nanto-e.com archive

はれあたまダイアリー

いつも楽しく読ませていただいてきました。ちょっと自分でもやってみようかと思いました。

柚子味噌は反則だ

2012年11月01日
日に
1回か2回のロングブレスでは
まったく痩せないことが
わかったが

この間から
体脂肪も計れて
以前の200?刻みから
100?刻みの
新しい体重計を買ったこともあり

体重計にちょくちょく乗ってしまう。

しかし
今の体重と体脂肪率を見るのは
あまり好ましくなく
少しでも減らないかと
ご飯を控えめにしている。

そういうところへ
今朝
母が柚子味噌を作った。

柚子味噌は反則だ。

ご飯をひとはんがい足してしまったではないか。

季節の変わり目は
旬のものがおいしい。

厳しい季節がつづく。

朝と昼で食べてしまい
ほんの少し残った
柚子味噌。




お母ちゃん
ありがとう。

ディズニーランドには一生行かない

2012年11月01日
ディズニーランドには
行ったことないし
一生行かない予定だ。

まほろばちゃんは
孫ができたりしたら
また行くかもしれんよ〜、
などと言うが
孫など想像できないので
今のところは考えられない。

若い時は
高飛車で
所詮作り物の世界
だから何?
的に思っていたが

最近
行ってきた人の話によると
ディズニーの楽しみは
アドベンチャー系のスリルある乗り物のみならず
ショーも
大したものらしい。

そんなところにはまったら
ますます
心が忙しくなってしまう。

見ずにおいたほうが
いいに決まっている。

いのさんのブログを読みながらも
決意を新たにしたのだった。

アホにアホを言うという人がアホになる

2012年11月02日
人の批判というのは
何と簡単なことだろう。

たいがい
周りの人がうなづいてくれたりして
そうだそうだと
溜飲が下がるのだが。

今日もテレビの音を聞きながら
運転していたら
先日亡くなった
藤本義一さんの告別式の模様をやっていて

在りし日の藤本さんの

「僕は人にアホと
 言ったことがないんですよ。
 アホにアホというと
 言う方がアホになる。
 だから言わないんですよ」

というふうに
聞こえてきた。

この間もやらかしてしまった
私には耳が痛い。

理不尽な思いというのは
いちど飲み込んでも
いつかは上がってきて
必ずゲボゲボと
やってしまう。
ひろく吐き散らしたりしてしまう。

うーん
まだまだ子どもだ。

憧れます。
藤本さん。
 

もんやり

2012年11月02日
今朝
ご飯を食べたら
おいしい。

お母ちゃんにそう言ったら
新米だという。

気付かないことも多いのだが
ほんとに炊きたてだったので
なおさらよくわかったのかもしれない。

お母ちゃんは
「もんやり」しとる

と言うが

一個一個の粒は立っているが
粘着性が強く
口の中で独特の食感がある。

こんなおいしいご飯なのに
夜は
ビールの進出で
あまり食べられないのだ。

死んだばあちゃんや父ちゃんは
ほんにほんにと
嘆くだろうなあ。

米のおいしいところに
住んでいることに感謝。

空気。水。米。

ありがとう。




東京は曇り空

2012年11月03日
娘のダンスの試合を見に
早割で取った切符で
朝、東京に来た。

飛行機はいっぱいで
遊びに行く風の
小さな子供を連れた若い夫婦も
目立ったりしている。

朝から3便までは満席で
不景気とか言いながらも
みんな動いてるし
遊んでるし

と自分のことを棚に上げて思っている。

早割のせいか
席はまんまん中で
トイレに行きたくなったとき
ちょっと大変だった。

ゆりかもめに乗って
テレコムセンターというところに
行った。

試合ですが
親から見ると
娘が一番上手で
一番光っているように見えたのですが

審査の先生方はそうでもないようで
割に早めに
引き上げる結果となりました。

うちの人とだまーって
地下鉄に乗って
娘のアパートに来てひと休みです。

今日の夜は
少し奮発して3列シートを買ったので
バスに乗るのが
楽しみです。

エスカレーターで

2012年11月03日
東京の
副都心線は
ずっと地下にあるので
エスカレーターが
長ーい。

その長ーいエスカレーターを
上がっていくとき

すれ違う
若いカップルがいた。
女の子の方が
男の子の前の下の段にいて
上の男の子を
ちょっと怒って上目遣いに見ている。

男の子が
「ありがとうを言わないこと」
と言った。

流れを想像すると
男の子が持ち出した別れ話によって
女の子が
どこが悪いの?
と聞く。
そこで
男の子がありがとうを言わないこと
と答える。

だと勝手に瞬時に想像した。

それを聞いた女の子が
どうしたかというと
泣いて(もしくは泣きまねで)
男の子の胸にすがった。
後ろ姿からして
男の子はあまりどうようしていないようだった。

そのままエスカレーターは
上と下で離れていったから
まったくその後はわからないが

ああ、あれはだめだな

という気がした。

東京は面白い。

ゆったり3列らくらくシートとは

2012年11月04日
今朝はもう
富山にいる。

夜行バスのおかげです。

今回すこし奮発して

「ゆったり3列らくらくシート」

というのにしました。

3列というのは
どういうふうに3列なんだろうと
興味がありました。

乗ってみましたら
このようでした。




両窓際とまん中と
ほんとに3列になっていて
まん中の両脇が狭い通路になっていました。

全部カーテンが引かれていて
個室感はありました。

音を立てないように
との注意があったのですが

音も個人の捉え方で
違ってくるようで
後ろの席のご婦人が
暗闇の中で器用に
ごそごそと整理をしておられるのか
ビニール袋の
かしゃかしゃという音がして

バスの
個室感には
やはり限界も感じられました。

ガシャガシャのご婦人は
私の後ろでしたので
顔が見えなかったのですが
私が降りる時に
しっかりお顔を拝見しました。

わたしが目で
「ちょっとうるさかったです」
といったと思うのですが
向こうの方は
「それが何か?」
といった感じで
目だけで
気持ちのやりとりはできるものだと
変なところで納得して
バスを降りました。

三味線が下手だ

2012年11月05日
今日もやり残したことが
いっぱいある。

明日までに片づけておいた方が
いいことがいっぱいあるのに
そんな余裕あるか。

どうしよう。

迷いながらも
結局
三味線のお稽古に行く。

ちっとも上手にならない。
どう上手にならないか
ご説明しましょう。

だいたい
1本の弦にあたるのが難しい。

特に三弦の
まん中にある弦にあたる確率は
今でもかなり低い。
なぜか両端のどちらかの弦をさわってしまう。

一番よく使う
一番下の第三弦は
空振りが多い。

弾いているつもりが空振りというのが
四割ぐらいある。

でもみんなで合奏しているので
自分が音を出せなくても
違う音を出していても
ちゃんと楽曲になっていて
心地いいのだ。

三味線の音は
色気がある。
しっとりというか
しっぽりというか
私の知る楽器の中で
他の追随を許さない。

三味線をお稽古できて
本当に幸せだ。

ということで
さして上達しないままに
今日のお稽古も終わった。

はは
また来週もがんばろう。



舟和の芋ようかん

2012年11月05日
しばらく前に
生協で買った芋ようかんが
とてもおいしかった。

最近は
おいしいのは中に入っている
メーカーを見て
簡単にお取り寄せできる
時代になっている。

でもお取り寄せだと
送料がかかるので
ちょっとぐらいのお取り寄せは
あまりお得感がない。

この芋ようかんは
「舟和」というお店の芋ようかんで
ネットで見ると
東京のデパートでもいっぱい売っている。

そこで今度東京に行く時は
絶対に買ってこようということで
買ってきました。




外の箱は白い普通のボール紙で
包装はとても簡単

中にはめいっぱいの芋ようかんが
拍子木状に並んでいる。

味もシンプルで
芋の味が
最大限に引き出されている。

なんちゃって。

今度行ったら
また買ってこよう。

なんて
口実を作って
東京に行けるのも
あとしばらくになっちゃいました。

とりあえず
今ある芋ようかんを
味わっていただきます。

種を蒔こう

2012年11月05日
10年ぶりぐらいだろうか
突然旧知の友人から電話があった。

ご主人の病気から
苦労していて
離れて住んでいることもあり
電話しにくくなり
いつの間にか
10年が経っていた。

「私 今幸せなのよ、
 不幸じゃないのよ」

最初に彼女はそう言った。

先日ケニアのナイロビに行って来たとのこと。
娘さんがジャイカに応募して合格して
今はナイロビで高校の先生をしているとのこと。

関係者はその視察に行くツアーがあるらしい。

娘さんの仕事ぶり
ナイロビでの人々との交流
その他にも楽しいことがあったようで

とにかく生き生きしていた。

ご主人も今は
病院にいらっしゃるとのことで
ひと段落らしい。

経済的に厳しい中
二人のお嬢さんは
高校時代に自分たちでお金を稼ぎ
自力で国立大学に進む。

そのうちの一人が
ジャイカでナイロビへと。

「蒔いた種を刈り取ってるんだよ」

とわたしが言うと

「みんなにそう言われるの」

と言っていた。

いくら別れてもいいだろうに
旦那を見捨てず別れず
そこがまずすごい。

昔から子育ては
ちゃんとしている人だった。
本を読ませ
手伝いをさせ
もともと本人がよく体が動く人で
頭がいい人だし。

だから
刈り取っているのだと
そう思う。

種を蒔いても
芽が出るとは限らない。
でも
種を蒔かないと
芽は絶対に出ない。

彼女の話を聞いていて
私も少しでも
種を蒔いておこうと思いました。

え?
何をするかって?

