nanto-e.com archive

はれあたまダイアリー

いつも楽しく読ませていただいてきました。ちょっと自分でもやってみようかと思いました。

最後から2番目の婦人会

2013年03月01日
きのうは婦人会総会の資料作りで
三役と支部長以上が集まった。

班長全員だと20人ぐらいになるのが
8人と少なくて
テーブルの距離も近く
話がしやすい。

今年1年
敬老会の出し物とか
麦屋パレードとか
地元の文化祭でも踊ったし
ゴミは拾ったし
権次郎祭りは手伝ったし
運動会でもがんばったし

行くのを忘れていたり
出席できなかったり
遅刻したり
提出物を忘れたり

そういうのを
まあしょうがないねと
許してもらったり
許したり

時々は
美味しいものを食べながら

1年間をいっしょにやってきた仲間だ。

だから話が近くなる。

ひとり、来られなかった人がいて
その人の分のレジメに
総会の係の分担やなんかを
ナカシマさんがちゃんと書いてくれていた。

休んだ人は私のとなり地区なので
私が書くべきだったのかもと思い
ナカシマさんに、ありがとう、とお礼を言った。

ナカシマさんは謙遜して

「きたない字で申し訳ないけど」

と言われたので

「きたない字でもぜんぜんかまわんよ」

と言ったら

「そこは違うやろ、
 『なーん、きれいな字やよ』
 言わんにゃ」

とスギモトさんが
ちゃんと突っ込んでくれた。

もうすぐ終わりの安堵感と
あいさつとか、進行とか、人前で話す不安と

混じり合った

ほぐれた

最後の夜の婦人会。





桜あんとアーモンド

2013年03月01日
おひな様を飾ってたので
いつ来てもいいですよ。

雛日。

雛日に備え、
また、雛日を過ぎても一向に美味しいと思いますが

たこ楽から今年も

桜たい焼きが来ました。




どうです?
この格調の高さ。

桜は
このぐらいのお嬢様風が。

ほどよい甘さがうれしいし。

ローラさんのリトルハーフパイントは

アーモンドクッキーが新登場。





この写真
かっこいいし。

ということで

FB商品じゃないけど
なんと新商品コーナーでした〜!

親の影響

2013年03月02日
娘から電話があって
自動車学校の実技教習で
なにかをしくじったのだと言った。

スピードが出なくて
ダメだったらしい。

いつもスピード出し過ぎで
ご迷惑をかけている私には
信じられない。

自分と娘との性格の違いに
驚いてしまうことがよくある。

この間東京で見てきた会田誠
脳科学者の茂木健一郎が
テレビのトーク番組で話していた。
(だいたいそれを見て美術展も見に行ったんだけど)

会田誠には11才になる息子さんが
おいでるそうだが
パソコンにはまり込んでいるらしい。

父親の会田誠は
むしろパソコンは人をダメにしていくと
憎んでいるぐらいで
「外で遊ぼう」とか
なるべくパソコンから離そう離そうとしていたのに
行っちゃいましたね、
と言っていた。

茂木健一郎は
アメリカの何とかという研究者が

親からの子どもへの影響は統計的に見て
ほとんどないことがわかった

と発表したと言っていた。

子どもは「神さまからの授かりもの」と言うが
たまたまある魂がうちにやってきただけで
「授かりもの」というより
「預かりもの」と言った方がいいかもしれない。

と思うぐらいに
子どもの人格は親とは別と
思うことがあります。

だが一方で
佐渡裕に参っている私は
この言葉もとても響くのだ。

 殊に母親は、日本国憲法とは関係ないところに生きている「絶対」です。
 母親が言う、「こういうことをしたら、あんた、人は気持ちよく感じへんやろ」という言葉。これは私には全てです。
 この言葉があれば、私はイタリアに行こうがヨーロッパ内を旅行していようが関係ない。どこにいても関西弁でずっと喋っていられるし、自分が変わらずいられてその場を楽しめる、すごく大事な教えのような気がします。
 考えてみれば、今回私が語った音楽における「幸福の基準」は、幼い頃からの母親の教えを通して身に付けたものといって間違いありません。
 千数百年の歴史をもつ京都という街で、母親の厳しい教育を受けた少年時代。あの日々があったからこそ、たとえヨーロッパで暮らしていても指揮するオーケストラが変わっても、私の軸はぶれないのです。
 母は今でも、ファンの皆さんからいただいた手紙を大切にしなさいと口にします。
 私が京都で演奏する時は、父親が、母親が手作りした、両手に持ちきれないほどたくさんのお菓子やお寿司をオーケストラのメンバーに差し入れてくれます。
 人を喜ばすこと、人の気持ちを大切にすること、人をワクワクさせることへの思いが誰よりも強い人なのです。
  
