nanto-e.com archive

はれあたまダイアリー

いつも楽しく読ませていただいてきました。ちょっと自分でもやってみようかと思いました。

1万5千個の実がなるトマトの話

2011年09月01日
さっき本棚を見ていたら
(仕事中ですが(^^;)
県民カレッジをまとめた薄い冊子が
目につきました。
玄侑宗久さんの「慈悲について」
というお話です。

このお話に出てきたトマトの話が
この間の
徹底的に甘やかすと天才になるかもしれない
にちょっと関係あるかもしれないと
思ったので
このほんの一部をご紹介したいと思います。



 皆さん、大阪の高槻市で、つくばの万博にトマトを育成し出品した野澤先生をご存じですか?ハイポニカトマトというのですが、普通の多くの店で売っているトマトの苗ではなくて、種から育てるのです。実はそのトマトは木になるんです。そして、その一本の木に1万5千個のトマトがなったのです。1万5千個もなる可能性を秘めた植物が、あのトマトだったわけです。では、普通はどうしてそんなにならないのかと言いますと、見くびっているのです。野澤先生はどのようにして1万5千個もならせたかと言いますと、トマトの木が、これ以上伸びたら悪いのではないかと、一度も思わせないで育てたというのです。
 私たちは一般的に子どもや孫を育てるときに、次のような光景を見ることはありませんか。まんじゅうをあげようと、一つ載った皿と二つ載せた皿を並べますね。そうすると、小さいころはパッと迷わず二つのほうに手を出すわけです。それがしばらくすると、「僕、一つでいい」といいます。ふびんですね。私たちは子どもが迷わず二つのほうを取ったとき、社会心理学でいう「物心がついた」と判断します。また、「僕、一つでいい」と言ったとき、「知恵づいた」と言います。知恵づくと、トマトの例ではないですが、もう、一万五千個もならないようになってしまうのです。
 では、この野澤先生が「どのようにして1万5千個もなるトマトに育て上げることができたのですか」と訊かれたとき、「これ以上育ったらまずいな」という気遣いを一切させないということ、つまり、「一度も栄養分の不足を感じさせないで、何ヶ月間を過ごさせる」と答えておられるのです。さらにもう一つ、トマトにあいさつをするということ、つまり「おはよう、こんにちは、元気だね」と、トマトに話しかけるのだそうです。

  
  県民カレッジ叢書96
  玄侑宗久「慈悲について」の中の  
「慈悲のモデル(二)同期していくということ」より
抜粋

玄侑さんは福島県内の僧侶でもあられるので
最近はそちらの関係で
お顔を拝見することがよくありました。

福島県の状況が状況なので
深刻なお話をされるところを拝見してきましたが
この冊子を読むと
ユーモアに富んでいて
全く違う表情が見えました。

水をやらないと
トマトが甘くなる

先日伺ったのですが

だから
人もトマトも
いろいろな育て方があるのでしょうが
遺伝子というより
育て方で変わるというのが
おもしろいなと
思いました。

野田さんの話

2011年09月01日
民主党投手戦、
いや
党首選をリアルタイムでまったく見なかった。
今日ネットサーフィンしてたら

野田財務相は29日、民主党の両院議員総会で、民主党代表選に向けて最後の演説を行った。

 演説のもようをノーカット動画で配信

っていうのがあって
仕事の傍ら(?)音だけ聞いていたら
お話の上手な人で
良かったと思いました。

おもしろいし。

「おもしろい」っていうのは
「余裕」ですからね、

「大人」な感じがしました。

この前テレビで
「奥さんにすでに話されましたか?」
と聞かれて
「いやまだです。家庭内の党内合意形成がまず必要ですね」

みたいなことを答えてらして
おもしろいじゃん
と思っていたんですが。

今から叩かれに叩かれるでしょう。

でもさっきも言ったけど
大人な感じがあるから
耐えられそう。
がんばってくださいね。

ほぼ日にも
野田さんが出てきていました。
連日ほぼ日ですけど
でもこの連載おもしろそう。

一番美しいものは

2011年09月02日
これもふっと
たまたまテレビで見かけたのですが
NHKの朝の情報番組で
身の回りのことを楽しく歌って
ピアノを弾くあの司会者の方に
インタビューされていた草刈正男さん

最後に
「草刈さんが一番美しいと思うものは何ですか?」

ととてもむずかしい質問をされたんですが
草刈さんは、ある女優さんが言ってたんですが、
と前置きをされて

「年老いた夫婦が手をつないで歩く姿」

とお答えになっていました。

確かに。

まちがいないです。

先日NHKでヒューマンドキュメンタリーという
素晴らしいシリーズをやっていた。

その中で夫婦で大阪、金剛山に登り続ける

「登山1万回の約束〜認知症を抱える夫婦の記録〜」

という番組があった。

夫のヒロちゃんは四十半ばで会社を辞め
事業を始めたがうまくいかず
奥さんの看護士として働いていた節子さんが
ずいぶん支えられたようだ。

節子さんに認知症の症状が出てきて
ヒロちゃんが節子さんの生活すべてを
世話なさっている。
怒らないし、すべてを許してのお世話に見えた。

二人は35年に渡って金剛山に登ってきた。
認知症の症状の進行を抑えるため
二人は山登りを続ける。
それがついに一万回を迎えるところまで…。
はたして越えられるのか…。

冬の雪の降る日、
他に登山客のない中を
二人は頂上を目指す。
認知症の症状が進んだ節子さんは
途中で直ぐ引き返しそうになる。
それをなだめて
待って
二人の登山は続く。

節子さんがまた立ち止まってしまったとき
ヒロさんは
節子さんに話しかける。

手えつないで、
手えつないでいこ。
お願い。
仲良しだから。
節子とヒロくんは仲良しだから。
ボクは節子と手えつなぐのが大好きなんや。
節子の手えはぬくいからな。
ボクの手もぬくもるしな。
助かってるんだ。




そう言いながら雪の坂段々を登っていく二人。

ヒロくんは
ぜったい怒らない。

こんなことが出来る人がいるんだと。

たとえどんなになっても
生きているっていうのは
「ぬくい」っていうこと。

ぬくいうちに
お互い
できることはしておきたいね
してあげたいね

ヒロ君と節子さんが
教えてくれた。

何を捨てたのか

2011年09月03日
わたしの
万華鏡第2回の取材は
プリマさんのお父上、
神田信孝さんでした。

みなさん興味お有りでしょう?
プリマさんのお父さんですよ。

もちろんステキな方でした。

委細については
万華鏡236「とやまの野菜」を
ご覧くださいましね。

インタビューが終わって
原稿の確認もしていただきたいことから
メールアドレスをお尋ねしたところ

「ここ(東京から富山へ)に来たとき
 やめたんです。
 メールに返事を書き出すと
 次々とキリがないですからね」


ご一緒していたほそみちさんが

「それは何よりです」

とおっしゃいましたが
そう思いました。

確かにネットの世界は
めっちゃ楽しい。
でも
ぶろぐ、
ツイッター、
facebook、
次から次へと
間口が広がっちゃって
気付かないうちに
時間がどんどん浸食されてしまってる。

そのことにも気付かないし。

ネットが喰ってる時間、
以前に
その時間に何をしてたんだろう。

それももう思い出せないほど
私の中のネットの比重が大きい。

なにか大切なことを
いっぱい捨ててきたような気もするんだけど。
いいこともいっぱいあるけど
その分同じように大切な何かを
手放しているような気もするけど。

だから
神田さんのように
いつかは
すぱっと足を洗って
違う方向を向いてみたい。

一回やったネットをやめてしまうって
禁煙より
すごいことのような気がする。

「メールやめました」
を伺って
神田さんの
こちらでの暮らしの本気度が
インタビューを終わったあとに
さらにびんびんと伝わってきた次第です。







電気自動車に試乗する

2011年09月04日
ETCカードに不具合があって
いつもあとでいいわと
思ってはいざというときに困る
ということを何回かやっているので
今回は気付いたときに行って来ようと
ニッサンのお店に行った。