いや
なるべく怒らないようにして
時間を無駄にしない

それだけのことですけど

彼女の話は
希望を分けてくれました。

日本人とラテンダンス

2012年11月06日
3年生になって
試合に出られるようになって
ダンスの試合を見に行く。

素人には
大学生のダンスも
プロと同じぐらい上手に見える。

でも
少し気取っている
モダンダンスと違って
ラテンダンスは
すごいのよ。

ラテンダンスは
男子が

「ねえ、Hしたいけど」

と誘いかけて
女子が

「あらどうしようかしら
 悪くないわね」

というダンスだと
私は思う。

男子の衣装は
人によっては
腰までV字に食い込んだシャツを着てて




女子を
曲の始まりに
カモンカモンて感じで誘う。

わりにみんな薄い胸で
ガリガリの男子が
カモンカモンって行ってる風情は
なんかこっちが恥ずかしくなってくる。

ごめん。
でも正直そうなんだ。

ラテンダンスを
日本人が似合うようになるまでは
まだ
相当の月日がかかりそう

というのが
私の見解だ。

獅子舞と婦人会

2012年11月06日
先日
蓑谷で
獅子舞の
三地区競演会があった。

三地区が集まると
緊張感が普段とまた違う。

最初に集合写真の撮影があったが
屋上からの撮影ということもあってか
見上げるみなさんの表情が
きりっと引き締まっていて
りりしく男らしい。




それぞれの獅子舞の由来について
各地区の長老から説明があり
そのあとの獅子舞演舞は
三地区とも熱演だった。

男はやっぱ祭りだよね。

男の人は
祭りのために生まれてきて
あとはおまけかもしれないよね。

前は長男だけ制度だったが
今は人手不足で
誰だろうが参加できるようになって
いい感じだ。

獅子舞で
大人や先輩から
いいことも悪いことも
みんな教わっていくのだ。

すごい大事な場所だよね。

婦人会もそうなんだよ。
女の人同士がつながる
とてもいいシステムだと思っている。
ちっとも古くさいと思わないし
わりに合理的にできている。

獅子舞と婦人会

ずっと地域に残っていって
欲しいと思っている。




田中真紀子の尊敬するところ

2012年11月07日
大臣やめろの大合唱
そうなるとなぜか
応援したくなるのだ。

田中真紀子の尊敬するところ

ひとつは
角栄の地盤を受けつがなかったこと。
後援会を自分で立ち上げたところが
他の二世候補者と違うところだ。

看板・かばんはある程度あっただろうけどね。

もうひとつは
子育て。

三人の子どもは
誰一人政治家になっていない。
確か長男さんは
公認会計士だったはずで
いくらでも跡を継げるだろうに
決して表舞台に出てこない。
羞恥心と独立心を兼ね備えた
立派な子育てではないか。

今度の大学の問題は
その三つの大学が
どういう大学か調べていないので
軽々なことは言えないが

秋田の美術大学の
先生が
「東北に美術大学がないから」
とおっしゃっていた。

美術大学を選ぶ時
近いところにあるから
と選ぶだろうか。
家から通えれば選ぶかもしれないが
住むところが必要とすれば
遠い近いはあまり意味がないような気がするのだが。

例えば金美とか
それなりの歴史と必然性を持った
美術大学なら
別だけど。

今から
東北にないから
という理由でみんな集まってくるのだろうか。

むしろ
認可されていることの方が気になった。

もちろん
学びの場も新陳代謝は必要だろうが
本当に経営の見通しは立っているのか。

認可がなあなあになっていて
見直す機会となったとしたら
よかったなと思います。

何かが違う

2012年11月07日
体脂肪計つき体重計を買って

体脂肪が全く減っていないことが

明らかになった。

この間
婦人会で地区の文化祭で踊るのに
集まった時
ふっくら組の中で
ほっそりしたチホさんのウエストに
みんなの目が集まる。

だいたい
私の三分の一ぐらいのウエストだ。

細いね〜、
うらやましさのため息と共に
思わず言語化してしまう。

チホさんは
あ、でも、気をつけてるんですよ

と言われるから
え、何やってるの?

と尋ねたところ

「ロングブレスダイエット」

え?
私が全く痩せない
あのロングブレスダイエット?

え、あれで痩せるの?

と言うと

痩せたかわかりませんけど
おなかはカチカチになりましたよ

とさわらせてもらったら
ほんとにカチカチだった。

かっこいい!

そうなのだ。
この間も
たこ楽に言った時に
全然痩せない組のいのさんと
言っていたのだった。

何かやり方が間違っている
私たちのロングブレスダイエット。

ただ
間違っていることは確認したが
そのあと何ら対策を
話し合うことなく
終わりがけでおまけしてもらった
オムそばを持って帰ってきた。

ということで
痩せないロングブレスダイエットは
今日も続く。

スカイツリーに縁のある日

2012年11月08日
そういえば
ISOが終わって
やりたかったことのひとつが
「屋内グランドへ行って自転車をこぐ」
だったのを思い出して
行って来ました。

そうしましたら
事務室で理事長が
ネオンコードをいじっています。
クリスマスにしては早いなと思ったら
スカイツリーでした。

東京へ行って空港で
買ったらしいのですが
「スカイツリー買うなんて
 いなかくさいねー」

とひやかして
2階のジムにいきました。

となりのフィットネスルームでは
たくさんの方がクラブJoyの講座で
フラダンスの練習をしていらっしゃいます。
今はフラが熱いですね。

自転車でほんの少し汗をかいての
帰り際に
階段の踊り場に
ツリーが飾ってありました。

田舎臭いねと冷やかしましたが
窓に飾ってあるツリーは
なかなかクールで
ステキでした。




さっきはチョコで
今度は屋内グランドで。

スカイツリーに縁のある日です。






終わってみると

2012年11月08日
ISO審査が終わった。

顔文字でいうと

(-_-)

こういう気持ちだ。

終わってみれば
どうしてあんなにいやだったのか
謎なぐらいだが。

来ていただく審査会社は
書類の不備とか
そういうことを細かく指摘されたりしない。

ISOシステムが
会社の改善に役立っているか

それが一番大事なことなのだ。

楽な部分もあり
だからよけいに
難しい部分もあり

でも終わった終わった。
わーいわーい。

審査員の方に
おみやげをいただいた。

TOKYO SKYTREE 1/6600

と箱に書いてあって

中はクリスピーのホワイトチョコ

審査員がお帰りになった後
今日初めてのコーヒーと一緒によばれた。




バターが効いていて
なかなかおいしかった。

袋が羽田エアポートと書いてあったので
空港で買えるようだ。

審査が終わったら
あれもやろう
これもやろう
と思っていたが
終わってみると
何だったか全然思い浮かばない。

やっぱり
とりあえず
ビールかな。
あ、
これは
ずっとか。

奇跡の国 日本

2012年11月09日
中国の共産党大会が始まり
ニュース番組では
今の中国の現状が伝えられている。

中国は豊かになったが
一方で
貧富の格差は進むばかり。
ネットの発達で情報は流され
暴動も起きているようだ。

アフリカや中東や
民主化と言いながら
政権が倒れても
後の混乱が収まらず
国情は落ちつかず
人々の暮らしがちっとも楽にならない
という報道を目にする。

日本は
戦後
富が国々の末端まで行きわたった
奇跡の国という他ない。

健康保険や
安い教育費や
いろいろなことがあって
そうなったのだろうが
心より
感謝します。

きのう
そういうニュースを見ながら
旬のふくらぎとアオリイカの刺身を食べながら
ほんとに
私たちは幸せやね

とお母ちゃんと言っていました。


金曜日17時

2012年11月09日
最近
都合で
週一のリハビリを
金曜日PM4:00からの
予約を取っていた。

しかし仕事の都合で遅くなりそうなので
4時半過ぎるかもしれませんと
遅れます電話を入れる。

3:35仕事をしていたら
    急きょ法務局へ行く用事ができる。

3:40メールが来ていたので
    プリンタ納入のことで
    砺波のパソコン屋さんに電話する。
    電話で法務局の後パソコン屋さんに
    寄ることにする。

3:55思いの外電話が長くなり
    この時間に出発。

4:17法務局到着

4:28法務局出発

4:30あれ?この辺りだと思うが
    パソコン屋さん見つからず。
    携帯電話も忘れてきていて
    さがす方法が見つからないので
    あきらめて帰ることにする。
    この時は5時まで病院に入れば
    リハビリを受けられるかもと
    まだあきらめていなかった。

4:35あ、切手を買う用事があったんだ!
    と郵便局に寄る。
    財布を車の中に忘れて
    二度手間。
    郵便局だって
    明日は休みなので
    今しかないし。

