
半日が過ぎるという
そういう一日でした。

突然死とは

2011年05月02日
先日取り上げました

「NHKためしてガッテン流
  死なないぞダイエット
                北折 一 著 アスコム




この本は文字通り
やせて美しくなるためというより
心臓病、動脈硬化、脳卒中等
肥満が原因で死なないために
ダイエットを薦めている本です。

最初に
「突然死」についての
話が書いてあります。

「突然死」と言われても
あまり実感が湧きません。
あまり苦しまず
死ねるのだったらむしろその方がいいかも…、
ぐらいにしか思っていませんでした。
それにまず
自分に起きるような気がしないのです。

こんな私のような読者に
このように書かれてあります。

「自分ごと」にした方がいいとわかっていても、イマイチ実感が湧かない…多くの人はそうだと思う。そんな人に、さっそく今日の今夜にでもやってもらいたいことがある。
まず、紙と鉛筆を用意する。
その紙に、次のような内容で思いつくことを思いついた順に書きだしてほしい。
それは、「自分が予定より早めに死んでしまうとした場合、それまでにやっておくべきこと」。そのリストアップである。本気で想像すればいくらでも出てくるはずだ。
 これは書き出すことに意味がある。すべて書かなくていい。書けるはずもない。が、これを単に空想するだけでは、一瞬わいたはずの「実感」がまたどこかに消えていく。だからこそ、書くことに意味があるのだ。
 仕事の引き継ぎはもちろんのこと、大切にしていた趣味の品をどうするか。将来、就職先に困った時のために息子にアドバイスしておきたいこと、いつか家を処分するハメになったときにも残しておいてほしいもの。友人に配ろうと思っていたのに焼き増ししてない
写真の整理。あるいは、見つからないように隠し持っていたアダルトビデオの処理。自分の訃報を伝えてもらいたい古い知人の連絡先一覧の準備。そして妻への手紙を書くこと、などなど。

(中略)
 そのうえで、正確に想像してほしい。それらのうちただひとつもできないまま、自分の最期を家族が見取っている風景を…。突然死とはどういうことか。そういうことなのである。
 紙と鉛筆を用意しない人は、自分は家族を愛したことがないのかも、と思っていただきたい。そして、「最近、ハラが出てきちゃって」なんて照れ笑いしている人。これも家族のことを真剣に考えたことのない人だと思っていただきたい。少なくともこの本を手にしようという意志を持った以上、そう思った方がいい。


と大変手厳しい洗礼を受けて
次へと進んでいくわけですが
確かに死んだ人はいいけれど
残された方は大変です。
一番最初にプロローグで

「人生は自分だけのものだろうか?」

という問いかけがされています。

あらためてそう訊ねられると
ドキッとしますよね。

突然死ですが
このように考えると
「家庭」をきりもりしている
「女性」が亡くなったほうが
よりトラブルは多いかもしれませんね。
気をつけたいものです。

入り口で脅かされますが
ダイエット法は簡単です。

ダウンロード

した用紙に朝晩体重を記入していくだけ。
いや
もちろん記入するだけじゃダメで
努力が必要ですが
そのモチベーションを維持しやすい
仕組みのようです。
まだ月初めです。
あなたもやってみませんか?

良い日とは思えない

2011年05月03日
ニュース速報で入り
今日のトップニュース、
かなりの時間を
ビンラディンの死亡について
費やされていた。

今までの報道の中で
ウサマビンラディンは1957年生まれと知り
あ、私と同い年になるのか、
と同じ年の人として
意識してきた。

オバマ大統領は
「今日はアメリカにとって良い日です」
と言っていた。
立場上そう言わなくてはいけないのだろう。
誰かを殺して
それを「良い日」と呼ばなければならない国、
アメリカ、
やはり大変な国だ。

でも、
ビンラディンが死んでそれで終わりだなんて
そんなことを本気で思っている人は
どれだけもないだろう。

今日はさらに円高が進んでいる。
今日の発表が無関係とは思えない。
人々の心は不安に向かっているのではないか。

どうして
生きて
捕らえることができなかったんだろう。

戦いは新たな戦いを生むだけなのに。

自然災害の前に
あれだけ多くの人が亡くなっていった。
どうして
わざわざ殺し合わなくては
いけないんだろう。

一人でも死ぬ人を少なくしてほしいです。


イスラム圏は
人口が爆発的に増えていると言います。
今世紀
イスラム圏の国々が
力を拡大してくることは
間違いないと思います。
どうやってつきあっていくのか、
みんなで考えていった方が
いいと思います。

でも私の周りには
イスラム圏の人がいないので
どうしたらいいのかわかりません。
今日はちょっと
自分から浮いたことを書いてしまいました。

おやすみなさい。

絶対に乗り物酔いしない方法

2011年05月03日
福光へ向かう時
東海北陸自動車道の下を
通った。

けっこう混み合っている。
よかったよかった。
にぎわっているとうれしい。

ふと
子どもが保育園の時
みんなでバス遠足に出かけた時のことを思い出した。

「氷見のオバタリアン」
と名乗る年輩女子のバスガイドさんは
めちゃめちゃおもしろい人で
彼女が絶対に乗り物酔いしない方法を
教えてくれたのだ。

まず
千円札を財布から出して
2本の指ではさみます。
走行中のバスの窓を少し開けて
指と千円札を窓の外に出します。
そうすると絶対に酔いません。
1万円札だともっと効果があります。

なるほど。

乗り物酔いをなさる方
お試しになってはいかがでしょうか

といいたいところだが
止めた方がいいと言わざるを得ない。

なぜなら
本当に落としたことがあるからだ。

高校生のとき
学校からの帰り
電車の窓から
おもしろ半分に
定期をそうやって
窓から出して
ひらひらさせて遊んでいた。

そうして何かの拍子に
本当に定期は手から放れてなくなってしまった。
一緒だった友達は
それみたことかとげらげら笑った。
笑われても仕方ないバカさ加減だったので
我慢した。

幸いなことに城端福光間の福光よりだったので
自転車で行けない距離ではなかった。
城端に着いてから
心当たりの場所へと自転車をこいだ。
そして
赤いビニールの定期券を線路の上で見つけた時は
本当に安心した。