まほろばちゃんと一緒になった。
今の自動車屋さんて
喫茶店みたいになっていて
セール中で
喫茶店より混んでいる。

まほろばちゃんは
一人で本を読んでいてかっこよかった。
でも今日は
かっこよかったまほろばちゃんの話でなくて
試乗させてもらった
ニッサンリーフの話をしよう。




じゃん。これが前方30°からの全形

でもってこれがハンドル前の表示




右に出ている85?っていうのは
あと85?走れますっていう意味。
中央上部の白ポチがパワーの大きさを表していて
速度が増すとこの白ポチが増えます。
中央に充電にかかる時間が表示されています。

動いているときは
それなりの振動や音はあるけど
信号停止などの時は
本当に静か。

そしてリーフは
「加速が自慢」ということで
あまり車が通らない道で
加速させてもらいましたが
スーーーっと速くなる感じ。
飛行機に乗って最初に空へ上がっていく
あの時みたいな感じ。
早く速くなるし
スピード出ました。

この加速力はニッサンだけです。
ニッサンが全部特許を取っちゃいましたので、
他のメーカーはまねできません。

って一緒に載ってくれてる
ニッサンのSさんがここは少し得意げに
おっしゃってました。



電気料金の話です。

一日8時間(200?相当)×ひと月日数
フル充電したとして
だから毎月6000?走ったとして
電気料金は2000円です。

+月々1500円のサポート手数料
これに入ると旅行先の
ニッサンのお店で充電してもらえたり
携帯に充電わすれてますよとか
充電状況のメールが来るそうです。

ですから月々の経費は
最大で3500円となります。

そして問題は価格です。
価格は400万円です。

しかし今年の3月まで
国から78万円の補助が出るそうです。

400−78=322

次にガソリンと電気料金を比較してみます。

月にガソリン代が
12,000円とすれば
12,000−3,500=8,500

5年間では
8,500×12×5=510,000
電気自動車のほうが51万円お得となります。

322万−51万=271万

1,500円に3年後の1回目の車検料金も
含まれるので
車検料金を10万と見積もって

271万−10万=261万

まで来ました。

ガソリンをもっと使う人は
もっとお得です。

でもわたしは
実は車は何でもいいんです。

何でもいいと言いながら
どうしてこうやって書いているかというと
いつも車のお世話をしてくださる
Sさんがいい人で大好きだからです。

皆さんも試乗してみてくださいね〜。

どれだけ恥をかけるか

2011年09月05日
きのうは
善徳寺で陶芸展が開かれ
その陶芸展のお茶のお手伝いをした。

高光一生とおっしゃる先生で
えらい先生と書いたけど
それは皮肉でも何でもなく

ちょっとお客さんが
立て込んできたりして
早足で歩いていたりすると

「ありがとうね」

細やかに声をかけてくださる。

これほどまめに声をかけてくださる先生は
初めてでした。

お客様にも気軽に声をかけておいででした。

しばらくお話しされたあとで

「え、あの人が先生なんですか?」

とびっくりされているお客様も
いらっしゃいました。

お花坊さんもお茶を飲みに来てくれて
その模様もアップしてくださっています。
(もっと可愛いかと思ったけど
 ちょっと残念な自分だったけど
 我慢します。最近こういう我慢がよくあります。)

おはな坊さんとログログ妻さんが
お茶を召し上がっているときに
先生がいらっしゃって
お茶の作法の話になったのですが

「どんな飲み方でもいいんですよ、
 それに若いときはいっぱい恥をかいた方がいい」

「恥をもっともっとかきなさいね、
 どれだけたくさん恥をかく人生を選ぶか
 で違ってきますよ」

と恥をかくことを進めていらっしゃいました。

おはな坊さんのほんわかした人相は

なにかこの人にいいことを言ってあげたい
この人なら受け取ってくれるはずだ

といった
心のキャッチャーとしてのミット構えが
素晴らしい表情なので

いろんな人のいろんなすてきな言葉を
吸収して
ふくらんで
さらにほんわかしていくのでしょうね。

一緒にいらしたログログ夫人も
とてもステキな方でしたが
あとでお寺でフリマの山門下に行って
ログログご夫妻が顔のきれいなカップルで
びっくりしました。

顔のきれいさとは別に
おはな坊さんとログログ夫妻で3人だと
のんびりしたいい雰囲気で
そこだけ違う風が吹いているような
山門下でした。


これはえらい先生のお茶碗

すてきです。




これはえらい先生の花器




「もう1個0が少なかったらね」

お茶仲間とそう言い合いました。

大人になっていく

2011年09月06日
今日はプリマさんのところで
南砺市の食と歌のコラボレーション
という企画があって
行って来ました。

美由紀ちゃんのステージを
いつも見ているわけではないので
この前の利賀のブログのオフ会以来だから
あれは山菜のおいしい季節だったから
5月以来かな、ステージを丸ごと見たのは。

見るたびに
MCっていうんですか、
しゃべりがうまくなっていて
お客さんとの間がよくなっているし、
間がよくなると
歌も集中して聞けるし
いいステージでした。

人の前に立って
なおかつ
歌を聴いてもらうというのは
大変なこと。

すごいです。

周りの人への感謝も感じられて
良好な人間関係が
歌をさらに響かせているように思いました。

プリマさんのお料理もおいしかったし。

なかじまやさんが
仕切られたようですが

ずっと
サーバーとして
忙しく駆け回る
なかじまやさんと奥様を見ていて
南砺市って
いいところだなと
思いましたね。




名もなき作家たち

2011年09月06日
今年の春
福光美術館で
パッチワークの作品展があって
わたしも圧倒されましたが
感動の感想がこのブログにも
たくさん綴られていましたよね。

ほそみちさんが
書いてくださっていましたが
この作品を制作された作家の先生方は
とくに美大を出られたとか
学生時代に専門に勉強されたというわけでなく
作品を作り続けることで
道を作っていらした
というところが
余計にすごいと思ったんです。

この間
カワイさん
城華の前代表でわたしの大好きな
カワイさんのところに行ったら
刺し子のすごい作品が
ならんでいた。




















ばばばと撮った写真を
ばばばと並べただけなのですが

半纏(はんてん)がおおい。

半纏は前身頃、後ろ身頃、袖も両方あるし
仕事量が半端でなく多い。

その前も後ろも袖も
ぜーんぶ刺してある。
この厚い重たい生地に
太い糸を刺していくその根気を考えただけで
くらくらしてくる。

この作品の作者は
カワイさんのお母様。
カワイさんはセンスのいい人だけど
そのセンスの良さは
やっぱりお母さんから来てたのね

っていうか
すごい人だ。お母さん。

今月の9月20から
城端織館でお母様の作品展が開かれるそうです。

興味のある方は
ぜひお越しくださいね。



楽観的に見通そう

2011年09月07日
「2100年、人口3分の1の日本」
  鬼頭 宏  メディアファクトリー新書




長ーいこと持ち歩いていて
(間に小林正観が入っちゃって)
隅っこやオビがよれよれになっちゃいました。

ちきりんのお薦めの本だったので
読みました。

総体的に何が書いてあったかは別として
(別かよ!自分つっこみ)
またしても持ち出しでのお話を少し。

まずは「かつて予想された未来」の話から始めよう。

と、ここから先をまとめると

ジョージ・ヴェルヌ 1865年『地球から月へ』
   →約100年後に実現

カレル・ペチャック 1920年『R.U.R』
 「ロボット」が初めて登場し、ロボットに依存する 人間たちが働くことをやめ、子孫もつくらず、やが てロボットに滅ぼされる、と、絶望的な未来を描い たが、今のところ、ヒューマノイド(ひと型ロボッ ト)の未来に暗い影は見当たらない。