4:50車の中、福野の町を出たあたり。
    ああ、もう無理だ。
    にしても
    福野と福光の間の道が
    新しくなっていて
    思っていたところで曲がれず。
    あわててそのあとも
    道を間違える。

週に一回はリハビリを受けないと
腕がコリコリになる気がして。
どうしても今日
受けたかったのに。
法務局だって行かないと
金曜日最後だししょうがなかったし
あー、もう。

5:15病院到着
    先生が今からでもいいですよ
    と言ってくださって
    リハビリを受けることができました。

だから
法務局の用事もできて
リハビリも受けられて
全部OKになって
ハッピーです。

でも金曜のリハビリ予約は
他の日に替えようと思います。
だって
金曜日の夕方は
忙しいから。
  

ジャムつながり

2012年11月10日
先日
おはな坊さんから
電話をもらった。

一体なんだろうと思っておりますと
おはな坊さんが
あの優しい笑顔声で
お母ちゃんが
イチジクのジャムを作ったので
よかったら
いかがですかと
いうステキなお話しで

一も二もなく
ええ、ええ、お願いしますと
いただいてきました。

春に
マーマレードを
食べてもらって
その瓶に
そのまま
イチジクジャムを
たっぷり詰めていただいたのを




ジャム縁というか
ありがたいばかりだ。

ISOが終わったら
ローラさんとこのパンを買ってきて
イチジクジャムを乗せて
食べようと楽しみにしていた。

できのう
その楽しみが
現実になりました。




手作りのジャムは
甘みがすっきりしていて
もういくらでも食べられますジャムだ。

いくらでも食べられますジャムと
いくらでも食べられますパンで

糖質祭りです。
たまにはね。
ヒャッホー!

安売りはむずかしい

2012年11月11日
なんなんまぶまぶが
去年の南砺市B級グルメで
優勝して1年になります。

地元の皆さんの応援に感謝して
400円サイズを
200円で売ることにしました。

限定120食です。

作りながら売るので
他のメンバーは作っていて
最初の販売は
私だけが売りにまわりました。

販売し始めた
11時から
次々とお買い上げ下さいます。

何人目かで
「8個ください」
と言われた時に
ハタと
考えてしまいました。

120食を
半額で売るイメージとしては
できたら
120人の皆さんに食べていただいて
一人でも多くの方に
感謝の意を表したかったのです。

ところが
8個となると
いったい何人の方に感謝できるのでしょうか。

こういうことを
全く考えていませんでした。

その時にいた
メンバーに相談して
お持ち帰りは5個まで
ということにしました。

それで
「5個までなんです」というと
3個だった人までが
5個とおっしゃったりして
5個もどうだろう

また
考えてしまいました。

でも結局
それ以降はそういうことで
5個、3個、と
お持ち帰りが続き
考えるヒマもなく
売り切れてしまいました。

今回は
感謝セールだったので
半額で売ることは織り込み済みなのですが
それでも
何だか
ざわざわしました。

安く買うことはうれしいけれど
半面
適正な値段で売ることが
むずかしくなっている
今の時代

何かをマヒさせないと
安売りというのは
むずかしいものです。


安売り考。




「日本農業への正しい絶望法」

2012年11月11日
読売新聞の月曜日の本を紹介する
ページの中に

この本がありました。

「日本農業への正しい絶望法」
   神門善久(ごうどよしひさ)新潮新書





おもしろそうだなと思っていたところ
部屋の机の上にありました。
うちの人が買ってきたようです。
夫婦で読みたい本がかぶるのは
年に1冊ぐらいですので
今年はこの本のようです。

後継者がいない
値段が安くて見合わない
政策がなってない

などは散々言われていますが

消費者の味を見極める力が落ちてしまって
本物を作っても味がわからなくなっている

という指摘はなるほどなあ

と思いました。

先日もあるところで
ニンジンの話になりました。

家で作ったニンジンは香りが強いのです。
売っているニンジンはほとんどニンジンの
臭いがしません。
そう言えば
私たちが小さい頃は
ニンジン独特の香りが強く
わたしもうわっと思った覚えがあります。

だから
ニンジンの臭いがしない方が
都合がよいのです。

私のように
本物の野菜より
余りクセのない
食べやすい野菜の方が
という人も多くなっているのが
現実のように思えます。

本の帯に

マスコミが伝えないハリボテ農業の実態!

と過激な一文の後に

・「日本ブランドは高品質」は思い上がり
・「担い手不足」論に騙されるな
・農業の味方顔した「識者」のウソ
・「農業ブーム」は「満州ブーム」とウリふたつ
・植物工場はうまくいかない
・粗放農業「奇跡のリンゴ」の欺瞞

と最近の新しい事象に対しての
アンチテーゼっていうんですか?

どれもそれなりに説得力があり
本当に絶望しているのかというと
そうでもない

なるほどなるほど
と思いながら読めるやはり
おすすめの一冊です。

売ってよかった

2012年11月12日
今日

ふるさと加工組合に
きのうお借りした鍋を返しに行った。

なんなんまぶまぶは
50人分、60人分を
一度に作るので
大きな鍋が必要なのだが
ゆかたーずは
そういう業務用の大鍋を持っていないので
ずっと
ふるさと加工さんに
借りていたのだ。

いつも快く貸してくださって
本当に助かっているのだ。

白い長靴に履き替えて
ありがとうございました
と入っていくと
フジサワさんが

「きのう初めて食べたわ、
 おいしかったわー」

と言ってくださった。

そうか
いつもお世話になっている
ふるさと加工の皆さんにも
食べてもらっていなかったのか

と気付いた。

他にもそうやって
声を掛けてくださる方があって
やっぱり
売ってよかったなと
気付きました。

蓑谷で
感謝の気持ちを込めて
半額で売ろうというのは
リーダーのマエダさんが
決めたことなので
やっぱり
マエダさんの
判断は間違いなかったです。

ということで
今度は
11月23日〜25日、テクノホール
富山グルメ博で
売ります。
是非食べに来てくださいね〜。

2012年11月13日
どうやら
福光辺りに雷が落ちたらしい。

7時のニュースの天気予報で
見た時も日本全国が
カミナリマークでビカビカしていた。

小学生の時
10歳前後ぐらいだったと思う。

学校から帰ってきて
家には誰もいなかった。

父はまだ出稼ぎに行っていて
じいちゃんは山に造林に
ばあちゃんは土方に
お母ちゃんは工場に行っていて
うちには誰もいなかった。

雷が鳴ってきて
恐かった。
うちの中にいるのが恐くて
玄関に出て
わんわん鳴いていた。
じゃなくて、泣いていた。

隣の家のおじいちゃんが
私を見てにこにこしていた。

私がこんなに泣いているのに
どうしてにこにこしているのだろうと
思ったが
とりあえず泣き続けた。

そのうちに
隣の家のおじいちゃんが
近づいてきて
どうしたがか
と尋ねてくれた。

カミナリがおとろしいと言ったら
そんながか、
うちの人の誰かに怒られて
泣いとるのかと思とった、
とにこにこと慰めてくれた。

カミナリが恐い気持ちが
わかってもらえただけで
うれしかった。

うちのばあちゃんと
前後して
となりのおじいちゃんは亡くなった。

みんなに声を掛けてもらって
大きくなった。

やらなくちゃね。

不倫の年

2012年11月13日
手早く何か書こうと
タイトルをさがしていたら
こんなタイトルになった。

今年は
「不倫」の年だった。

大物では
CIA長官が今日の新聞にも載っていたし
(相手の女性は美しい方だった)

橋下市長
原監督

この間は
法務大臣が自死なさったのも
これ関係でなかったか。

やっぱり驚いたのは
原監督
だったかもしれない。

いくら昔のこととはいえ
あの
まじめそうな
明るく爽やかな原監督が


びっくらこいた。

あの原監督がしていたのだから
自分もいいだろう
と楽になった人もいるのではないか。

だから
男の人に
浮気をするなと言っても
生理に反しているので
無理なのだろう。

法律では
男女が対等になっているが
男の人は
「無理 無理」
と言えばいいのに
言わないから
これが続くのだろうが。

男性の
不倫および浮気は
「できた」人と「できなかった」人が
いるだけで
「したい」人は
98%ぐらいではないか。

不倫がばれたからと言って
仕事やめたり
大騒ぎしたり
そういうのはむだだから
もうやめましょう。

何を言っているのか
よくわからなくなってきたので
これで終わり。

カネオクレ

2012年11月13日
さっき娘から
メールが来た。

「お母さん、お金が少しほしいかもしれないです(;_;)」

という内容だった。
ですます調が出るのは
振り込みを依頼する時だけのような気がする。


母の実家に帰った時
母の弟、大学生の叔父から
ハガキが来ていた。

何か英語が書いてあるというので
大学生の叔父の高校生の弟が
英語を読んだところ
お金を送ってほしい
という意味であることがわかった。

私はその時
小学校高学年で
送ってほしいお金の額は
1万か2万だとイメージした。

その頃
一ヶ月の仕送りのお金が
それぐらいだという情報を
どこかでインプットしていたのだと思う。

私の時は
月に3万だった。

奨学金とアルバイトで
それでやっていけた。

学費は
半年で5万ぐらいだったと思う。

無償化にしなくても
安くなればいいのに。

大学の学費を貯める心配を
しなくてもよくなればいいのに。



何でわざわざ
わかりにくく書いたんだろうと
その時は思っていたが
今はよくわかります。



結婚式考

2012年11月14日
今日ニュースで
久しぶりに
党首討論を聞いた。

野田総理かっこいいじゃん。
引き込まれていくよね。

もうすぐ終わりなのが残念だ。

民主党は相変わらずで
それこそ
消費税の法案を通した時に
この時期の解散は見えていたのに
身内が反対してどうする。
時期を延ばしても
どうなるものでもないよね。
ここまでくれば。