5月の気持ちのいいこの季節だったように思う。

あれから
三十数年経っているが
バカはあまり治っていない。

でも窓の外でひらひらだけは
もうやらないと決めている。


菅総理からの世界への新聞広告

2011年05月04日
さとなおさんのブログを見たら
菅総理の名前で
4月の初めに
世界主要紙に対する
震災支援感謝&原発お詫び広告
が出ていたことがわかった。

デーブスペクターの
ツイッターの写真が冒頭にありますが

彼曰く

世界の主要な新聞(東スポ除く)に菅総理から震災に対しての応援や支援の素晴らしい感謝広告が載っています。こういう優秀なライターに演説も書いてもらえばいいのに

ほんとうに
今もっとも必要なのは
優秀なライターじゃないかと思っている人は
大勢いると思う。
まあ、そんな人が今いないのも含めての
菅総理だろうけど。

さとなおさんのブログに
この記事が公表されるまでの
いきさつが書かれてあり
何人もの人の協力があって
この広告にいたったことがわかる。

松井孝治氏は
鳩山さんの時に内閣に入っていて
鳩山さんのライターをやっていた人らしい

さとなおさんの企画が
このように迅速に通ったことについて
このように書いておられる。

国もずいぶん変わってきている。
風穴があいてきている。
すごく強いルートがあるわけでもないひとりのクリエイティブ・ディレクターの意見でも、タイミングと必要性さえあればちゃんと聴いてくれる(まぁ未曾有の国難でネコの手も借りたいところなのだろうけど)。ボクにぶぅたれてくる方々も、ぜひご自分で。

いま生きているこの社会を少しでも良くするのは、誰か他の人ではなく、そこに所属している自分。


ということで
新聞広告を
下記に載せておきます。
タフな方、
日本語訳を
書いていただけると
うれしいです。

Thank you for the Kizuna.

One month has passed since an earthquake of unprecedented scale struck Japan taking thousands of
precious lives. Even today, evacuation shelters are still the only refuge for more than 150,000 people.

In the tsunami-devasterated regions there was no food, no water, no electricity and the survivors had no communications. At that desperate time people from around the world rallied to our side bringing hope and inspiring courage.

Every Blanket and every cup of hot soup brought warmth and strength to the cold and exhausted who had lost everything. Rescue teams heroically searched for survivors in the heaps of broken rubble, while medical teams worked tirelessly caring for the injured.

We are still receiving a tremendous outpouring of encouragement, prayers and support from people worldwide. We deeply appreciate the Kizuna our friends around the world have shown and I want to thank every nation, entity, and you personally, from the bottom of my heart.

Reconstructions has already begun and we are putting every effort into stabilizing the situation at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant.

Through our own efforts and with the help of the global community, Japan will recover and come back even stronger. We will then repay you for your generous aid.

With this in our hearts, we now stand together dedicated to rebuilding the nation.

As our feelings of deep gratitude to you grow into feelings of hope, we, the people of Japan, express our sincere thanks to you all.

春の穏やかな日
家の周りはいろんな花が咲いています。






1泊2日の帰省

2011年05月05日
帰れないといっていた娘が
1泊2日で帰ってきた。

昨日帰ってきて
今日帰るっていう具合です。

前日あまり寝ていなかった上に
夜行バスで帰ってきたのですが

「今回は勉強しに来たんだから」

という言葉とうらはらに

まーよく寝てますね。

「若い」っていうのは「眠る」って
ことなんでしょう。
安らかな寝顔っていうのは
二十歳を過ぎてますが
それでもやっぱりかわいいです。
うんと寝て
またがんばってね。

ということで
せっかくお祭りに帰ってきてくれたので
着物を着せて遊ぶことにしました。





孫の着物姿を
父が大変喜ぶので
午後から父のいる病院へ見せに行って来ます。

今日の夜には
もう帰っちゃうかと思うと
寂しくて
出会いにはいつも別れがあって
いいことには悪いことが
いつもくっついていて
でも別れの寂しさは
何回やっても慣れません。
当たり前ですね。

もういい年なんだから
うれしいことも寂しいことも
感謝エネルギーに変えて
がんばらないとね。

では行って来ます。

男の人は優しい

2011年05月06日
きのう町を歩いていたら
山車と一緒に回っている
紋付き袴を来た
同級生のコウちゃんにあった。
(名前で呼べる数少ない異性同級生)


夕方はもう結構冷え込んでいて
朝からずっとやぜ、
いやー、この年になりゃ
結構堪えるなーいうて
トシヒロとゆうとったがいぜ

珍しく同級生ワールドに浸る。

コウちゃんの息子と私の娘は同級生で
娘が傍らにいたことから
コウちゃんの息子さんは元気?
という話になった。

そうしたら
大学を2年で辞めて
保育士になりたいと県短に今年入学されたとのこと。
親のコウちゃんは一人ではないかと
心配していたようだが
男性の連れが4人にて
5人の男性入学者がいたとのこと。

さくら保育園にも
男性保育士さんが一人いらっしゃる。

とっても優しそうだ。

父が行っている病院には
男性看護士さんが
何名かいらっしゃるけど

みんな
すごーく

すごーく優しい

大文字はあまり使わないのですが
本当に優しいのでそれを表現したかったので
使ってみました。

まだまだ数が少ないから
少数派で
職場でも大変だと思うけど

志して
入学されたコウちゃんの息子さんも
ステキな保育士さんになられることだろう。

お国ことばで日本国憲法

2011年05月07日
弁護士志望だった幼なじみが
「憲法の前文って、ほんと、えいことが書いちゅうがで〜」
と語ったひと言を思い出したことから、日本国憲法を読んだ土佐女性がある一節に打ちのめされます。

われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

「この憲法ができた終戦直後は、日本中が焼け野原で、どん底で、無事なものはなにひとつないほど、ひどい状態だったと思うんです。国内だけで精いっぱいなのに、地球上全部の人たちが、当たり前に、平和で安全に生きていく権利があると宣言している。スケールの大きさに鳥肌が立って好きになったんです」
  
 「ローカルで行こう!お国ことばで日本国憲法」
     家の光 5月号より


土佐女性、山本明紀さんが立ち上げたブログ
多くの人が目にするところとなり
ついには47都道府県全ての訳がそろった本を
出版するまでになる。

上の部分の訳をいくつか。

秋田県 七十代男性

おれだ、せがいじゅうのみんながおんなじように、おっかねごどやびんぼなごどがなぐなり、おだやがにいぎでいぐやくそくごとがちゃんと決められでいるごどがあるなだな、わがた。


大阪府

みんながな、おんなじように恐ろしがったり貧乏で困ったりせんような平和な世の中に生きる権利を持ってええとおもうで。


鹿児島県 五十代女性 

おいどんたちゃ、世界中のずるっの人がひとっこち、恐ろしかこっや、ひもじかこて遭わんごっ平和に生きて行っ権利を確認しもんそ。



なんか取っつきにくい憲法を
こんなふうにこっち側に持ってくるなんて
なんてステキな企画なんだろうと
感心しました。

ちなみに
短いながら
平和への強い願いがこもっていて
前の教育基本法前文も好きでした。

もう改正されちゃいましたけどね。
今のはもっといろんなことばが使ってあるけど
心が動きません。

以前の方がね、うっとりしました。

あ、
かわいい女の子が
憲法前文を諳んじてる

こんなのもありますよ。


ボクの肩にかかるもの

2011年05月07日
小さい時
ギュウ山を見に来て
見上げる。

子どもが乗っている。

いいなあ。

私も乗ってみたいなあ。

あそこから
みんなを見下ろしたら
どんなに気持ちいいだろう。

上に乗っている子どもたちが
うらやましかった。

大人になって
山車に乗れるのは
その町内の男の子だけとわかった。

ずうっといいなあと思っていたけど
年を経るにつれ
祭りを維持する大変さも
わかってきた。

庵唄の練習っていう華やか系は
いいとしてよ、
祭りにかかる予算は
ひと桁違う。
庵屋台の出入り口に下がる
半畳ほどの暖簾みたいなのが
ン十万だと聞いてびっくりしたことがあった。