ジョージ・オーウェル 1949年「1984年」
 冷戦真っ最中のソ連を彷彿とさせる世界を描く。
 ソ連は74年で解体。

 彼らが描いた未来、あるいはさらにその先の時代を生きるわれわれは、何が実現し、何が実現しなかったかを知っている。なかには悲観的な予想もあったが、
結果的にはそれほど悪くない社会を実現できているようにも思える。


 いやね、この間「立花隆 100年インタビュー」っていう番組を見てたら、立花さんが同じようなことを言ってらした。
 立花さんは将来の見通しに関して、以前はもっと悲観的だったそうだ。でも、悲観的になるのはやめたということ。なぜなら、今までも悲観的な予想はいっぱいあったけど、でも、総じて、世界は思ったほど悪くなっていないということ。この点からいうと、アメリカは楽観的な見方をしていて、悲観的な予測より、アメリカ的な方がベターだとおっしゃっていたと思う。


だからわたしも楽観的に考えます。

 ではこれから先はどうか。21世紀の世界は地球環境問題の時代である。温暖化によって気候は変動し、各国の土地開発と経済成長は森林や草原の消滅、砂漠化、生物多様性の喪失をもたらすだろう。エネルギー、食料、水などの生命を支える資源の枯渇をはじめ、持続可能な世界を実現するために越えなければならない壁は多い。そして、そのすべてに影響を及ぼすのが人口である。2100年、日本の人口が3分の1になったとき、はたして世界はどう変わっているのだろうか。


と、大事なのは次じゃん、ですよね。
でも今日は楽観的になって終わりということで
また今度。 
 

夫婦は砥石

2011年09月08日
先日
ちょっといい男を見て

普段はそんなことを思わないし
口を出す領域ではないのだが
結婚すればいいのに
と思ってステキな女性を紹介したくなった。

翌日偶然に
そのステキな女性にお目にかかることがあって
その話をして

あっちにもこっちにも。

それで
結果から言うと
両方とも家を背負っているので
やっぱり難しいということね。

お互いにお引き合わせする前に終わってしまった。

南砺市にたくさんいらっしゃる
カタツムリなスマートボーイ、スマートガール。
やどかりのように
脱ぎ捨てちゃえ!
とできないところがいとおしい。

ただこういうことは微妙な話なので
余計なことをとも思っていたので
ホッとしたような
でも残念なような…

よーし、またやるかもね!
っていう気持ちもありーの、

一人もいいけど二人もいいものです。

小林正観さんさんの
夫婦は砥石の話を少し。

 親子関係や夫婦関係の相談を受けるとき、私はよく「砥石」という言葉を使います。最近は知らない人もいるでしょうが、砥石とは、刃物を磨く石のことです。
 結婚とは「夫という名の砥石」、あるいは、「妻という名の砥石」を手に入れたということでもあります。
 夫婦という名の“共同生活”では、食べ物の甘い、辛いという感覚さえ同じということはありません。温度が何度のときに暑くて、何度のときに寒いかというのも夫婦の間で違っていることがあります。
 これらの一つひとつの感覚を、少しずつ相手の側に近づけていく。お互いに砥石となって研ぎ合い、磨き合っていくのが“夫婦”という関係ではないでしょうか。

 「心を軽くする言葉」小林正観 イースト・プレス

ステキな子育て

2011年09月09日
今日、
パンダ子さんがアップされたブログ
すずめガの幼虫が
少し残念だったことを知りました。かわいい幼虫

っていうの
を拝見したときに
「かわいい」と「娘」さんと
この写真の3つが
結びつかなくて。

でも今まで

このように

このように

他にもいろんな生き物たちの
貴重な生態の数々を
見せていただいてきました。

生き物すべてに偏見なく
接していらっしゃる様子は
いつも拍手しちゃいます。

だからお子さんたちも
どんな形の生き物も愛せるんですよね。
すばらしい。


うちの子は
カエルも触れません。
虫だっていちいち大騒ぎ。
南砺市の山際扇央の部分で
育ったとは思えない今どきの子です。

もう過ぎちゃってから
ああ、こんな子育てもあるんだ!
とパンダ子さんのブログを拝見するたび
感動します。

でも生き物のお世話は大変でしょうね。
鉢植えもすぐに枯らしてしまう私には
無理だな。

たくさんの命を育んでいらっしゃる
パンダ子さん。

これからも楽しみにしています。

神さまのウインク

2011年09月09日
明日は休みなので
今日中にゴミを出しに行こうと
ゴミをまとめて
軽トラに乗ろうとした。

あら、軽トラの鍵がない。
今まで
鍵をかける場所にあるか
ドアポケットにあるか
どっちかだったのに
今日は鍵がない。

うちの人に電話してみる。

「飲み物入れるところになかったか」

というので
ドリンクホルダーを探してみたけど無くて
でも結局鍵は見つかって
ゴミを出しに行きました。

ゴミをそれぞれ出し終わり
帰りの計量に向かう。

けっこうたくさんあったので
300円以上は要るなと予想しながら
とそこでふと、
昼にアスモで買い物をして
小銭まで全部出したことを思い出す。

あわてて車を止めて
財布を確かめる。
ない、ない、
札はもちろん無いし
小銭だって100円玉がない、
かき集めても200円もない。

どうしよう、
もう一回お金を持ってくればいいか
とあきらめたとき

ふとさっき
鍵を探して
ドリンクホルダーを見たとき
その下に小銭用ポケットがあって
500円玉が1個あったのを見たのを
思い出した。

料金は400円
現金払いで帰ってきました。

たまたま鍵を探して
小銭入れに気がついたっていう
その偶然に
ありがとうとお礼を言いました。

「怒らない」ということ

2011年09月10日
ちょっとこっちを見たり
ちょっとあっちを見たり

心がマイナス方面に動くことが
ままありますが

そんな今の私に
ぴったりな一文を見つけたので
同じような方がいらしたら
ぜひどうぞ

 世の中には「不条理なこと」や「理不尽なこと」がいくらでもあります。
 このことを認めたくない気持ちはわかりますが、汚職まみれの政治家が何度も当選したり、人を不幸にしながら成功していく企業があったりと、理不尽な仕組みがどこかでまかりとおっています。
 現実の社会は、私たちが思っている「正義」や「道義」のとおりに出来ているわけではありません。「正義」「道義」「道徳心」を持つのは自由ですが、必ずしも自分以外の人たちが同じ考えを持っているわけではありません。
 自分が持っている「正義」や「道義」に反する人たちを糾弾しても、変わることはないでしょう。
 自分が許せないことであれば、糾弾するよりも重要なことは「自分は絶対に同じことをしないようにする」と決意することです。
 一人ひとりが自分の身を処していき、自分の中にある「正義」や「道義」に反しないように日常生活を組み立てていけば、一人ひとりがとても温かで柔らかな雰囲気を持つ人になると思います。
 世の中が住みやすく、素晴らしいものになっていくのではないでしょうか。
 
 「心を軽くする言葉」小林正観 イースト・プレス


「自分は同じことをしない」
それが難しいんだよなあ。

普通はホテル?

2011年09月10日
今度
名古屋で結婚式があり
私関係なので
私一人で行く。

せっかくの名古屋なので
前日の晩は数人の友人と会うことになった。

いつも仕切ってくれて
今回も仕切ってくれる
友人から今日電話があって
ホテルはもう決まった?
と訊ねられたので、

ううん、まだ、

と言ったら

マリアなんとかはどう?
と訊ねられた

マリアなんとかは確か新しい
名古屋駅前のツインタワーで
高さも高いけど
値段も高そうなので

そう言ったら
わかったと言ってくれて
自分で探してみることにした。

あのスーパーホテルはどうだろう。
調べてみると名古屋駅前にある。
値段も6090円と手頃だ。
今回は車で行くので
いけないこともないのだが
あの名古屋駅の真ん真ん中まで
車で行くのは少しためらわれる。

それに次の日の結婚式に
着物を着たいので
10時チェックアウトは少し厳しい。

というか
最初から私は
その友人のうちの誰か一人
泊めてくれないかなー、
そしたら次の日ゆっくり準備できるし、
と思っていた。
でも
きょうび
泊めてもらう
などという面倒をかけるのは
ルール違反、
遊ぶときは最低宿を確保してから
遊びましょう、
みたいな世の中になっているので
いくら昔親しかったから
と言ってなかなか簡単には言い出しにくい。

で、
もう一人の友人に

次の日着物を着るのに
行っていい?