橋下市長は
時間がないとかそういう
甘い世界ではありませんから
とさすがにバシッと決めていた。

こういうところが
人を惹き付けるんだろうねえ。

話題を変えますが
朝ドラで
結婚式をやっていて
ちょっと考えてみる。

最近はやらないカップルも増えてきた。

無駄と言えば無駄。
余裕がないというのもあるだろう。
自分たちで考えて
やらないというのも
堅実でいいと思う。

でも
私が結婚した時代は
みんなほとんど
ステレオタイプの
結婚式を挙げた。

わたしも地元の神社で
親がかりでしました。

「結婚」というのは
つまりはHで

自分たちがHするようになるために
親戚の
おじちゃんやおばちゃんが
集まるなんて
変な感じがした。

超プライベートと
超形式が
混じり合う

そして
自分のために親戚が集まる
初めてイベントで

いくつかの波風の中で
親戚のおじちゃんおばちゃんにも
来てもらっちゃったし、
というのが
軽い歯止めになったこともある。

という
結婚式の役割を
考えてみました。


毎日がキロ

2012年11月14日
今日の朝ドラで

「あなたは今どこに立っているかわかる?
『岐路』にいるのよ」

というセリフがあった。

今週は結婚の話の週で
ヒロインの純ちゃんが
お得意のお節介で
本当に好きな人と結婚しなさいと
ホテルのお客さんに迫るのだ。

結婚は確かに
大きな岐路に違いない。

本当に決まるまで
これでいいのか
と何度か迷った人も少なくないと思う。

でも考えてみれば
毎日が岐路である。

今日用事で出かけたのだが
右折の際、
反対車線の車に気をとられていて
入ろうとする道から
出てくる車に
危うく接触しそうになった。

あそこで
ぶつかっていたら
私の人生は
また違ったものになっていただろう。

毎日
今日は
ビールをやめておこうと
昼間は思う。

だが
夜になると
無性に
句読点を打ちたくなり
気がつくと
ビールのプルタブを引っ張っているのだ。

やめていたら
今頃
体脂肪の心配をすることもなく
過ごしていただろう。

ということで
一瞬一瞬を選んで
生きている私たち。





そういえばそうだった効果

2012年11月15日
今日のNHK
クローズアップ現代は
きんさんぎんさんの
ぎんさんの娘4姉妹を
取り上げられておられました。

98さい
94さい
92さい
89さい

だったかしら
平均年齢93さいの4姉妹は
大きな病気もなく
生活も自立して
認知症の症状もなし。

その原因が
「雑談」にあるのでは

と日本の様々な研修者が
4姉妹の雑談を解析していらっしゃいました。

そのなかに出てきたのが
そう言えばそうだった効果

たとえば
みんなで行った東京駅の話を
誰かがしたとして
屋根がああだった
でも壁はこうだった

それぞれが
覚えている情報を話して
みんなで共有する。

それが脳に
とてもいい効果があるらしいのです。

同世代の
同じ体験を持つ人は
年をとればとるほど
大事なようです。

わたしは4姉妹のように
姉妹がいないので
地域や回りでそういう話し相手を
探さなければなりません。

雑談は
急にできるものじゃありませんからね。

ゆかたーず
婦人会
お茶のお仲間
花筏のみなさん

これからも
20年、30年と
よろしくお願いします。

女性は何%か

2012年11月15日
不倫の話題を
この間書いたが

はて
何%ぐらいの女性に不倫願望があるのか
という
ローラさんからの質問に
精神的には100%
肉体的には30%
という
ちょっと気取った答えを書いてしまった。

実態調査をするのは
かなり難しいが
森絵都

「架空の球を追う」文藝春秋

の本の中に

「夏の森」

という短編があった。

結婚して平凡な家庭生活を送る主婦が
カブトムシを買ったことから
小学校の時「将来の夢」というテーマで
「自由ホンポウな女になりたい」
という作文を書いたことを思い出す。

思い出は続く。

学校で
カブトムシを捕ろうとして
擦り傷を作る。
保健室には保健室の先生がいて
傷の手当てをしてくれる。
そこに大好きな担任の先生が顔を出して

腕白坊主みたいだな、まいっか。
女子だって元気な方がいい。
自由奔放な女の方が俺、好きだし

と言ってくれたものだから
そういう作文を書いたのだと
思い出す。

自由奔放な女。

その時になって

 あの日、時田先生(担任)はなぜ保健室にいたのだろう。男性教師との噂が絶えなかったエフカ(養護教諭)と何を話していたのだろう。そしてあの一言−「自由な女の方が俺、好きだし」は果たして、誰に向けられたものだったのだろう。

と気付く。

大人になってみて
あれはひょっとして
不倫だったのではと
思い出すシーンに
けっこう多くの子どもが
出会っているのではないか。

まあそれはいいとして

ぼんやりしているところに
夫と子どもから
話しかけられたこの主婦の会話が
この短編の最後のなのだ。

「なにぼんやりしてんの」
「ううん、べつに」

「昔のこと?」
「自由奔放な女に憧れてたの」
「生憎だったな、なれなくて」
「どうかな。温存してるだけかもよ」
「お母さん、オンゾンて何?」
「もったいないから後回しにすること」



30分にはとても収まりきらない党首の会見

2012年11月16日
衆院が解散して
7時のテレビニュースは
民主党を皮切りに
自民党、
公明党、
共産党、
社会党、

しばらく前はこれで大体だったので
もう終わりに近づいたかなと
思いきや

国民新党、
みんなの党、
維新の会、
太陽の塔じゃなく太陽の党、
国民の生活が第一(この党名どうにかならんか)、
舛添さんが代表の何とか、
鈴木さんが代表の大地何とか、
女の人が代表のみどりの党だっけ、
あ、減税日本の河村さんも出てた。

延々と
延々と続く。

お母ちゃんが

「先に何言うたったか
 忘れてしもたわ」

と言っていた。

やっぱり
もうちょっと
固まった方がいいことは
まちがいないですね。

9時からは
森光子さんの追悼番組をやっていた。

明日、地球が終わりであっても、
私はリンゴの木を植える。

という言葉を思い出した。
最後まで
できることを
前を向いて。


人前で内緒話はしない

2012年11月16日
迷惑コメントに
ずいぶんカウントを増やしてもらいました。
ありがとうございます。

1個1個消していって
本物コメントが下から出てくるのを
待ちます。
今日はずいぶん出てきませんでした。
だから
かなりカウントを増やして
もらったことになります。
すみません。

話題を変えて

きのうは中学校の合唱コンクールを
聞きにじょうはな座に行って来ました。

最近は
歌う前に
指揮者がクラスの子に見えるように
巻物のような紙を取り出して
歌う前にクラスの団結を高めるのが
流行りになっています。

紙が向こうを向いているので
客席からは何が書いてあるか
見えません。

ただ紙を見たみんなが
くすくすと笑ったりしているので
何かリラックスさせることが
書いてあるのだろうと
想像しているだけでした。

ところが
今年は両面タイプが出ました。

向こう側にはそのような言葉が
書いてあるのでしょうが
こちら側には
「○○先生ありがとう」と
感謝のことばが書いてあったのです。

こちら側にも楽しめる
いい配慮だなと思いました。

先日
娘さんがジャイカでアフリカで高校教師を
している友人の話を書きましたが

その昔
彼女の子育てを見ていて
教わったことがありました。

まだ
彼女の子どもたちも
私の子どもも
小学校の低中学年と小さい時です。
みんなで集まっている時
彼女の娘姉妹が
内緒話を始めたのです。
他愛もない話だとわかりましたが
たぶん姉妹にしか通じない話だったのでしょう。
内緒話のあの仕草、
耳元で両手でトンネルを作って
話し始めたのです。

そうしたら
母親の彼女は

「みんなのいるところで
 内緒話をするのは失礼なことよ」

と姉妹をたしなめました。
姉妹はそれを理解して
すぐにそれをやめました。

わたしは
そうか
人前でコソコソ話をするのは
失礼なことなんだと
はっきりとその時に
教えてもらったのです。

ですので
本当のことを言うと
合唱コンクールも
みんなの団結力を高めるのは
舞台袖までにしてもらって
こちらが何だろうというのは
やらない方がいいのではないか
と思っていたのですが

両面タイプという
新しい手法が出てきたので
おお、いろいろ考えてるんだな
それならいいかも

と今年は思った次第です。

来年はどうなるのでしょうか。
楽しみです。

中島みゆき 地上の星 黒部ダム

2012年11月17日
万華鏡で
関西電力第四黒部ダム工事の
伝説を語り継ぐ
奥野義雄さんの
講演を伺ってきた。

奥野さんは御年89才
年齢よりお若く見える方を
これまでも数々お見かけしてきたが
奥野さんの若々しさには
本当に驚く。
70代にしか見えない。
お話を伺うとさらに若く
エネルギッシュで
驚くばかりの方だ。