去年だか
布袋さんかえびすさんだかわすれたけど
山車の人形の衣装を新調するのに
片手よ。

私たちの着物と
ひと桁違うのよ。

重要文化財で県や市の負担があるとはいえ
1割だか2割だかの
地元負担でも大変よ。

いや
どの祭りでも同じでしょうね。
真ん中にいる人たちは
華やかに見えるけど
そのためにどれだけ
ご苦労していらっしゃることか。

だから
ことし
ああやって
何の憂いもなく
山車に乗っていたボクたちの肩に
重文の祭りを維持してくっていう
そういうのが乗っかっていくわけよ。

あ、
だから私たちは関係ないって
そういうつもりじゃないわよ。
だってこれからは
町内だけで維持していくのが
本当に大変な時代になっていくだろうしね。
でもその中心にいて
それを引っ張っていく
そういうポジションに
あのボクたちが
いることは間違いないのよ。

それが山車のある町内に生まれた
プライドだろうし。

男を磨いていってね。
楽しみにしてるわ。。

中国版日展が県立美術館で

2011年05月08日
ありがたい友があり
誘っていただき
水墨美術館の上村松園三代展、
県民会館の日展、

お昼で一息入れて
県立美術館の「現代中国の美術」

を見せてもらいました。

県立美術館の
「現代中国の美術」展


見た方がいいですよ。

中国政府が5年に1度開催する全国美術展に
応募のあった5万点の中から
選びに選び抜かれた85点ということで

午前中に日展を見たのですが
日展は点数も多く疲れましたし、
やっぱり私らに芸術はわからんねえ
と思わされたのですが

こちらの方は
1点1点のメッセージ性が強く
入り口から2,3点見ただけで
そのすごさに圧倒されました。

県美館のHPの言葉を借りれば
「渾身のリアリズム」に圧倒されるのです。

入り口のつかみの位置に置いてあった

若夫婦」 李節平(1960〜)

工場現場で働く出稼ぎの若い夫婦が描かれています。

「生きるために都会にやってきた出稼ぎ労働者たちは、過酷な待遇とストレスで苦しい状況にあるけれど、希望を捨てない、強い眼差しが救いである」


と説明に書かれていますが、入り口の魅力的な若夫婦に持っていかれます。

「午前0時」 陳治、武欣(1978〜)

「乳児のいる若い夫婦のいる日常。生活の中心であるだろう乳児が描かれず、コンピューターに夢中の父親と、ミルクを冷ましながらも電話を話さない母親、そして物に溢れた部屋からは経済的に豊かな生活だけがうかがえる」


この絵もまさに「今」を表現していて
ずいぶん立ち止まっちゃいました。

というふうに中国の現代を鋭く切り取った作品、
四川大地震を描いた作品、
市井の風景、
1枚の絵に多くの人々が描いてあっても
一人一人の表情がみんな違って
すごいのよ。

この間日曜美術館で見た
レンブラントの「夜警」の話を
思い出した。

キルト展で作品に費やされた
圧倒的な時間を感じましたが
これらの絵も同じです。
圧倒的な時間、緻密に積み上げられた時間が
ぐいぐいと迫ってきます。

図録まで買っちゃいましたよ。

何と、5月22日10:30〜
N響メンバーによる
出前コンサートもあるようですよ。
お得だと思うけど。

見た方がいい。

見て損はないよ。

気は心

2011年05月09日
資本主義に踊らされてなるものか

母の日も父の日も
ずっと無視していた

その日にちょこっとなんかやることに
どんな意味があるんだろう

だが
もう何年前になるんだろう、
うちで仕事をしてくれている
いとこのまほろばちゃんが
叔父、叔母にあたる
私の父母に
普段お世話になっているからと
この日に
プレゼントを持ってきてくれた。
それ以来毎年持ってきてくれる
まほろばちゃん。

娘はまったく気にも掛けず
姪が気にかけてくれるという
そういうことになるので
私の立場がなかった。

なので
私もまほろばちゃんのまねをするようになった。

きのうもさんざん遊んで帰ってきて
夕方になって思い出し
あわてて買いに行ってきた。
母へは
くつ下数足と決まっている。
今年は下着のシャツもおまけに付けた。

「あらもったいないわー、
 ありがとう、
 くつ下こさ何足あってもよいさかい」

毎年そう言ってくれる。

今年まほろばちゃんからうちの母へは
タオル風ストール




「あらおらにまでよーない」

「なーん、お世話になっとるから」

「おらなーもしとらんがに」

とこれも毎年のおきまりの会話だ。


資本主義に踊ろう。

まほろばちゃんに教えてもらって
私も参加する母の日。
今年も母の日が無事終わりました。

ことばの力

2011年05月10日
生協(CO・OPとやま)では
年に何回か
募金袋が回ってくる。

気が向いた時は
少額を封筒に入れて
注文書と一緒に出す。

配達の生協職員は
募金袋の中身を確かめて回収され
封筒は領収書になり
残される。

配達職員が
松谷くんになってから
松谷くんは
募金袋のおしりに
このようにことばを添えてくれる。




別に松谷くんに
寄付したわけではないのだけど
今まで3回募金したけど
3回とも

「ありがとうございます!」

東北大震災の時はその上に
「たくさん」もつけてあって
必ずしも機械的に書かれているわけでない。

ほんのひと言といえど
このひと言が
なかなか書けないことは
わたしはよーく知っている。

若いのにえらいなあ。

仕事といっても
結局は
こういう心のやりとりの積み重ねだものね。

言葉はことだま。

ことばの力っていうこういうのもあります。

あいそんないやろ

2011年05月11日
近所のお宅で
うちと同じで
娘さんが一人というおうちの
その一人娘さんが
この春
千葉大学に合格されて
千葉に行かれた。

うはははー
うちとおんなじだー。

この前
お母さんの方にお目にかかったのだが
にまにまして

「あいそんないやろー」

と私が言ったら

「全然そんなこと思うヒマないが」


思ったほど寂しくない
といった風情だった。

そうだった、そうだった。
わたしもそうだった。
さびしいというのと
ちょっと違う気がしたし
それに
みんながみんな
さびしいやろう?
と言ってくるので
さびしいなんて絶対言いたくなかった。