と電話をしたら

なんなら泊まったら?

と言ってくれて

えー、でも悪いしー、
と、いちおう言ったけど
ほんとにされると困るので
すぐにじゃあ、いい?
と押さえました。

やったー!

と喜んでいるところです。

スーパーホテルはまた次の機会ということで。

何でもない日曜日

2011年09月11日
先々週は
日帰りで京都に行った。

先週は
終日お茶のお手伝いを
させていただいた。

今日は
何にもなしで
一日うちにいた。

普段片づけない
そこここをちょっと触ってみたり
気がついた
台所のシンクのぬめりを取ったり

本人しか気付かないほどの
ちょっとしたところだけど
見るたびに何となくうれしくなった。

 生きることは、思いもよらぬ局面を、次々と人に提示して、大きな問いを投げかけてくる一方で、それと対極にある些事(さじ)の連続でもある。
 そして、人生がそういうものであること、そういう成り立ちをしていることに、この間の私は、どれほど救われているかわからない。告知以来、さかのぼって、切らなければならないと知った日からも。
 がんという未知のものへの不安は、胸の奥にずっとあるし、これからも消せるものではないだろう。が、風呂に入る、くつ下をどうするといった、小さな目標なり課題なりを設定し、それに向かっているときは、私は、ある意味で、「不安」を克服しているのだ。

   「がんから始まる」 
            岸本葉子
                晶文社



些事で始まり
些事で終わっていく
今日の日曜日です。

マイク代行

2011年09月12日
むぎやパレードの練習を仕切るのは
花筏(はないかだ)代表のマチさん

日舞の名手であり
むぎやの踊りを引き継ぐ
城端にとっては欠かせない存在

で、
パレードの練習の途中で
ワイヤレスピンマイクの
電池が切れてしまい
城端中学校体育館の200人近い皆さんに
大人しいマチさんの声が届かない。

あわてて商工会の人が
電池を替えていたけど
みんなを待たせるわけにもいかないと
考えたマチさんが
説明をし出したので

わたしは
踊りはあれだけど
声はでかい。

なので
マチさんの声をそのまま
リピートして
みんなに届くように大きな声で
復唱した。

「後ろ向いたとき つま先上げます」

「右手はももにつけて」

体育館の中から
くすくす笑う声が聞こえてきた。

ほんの3つぐらいの文章を叫ぶ間に
電池が替えられて
わたしのマイク代行は要らなくなった。

笑ってもらうのは
嫌いでないし
マチさんの傍から
自分の場所に戻ったら
カズちゃんが
「はれあたまさん最高」

と言ってくれたので
重ねてうれしくなった。

マイク代行業

仕事にはならんかしらねえ。

ゆでるとおいしいオクラ

2011年09月12日
夫の実家が苗屋さんで
今年もらって植えたオクラは
このように大きくなるタイプでした。




大きさをわかっていただくために
手も登場です。

去年のは
少し大きくなると
硬くなって食べられず
たくさん無駄にしていましたが
このオクラは
ちょっと過ぎても
柔らかい。

そして
ゆでると
生よりさらに
食べやすい。
年寄りにも食べやすい。
ポン酢を少しかけるとおいしい。

ということで
今年は
無駄なくいただいています。

身も大きいけど
丈も大きくて
もう完全背を越されてます。

いっぱいなってる







生き物みたいに伸びてる





トンボが迷い込んできました





ウドの花には蜂が





いいお天気

ぼんやり十六夜

2011年09月13日
ぴいすけの母さんの十六夜の写真

の鮮明さにびっくらこいたんですけど
今日は
お茶のお稽古も
月を愛でる趣向でした。




菓子皿には
満月が




下の砂地の部分には
本物のカタールの砂が練り込まれていて
「月の砂漠」の風情

車を停めるのに
砺波信用金庫の奥の駐車場を借りました。

お稽古が終わったのは
十時過ぎ。

奥の駐車場って
人影がなく
暗くて

でも今日は機場の工場の屋根が
高清水山系をバックに
鈍色に光っている。
写真を撮りたかったけど
やっぱりね
あまりに月が美しすぎて
怖い。
長居できない。
何かみんな集まっているような雰囲気。

表に出て
お稽古あと
お月見に
皆さんが外に出ていらっしゃる横を
帰ってきました。


なので
うちに帰ってから
お月様の写真を撮りました。

ぼんやりぼけぼけ十六夜




もうすぐお祭り

2011年09月13日
今日
お使いもののお菓子を買いに
うめさへ

車を止めて
中に入ろうとすると
若奥さんが
財布を持ってお出かけされるところでしたが
戻っていただいて
相手をしていただき
最中を混ぜた
組み合わせセットをいただきました。

「どこへいかれるところだったんですか?」

「ほうきを買いにちょっとそこまで」

あー、もうすぐお祭りですもんねー、
そうなんですー、

お祭りなのでまちなかのみなさんは
今、気を張っておられるところでしょうが
(ブルーナイトさんも書いておられましたね)
うめささんは
善徳寺のまっまっ真正面。

お気遣いのようです。

壁が気になるもんですからー

とおっしゃっていたので
別に意地悪でないのですが
掃除前を一枚パチリ




この距離では汚れなんて全くわかりません。
整然とした美しい店先です。

今日もいいお天気でしたね、
全体が白っぽい写真になっています。

そう言えば
運転中目についた看板




へえ、
住宅も「無添加」って使うんだ。
勉強になりました。

まちさんが新聞に

2011年09月14日
今日は花筏の練習の日で
じょうはな座に集まりましたが
今朝の新聞に
まちさんが載っていて
その話題でひとしきり。




今年からむぎやのパレードに
男性が加わることとなった。
長らく婦人会を中心とした女性だけの
パレードだったんだけど
今年は10人の
選りすぐりイケメン隊が
先頭でパレードを引っ張るのだ。

踊りの指導はもちろんまちさんだけど
この企画は
サイサイヤのカズちゃんも
企て人の一人で
少しずつ声をかけて
実現させたのだ。

その熱意と努力に拍手。

わたしもプランはあったけど
なーんもしなかった。
全く傍観者で
こうやって
ブログで褒めるぐらいがせいぜいです。

本当にすごいです。

だからみなさんパレード見に来てね。

むぎやは男踊りです。
(きっぱり)