奥野さんは
戦前に金沢大学に行かれて
学徒出陣の後
関電に入社された
エリートだ。

エンジニアとして
黒部の現場で7年間を過ごし
ダム工事の許認可申請に関わり
あの世紀の大事業の工事の全容を知り
語り部となれる
本当に貴重な方なのだ。

ということで
本体工事の話はもちろんとてもおもしろいので
今度の万華鏡で
ぜひご覧いただきたいのですが

今日は講演の中で
最後に中島みゆきの紅白出演時の
話をされて
それについて少し。

NHKの「プロジェクトX」の成功で
2002年に
主題歌を歌っていた中島みゆきの
紅白出場が企画されました。

北海道、青函トンネル、黒四ダム
いくつかの候補地の中で
中島みゆきの希望で黒四ダムに
決まったとのことです。

関電北陸支社の全面応援の下
黒四ダムと発電所をつなぐ地下トンネルでの
生放送が準備されました。

延べ60名の関電社員が
準備にはいり
20名が29日から
現場に入りました。

現場のトンネルのどこで歌うかについて
1キロの間をヤマハの人が
ずっと手を叩きながら
音の響き具合を確かめられたそうです。

音の響きがよかったのは
コンクリートの壁のところでなく
素堀のところだったそうで
歌う場所が決まったとのことです。

中島みゆき紅白地上の星

これ
その前のプロジェクトXのナレーションの人の
前振りがカットされてて残念です。
ナレーションと一体でひとつの作品なのに。
田口トモロヲさんのナレーションを
想像しながら味わってくださいね。

中島みゆきは気さくな人で
歌が終わってから
みんなでおせち料理を食べ
そのあと
ダム施設を見学して
翌朝帰られたとのことでした。


第四黒部ダム建設の背景には
日本のせっぱ詰まったエネルギー事情がありました。
会社のためでなく
日本のために
という気概があって
数々の困難をくぐり抜け
黒部ダムは完成しました。



もう
ずっと
昔のような
気もします。


命日

2012年11月17日
父が亡くなって
一年経ちました。

いとこが
花を持ってきてくれました。




覚えていてくれて
ありがとう。

この間から
一年経ったね、

母と話をしていました。

母は父がなくなった日のことを思い出して
あの時苦しそうだったから
注射を打ってもらったけど
あれがよくなかったのかも
などと
言いますので

だって
ずっと苦しそうだったから
仕方なかったよ


ずっと前と
同じことを繰り返しました。

あさぎりさんが
お義父さんのお世話について
ご主人が鬼気迫る様子だったと
書いていらして

わたしも
もっとできることがあったのでは、
ありがとうの気持ちを
もっと伝えればよかったのに、

と正直
後悔の念が湧いてきます。

人生の後半は
愛する人との別れが
続くのですね。

そんな中でも
しゃんとして生きるのが
「大人」ということなのかもしれません。

天国にいる父が喜ぶように
明るい顔で
今日も過ごそう。

身びいき

2012年11月18日
昨日の朝
仕事場で
朝の打合せが終わって
Aさんが市展に
応募されたことを話されました。

入選は逃されたそうですが
チャレンジ精神に
みんなびっくりしました。

今日は
その作品を見に
福光美術館に
行って来ました。

知り合いの作品があるから
行きます。

知り合いっていいですね。

会社の人の作品は
なかなかいい味を出していて
来年が楽しみです。

美術館入り口までの
石の階段は
モミジの葉で彩られていました。




ついでに
叔父の書も見てきました。

ステキな作品が
いっぱい並んでいますが

身内の人のが
一番いい作品に見えるし

「城端」とかいてあるのが
上手に見えるのです。

結局
こうなので
選挙にしても
ああなのも
仕方ないのかもしれませんね。

美術館の池の水面が雨でゆれていて
模様ができていました。
美術館だと水面まで
何となく芸術的に思えました。


一夜での心変わり

2012年11月19日
河村減税日本と
太陽の党の石原さんが
一緒にやりますと言った次の日に

橋下市長が減税日本はダメと言って
石原代表の態度がころっと変わった。

あの石原さんの態度が
一夜にしてあんなに簡単に変わるとは
ショックだった。

橋下市長が減税日本がダメと言っても
石原代表が大人の余裕で
橋下市長を説得するかと思ったら
いとも簡単に
減税日本はダメと言ったのだ。

そして減税日本のあたふたぶりは
仲間はずれにされたらどうしようと
かわいそうなぐらいだった。

どっかで見たことあるような
聞いたことあるような…

と思っていたら
いじめはまさに
この構図だ。

いじめられる子と仲良くすると
自分まで困るので
力のある人のいいなりになって
見限ってしまう。
それとよく似ている。
と言うことに気付いたのは

内田樹さんの
ブログを読んだからです。

幼児化する政治とフェアプレイ精神

内田さんのブログは
長くて難しいことも多いのですが

最近の政治ネタや
大学関連の話は冴えています。
最近の
バックナンバーも
ふむふむと
楽しく読めます。
ということで。

学者の仕事

2012年11月19日
今日はJA富山県大会に
行って来ました。

TPP参加の話が
解散と共に湧いてきて
JAもピリピリムードだ。

大会の中でも
TPP反対特別決議が採択された。

JAがTPPに反対するのは
ある意味当たり前である。

JAの言い分はもっともとして
私がTPPをほんとに恐いなと
思ったのは
前にも書いたが
大学に行っている娘が
授業で
「TPPが入ってきたら
 こんな町の商店街は壊滅状態だって」

と聞いたことを言った時だ。

背筋がぞくっとした。

今でさえやっとこみんながんばってるのに。

確かにそうなのかもしれない。

でも大学の先生は
なぜそういうことを世間に
言わないんだろう。
もっと言ってくれたらいいのに。

というのをずっと思っていたわけですが

これもこの前取り上げました
「日本農業への正しい絶望法」
を書いた

神門善久さんが
終わり書きでこのように言っておられます。

 3.11以降、私は識者にげんなりした。3.11直前まで、「日本の原発は世界で一番安心・安全」と、したり顔で「解説」していた「識者」が、臆面もなく、3.11以降も「識者」としてマスコミに登場し、東電批判をまじえて「解説」する。顔も売れて、発信機会も増えて、さぞや「繁盛」しているだろう。「識者」の無節操さ・卑怯さは、実に情けない。しかし、ひるがえって自分自身といえば、3.11の原発ショックで、初期報道で原発がチェルノブイリ事故並みになるだおろうと直感した。その直感を誰にも言わず、自分だけは助かりたいという一身で行動した。明治学院大学の授業で、いつもは学生の前で公益を口にしていながら、私は単なる臆病な偽善者でしかないことを認めざるを得ない。

というふうに書いておられて
だから
そういうことなのかなと
思いました。

正義を貫くのは
難しいということですね。


関係ないですけど
最近の選挙の話題でいうと

わたしは
原発賛成、TPP反対、
消費税仕方ない、
です。

どこに投票したらいいんだろう。






堺雅人の背骨

2012年11月19日
TBSで始まった「大奥」
マキちゃんから借りて読んでいたので
久しぶりに民放のドラマを見た。

江戸時代の大奥が
男女逆転したらどうなるか
などと考える人がいるからすごい。

堺雅人は
無理やり
女将軍の
世継ぎを産むために
拉致されてきた
公家出身の坊主の役。

春日局に無理やり拉致されるほどの
美形という設定だ。

堺雅人を
「美形」という形容詞で
見たことがなかったが
このドラマの中の堺雅人は
確かに美しい。
びっくりするぐらい色気がある。

役者というものは
大したものだ。

堺雅人を時代劇でよく見る。
大河の新撰組の山南敬助、
篤姫の徳川家定、
武士の家計簿、
大奥はドラマも映画も。

背骨がピシッとしていて
御辞儀が決まっている。
体幹が鍛えられている。

だからかわからないが

ラブシーンが
清々しい。

1年間子どもができなかったことから
真実心を交わした将軍は
他の中臈と世継ぎを作ることになる。

嫉妬するシーンも清々しい。

堺雅人でよかった。

っていうことで
金曜夜10時が楽しみです。


2期目ができない

2012年11月20日
今日は
民生委員の会合および懇親会があって
行って来ました。

社会の変化により
民生委員の仕事の内容が
めっちゃ大変になっている。

高齢者の増加、
一人暮らしの増加、
行政から降ってくる仕事、
予算がない割に面倒な
サロン行事の実施など

「仕事量や責任の重さのわりに報われることが少なく、むしろ活動意欲を阻害することの方が多く」
(「富山県における民生委員・児童委員活動を通じての地域福祉の推進について」より抜粋