さびしいのは
むしろ帰ってきてるときかな。

もうすぐまた別れが来ると思うと
さびしい。

あのご夫婦も
娘が向こうへ帰る時のさびしさを
これから何回も
味わうはずだ。

こっちはこっちで
にぎやかにやりましょうね。
お互いに
子離れしてかんなんもんね。

雨のため中止

2011年05月11日
この年になってきますとね

けんかすることさえ
なくなってきちゃうんですよ。

相手が怒ったって
ああ、またいつものね
みたいな感じで

言い争うことさえめんどう

ねじれの位置のまま
交わることなく
ずーっときちゃってる
気がするんですけど

だから
ちょっと一緒に出かけるとか
意識しないと
家庭内別居なんて
簡単に進んじゃうんですよ

っていうことで
うちの人はヤクルトファン
私はドラゴンズファンなので

わたしが呼びかけて
うちの人が切符を買って

中日×東京ヤクルト

はじめて
アルペンスタジアムに
行くはずでしたが
2時過ぎに早々と
中止のお知らせがでてしまいました。




チラシの写真は
中日きってのイケメン浅尾です。
落合監督の無表情を見たかったのに
残念です。

6月は阪神×広島ですね

能見だったら見たいなー。
でも行くとこまでは
たぶん行かないと思う。

野球観戦が中止になったので
うちの人には
お通夜に行ってもらうことになりました。

そういう夜です。

高みの見物

2011年05月11日
きのう
自治振興会(連絡協議会)の総会があった

地域のお世話をしてくださっている
年輩男性が
主なメンバーとなります。

出てきた意見の多くは

防災に関することでした。

あるお一人の方は
数年前の水害で
災害を受けられたか
間近に見られたかの方のようでした。

災害は
遭ってみたもんでないとわからない。
かわいそうに、かわいそうに
と言っているけど結局は高みの見物だ。
見舞金、保険金といっても
失ったもんに比べれば
どれだけも足しにならない。
災害にあった者は
遭い損のままなのが現実だ。
だからこそ
災害に遭わないように
準備をしておかないといけない。


というようなことを
おっしゃっていました。

日本中にいい人が
こんなにいっぱいいるなんて
知らなかったなあ、とか、

列をなすボランティアの人たちに、
えらいなあ、とか、
思っていましたが、

被災者の方々から見れば
高みの見物にしか
見えないのだな

ということを教えてもらって

でもやっぱり
できることをということで

マザーテレサの詩を。

人は不合理、非論理、利己的です。
気にすることなく、人を愛しなさい。

あなたが善を行なうと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。
気にすることなく、善を行いなさい。

目的を達しようとするとき、邪魔立てする人に出会うでしょう。
気にすることなく、やり遂げなさい。

善い行ないをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう。
気にすることなく、し続けなさい。

あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう。
気にすることなく、正直で誠実であり続けなさい。

あなたが作り上げたものが、壊されるでしょう。
気にすることなく、作り続けなさい。

助けた相手から、恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。
気にすることなく、助け続けなさい。

あなたの中の最良のものを、世に与えなさい。
けり返されるかもしれません。
でも、気にすることなく、最良のものを与え続けなさい






肥担ぎ(こえかつぎ)

2011年05月12日
リハビリは
高齢者の方が多いので
あっちこっちで
昔の話が出てきて
郷愁の世界に浸れる。

今日も
「アカシアの雨に打たれて」

「おまえに」
がかかり

ぜんぜんわからない
33歳のリハビリのH先生に
歌っているのは、
関口宏の奥さんで
雰囲気のあるステキな人でね

語ってしまった。

その横では
肥担ぎの話が出ている。
40そこそこのS先生が

ばあちゃんが肥えをやってましたけど
わたしはノータッチでした

とおっしゃるのが聞こえてきたので
思わず

わたしはしっかり手伝いましたよ。

と、横から口を挟んでしまった。

両親は働きに行って昼間は家にいなかったので
畑をするばあちゃんの
肥担ぎを手伝えるのは
私しかいなかった。

小学校高学年あたりから
しょっちゅう
担ぎました。

私は前で
ばあちゃんはうしろで
肥桶は
ばあちゃんよりで
ばあちゃんが桶のひもを
手で押さえていた気がする。

昔は新聞紙を使っていたので
ジャガイモを掘ると
新聞紙がまだ残っていたりして
でもそのときはそんなもんだと思っていた。

ほんのしばらく前まで
そういう暮らしをしていたのに
いやー、
なんだか、
思えば遠くへ来たもんだ。

むかしは
子どもでも60キロの炭をかついだもんじゃ

リハビリに
山から来ておいでる
おばあちゃんが
いうておいでた。


昔の暮らしを思い出すと
いざとなれば
どんなことだって
またやれるかもしれんと
自分の中の力を思い出して
ちょっと力がわいてきます。

やれるさ、

大丈夫。


メタボリック症候群を言いかえると

2011年05月13日
死なないぞダイエット

という本の中に
日立健康管理センターの取り組みが
乗っている。
hitachi associates……
の頭文字をとって
「はらすまダイエット」と名付けられた。

タイトルからおもしろい名前だけど

「突然ではございますが…。本日の総合健康診断の結果メタボリックシンドロームであることが判明しました。」で始まり、
「ですから今回、メタボが判明して本当によかったです」「効くか効かないかわからないダイエット方法にお金を使いますか??」「三日坊主から三十日坊主へ」などのことばをうまく並べて、じぶんでこの状態を脱するべくこのダイエットに取り組もうと指導していく」


このなかに
メタボリック症候群を
言い換えている表現がでてくる。

メタボリック症候群=
あなたの血管は実年齢に比べて早くに『硬く、厚く、狭く』なっていきますが、本当にそれでよろしいですか症候群

ということだそうです。

わかりやすいことば

といえば

原発作業員およびご家族、国民の皆様へ
というブログを開いてみると
パッと見
ひらがなが多く
わからない言葉にはふりがなが
下記のように書かれています。

虎の門病院血液内科(とらのもんびょういん けつえきないか)
谷口修一(たにぐち しゅういち)


というふうに。
子どもも読めるように
という配慮だろうなと思って
読んでいきましたが
最期にこのように書かれていました。


今回の原発事故の問題を
分かりにくくしているのは、
私たち専門家が難しい言葉ばかり使っているのも
原因の一つだと分かったのです。
専門家だけで通じる特別な言葉を使って
議論するだけでは、全く駄目だということです。
私たちは医療の専門家ですが、
その仲間の間でさえも、
うまく言葉が伝わっていないために
勘違いが起こっています。
意見が違うというだけでなく、
思い違いや誤解があるために
別の意見になってしまうのです。
科学者の間ですらこうですから、
原発作業員のみなさま、そのご家族や親戚、
友人たち、さらには一般のみなさまには、
私たちの意見と、政府や他の専門家たちの意見がどうしてまとまらないのか、
なかなか理解できなかったと思います。