とパレードはさておいて
先頭で指導するまちさんの話。

まちさんは
与えられた課題を
いつもたんたんとこなし
不平不満を言わない。
遅刻もしない。
信頼がおける。

踊りの面では
すごい実績があるけど
わたしがまちさんが
もっとすごいと思うのは

毎日3食

朝は4時に起きて
お弁当から
ほとんど休むことなく
作っていることだ。

まちさんのところは
新家で男のお子さんだけ
という事情はあるにしても
聞く限り
ほとんど手抜きなく
踊りで出かけることはあるにしても
そのほかは
ほとんど完璧。

小林正観さんの本を読んでよけいに

目の前にあることをたんたんと
実践するまちさんて
すごいなーと
余計に思うようになったわね。

稲刈り日和

2011年09月14日
さっき
だからもう6時近くだけど
茄子をもぎに畑に行ったら
まだコンバインの音が
響いてる。

キリをつけるのに
がんばっているコンバインと運転手の方




今日は用事で小矢部まで行ったけど
とってもきれいな
黄金色の海が
そこかしこに広がっていた。

今年は天気がよくて
ドウワレが心配されていますが
雨が降りすぎてもダメだし
倒れてもダメだし
ちょうどに作るのは
至難の業なんですね。

おいしいお米を
いつもありがとうございます。

これは花紙というんだそうですが
秋祭り用のものかもしれませんね。




大黒様のペディキュアが
イケてるでしょ。

ゆるす夫婦

2011年09月15日
しばらく前に
テレビのワイドショーだか
ニュースだかの見出しで
芸能人の夫が
逮捕されるというのが
あった。

そのご夫婦は
二人目のお子さんが
生まれたばかりだったけど
離婚に至ったようだった。

逮捕というのは
堪えるよね。
子どものことを考えて
別れましょうということも
あるかもしれない。

で、

「逮捕されても別れない」

という夫婦がいなかったか
思いだしてみる。

野村監督がそうだった。
夫人の事件の時
「別れるなんてまったく考えていない」
と答えていらしたのが
印象的だった。

勝新太郎の妻の中村玉緒。
借金もあり、逮捕もあり、
でもずっとペースを変えずに
たんたんと。
勝さんはずいぶん前に亡くなったのに
今でも夫婦の印象が強い。

羽賀研二夫人
夫さんの方の名前を最近また聞くけど
別れたという話は聞かない。


「ゆるす」人って
かっこいいですよね。
他にも
ゆるし情報があったら
みなさん教えてくださいね。

今年はお休み

2011年09月15日
じゃんとこいむぎやが
明後日に迫ってきました。

今年は城華は
お休みするので

11年間ずっと
じゃんとこいむぎやに時間をいっぱい
使ってきたので
今年は
自由な時間が
いっぱい入ってきて
ゆるゆるフリーな夏の時間になるかと思えば

いや、
そんなこと思ってない、

予想通り
いつの間にかいろんな些事が入り込み
今年も
相変わらずあわただしく
夏が過ぎていきました。

城華が活動を休むことは
みんなで集まって
話し合って決めたことなので。

でも
自分が出ていないお祭りを
見たいかといえば
微妙なところがあります。
正直。

でも「もう限界」って
思うところもあったし。
なんだかもう、
踊ってたことがずーっと
遠い昔のことのように思えます。

今年は
37チーム。
去年参加のほとんどのチームが今年も
参加してくださって
うれしい限りです。

よさこいの本場、高知からの参加チームあり、
(すごいチームらしいですよ)
美由紀ちゃんのミニライブあり。

毎年チームのレベルが上がっていますから。
だってどのチームも通年で練習してますしね。

ぜひご覧くださいね。

母親が「人物」をつくる

2011年09月16日
 二五〇〇年前に、お釈迦様が「人物をつくる三つの要素」を弟子たちに残しました。その三つとは「貧乏、読書、母親の感化」というもの。
(中略)
そして、三つ目の「母親の感化」。これがすごいのですが、「人物」をつくるのに、「母親の感化」が大切であって、「両親の感化」が必要だとは書いてない。何回も読んだのですが、「母親」だけしか書いてありません。ちなみに「感化」というのは「影響を与える」という意味です。
 子どもが育つのに、母親の影響がとても大きい。では、父親はいらないのかというと、直接的な影響は与えないけれども、子どもに接する母親に対して、経済的な安定と精神的な安定を与えるという役割があります。
(中略)

では、母親はどんな影響を与えたらいいのか。
教育の本質は、関わらないこと、教え込まないこと。
こういう話をすると「じゃあ、無関心でいろということですか」と質問されるのですが、そうではありません。
無関心ということでなくて、「あなたはあなたでいいのよ」と笑顔で言い続けてあげること。そして、外からどんな攻撃を受けても、自分が「傘」となって子どもを守ってあげて、否定的な言葉や批判的な言葉は一切伝えないこと。それだけです。
(後略)

   「悟りは3秒あればいい」
        小林正観 大和書房


わたしは
「CAP(子どもへの暴力防止活動)」
というのをやっていまして
これはアメリカで生まれた考え方で
フェミニズムの流れを組んでいます。

これが
同じようなことを言ってるんですね。
びっくりしちゃうぐらいです。

お釈迦様もフェミニズムも
同じっていうのはおもしろいと思います。

正観さんのこの前の講演会は
京都であったんですが
後ろの席の妙齢のきれいな女性の方が
東寺のそばにお住まいということで
宗教関係のお仕事で
仏教でもいろいろな宗派をご存じらしい。
その方が

いろんな宗教がありますが
登り口は違うにしても目指す頂上は
同じなんですよね、
正観さんはそのてっぺんのところを
わかりやすく教えてらっしゃる

と話していらっしゃいました。

あ、書き出した時に思ってた
着地点がまったく自分の思ったものじゃ
なくなってしまいましたが
時間がないのでこれで終わりね。

じゃあまたね。
 

「踊り」は「待つこと」

2011年09月17日
雨の中
じゃんとこいむぎやは
続いていました。




蜷川乱舞桜の演舞
演舞の前の口上

「麦や祭りはカサの祭り
 カサに雨はつき物
 はりきって踊ります!」

おお、前向き
うまいこと言うなあ
と感心しました。

雨の中、ありがとうございます。


きのうは
のど自慢のアトラクションのリハーサルで
別院へ

別院に行ったのは
午後8時50分ぐらいだったかな。

四葉会の皆さんがリハーサル中で
そのあと西上で
で、そのあとということなので
結局10時ぐらいになりました。
演舞は4分ぐらいで終わったので
だから
70分待って4分の踊り
4/74=0.054ということで
5%が演舞で
あとの95%が待ち時間
となる。

「踊り」は「待つ」のが仕事なのだ。

でもその待つ間に
私たちはおしゃべりをし
子どもたちは遊び
いろんな花が咲く
楽しい時間でもある。

最初のうちは待つことに
いらいらしてましたが
そのうちに
踊りはこんなもんなのだと
わかってきました。

逆にその時間を楽しむ。
その練習をさせてもらいました。

きのうもおしゃべりをして
調子に乗って
ケイタイの娘の写真を
見てもらっちゃったりなんかして
楽しい待ち時間でした。

あ、でもほんとはみじかい方がいいかも。
ちょっといい子振り過ぎちゃいました。


ぞくぞく

2011年09月18日
今日の麦屋の総踊り

笠の男踊りに人気がある。

総踊りは記念の手ぬぐいを配ると
さーっと輪が小さくなるのだ。

手ぬぐいをデザインしていらした
岩城さんが亡くなって
今年は今年募集した麦屋の歌詞の
入選作がプリントされていて
やはり今年ならではの
手ぬぐいということで
それを喜んでもらえるのは
とてもありがたいことで
もらっていただけてうれしい。

しかし
手ぬぐいを配り終わると
輪が小さくなるのは事実だ。

でも手ぬぐい配り後でも
まったく人数の減らない一画があった。

それは
男の笠踊りのグループで
50人ぐらいの人数がずっと続いていた。
かっこいいから
みんな踊りたくなるんだよね。

宝だよね。

でね、
去年と同じように
多分東新田チームの
めちゃうまい男子3人が並んで踊って
いらっしゃる。

かっこよくて
ほれぼれして眺めていた。

で、そのうちに
踊る横に脱いである
下駄に気がつく。

下駄を履いたままで踊れないので
白足袋で
そのまま直に
踊っているのだ。

下駄が置いてある横で
白足袋がほの暗い中を切れよく動く。

これが
ぞくぞくよ。
もう
色気っていうのは
こういうことを言うのよ。

で、写真を撮ろうとしたんだけど
あいにく携帯しかなくて
ぜんぜんあれだったけど












だからね
こんな写真しかないのよ。
で、写真を撮るのに
生見してなくて
もったいなかったけど

もうほんとに素敵で
ずーっと見ていたかったわね。


名前のアナグラム

2011年09月18日
自分の名前に
役割が組み込まれている
それを探してみる
というお遊びです。

私の場合は

は・れ・あ・た・ま

これを1文字ずつ書いて並び替えてみます。

またはれあ→股はレア
たまはれあ→玉はレア
あれはまた→あれは股
またはあれ→股はあれ

どれもこれも
下ネタっぽくて
ピンと来ません。

れたあはま →「レターは間」

おお、毎日書くブログを
読んでいただく方への「レター」とすれば
間が大切
つまり毎日書いて精進しなさい
ということでしょうか。

励みになります。

組み替えの方法ですが、
濁点はどこにつけてもいいし、
逆にとってもいいようです。
実の名前でやったときは
濁点をとりました。
けっこうさい先のいい言葉が出てきました。