と言うのが実態で
他県では
民生委員の不足が常態化しているようです。
富山県は
数少ない民生委員充足率100%の県
ということです。

また
生活困窮者が増えていて
特に大阪が大変なようです。

富山県はその割合が少なく
その中でも南砺市はさらにその割合が低く
0.2%


全国大会に行った南砺市民生委員の皆さんは
他の皆さんから
ありえない
どうしてそんなに低いんですか、
と詰め寄られたそうです。

わたしたちは
いいとこに住んでいるんですね。

話を伺っていると
一人暮らしのお宅に
入っていけるようになるまで
3年かかるそうです。
呼んで返事がなくて
お宅に入っていく時も
中がどうなっているのか
倒れていらっしゃるのではないか
本当にドキドキするそうです。

救急車の音がする度に
見守っている人に何かあったのではないかと
気になるそうです。

無報酬に近いのに
何かあると
ニュースでも
民生委員は何をしていたのだと言われる。

本当に割に合いません。

それでも
「2期目もやろうと思って」
と言っていらっしゃる方がいて
仏さまに見えました。

そういう方達がいてくださって
地域が回っています。
ありがとうございます。

フカフカより薄めを希望

2012年11月20日
季節の変わり目は
下着を見直す時期でもある。

知らないうちに
擦りきれていたり
だらんとしていたり
ではあるが
大きく機能が損なわれない限り
ついついそのままになっている
というのが
実態です。

先日の日曜日
市展を見た帰りに
最寄りのシマムラヘ
立ち寄った。

同じような方が多いのか
シマムラは
大勢の人で賑わっていた。

下着の中でも
大きく変わってきているのが
ブラジャーだろう。

上げて寄せて
カップがモッコモコのブラが
多数派を占めるようになった。

おばさんとしては
「上げて寄せて」は余り必要でない。
ていうか
していないと失礼なので
どちらかというと
儀礼としてのブラで
「して」いればいいのだ。

しばらく前までは
シマムラには
そういうおばさんのために
パンツのとなりに
ブラジャーの積み上げコーナーがあり
「して」いることが大切ブラジャーが
たくさんあった。

ところが今は
その積み上げブラコーナーが姿を消して
一点一点
すべて小さなハンガーにぶら下がって
ならぶようになり、
フカフカカップが圧倒していて
「するだけブラ」は数えるほどしかないのだ。

というわけで
「するだけブラ」を探して
一緒に行った母を待たせてしまった。

母は暖かい下着を買いました。


まじめで優秀

2012年11月21日
今日は資源ゴミ回収の当番の日で
最初はうちの人に行ってもらうつもりでしたが
起きられたので私が行くことにしました。

資源ゴミは当番も捨てに来る人も
男性が多いのです。
朝ご飯を作る時間と重なっていることも
あるのでしょうが
ゴミ出しに関しては
男女共同参画がばっちりできています。

9月から
プラゴミの回収が始まりましたが
今月で3回目になるのでしょうか。
みなさん
ちゃんとしばって名前を書いて
プラゴミを持っていらっしゃいます。
ほとんど混乱はありません。

整然とゴミが仕分けられ
車もきちんと
道に並んでいます。

プラゴミを回収しても意味がない
という意見もあるようです。
南砺市がRDFによるリサイクルに
行き詰まったように
プラゴミの回収も
見合わなくなるのかもしれません。

しかし
ゴミを仕分けて
リサイクルするとしようという作業は
とても気持ちのいいものです。

きのう
全国に比べ
南砺市が生活困窮者が少ないことを
書きましたが
このようにきちんと
ゴミが仕分けられるのも
そのことと関係があるような気がします。

まじめで
きちんとしていて
規則が変わってもすぐに理解できて
(融通は利かないかもしれないが)
南砺市はほんとに
すばらしいところだと
今朝
思いました。




中国が着々と

2012年11月21日
いつものように
車の中でNHKの放送を聞いていた過日

ワールドニュースという
午後6時台の番組で
中国と領有権を争っている
フィリピンやベトナムが
経済にひびいて困っている
という報道のあとで
カンボジアの話題になった。

カンボジアへの
中国の投資はすごいらしい。
なので
中国語がビジネスに欠かせないことばになっていて
中国語の学校がいっぱいできているとのこと。
中国は教師や教科書を無償で派遣する。
(カンボジアだけでなく中国語の教科書は世界に無償で配布されているらしい)

カンボジアの夢見る若者は
中国語を学んで
少しでもいい仕事に就こうと
励んでいるらしい。

先日カンボジアで開かれた
アセアンの会議でも
中国側は
海の領有権問題を取り上げないように
チェアマンを務めるカンボジアに
念を押しに何度も訪れているとのことだった。

こんなニュースを
見る人が少ないこの時間帯にやっているのが
残念なような。

硬軟取り混ぜ
拡大を図る中国。

戦略と教育がからまっている。

関係ないけど
日本のゆとり教育は
もともとは
公務員の先生方を週休二日にするために
こじつけられたものだ。

週休二日を見直さない限り
教育人件費を大幅に見直さない限り
教育改革は限られたものになると思う。

安倍さん
教育人件費
どーんといっちゃってください。
期待してます。

それじゃあんたはどこなおす

2012年11月22日
さっき
仕事の用事で
おせわになっている会計事務所に行って来た。

座った目の前に
これが下がっていた。




あこなおせ
ここなおせと言うけれど
それじゃあんたはどこなおす

見た瞬間にドキッとした。

うちの人にはあまり
口では言わないようにと思っているが
全体のわたしのモードが
直してよモードに
なっていることが多いかもしれない。

だからたぶんドキッとしたのだと思う。

選挙にしたって
政治家にケチをつけたり
希望することはいっぱい言うが
それじゃ
あんたは
と言われると困ってしまう。

先日関電OBの奥野義雄さんの

「くろよんスピリッツとは」

という講演を拝聴した。
奥野さんは
御年89才だ。

講演の最後のところで

関電は今危機にある、
その中でOBとして自分は何をできるか
それは自分なりに発信して
世間に認められることだと思う、

と語っていらっしゃった。

「自分は何ができるか」という視点
それが発信するだけでなく
「世間に認められなくてはならない」
という着地点を掲げていらっしゃること

ただただ頭が下がるばかりであった。

気概を持って生きる

私たちもできることは
やっていきたいですね。

総菜コーナーが年々広がるスーパー

2012年11月22日
急いでインクジェットリボンが
欲しかったので
砺波の電機量販店に行った。
インクジェットリボンは
定価だった。
そうか、こういう消耗品は定価なのか。

だないと
どこで儲けがあるかっていう話で
何となく納得して店を出る。

新しくできた
となりのスーパーに足を踏み入れる。

少し前は入り口すぐは
果物野菜で
その向こうが
塩干品、魚、肉、豆腐
と続いていたが
最近は

野菜くだものときて
ガツンと
総菜が来る。

もう向こうまでずっとだ。
お総菜の種類は
年々増えていて
肉や野菜を買う前に

まあ、これでいいか

と思わせるような
戦術だ。

昼直前に行ったので
お寿司の方でくらっときたが
がまんして
目当てのコーナーに行った。

レジで並ぶ。

高齢者の方のカゴに
お総菜が目立つ。

しばらく前からそうだ。

私だって一人になったら
そうなるだろう。

「食事」というのは
複数でないと難しいし
今だってうちの人がいなくて
母と二人だと
余り物か、買い物をしてくれば
お総菜になるよ。

うちの人が
出来合のが
酒の肴に好きじゃないので
作っているので
出来合のでいいと言ってもらえたら
ずっとそうなっているかもしれない。

「作って食べる」

それができることは
やっぱり
価値があることだし
ありがたいことだと思う。

でも
毎日じゃなくていいからねー。

お出掛けしてくれて
ありがとねー。

休まない若者

2012年11月23日
今日のなんまぶの
となりのブースは広貫堂さんだった。

広貫堂さんといえば
薬のイメージしかないが
今は健康にいい食品を
幅広く作っていらっしゃるのだ。

体にいいお茶とか
体にいいコーヒーゼリーとか
パウンドケーキとか
美肌のためのドリンクとか

いろいろな商品を
並べていらっしゃった。

試食させていただいて
おいしかったです。

だから言うわけでありませんが

若者がきびきび仕事をしている。

客席にお茶を売りに行く
社員の人たち。
きびきびしていて
表情が真剣で

怠けていないし
気を抜いていないのが
表情から伝わってくるのだ。

若い人をちゃんと動かせるって
いい会社だと思った。

広貫堂。

明日は商品の写真を撮ってきて
皆さんにも
もっとお知らせします。

あれ、
もう寝ているはずなのに
どうしてブログなんて
書いてるんだろう…。

あふれるほど人がいるのに売れない

2012年11月23日
今日は
富山テクノホールで
グルメフェスタだったかしら

何とかというイベントに
なんまぶを売りに行ってきた。

全国の有名店が集まるこのイベントは
ひょっとして
なんまぶは売れないかもしれない。

有名店目当てのお客さんは
あえてなんまぶを買おうとは
しないだろう。

1年間いろんなところで
売らせてもらって
だんだんそんな見通しも
立つようになってきた。

ということで
今までにない
少ない食数の準備で
行って参りました。

まず場所からして
地元チームは
有名店チームから
遠く離れていました。


とにかく

売れませんでした。




向こうに
元ジャイアンツの有名選手の名が
看板になっているラーメン店に
長蛇の列ができています。

この列は終始
途絶えることがありませんでした。

まん中の通路は
朝一番には
マダムシンコって言うんですか?