 そこで私たちは、できるだけ分かりやすい言葉で、私たちの考えを説明するために、これまでの文章を書きました。
(中略)
福島の原発事故は、私たちの大事な日本で起きた問題なのですから、偉い人や外国の人などの意見に任せるのではなく、日本人のみんなが自分の頭でちゃんと考えて、自分自身で責任の持てる意見を持つことは、とてもとても大切なことです。

            −ブログより一部抜粋−

思っても
形にするのは大変なことです。
これだけの文章を
このような形にまとめられるのは、
わかりやすくするのは
大変なご苦労があったかと思います。
谷口さんのこの取り組みへの
並々ならぬ熱意が
わたしたちを感動させます。

わかりやすい言葉を使おうと
心がけることで
世界が変わっていくかもしれませんね。

いやそれよりなにより
このようになればいいですね。

渾身の

2011年05月14日
この前近代美術館に行って

「渾身のリアリズム」っていう表現があって

本当にそこに
今生きてるエネルギーが
全部そこに注ぎ込まれてるっていう
そういうのを感じたんだけど

今日のオフ会の
なかじまやさんも「すごかった」のひと言ね。

「渾身の」オフ会だったわよ。

あれだけの会費で
申し訳ないです。

食べられないものを食べさせてもらい
いい音楽を聴かせていただき
みなで楽しい時間を共有させていただいて

とちのみさんを向かいに
(煮しめは絶品でした)
zephyrさんをおとなりに
ゆきんこさんといのさんをななめおとなりに

けっこう飲んだかな。

感動ってね、なかなかできないのよ。

でも今日は
「渾身の」オフ会を
ありがとうございました。

またがんばろうって
思いました。

そして仕事だけが残った

2011年05月15日
土曜日は
昼間はこきりこを踊りに行っていた。
五箇山民謡を踊る
花筏という女性団体に所属しておりまして
結婚式に呼ばれたということで
花筏の中ではいちばんのコキリコの踊り手の
ゆうこさんが都合が悪いとのことで
私に声をかけてくださった。

ひとさまの結婚式をのぞいてみたい、
興味津々で引き受けてしまった。

ということで
昼間は踊りでしょ。

夜はオフ会で
へちまださんに利賀まで
乗せていっていただいたのだが
何時からながや?と
へちまださんに
と訊ねられて
さあ、たいてい6時か6時半だと思いますけど、
みたいな感じで
4時半に城端を出発して
5時過ぎに着いたんだんだけど
始まりは7時だったわけで
まあのんびりとそれはそれでで
それで
時間を忘れたオフ会があって
家に帰ったのが12時前、

今日は今日で
うちの人が昼も夜も出かけていないっていうんで
どうしたって
ラッキーって思っちゃうわよ。
でもそんな日って
やたらといつの間にか
あっという間に時間が過ぎちゃうのよ。

なんかほんとに
何にもまともにしないうちに
この時間よ。

土曜日は遊んだ分
今日は仕事しようと思っていたのに
全然ダメ。
今からよ。
明日商工会に出す書類があるから
今日どうしてもっていう
おしりが火事状態だから。

時々
楽しかったきのうのオフ会を思い出して
がんばろうっと。

乾杯前の一杯のビール

2011年05月16日
この間も書いたけど
オフ会の開会2時間前に利賀について
1時間前になかじま屋さんの
お店に入ったのね。
もう会場はすっかり準備ができていて
助っ人隊のみなさんも
スタンバイOKで
つまり会場は
あったまってるのよ。

それで
へちまださんが
ビール飲もうって

俺、乾杯前のビール
好きなが
とおっしゃっりながら
グラスに注がれる。

えー、乾杯前に
行儀悪いし、

私は我慢しようって
おもったんだけど

まだ部屋に日が射してて
一番搾りのビール瓶が
日にあたってきらきらしてて
とってもきれいで

がまんできなくなって
ビールをいただいたのよ。

それがね

美味しいのよ

なんていうか

2杯目はくらくらしたわね。

へちまださんが
乾杯前のビールを好きだとおっしゃる意味が
飲んでみてわかった。

フライングが
ちょっと後ろめたくて
でも前夜祭みたいで
とっても楽しい気持ちになりました。

宴会が
始まってからのお酒は
公式のお酒なので
酔い方が違うっていうか
あまり酔わなかったわね。
楽しいし
美味しいから
酔うのを忘れてたのかも。

乾杯前の
コップ2杯のビールの方が
酔ったわよ。

くせになりそうな
大人の
一杯です。

AKBかキャンディーズか

2011年05月17日
今年の城端地区の敬老会の
出し物の相談があった。

1曲は民謡の先生が
教えてくださるが

1曲では時間が持たないので
もう1曲ということで

えーっと何にしよう。

どうせなら
AKB48で
「会いたかった」とか
「リバー」とか
どうだろう。

やるならミニスカートははずせないな。
無理だな。
みんな反対するだろうな。

じゃあ
キャンディーズとか!
春一番とか
年下の男の子とか
どうだろう。

と思ってYOU TUBEで見てみると
キャンディーズの
衣装のスカートって
信じられないぐらい短い。
AKBよりよっぽど短い。
パンツが見えないのが不思議なくらい。
かといっていやらしさがなく
清潔感溢れる3人の女の子。

奇跡だ。

キャンディーズの方が
見ていただく方には馴染みがあるだろうな。

これは衣装はどうしよう…。

と、

しばらく悩みは続きます…。

どっかで使ってみたい

2011年05月18日
5月1日NHK教育テレビ
ETV特集は

村木厚子×浅野史郎 二人のチャレンジド

というタイトルの対談番組だった。

村木さんは
厚生労働省のえん罪事件によって
拘留されたというあの村木さん。

浅野史郎さんは
元宮城県知事だけど
囲い込みの障害者施設をなしにして
普通の人と障害者の垣根をとりはらう
そういうことをしてきた人だと
井波での講演会でも聞いたんだけど

つまり二人は

「障害者福祉」

つながりで
以前から同じ方向を向く
同志であり

しかも時を同じくして
一人は拘留され
一人は白血病を発病し
というウルトラ逆境の中から
耐え抜いてきたっていう
そういう二人の対談でした。

村木さんが
こんな番組にお出になるんだって
思わなかったけど
やっぱり
あの
ちょっと困ったような
それでいてにこにこしているような
お顔でお話しされていた。

ときにはくじけそうになる
拘留生活の中で出逢った
一冊の本のフレーズを紹介されていた。

サマータイムブルース
(サラ・バレツキー著 山本やよい訳)

の中の主人公の女性探偵が
若い女の子に聞かせる言葉だそう。



あなたに何の罪もなくたって
生きてれば
多くのことが降りかかってくるわ。

だけど、それらの出来事を
どういう形で
人生の一部に加えるかは
あなたが自分で決めること…。



ちょっとかっこいくない?