小さな「ゃ」「ゅ」「ょ」「っ」などは
大文字で使ってもいいし、
小文字で使ってもいいとのこと。

みなさんも
ご自分の名前で
お試しになってみてはいかがでしょうか。

あなたはご自分が思っているより
大物なのかもしれませんよ。

私の成分

2011年09月19日
父がだんだんと弱ってきて
親がいつかは死ぬものだと
改めて気がつく。

遅い方遅い方。

私の年ではね。

でも
わたしは何をエンジンに
がんばってきたのだろうと思うとき

親が喜んでくれる

親が褒めてくれる

これは大きかった。

世界中のだーれも関係ないことを
親だけは
喜んでくれる。

それはもう
ほかの人と較べものにならない。

私のエンジンは
父親半分
母親半分で出来ている。

だから
親が死んで
それから
私の自分で作る
本当の人生が
始まるのかもしれないですね。

この年で
親が弱って
いつかは死んでいくのは普通のこと。

でも
その普通のことをしている
普通のことを受け止めている
全世界の
子どもの皆さんを
心から
尊敬する
この頃です。

偉大な父親の素直な息子

2011年09月20日
いのさんがおっしゃってくださったように

親はいつでも
そばにいる

そうなんですね

できれば
そばにいる親を
あまり心配させない
暮らし方をしていきたいものです。

父親のことについて
客観的に見られるようになったのは
ほんのこの間からのことで

思春期から以降
歩く家父長制のような父を
恨みながら過ごしてきた。
「喜んでくれる」親のありがたみなど
あったり前田のクラッカーで
不遜な何十年だった。

うちの親など
普通の親なので
だいたいそのぐらいだが

偉大な父親になると
話はもっと複雑になる。
偉大な父親の息子の苦労話は
枚挙にいとまがないけど

偉大な父を持つ
長島一茂さんが
むかしテレビ番組の司会をしていて
ご自身の話をされていたのが
印象に残った。

自分は野球をやってきたけれど
自分が本当に
野球をやりたかったのか
本当のところは実は自分でもわからない。
ただ
父親を助けたかった。
父親の力になりたかった。
それだけだった。

と答えていらしたのだ。

恨むことなく
ストレートに父親への思いを
自分の人生で表現できて
無駄がなくていいなあと思った。

大物の子どもは
ほわわんとした雰囲気があると
この間どこかのテレビの番組で言っていたけど
一茂さんは
ほわわんで一生を生き抜いて
いかれるような気がする。
それも
また
ありですよね。

感謝おばさん

2011年09月21日
明日
名古屋へ行くので
富山より名古屋の天気が先に心配になった。

名古屋にいたのも遠い昔になって
彼女の家が安全かどうか
全く見当がつかない。
ニュースに彼女の住む「守山区」
も出てきていたし。

泊めてもらうはずの友達のところへ
電話した。

「『避難勧告』とか出とらんの?」

「出てるみたいだよー。
 でもうちは3階だから大丈夫。
 車はダメになっても
 家は大丈夫」

でも車がダメになったところに
泊まりにいっても
あまり楽しいときが過ごせそうになさそうなので
名古屋の無事を祈った。

ニュースの範囲で見る限り
大丈夫そうでホッとしている。

愚痴・悪口・嫉みは宇宙貯金を
0にするので
言わない方がいいという正観さんの
本のどこかに
三浦綾子さんの本に出てくる
「感謝おばさん」だったかしら、
はっきり覚えてないんだけど
絶対に悪口を言わない何にでも
感謝するおばさんの話があった。

二十日ほど雨が降り続き
さすがのおばさんも
この天気に何と言うんだろう
と思っていたら
二十日間降った雨が
いちどに降ったら
どんな大変なことになったろう
神さまは二十日に分けてくださった
ありがたいありがたい

というようなことだった。

二十日分がいっぺんに降ったような
こんどの天気を
感謝おばさんなら
どんなふうな言葉で
感謝するんだろう。

うーん
なかなか見つからない。

まだまだです。

うちのオカラ

2011年09月21日
知り合いに
「てっぽう焼き」
といって
イカの中にぎゅうぎゅうに
オカラの炊いたのが詰まっている
美味しいのをいただいた。

金沢でお求めになったもの
ということで
イカは大振りで
オカラにはいろんな具が入っている。

美味しいのだが
市販の商品なので味付けは甘めだ。


うちの人は
あまり箸を付けなかった。

数日後
母がオカラ炒めを作ってくれた。

その母のオカラ炒めを
今度は
うちの人が
ばくばく食べていた。

だから
わたしはうれしくて

「うちのやったら食べるがいねえ」

と笑いながら言ったら
母もうれしそうに笑っていて

それでうちの人は
もくもくと食べていた。

てっぽう焼きは
私がおいしくいただきました。

ちなみに
今日はひじきを炒めてくれました。

オカラ、ひじきの
自家製を食べられるって
贅沢でしょう?

と自慢モードで
今日はお休みなさい。

駅前でネットカフェを探す

2011年09月22日
バスで着いたのは
4時半ですが
その後
荷物を預けようかどうしようか
迷いながら
ミッドランドスクエアという
建物の中を
ゴロゴロと
荷物を引っ張りながら歩いていたら

ネオンの走っているニュースに

落合監督と来季契約せず
来季は高木守道氏

の文字が流れていて
ああとうとう
そのときが来たか
と思いながら
ネットカフェを探すが
なかなか見つからず
ずーっと歩いて
でも
大きな荷物を引きずりながら
ネットカフェどこですか

ミッドランドのお姉さんに尋ねるのも
尋ねにくく

50分近く歩いたことになるのかな
笹島交差点の角に見つけて
今書いているところですが
待ち合わせの時間まで
時間がないので
もう終わりにしていかないと
いけないので
そういうことです。

毎日更新を目指していますので
こういう
日もあります。

6時に駅前集合なので
また明日。

最初で最後の結婚式

2011年09月23日
今日の結婚式は
昔 名古屋で
教員をやっていた時代の
教え子のNちゃんだった。
彼女が小学校の1,2年の時の担任だった。

私が教員をやめて
富山に戻ってきたとき
数人の友達と
一度富山へ遊びに来てくれて
それ以来の再会だったので
20年ぶりだった。

数人年賀状を交換している子もいるが
Nちゃんは
何かにつけて相談してきてくれた。
まだメールのない時は
手紙でやりとりしていた。

そんな相談をしてくれる子は
Nちゃんだけなので
はりきって返事をしていた。

それがずっと続いて
今日の結婚式になった。
席を書いた一覧の私の名前の上に
「恩師」とある。
何か恥ずかしいなあ。
教え子の結婚式は
たぶんこれが最初で最後。

いろいろ苦労しているNちゃんだったので
結婚すると聞いてから
相手の人がどんな人か
ずっと気になっていたけど

バージンロードを歩いてくる新郎が
にこにことした
とてもいい顔をした人だったので
緊張がとけて
涙腺までゆるんでしまった。

Nちゃんとわたしのつきあいは
筆まめなNちゃんによって
続いたものだけど

式の終わりに
また心のこもった手紙を渡してくれて
富山に帰ってきて読んで
また涙腺がゆるむ。

素直でやさしい二人に
幸多かれと祈る。




栄でネットカフェを探す

2011年09月23日
きのう
名古屋駅で6時5分まで待ったが
誰の姿も見えず
電話したら
待ち合わせの場所は
名古屋駅でなく
栄だとわかった。

「電話でわかったよって
 返事してたのに」

ぜんぜんわかっていなかった。
マリオットホテルの話が出たので
頭の中で途中ですり替わった。

とまたしても迷惑をかけたが
楽しい時を過ごし
友人宅へ。

名鉄最寄の駅まで
友人お嬢さんに駅まで迎えに来てもらう。
友人のお嬢さんは
名古屋の中では名の通った
女子大の4年生。
就職も決まり
自宅での会話にも加わってくれる。