そのお店のお菓子を買うのに
ここがびっしり埋まっていて
もうそれは
すごいものでした。

すぐに完売になっていました。
川村シェフの何とかも売り切れていました。

向こうの混み合う様子を
テレビを見るように
ずっと見ておりました。

明日、明後日も
売っております。

もしよかったら
富山テクノホールに
なんなんまぶまぶを食べに来てくださいね。

でも
入場券だけで
400円も要るんです。
やっぱりいいです。

できる範囲で明日もがんばります。

今日は早く寝よう。

喜ばれるお金の使い方

2012年11月24日
わたしは明日は
都合でなんまぶin富山グルメ博
に参加しませんが
明日の日曜日もグルメ博はありますし、
なんまぶも売られます。

富山グルメ博には
全国からの有名店のおいしいものが
100店も集まっています。

書いていますように
わりとゆったりとした時間を過ごしていますので
ぼーっと全体を見ておりますと

行列の出来るお店というのは
限られています。

まず、有名人のお店
そして有名なお店です。

みんなが買いたいと思うお店に並んで
1時間とかを使うより
空いているお店を回った方が
ずっとおもしろいのではないかと
やっぱり思いました。

あ、別に
どうしてもなんまぶを
買ってくれっていうわけじゃなくて。

小林正観さんの
「楽しく上手にお金とつきあう」大和書房
という本があります。

一度書いたことがあると思いますが
お金の喜ぶお金の使い方というのがあって
そのことについて書かれています。

流行らないラーメン屋さん

 私は、おいしいラーメンを食べるために、行列に並んだことがありません。おいしい食べ物を求めてグルメツアーというのもやらない。たとえば、外国まで焼肉を食べにいったという話を聞くと、「リッチだなあ」と思うのが普通でしょうが、私はそうは思いません。
 私は、ラーメン屋さんを選ぶとき、全然お客が入っていないたそがれたラーメン屋さんに好んで入ります。なぜかと言うと、行列ができ一日一〇〇〇人の客が入るラーメン屋さんにとって、私の払った六五〇円は、価値で言うと一〇〇〇分の一。ところが、一日一〇人の客しか入らないような、流行らないラーメン屋さんにとっては、同じ六五〇円が一〇分の一の重みを持つからです。こちらの方が、私のお金はより喜ばれるわけです。喜ばれ方が全然違う。
 1章 心が軽くなるお金の話
   「黄昏れたラーメン屋さんでお金を使う。」
    より抜粋


お金は
お金が喜ぶ使われ方をした人のところに
集まって来るというのです。

空いているお店
でお金を使うと
何となくいい気持ちになって
お金も集まってくる

なんとステキな話ではありませんか。

っていうことで
もしグルメ博に行ったら

地元の出店が並ぶ
ちょっと淋しいコーナーでも
お金を喜ばせてあげてみましょう!

っていう
結局
なんまぶ買ってね
のお願いでした。

マダムしんこ を知らないままに グルメ博終わる

2012年11月24日
今日もマダムしんこには
朝から長蛇の列

となりの射水市女性部商工会は
スタッフがたくさんおいでるので
マダムしんこの行列に並べるゆとりが
あるのだろう。
ブースの奥にマダムしんこの
紙袋がいっぱい並んでいた。
こういうのを役得というのだろう。

わたしたちは
たったの3人なので
一人も抜けることが出来ず
もくもくと
なんまぶを仕込んだ。

残念なことに
今日は昨日より
おいで下さる知り合いが減って
さらに昨日よりも売上が伸びない。

今日は
試食を出すことに決め
ひたすら
みんなで試食を作って
配った。

「売る」というのは
本当に大変ですね。

そういう状況の終わりがけの時に
ゼファーさんが
きてくださって
3個も買ってくださった。

南砺市で売ると持って帰るように
複数個出ることの方が多いのだが
ここでは1個しか出ないので
3個というのはありがたかった。

ブログを見て
きてくださったということで
余計にありがたいではないか。




フェイスブック用に
写真を撮るゼファーさん。

すでにアップしていただいております。
ありがとうございます。

帰ってから
夕飯に
母が作ったブロッコリーを茹でたら
とても甘かった。




マダムしんこのケーキより
こっちの方があまくておいしいと思う。

比べる方がおかしいのは
知っていますよ。

でも
そう思った。

久しぶりの忙しい日

2012年11月25日
今日は朝5時半に起きて
7時集合の
野村満花城生誕125年顕彰茶会

 7:00
 〜
17:00

十時間ですね、
善徳寺におりました。

そのあと帰って
すぐに着替えて
富山市水橋へ

万華鏡の取材です。

帰ってきたのが
22:50と

珍しく
この時間まで
パソコンも触れないような
一日でした。

これだけ時間のないことは
めったにないです。

ていうかこれが
一日に両方ともできるとは
今まで思ってませんでした。

忙しいって
「心を亡くす」と書くけど
たまにだと
かっこよくて好きです。

野村満花城は多才で
茶道具も釜以外はすべて
準備できるほど
手に掛けられた道具は
多岐に渡っています。


吉村社中の軸

「夢」




やさしくて
ほんわかしてて
だれでもファンになりますよ。


今日は弁当は要らない

2012年11月26日
うちは外仕事で
夏の暑い盛りは本当に大変なのだが

気温が下がって雨や雪が降る
今の時期も大変なのだ。

昔に比べて現場は減ってきているうちの人だが
今日
現場に行くのに

弁当は要らない

と言った。

天気予報では今日は終日雨。

昼に
現場の都合で
車まで戻ることができない。
雨の中で昼をとることになるので
おにぎりより
パンの方がいいからと
コンビニで買っていくつもりなのか
弁当は要らないと言った。

こうやって
仕事をしてもらっているおかげで
私は
ご飯を食べることができ
ブログを書くことができる。

ここではこう書いてますが
もっと直接
感謝の意を示さないとね。

明日は
昼に車まで戻れるのか
弁当要るから
と言っていた。

がんばって作らないとね。

ありがとうございます。

つまみ食い

2012年11月26日



きのうの茶会の
菓子箱です。

ちょっとおもしろいなと思って
フェイスブックにこの写真を載せたら
そおっとつまみ食いに来ているみたい
と書いてくださる方がいて
なるほど
と思いました。

ひょっとして満花城さんかも。
いや、
満花城さんは
そんなことはされませんよね。

先生は
義叔母様の形見の
満花城さんの帯をお召しでした。




ざくろです。

満花城さんは
帯の柄を描く時も
お召しになるご婦人の体型を考え
図案を考えられたとのこと。
細やかな配慮をして
仕事をなさったとのことです。

手のモデルができるぐらい
手の美しい方だったといいます。

先生がお客様に
満花城さんのことをいろいろ
お話しになっていて
襖越しに耳をたてて聞いていました。

満花城さんの帯をお召しになった
お客様も何人かあり
お目にかかったという方もあり
楽しい会話が
行き交っておりました。




お手伝い下さったかたも
満花城さんの帯。
リバーシブルだそうです。

今見ても新しくて。

持っていらっしゃる方が
うらやましい限りでした。

迷惑メールについての事務局からの返事

2012年11月27日
11月20日(火)に
いのさんに言われたので
事務局に迷惑コメントは何とかならないでしょうか
とメールしました。

その返事が来ましたので
これはみなさんお困りだと思うので
載せておきますね。

なんとーe.comをご愛顧頂きありがとうございます。
さて、表題の件ですが、
迷惑メールの対策は元々各個人で行ってもらう事になってます。
例えば、
ウィルスバスターの迷惑メールフィルターを使う
メールソフトでフィルターを設定して駆逐する
Gmailでフィルター設定して受信する
など対応してみて下さい。

今後もブログをよろしくお願い致します。

  なんと-eユビキタスネットワーク協議会


ということです。

セキュリティのメールの項目を見たのですが
ちゃんとONになっているし
細かい設定をどうにかしなければ
いけないのでしょうが

結局今のところ
それ以上どうしたらいいのか
わかりません。

誰かが
何かを教えてくれるのを
待っているみたいなことです。

わやくな選挙

2012年11月27日
7時のニュースで
滋賀県の嘉田知事が
新しい政党を立ち上げたことが
トップニュースに入った。

知事とか市長というのは
わりにゆとりがあるんだろうか。

政党を立ち上げるって
大変なことだと思うのに
首長がやってるって
地元の人たちはどう思ってるんだろうか。

まあそれはいいとして

うちのお母ちゃんが
今日のニュースを聞いていて

今度ほどわやくな選挙ないわ
どこに入れりゃよいやら
なんわからんわ

と最も至極なことを言っていた。

原発 TPP 消費税

この3つは石原さんに言わせれば
小さな事ということで
そうかもしれないが
でも選ぶ基準にはなる。

それが
この3つが自分と同じになるところが
以外とないのだ。

1/2×1/2×1/2=1/8

政党はもっといっぱいあるので
1個ぐらいありそうだが
それがないのだ。

嘉田知事は
新しい政党とおっしゃっていたが
看板が新しくても
中身が今までと一緒だったら
やっぱり
そんなに代わり映えしないじゃん
と思ってしまう。

この前
橋下市長がみんなの党に
立候補者をじゃんけんで決めればといって
渡辺さんが怒っていたが
それを聞いていたうちの母は

全部じゃんけんで決めりゃいいがに。
そうすりゃ楽でいいわー。

と言っていた。

確かに。

とにかく
小選挙区は見直した方がいいみたいですよね。
訳がわからなくなってます。

南砺男子すごいじゃん

2012年11月27日
至る所で
盛んに宣伝されてて
そうなると
見たくなくなる性格なのだが
NHKのニュースが終わって
チューリップテレビに入れたら
やっぱり地元は
吸引力がある。

コーナーが終わるまで
ずっと見てしまった。

南砺市の男性陣がんばってましたね!