どっかで使ってやろう。

自分に落ち度がないのに
どうしてこんな目に遭うんだろう
という時
理不尽さに捕らわれて
なかなか抜け出せない時がある。

そんなとき
この言葉はすてきよね。
ぜったいどっかで使うもんね。
娘かなんかに言ってやるんだ。


村木さんは
拘留されるうち
厚労省の役人としての目を取り戻し
拘置所を収監施設として
観察するようになる。
つまり俯瞰(ふかん)した見方ができたことで
ずいぶん救われたとおっしゃっていた。

浅野宅で行われた対談が終わって
帰り道の村木さん、
タクシーで帰ることもできたのに
本が読めますから
と電車の駅へ
楚々と
消えて行かれた。

何をどう間違えて
この人を逮捕することになったんだろう。
本当に
よくわからない。

198匹のヘビ

2011年05月19日
こんにちはヘビ君
なんて書いてみたけど
本当は
会いたくない。

先日の暑いくらいの日曜日
今年初めて
ヘビを見た。

運転中に2匹。
生見で1匹。

道路を横切るヘビは
たいがい轢かれやすい位置取りなので
困ります。

ひやっとしましたが
通ったあとで
バックミラーを見たらおかげさまで
にょろにょろと草むらに入って行かれました。

しかし、昔に比べたら
見なくなりましたね。

私が小学生だったとき
だから今から四十数年前ですね、
学校から帰る時
死んだヘビも入れて
何匹ヘビを見るか
数えて帰ったことがありました。

そのころヘビは道にいっぱい死んでました。
ヒカヒカになって。

大方がヒカヒカのヘビでしたが
全部で
198匹でした。

あと少しで200匹だったから
よく覚えてるんです。

学校からは2.3キロの道のりでした。
それにしても今から思えば
すごい数ですよね。

たんぼ道した時に
大きなアオダイショウが2匹
とぐろを巻いて
顔を持ち上げているのも見たし。
その時はひとりで
ぎゃーっと大声出しても動かないし
結局走って戻って
遠回りしました。

今から思えば交尾してたんでしょうね。

草むらを見るたびに
石垣を見るたびに
いるんじゃないか
と用心する
季節がやって参りました。

お手柔らかに。

ヘビ君。

N響の「N」って何だっけ

2011年05月22日
この前「現代中国の美術」
のことをかいたけど
ベオさん(5/10)もいってらしたようですよ。

それで5月22日は
N響メンバー4人による
弦楽四重奏コンサートがあるって
書いてあったものだから

え、入場すればタダで聞けるの?
なんかお得じゃん

と思って
うちの人を誘って
行ってきたわけよ。

10時半からって書いてあって
10時過ぎに着いたのね。

でもさすがN響よ。
この前はあんなにガラガラだったのに
雨の中
大勢の人が
近代美術館へ向かってらっしゃる。

さすがN響って思ったんだけど
Nって何のNだっけ?
NIPPONの頭文字のNかな
なんて思いながら
入り口のお知らせを見たら
NHKのNでした。

会場はミニステージの周りに
200ぐらいのいすが並べてあって
すでにお客さんが座り初めていらっしゃる。

うちの人と私も
ななめ右手辺りに座って
待ってたんだけど、

そのうちに席は全部埋まって
立ち見の人も
いらして
さすがN響、さすが富山市。

曲目は私にもわかるような
ビバルディの「四季」とか
モーツァルトの「アイネクライネナハトムジーク」とか
中国展にちなんで
「中国の太鼓」とか

知ってる曲っていうのはいいのよね。

生の音っていいのよね。

何人かいた小さな女の子たちも
とてもお行儀良く聞いてらっしゃいました。

やっぱ得した気がしたよ。

そのあともう1回ぐるっと絵を見て回って
わたしはやっぱり
「若夫婦」がいちばん好きだと思いました。

まだ日にちがあるし
ぜひみなさんいらっしゃいませんか。


「ケチがいいよ、借金はダメ」

2011年05月23日
震災番組を見ていると

家のローンだけが残った、

昨年設備を新しくしたばかり、
ン千万、ン億の借金だけが残った、

車のローンだけが残った、

などというのを
何回も聞いた。


ひと昔前はだれもお金を貸してくれなかった。
だから貯めてからやるしかなかったのに
今は借りられる時代

気が付けば、
家のみならず
電化製品、車、
テレビショッピングを見れば
ありとあらゆるものが
「ローン」「分割」という名の
借金で買えるようになってしまっているのよね。

うちの父ちゃんも母ちゃんも
「どんなひどい時でも
 借金さえなかったら何とかなる」
とずっと言っていて
家訓も何もない百姓の家だが
それだけはそう思っていたのだが

気がついてみれば
ネットショッピングはカード決済を使うし
持ち合わせがないとカードを使うことがあるし

今の世の中では
借金なしで暮らすことの方が
むずかしいです。

きのう
たらたら夜中にテレビを見ていたら
漫才グループのナイツと内海桂子師匠が
町中を歩く番組があって
結婚して間もないナイツの二人が
うまく結婚生活を送るコツを聞いたところ
桂子師匠は

(奥さんは)ケチがいいね、借金はダメ

と即座に出てきた。


「借金も甲斐性」
と言われるし
有意義に借りていらっしゃる方は
もちろんいらっしゃるけれど

身近な身内の
娘には
そんな甲斐性はなさそうなので
私が親から言われたように
借金はダメだよ
ローンはだめだよ、
分割はやめておこう、
と呪文のように
言わなければならないと
最近あらためて思っているのだ。

村八分の残りの二分は

2011年05月24日
最近知ったばかりだ

「村八分」というのは
全面無視じゃなくて
二分残っている。

その二分っていうのが
「葬式」と「火事」だっていうこと。

それくらい
全面協力して力を合わせないとダメよ
ってことでしょうね。

今日の2時半過ぎ
サイレンの音が聞こえてくる。
これくらいはよくあることなので
聞き流していましたが
用事があって
市街地の方向へ車を走らせると
家の外に出て
どこかを見ている人がいる。
その方向を見ると
煙が立ち上っていた。