ドラゴンズ選手情報を
聞かせてもらう。
地元女子大生から聞く
野球選手情報は
なかなか興味深かった。
詳しいことを
お伝えできないのは残念ですが。

きのうの食事のときも
ドラゴンズの監督が高木守道氏に
なったことに
立浪かと思っとったと数人が
言ってました。

泊めてもらった友人宅の
近所にある蕎麦屋さんの
ご長男が「仙一」さんで
ご次男が「守道」さんだそうです。
優勝すると
お蕎麦が100円になるらしい。

とドラゴンズの話に花が咲いた夜から
一夜明けて

ゆっくりと午前中を
過ごさせてもらって

式場までの
道筋を聞いたんだけど
ネットカフェ寄りたいから
栄によっていこうかな
と言ったら
着物着て
あんまりふらふらしないほうがいいよ
と最も至極の注意をしてくれたが
友人の忠告も聞かず
来てしまいました。

ということで
そろそろ
式場のほうへ

今日はいいお天気で
何よりです。

束ねた髪

2011年09月24日
父が病院に入っていて
世話をしてくださる病棟の看護婦さんの一人が
木村多江を少し明るめにしたような
控えめで美しい人で、
ベッドの父のほうへ屈みこまれると
後姿の黒くまとめた髪が
何とも言えず素敵だった。
もちろん乱れた髪など
一本もない。
すっきりと
束ねられた髪。

今日
久しぶりに
飛行機に乗った。
それが
キャビンアテンダントって言うの?
スチュワーデスさんだよね、
めっちゃかわいい人で
女の私が言うのもなんだけど
ほんとうに「当たり」だった。
写真を撮ろうとカメラを向けたら
デジタル機器はお仕舞いくださいって
注意されちゃって
「はーい」って感じですぐかばんに入れた。

今朝ドラに出てる
マイコ似で
写真をアップしようと思ったんだけど
出先でうまくいかなくて

彼女の髪も
きれいに後ろで束ねられていて
もう本当にきれい。

私でさえドキドキするのに
男の人はなおさらだろうけど
そんなきれいな人に限って
男の人って緊張しちゃうのを
悟られまいと普通の感じにしようと
みんながんばってるのがわかる感じがした。

ということで
50分の飛行時間が
なおさらに短く
30分ぐらいに思えた
久しぶりの飛行機でした。

あちこちに山本昌

2011年09月24日
今日も出かけるので
もう書けないかもしれないから
あわてての朝ブログです。

名古屋で友人宅に泊めてもらいましたが
友人は中日ドラゴンズの
山本昌の大ファンでした。

ふすまや壁、
至る所に山本昌がいます。







8月11日は
毎年山本昌デーで
投げるか
何らかのイベントがあったみたいですが
今年は何のお触れもなく
友人が寂しがっていました。

山本昌は
工藤さんが投げるまで投げる
と言っているようです。

工藤さんはどっか外国のチームで
まだ投げておられるそうです。

そういう高齢者野球人の情報も
聞けて
名古屋に来たな
と感じさせてくれました。

あ、
そう言えば
庄川沿いで
「避難指示」
が出た人もいました。
でも逃げなかったそうです。
川を3回も見に行ったそうです。
見に行ってかんがね、
そういう人が流されるんだよ。
と言われていましたが
やっぱり気になって見に行きたくなるそうです。
気持ちはわかりますよね。

という
今となってはどうでもいい
名古屋情報で
お茶を濁して

きょうもいいお天気ですね。

郭公団子

2011年09月25日
会社の旅行で旅先に来ている

今日は美しい渓谷を見に行った。

渓谷の広い場所に5、6人の
行列ができている。

そういえば
ここはお団子が名物で
しかも「空飛ぶお団子」だと
ガイドさんからさっき聞いたんだった。

渓谷の向こう岸にお団子屋さんがあって
30mぐらいをロープでつないである。
お客さんがお金を入れると
それを向こう岸のお団子屋さんが引っ張って
お金と引き換えにお団子とお茶を入れて
渓谷を渡って
ロープで運ばれてくるという
趣向で
みんな並んでいたのだ。

私たちのバスのガイドさんが
団子の列の先頭に行かれたら
お団子屋さんから
「ガイドさん 注文をまとめてください」
という紙が入ってこっちにきた。

一回ずつの注文だと手間がかかるし
事情がわかる
ガイドさんが見えたので
お店の人が頼まれたのだ。

でみんなまとめて
注文して
お団子を食べようとしたら

さっき並んでいた男の人が
ガイドさんに
「あなた 何の権限があって
 先に入ったわけ?
 順番を守るのが普通でしょ。
 おかしいでしょ」

とガイドさんに言われた。

わたしも最初は
みんな並んでるけど
ガイドさんは先頭にいっちゃっていいのかな
と思った。
でも
お店のほうから
ガイドさんに「注文をまとめて」という
依頼が来るぐらいなので
そういうことが
お互いの了解になっているのだと思った。

しばらく経って
その男の人のご家族の横を通ったら
まだ
「何の権利があるんだよ」
「おかしくないか」

家族の方に言っていらした。

その方は
ずーっと不満を言いながら
お団子を食べられたのだろうか。

納得のいかないことは
時々ある。
わたしだったらどうするだろう。

でもやっぱり
なるべく早く切り替えて
おいしくお団子を
いただいて
楽しい時間にしたい。

不満を持ち続けるのは
自分が一番損するって
そう教えてもらった気がしました。








かわいいC.A.

2011年09月26日
うちはいいねー。
何の苦労もなく
ブログ管理までこられる。
そこかい!
と自分で突っ込みましたが

きのうのネットカフェは
もちろん
ドリンクフリーでした。
もう手慣れたもので
ブースに行く前に
ドリンクコーナーに行って
飲み物をよそいます。
コーラが好きなので
ゼロコーラを飲みます。

きのうのネットカヘは
ほとんどのボタンのところに
「調整中」
の紙がセロテープで留められていて
ゼロコーラも「調整中」の紙が。
で、
オレンジジュースを飲みました。
それだけのことなんですが
他と違うのはなんか楽しいもので。
ここは
どうしてだか
なかなかつながらず
だから
うちってすぐつながっていいなって
うれしいです。

それで
マイコ似のめっちゃかわいい
C.A.のかた。




顔がわかりやすいのは気持ち小さめで




彼女に負けず劣らず
素晴らしい笑顔だったのが




ファンキーな
仏様でした。

ビュッフェの食べ残し

2011年09月27日
旅先のホテルでの朝食

それがね
お値段の割に
とてもアーバンで
ステキなホテルだったから
ちょっと舞い上がっていたのね。

朝食のビュッフェ。

ホテルなので
もちろん洋食が主体よ。

オムレツ、
焼きたてのグラタン、
焼きたてのラザニア、
グラタンとラザニアの区別もついてないけど
焼きたての威力はすごい。
なんかおいしそう
とよそう。
ソーセージもプリプリ。
2かけ入れる。

サラダもポテトサラダをのせて
生野菜をその上に。

ミネストローネを小さなカップに少し。

あ、フルーツだ。
パイナップルを2,3かけに
シリアルを少しふって
ヨーグルトを少しのせ。

小さめのクロワッサンを1個。

おお、
ここに来て
みそ汁とご飯が。
やっぱり
食べたいかも。

じゃあ、
和風のおかずも少し
っていうことで
小松菜の炒めと
ホテル朝食定番五目煮の
レンコンとにんじんを少し、
昆布の佃煮も少しね。

で、
あふれかえる皿をテーブルに並べて
食べ始めました。

若ーい男の子をのぞいて
周りの皆さんのお皿は
驚くほど
シンプル。

みんな
なんでそんなに自己管理が出来るの?