ほんとにみんなかっこよかったよね。

たくさんのカップルが生まれてたけど
旅行中の
特殊な中での恋だから
スキーに行って好きになるとか
海に行って好きになるとか

遠距離恋愛も多そうだし
あとが大変だろうな
とは思いますが

南砺男子のがんばりに
明るい未来を見たような気がしました。

ありがとうございました。

選んでいることはすべて正しい

2012年11月28日
きのうの南砺市のお見合い番組を見ていて
みんないい判断をしているなと
思った。

何人も気になって
迷っている人もいたが

最後に選ぶ人は
見ていて
やっぱりな
というか
お似合いな人を選んでいるなと
思った。

直感というか
その時に決める判断というのは

それまで生きてきた
すべての時間
すべての経験を通して
選んでいるのだ。

何気ない選択のようで
ひとつひとつの選択は
これまでの人生すべてを賭けて
選んでいるのだから
いいも悪いもいいようがない
そうなるべくして
そう選んでいるのだ。

だから
間違いのない選択

かといって
自分がどうだったかと言えば
やっぱり間違いだった?

わたしは知り合って
3週間ぐらいで
結婚を決めて
3ヶ月後に結婚した。
時期的にあせっていたということもありましたが。

今から26年も前のことなので
だいたいですが。

それで
今まで保っているんですから
まあ
そういうことですね。

政治家に気をつけろ

2012年11月28日
超訳「ニーチェの言葉」白取春彦編訳 ディスカバー

最初についている
「超訳」の「超」が今どきふうで軽いが
ニーチェの本のいいとこどりだし
1ページにちょびっとしか書いてないので
読みやすい。

いつかは死ぬのだから
 
死ぬのは決まっているのだから、
ほがらかにやっていこう。
いつかは終わるのだから、全力で向かっていこう。
時間は限られているのだから、
チャンスはいつも今だ。
嘆きわめくことなんか、オペラの役者に任せておけ。
    
             『力への意志』


というような
前向きで
明るい気持ちにさせてくれる
文章がたくさんあります。

反面
厳しい書き方もあって

政治家に気をつけろ

 自分の回りに有能な人々や有名な人々を置くことによって、自分をいっそう目立たせようという下心を持っている人間がいる。そういう人間を警戒しよう。たとえば政治家がその典型だ。
 政治家は、有能そうに見える人々、世間で名前が広がった有識者や有名人を好んで自分の周りに置きたがる。そしてなにがしかの仕事を手伝わせるのだが、それは政治をしやすくするためではない。自分の空っぽさをカムフラージュさせるためなのだ。つまり、自分が主役となるために、次々に人を利用するのだ。

           『悦ばしき知識』


政治が有名人に近づくのは
常套手段になっていて
そんなこといったら
誰も選べなくなるじゃん。

でも
大事な点を突いているのは
そうですよね。

選挙も近いので
ちょっと書いてみました。

悲しい五木の子守歌

2012年11月29日
三味線の練習曲に
五木の子守歌が加わり
過日に楽譜をいただきました。

楽譜の下に
五木の子守歌の歌詞が書いてあります。

おどま盆ぎり 盆ぎり
盆から先ゃ おらんど
盆が早(は)よ来(く)りゃ 早よもどる


というあの歌です。

盆が来たら
奉公が終わるので
早く盆が来ないかな
ということですね。

2題目は


おどま かんじん かんじん
あん人達ゃ よか衆(し)
よかしゃ よか帯 よか着物(きもん)


おどまは「わたしたち」
かんじんは「物乞い、貧乏」
という意味のようです。
私たちは乞食のようだけれど
奉公先の家の人はいい着物を着ていて
いいなあ
ということのようです。

そして
3題目です。

おどんが うっ死(ち)んだちゅて
誰(だい)が泣(に)ゃてくりゅきゃ
裏の松山ゃ 蝉が鳴く


自分が死んだからといって
誰が泣いてくれるだろうか
蝉が鳴いているだけだ

と悲しい歌詞です。

そのあとも

おどんが うっ死(ち)んだば
道端(みちばちゃ)埋(い)けろ
通るひと毎(ご)ち 花あぎゅう


私が死んでも墓参りしてくれる人などいないので
道ばたに埋めてほしい
そうすれば通る人が花をくれるだろうから

花はなんの花
つんつん椿
水は天から 貰い水


と続きます。

五木の子守歌

には解説にこのように書かれています。

 当然、彼らの生活は食うのがやっとで、子どもたちは7、8歳になると、口減らしのために、人吉や八代の豊かな商家や農家に奉公に出されました。奉公とはいうものの、「食べさせてもらうだけでよく、給金はいらない」という約束が普通だったといいます。
 食べさせてもらうといっても、家族とは違う粗末な食べ物しか与えられず、子守りだけでなく、さまざまな用事をさせられました。女の子の場合は、無道ないたずらをされることもあったようです。
 毎日の生活は、7、8歳から10歳前後の子どもが死を思うほどに、きつく、辛いものでした。
 子どもたちは、そうした仕事の辛さや望郷の思いを即興的に歌うことによって、わずかな慰めを見いだしました。こうして成立したのが、『五木の子守唄』です。


今の子どもたちも
つらいところはあるでしょうが
戦前のこのような状況とは
比べものになりません。
ついこの間まで
子どもたちの現実はこのように過酷でした。


おどんが うっ死んだちゅて
だいが泣ゃてくりゅきゃ


これが耳にひっついています。

私が死んだら誰が泣いてくれるだろう
私が死んだって誰も泣いてくれない

今の時代でも
つらいときは
ついついそのように思ってしまうことが
何度かあるように思います。

だからこの歌が
心に響くのでしょうね。

え?五木の子守歌を知らない?

2012年11月29日
五木の子守歌を
仕事をしながらも何となく
口ずさんでしまう午後。

花は何の花つんつんつばき〜♪

私が歌を口ずさむと
となりにいるまほろばちゃんの耳に
インプットされてしまい
まほろばちゃんの頭の中で
ぐるぐるそのフレーズがまわって
迷惑がられることがあるのだが

私が
何回か五木の子守歌を口ずさんだあとで
まほろばちゃんは

「この曲は知らない曲だから
 頭に残らないよね」

と言った。

え?
まほろばちゃん、
この曲知らないの?
日本を代表する子守歌を?

たった一回り違うだけで
この名曲を知らないなんて
信じられない気がしたが
知らないものは知らないらしい。

リハビリに行って
歴史に詳しい
担当のハセダ先生に
五木の子守歌知ってませんかと
ひと節歌ってみたが
やはり知らないとのことだった。
いくら歴史に詳しいとはいえ
33才では無理なのか。

五木の子守歌を
知っている知っていないは
何歳ぐらいで
線が引かれるのだろうか。

いやー
若い人がこの曲を知らないのは
本当に残念だ。
この哀愁のある名曲を
歌い継いでいきたいものです。 

熱湯玉露

2012年11月30日
なぜ
私が五木の子守歌を
日本の常識ぐらいに思っていて
若い人が知らないのか

いのさんの分析は
さすがという他ない。

確かに音楽の教科書に
載っていたような気がする。

だが美空ひばりの哀愁波止場と
ボンカレーの替え歌は
ちょっと思い出せない。

記憶の奥深くに染みこんでいるのだろう。

よっちさんはご存じないとのこと。
ベオさんは
私より少し年下なのだが
ベオさんも
古いことに詳しいので
同じ年代の人が知っているとは限らないので
もう少し情報を集めてみよう。

ということで
お茶を一服。
今使っているお茶が
「熱湯玉露」




本来玉露は
60〜70℃ぐらいだったかしら
温めのお湯で入れないと
熱いお湯で出しても
渋みが出て
美味しいお茶にならないらしい。

しかし
お茶は熱い方が美味しいし
もたもたと冷ます時間もない家庭のために
「熱湯玉露」
というお茶が開発されたのだろう。

確かに熱いお湯で入れても
良く出る。

ただ
このお茶を
「玉露」と呼んでいいかは
少し疑問が残る。

でも
うちのようにあわただしい家にはピッタリで
価格的にもピッタリで
玉露でなくてもぜんぜんいいです。

「熱湯」と「玉露」を
結びつけて
言い切る
少し厚かましい
ユーモアセンスもイケてると
ご紹介した次第です。

作者 : はれあたま

 かなり生きてきて、でも、生きてきた中で今が一番楽しい気がしています。ブログに参加することでもっと楽しくなればいいなと思ってます。

2014 年
11
12
2013 年
2012 年
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
1
2
3
4
5

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。