あのサイレンはやっぱり火事だったのね。

それから2キロばか車を乗る間
あちこちに
人のかたまりを見た。

二人だったり
三人だったり

わくわくというのとは違うんだろうけど
何ていうんだろう、
ニュースニュース!
みたいな雰囲気が醸し出されていて
5月のいいお天気の昼下がりに
マッチしていた。

けが人はいらっしゃらなかった模様。
よかったです。

わたしも鍋こがしとかよくやるので
気をつけようと思いました。

児玉清 最期の10冊

2011年05月24日
昨年末に録画してあった
NHK「週刊ブックレビュー 年末特集編」
を改めて見てみた。

2010年でおもしろかった本を
レギュラー出演者が
それぞれ10冊ずつ紹介するというもの。

児玉清さんの10冊を並べてみよう。

エコ・パーク マイクル・コナリー

日本辺境論  内田 樹

北帰行    佐々木 譲

終わらざる夏 浅田次郎

小暮写真館  宮部みゆき

雑食動物のジレンマ マイケル・ポーラン

ザ・コールデストウィンター 
          デイヴィッド・ハルバースタム

東京大学で世界文学を学ぶ 辻原 登

一週間    井上ひさし

ロードサイド・クロス ジェフリー・ディーバー



図書館に行ったら
小暮写真館が目立つところに置いてあって
そう言えば児玉さんが
とうっすらと思い出して
それもあって借りてきた。

宮部みゆきの本は
そう読んだことがない。
いや、何冊か読んだかもしれないが
「模倣犯」が凄すぎて
あと何を読んだのか忘れてしまった。

小暮写真館は
模倣犯から見ると
ずいぶん平凡に思えて
進むのに時間がかかった。

この本は
装丁がこんなで






あったかい雰囲気があってステキなんだけど
いくら読んでも
内容と装丁が合わず
ピンと来ない。

しかしさすが宮部みゆきだ。
最終章になると
ぐっと持ってきて
最期に装丁の意味が明かされる。

やられたなー、
そうかそういうことか

脱帽っていうの?
そういう感じね。

児玉さんを偲んで
今年中にこの10冊読んでみたいな。

日本辺境論を読みかけなので
今度また紹介しますね。

新緑

2011年05月25日
ツバキの葉




ヒイラギの葉




とっても美味しそうなんですけど
やっぱり
食べられないんでしょうか?
天ぷらにすると
イケそうですけど
試す前にやっぱり聞いてみようと思って。

ちなみにこれは
私と同級生ぐらいの
ヒイラギの葉




いろいろ乗り越えるとこうなるのよ。

浜に立つ女たち

2011年05月25日
 米騒動というか言わぬかは別にして、そういうことは昔からどこでもあったもんです。売り払う物も何もない時、頼める物なら誰にでも頼みますよ。でも私らはタダでくれと言うたわけではないがです。
 
 その頃、米は一升十一銭でしたけれど、大正七年に入って一升二十四銭になり、七月に三十銭、八月に入ってさらに四十銭まで上がっていきました。めちゃくちゃでした。子どもは腹が減って泣くし、私らは毎日、体の中から何か痛みが突き上げてくるような気持ちでおりました。
 
 目の前の浜から何百俵もの米が船に積まれていって、その度に米の値段が上がる。それが目に見えるがです。米の値段が上がる本当のわけがどこにあろうと、あれほど毎日積み出されるのを見ておらねば、私らも動かなんだかもしれません。
 
 あの日私らは
「米を船に運ぶがを止めさせんならん」
と町内のおばばと連れ立って浜へ行きました。米屋へも頼みに押し掛けて、店の前でわなっておりました。五十人もおったと思います。港には他の浜の漁師も魚を下ろしますし、魚屋も来ますから、その日のうちに他へも知れわたって、騒動はすぐに富山県内あちこちに飛び火して、全国に広がったそうです。

 私ら漁師のおかかどもは大罪人みたいに言われて、下向いて歩かんならんようになりました。学校へ行く子どもたちはかわいそうでした。

 それでも生きてかんならんのですから。二人目の子ができた頃、私の夫は北海道のにしん漁に出稼ぎに出て行きました。近所からも出ておりましたから、おかかたちのだれもさみしいなどとは言わなんだです。でも、だから、何か困ったことがあれば、その家の者がどんな気持ちでおるか良くわかります。お互い助けてもらわねば、今日もあしたも生きていけなんだです。


  「浜に立つ女たち」大成勝代 著 桂書房


 
子どもたちは歴史の勉強が好きです。

なぜなら「人」がでてくるからだと
私は思っています。

非暴力で
自分たちの権利を訴えた

こういう人たちのパターンを
小学生のうちに
ちゃんと学んでおいてほしいと
願います。

同じ富山県の中に
こんな行動があったことを
もっと有効に
知った方が得なんじゃないかと
思うんですけど。

だから
こういう読み物を副読本にすることを
おすすめします。


     

おはな坊さんのパワーを分けてもらわない?

2011年05月26日
「城端教育振興会」

という
字面の見た目的には
あまりイケていない団体があるのだが

団体には必ず
総会がついていて
明日はそのソーカイです。

イケていない名前なのだが
何とかお出でいただいたみなさんに
喜んでいただきたいと
昨年はPAワークスの菊池専務に
お話しいただいた。

もちろん
とても素晴らしいお話しだった。
それで
今後も
こうやって
実業でがんばっている
地域の若手・ホープに
ぜひともお話を伺っていきたい
ということで
今年は千華園のおはな坊さんに
講演を依頼したところ
こころよく
というより
頼まれたら断るのが苦手なタイプ、
断るのがヘタ、
で断れなくなり
引き受けてくださいました。はは。

5月の忙しい時なのに。

でも
新しい企画を次々と作り出して
ヒットさせている
おはな坊さんの話は
おもしろいと思いますよ。

どなたでも入れますので
よかったら聞きに来てくださいね。
城端小学校で7:30ぐらいからかな。

あ、ソーカイの中で
小中学校、PTA、
子どもたちに関わる各種団体からの
報告もいただくのですが
短い時間ながら
毎年いいお話をしてくださる
KODOMOとMANABUの
名コーチさまのお話しも楽しみです。

では明日
よろしかったらどうぞ。



ミリシーベルトに換算すると

2011年05月27日
福島第1原発事故 崩壊した「ゼロリスク社会」神話
(中川恵一 東大東京大付属病院准教授、放射線医学)

というのをサーフィン中に見たわけですけど

放射線被曝のリスクは
ひと言で言えば「ガン死亡率の上昇」


ふむふむ

で、例えば

野菜嫌いの人の発がんリスクは100ミリシーベルト程度の被ばくに相当

受動喫煙も100ミリシーベルト

肥満や運動不足、塩分摂(と)りすぎは、200〜500ミリシーベルト

毎日3合以上のお酒を飲むと、がん死亡のリスクは1・6〜2倍上昇するが、これは2000ミリシーベルト


えーっ!!