一人ひとりに
聞いてまわりたい気がしたが

まあ、とにかく
残すのは恥と
ひたすら食べる。

でもやっぱり
ラザニアとグラタンが食べきれず

ごめんなさい。

味がよかっただけに残念。

ビュッフェを食べ残す
っていうことが
自分の今の生き方を
全て反映しているように思えて
部屋に戻って
10分ぐらいは
反省しました。

それで
ずっと忘れてて
今思い出したのだから
反省が少し足りないと言えるかもしれません。








浅漬け

2011年09月28日
なめていた
と思う。

マイクロソフトオフィススペシャリスト



2010ワード版の
検定試験を明日受ける。

この間から
結婚式やら
旅行やらで
結局
ろくに練習できなかった。

去年
2003版を受けたんだけど
機能がアップしてるのかな
どこにどの機能のボタンがあるのか
何回やっても
同じところでわからなくなります。

「一夜漬け」

と言いますが

一夜漬けほどではないけど
「浅漬け」もいいとこです。

でも
こういうのは
答えがひとつなんで
気持ちいいんだよねー。

気持ちはいいけど
×が多くて。

はは、
明日がんばりまーす!

「なぜか」を問わない

2011年09月29日
どんな方かと
ネットで名前を入れてみたら
とってもきれいな方だった。
東京大学卒でこの美貌
才色兼備というのはこういう方を言うのだろう。

本を読んでも
「まじめな優等生」
の印象が強かった。

そんな彼女が
40歳で進行がんに遭遇した
エッセイ。

自分ががんになったことについて「意外」のひと言につきる。

と彼女は書く。

がんの要因として
ストレス、生活習慣、遺伝があげられるが

自分の好きな仕事をして
人間関係も良好
性格も明るく
たばこは吸わず
お酒は外で付き合い程度
睡眠時間もとり
玄米を炊いて
「大腸がんを予防する食事」の本を見たら
自分のしてきたことそのものだった

というくらい
気を遣って
前向きに生きてきて
40で進行がんがわかれば
「なぜ?」と問いかけたくなるところを
懸命に振り切っているところが
随所に感じられて
健気だ。

病気について、なぜ?を問うことに意味はないのだ。それよりも考えるべきことはたくさんある。

いまいちど要するに、病気になるのに生き方は関係ない。


手術が終わってからの
希望と絶望の行ったり来たりも
出来事ひとつひとつの
気持ちがていねいに書かれていて
なにかあったら
もう一回読もう
と思った。

病気になるのに
生き方は関係ないと言い切っているが

でも、なってからは、生き方はおおいに関係ありそうだ。

と続けている。

なぜかを問わず
現実を受け入れる
この間もそんなことを書いたような
気がしたけど
「がん」という不条理の大物を迎えながらも
自分の生き方を
一つひとつ確かめながら前を向く
40歳の女性の生真面目さに好感が持てた。

まあ
私の場合は
体に悪いこともいっぱいやってきたし
彼女に較べれば、もう少し
しょうがないかな
と思えるかもしれない。

いややっぱり思えないだろうなあ。

「なぜ?」を問うことに意味はない、
それを心に刻んで
この本を図書館に返そう。

不合格

2011年09月29日
この検定のいいところは
終わってすぐ
結果がわかるところだ。

じゃん




もうちょっとだったけど
不合格は不合格

帰りの車の中は
落ちこみながらの運転だった。

だが
こういうことは
かけた時間に比例するし
パソコンの機種が違うので
いつも出来たところが出来なかったのだし
しょうがない。

でも
不合格を
ブログに書けると思ったら
わくわくした。

合格より
おもしろいじゃん。

何かをまちがえて
生きている気もするが

あまり間をあけると
みんな忘れてしまうので
来週あたり
もう一回受けてこよう。

今度はやっぱ自費だよね。
と自分に問いかける。

あー、今日でもう問題集とも
お別れと思っていたけど
まあ、そんなもんそんなもん。

じゃあねー。

さいちのおはぎ

2011年09月30日
去年の今頃
「売れ続ける理由」
という本を読んで
ブログに書いたことがあった。

先日
仙台を旅行することになって
せっかく仙台まで来たのだから
スーパーさいちに
最終日に
寄ってもらうことにした。

ガイドさんも
観光バスで行くのは初めてだと
おっしゃっていたけど

でも地元では有名で
そばを通れば必ず買って帰るそう。
この日も10時半頃に行く予定だったんだけど
午前中で売り切れてしまうこともあるので
おはぎがあるかないか
電話で確認してくださった。

秋保(あきう)温泉という
けっこう大きな温泉地を控えているが
寂れた山間の町に
ほんとに普通のスーパーさいちがあった。

何列か並ぶ商品棚の一角に
おはぎがずらーっと並ぶ。
反対側はお総菜。

おはぎはあんとごまときなこだけど
ごまもきなこもパックの中に敷き詰めてあって
餅が浮かんでいる感じ。

あんこもぎっしりついている。

普通の日で5000個
休日は1万個売れると言われているだけあって
小さなスーパーの前には
二人の警備員が常時駐車場の整理に
あたっておられるそう。

帰って食べたら
ほんとうに家庭の普通の味だ。
あんは多めでうれしいが
じゃまにはならない。
甘さも辛さもちょうどいい。

ちょうどいいのだ。

食べてみると
これ以上甘くても
辛くても
あんこが多くても
少なくてもダメ。

ちょうどいい。

ただ
賞味期限がその日だけなので
帰ってからおみやげに配るのは
ちょっと無理かも
と家の分しか買ってきませんでした。

冷蔵庫に入れておけば
チンすればおいしいし
もう少し買ってくればよかったのかな
とも思いましたが

やっぱり
その日のうちに食べるのが
いいんですよね。

ずっと行きたいと思っていたので
夢が叶ってうれしかったです。




B級グルメ本戦出場

2011年09月30日
これは冷蔵庫の中です。




袋の中身
なんだかわかります?

ミョウガです。
大量のミョウガがなんでうちの冷蔵庫に
あるかというと

なんと市B級グルメ第2次審査の模様

のこの写真の上から3番目の
美女揃いのチームが
わたくしたちのチームです。
みんな緊張した顔してます。
私は
会社の旅行と重なって
2次審査に参加できませんでしたが、

あ、
でももともと
私の役割は
「ねえ、これに参加しない?」
って言うのと
寄り合いの時に
フリーを持っていく
フリーってわかる?
ノンアルコール飲料のビールね。
それを持っていく

まあそれぐらいの役割だったんですけどね。

まとめ役のマエダさんが
数々の料理コンテストに入賞してきた
腕のある人なので
彼女のリードで
ここまで来ました。

私たちのチームの作品名は

なんなんまぶまぶ

なまんだぶだぶ

みたいでいい感じでしょ。

あ、ネーミングを考えるのとか
そういうのも私の係りだった。

別名 南砺ひつまぶし

あの名古屋のひつまぶしを
南砺風にアレンジしました。

おいしさには自信があります。
詳しくは
おいおいまた説明さしていただきますね♪

とりあえずは
うれしいな!うれしいな!
のご報告まで…




作者 : はれあたま

 かなり生きてきて、でも、生きてきた中で今が一番楽しい気がしています。ブログに参加することでもっと楽しくなればいいなと思ってます。

2014 年
11
12
2013 年
2012 年
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
1
2
3
4
5

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。