けっこうやばいよ。

と見た時は思うんですが

いつの間に忘れちゃうんだろう。

キリ番過ぎました

2011年05月28日
今日は
久しぶりに
2次会までいって
酔っぱらって帰ってきたら

すでにキリ番を過ぎてました。

ありがとうございます。

もはや
ブログは
大切な私の人生の一部

開いていただいている皆様に
ありがとうとお伝えしたいです。

わたしの明日へのエネルギーを
そのワンクリックが
ふくらましてくれています。

心から
ありがとう。

もうすぐキリ番

2011年05月28日
どなたか
おっしゃってくれると
うれしいなー。

あたしってえらい

2011年05月28日
きのうの
城端教育振興会総会での
おはな坊さんの講演

いやー
想像以上に
素晴らしかったです。

あとで
小学校のカワイ校長先生が
おっしゃっていたけど

「表現はどうであれ、
 一生懸命がんばっている姿は
 人の心を動かすものです」

っていうことなのよ。


人の心が動く お話しだったわよ。

忙しかった中で
あれだけ準備するのは大変だったと思う。
必要な時に限られた時間の中で
必要な努力ができる、

それってなかなかできないことよ。
あたいは
かずかず失敗してきたもの。

いやー、おはな坊さんは鍛えられて
らっしゃいます。

っていうことで

私が思うのはね

「わたしはえらい」

なのよ。

なぜかって、
おはな坊さんにお話しを依頼しようって
言い出したのはあたしだからね。
なんていうの、
コーディネイト力?
おはな坊さんのこういう力を
みんなに知ってもらえるようにした私って
なんてえらいの、

って

こうなるわけよ。

だからさー、

帰ってから
やっぱり缶ビールのプルタブを
引っ張っちゃったわよ。
ひとりで自分に酔ってました。

おはな坊さん、
酔わせてくれて
ありがとう。

レコーディングダイエットの効果は

2011年05月29日
5月1日から始めました。

ですので
ほぼひと月
28日が過ぎました。

体重計も買いました。
朝、トイレに行ったあとと
夜、寝る前の
2回を計るので

お風呂場まで行くのは
面倒になりそうだからです。

1ヶ月の記録がこれです。




ひと言でいうと

やや増え

でしょうか。

効果がなかったと言えば
そうなのかもしれませんが

でも
毎日体重計に乗ることで
少なくとも

増えるのを抑えている

とは思います。

体重は毎日はかって
日記に記入しますが
パソコンへの入力は
2週間ぐらいまとめて
だから今日が2回目の入力で

明日からは毎日入力してみよう。

だって
このままずーっと横ばいっていうのもねえ。

右肩下がりの
ステキなグラフを
来月はお見せしましょう。

なぜ体重は減らなかったのか

2011年05月30日
まじめに考えてみて

・たけのこの季節でよく食べた。
・バタートーストマーマレード乗せを
 5回食べた。

うーん、
他には

・娘が帰ってきてうれしくて飲んだ。
・総会絡みの宴会が結構あって仕方なく飲んだ。
・オフ会でも飲んだ。
・仲間内の会でも楽しく飲んだ。
・疲れて飲んだ。
・うきうきして飲んだ。

が、
主な原因と考えられます。

6月はタケノコも終わりだし
マーマレードも飽きてきたし、
娘は帰ってこないし、
総会はないし、
オフ会も飲み会もない予定だし、

うきうきした時と
疲れた時だけですので

多分減るはずです。

あれ?

減らないか。

どっちで?

「日本辺境論」

2011年05月30日
作者の内田樹(うちだたつる)

の名前をこのところ
よく見た。




最初はさとなおさんのブログ。
内田樹は
今年の1月に神戸女学院大学の教授職の
退官記念講演のことが
3回にわたって書かれていた。

内容が書かれているが
むずかしくてよくわからない。

3回目の

 わずかに政治的運動に関わった自分の経験から政治的な運動をこう考えていると彼は言う。
「自分の生身の身体で実現できる範囲以上の政治的理想を語るべきではない」。これは吉本隆明が言うところの「自分の拳に託せない思想を語るな」と近い。そして言う。「自分にできること以上の政治的理想を語ってはいけない。だから(自分ができることを増やすためにも)自分を高めるのである」と。 この辺の「身体性」についてボクはとても共感する。



わずかに意味がわかって共感できたところだった。

でも何だかすごい人みたい。
それで

「9条どうでしょう」毎日新聞社

「ひとりでも生きられないのも芸のうち」文藝春秋


を図書館で借りて読みました。
あとの方は軽くて読みやすいです。
「9条どうでしょう」は
自分で買おうかなと思いましたが
まだ買ってません。
買うかどうかわかりません、
みたいなところで

新書大賞2010 1位

っていうんで
新書だしお手頃だし
買おうかなって買ったわけですが

むずかしいです。
おなじところをぐるぐるまわってるのを
つきあって
ずっとぐるぐるまわってる
気がしました。

そして全然進まないうちに

ほぼ日で
内田樹が
今年の第3回伊丹十三賞を獲ったのを知り
(1回は糸井重里、2回はタモリ)

そして
児玉さんの昨年の1/10冊に
この本が出てきたので
がんばって最後までいきました。

何となく手に取った
「即答するバカ」梶原しげる
の本にも
出てきてました。

で、よくわからなかった本ですが
数少ないわかったところを
書き出してみます。

 他国との比較を通じてしか自国の国家像を描けない。国家戦略を語れない。そのような種類の主題について考えようとすると自動的に思考停止に陥ってしまう。これが日本人のきわだった国民性格です。
 (中略)
 高校生に日本国憲法を書いてもらうというコンクールがありました。その中の一つに「そこそこの国」が理想ですと書いた高校生がいたという話を聞きました。話を教えてくれた高橋源一郎さんと二人で「すごいねぇ」と顔を見合わせて笑ってしまいました。「そこそこの国」というこのワーディングがぐっと「来た」からなんです。どうして「来た」かというと、こういう言葉遣いをする国民は日本人しかいないからです。相当数の日本人がこの高校生の言葉に「なるほど」と共感の頷きをするのではないかと思います。それはこの言葉が日本の国家像の描き方をみごとに言い当てているからです。
 右の端には「あの国」があり、左の端には「この国」があり、その間のどこかに我が国のポジションがある。そういう言い方でしか自国の立ち位置を言うことができない。それは毅然としていない、とか、ポリシーがないとか、そういうことではなくて、日本は本態的にそういう国だということです。
 だから、この高校生は日本国家の本質をみごとに言い当てている。日本という国は建国の理念があって国が作られているのではありません。
(後略)
    第1章 日本人は辺境人である
    −他国との比較でしか自国を語れない−
より


ここはもっともわかりやすい部分の一部です。

ほんとにぐるぐるまわってました。

これが1位だなんて
みんな凄いんだなと思います。

国旗問題再論

2011年05月31日
きのう紹介しました
「日本辺境論」の内田樹の
ブログが
5月20日から
11日ぶり、
久しぶりに更新されていました。

タイトルは

国旗問題再燃

先日の東京都の
卒業式での君が代斉唱時の不起立
についての最高裁の判決を
受けての意見です。

今どき
こういう問題を
取り上げて
いちいち意見をいう人は
あまりいません。

いつも長いブログです。

今回も途中で何のことがわからなくなりました。

でも最後のまとめの
10行ぐらいは意味がわかりました。

なので
また
読み続けようと思うのです。
作者 : はれあたま

 かなり生きてきて、でも、生きてきた中で今が一番楽しい気がしています。ブログに参加することでもっと楽しくなればいいなと思ってます。

2014 年
11
12
2013 年
2012 年
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
1
2
3
4
5

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。