  「感じて動く」佐渡裕 聞き手 辻秀一
              ポプラ社


佐渡裕さんの
器の大きさをつぶさずに
そのままに育てた
お母さんは
ほんとにすごい人ですよね。

わたしは
ぶれぶれの軸しか
与えられなかったし

「預かりもの」と思って
自分との違いを楽しんでいくしか
ないのですが。

いっしょに暮らすとなれば
またあーだこーだ
言いたくなるかもしれないなあ。




   「考えない人」会田誠



「おめでとうございます」

2013年03月02日
今日も婦人会の会場作りで
地区公民館へ

次期会長のタカザワさんも
来ておいでた。

タカザワさんは
ゆかたーずで一緒のタカザワさんで
メールの交換はあったけど

会長が決まって
顔を合わせるのは初めて。

今度、大変やね、とタカザワさんに言った。

タカザワさんは

会長が決まった日にうちに帰って
お母ちゃんに言うたらどう言うたと思う?
「おめでとうございます」
やぜー。

タカザワさんはわが家と同じで家娘で
お母さんとも仲がいい。

お母さんが「おめでとうございます」
と言われたのは
皮肉でもなんでもなく
がんばりなさいの意味を込めての
おめでとうなのだ。
そういう立派な方です。

考えてみれば
選挙で選ばれるというのは
信任が厚いからだし
喜ぶべきことのはずだ。

市会議員選挙以上だと
ほんとのおめでとうなのに
ボランティア系は
いつの間にこんなに
ウヘェー系になったんだろう。

とにかく
四の五の言わず
さっぱりと引き受けた
タカザワさんとセガワさんをたたえて
それと前任の
チカガワさんとアゲミズさんをたたえて
みんなでさくらたい焼きで
お茶しました。

あ、桜たい焼き、ピンクでした!
もちもちであんこと皮の比率もちょうどよく
美味しかったです!






自分にはいいが、家族にはもったいない

2013年03月03日
今日の昼は
婦人会お疲れさまでしたの食事会で

ランソエイエへ。

サツマイモのポタージュの後に出てきた
ミニ前菜





きれいですね。
ウニがはみ出て乗っていますが
となりになったタニダさんが
ウニがあまりお好きでないとのことで
いただいちゃいました。
ラッキー!

私は好き嫌いがないので
何もあげられないけどと
一応言いましたが
別にいいよ
とのことで
おいしくウニをいただきました。

帰り際に会長さんが
今度またご家族でいらしてください
とおっしゃいました。

乗り合わせた帰りの車の中で
「家族で来ると最低2万…」
だれかがつぶやきます。

こういうおいしいコース料理は
自分が来るのは
時にはご褒美として当たり前のことで
いいことです。

しかし家族となると…

子どもには少しぜいたくかも。

夫なんて、飲んでればいいんだから
繊細な味はわかるはずもなく
こんなコース料理は限りなくもったいない。

年寄りだって
煮物とかこんなにたくさん食べられんかもしれんし。

という風に
自分こそが
自分だけが
食べるのに相応しい人間に思えるのです。

と思っている人が
私だけでないのか
こういうお店は
いつも女性で賑わっているのです。



持って生まれたもの

2013年03月03日
「感じて動く」佐渡裕 聞き手 辻秀一
              ポプラ社





この本の中に心にひっかかる
一節があった。
 
 とはいえ、そんな私の歩みを振り返って、「佐渡さんは運がいいんだよ」とひと言で済まされたらそれでもうチャンチャンです。それは音楽でもスポーツでも同じで、「イチローは特別だから」といった瞬間に面白くもなんともない結論になってしまいます。そうではなくて、絶対にイチローの中にも私たちが真似できるもの、日常の中に使えるものがあるはずです。そういうメッセージをスポーツや音楽から引き出していくということこそがすごく意味のあることじゃないですか。
(中略)
 それに関しては、私はもうはっきりしていることがあります。その時点時点で、選択することに関して必要なのは「勇気」です。やはり勇気がある者にだけ運をつかめるチャンスがある。
 これはもう随分前から私はそう思っていました。何でこんなに自分に運がついているんだろうと。で、そこには確かに「求める強さ」というのが私にはあるような気がします。何か自分がこのことをしたいなと思ったら、それを手に入れるためにいろいろな犠牲が起きたとしても、私は絶対にそれをなそうとします。それをなし得たいという強い「思い」がいっぱい湧いてくる。それは私が生まれつき持っているものなのか、親から与えられたものなのかは分かりませんけれど。かなり小さい頃からそういうものを持っていたことは確かです。

  「感じて動く」佐渡裕 聞き手 辻秀一



そうか、やっぱり「勇気」かー。
勇気なかったもんなー、

ちょっと自分の人生を振り返って見る。

自分の人生はさておいて

思うのは
万華鏡253号
(今度出る号ね)
取材させていただいた
友咲貴代美さんのことだ。

緑の繭をウォーキングの途中で拾い
すぐにネットで調べ
その日のうちに見に行きたいと電話
師匠が亡くなって
「がうん天蚕の会」を立ち上げる。

開墾(簡単じゃないのよ)、糸にすること、
製品化、学会で発表、エコツアーとの提供と、
すぐ調べ、すぐ動き、
人を惹き付ける。

こういうのは
生まれてから
「育つ」力じゃない。
そんなやわな力じゃない。

「求める強さ」は
神さまからか、先祖からか、
選ばれし人の
とにかく
賜り物だ。

自分が賜ってないからといって
そんなにがっかりしないのも
年の功かもしれない。

でも
自分の範囲で授かった力は
きっちり世の中に
お礼をして帰っていきたいものですね。

「ウンチ」と「おしっこ」にしよう

2013年03月04日
下ネタです。
一応お断りしておきます。

あまり慣れないトイレで
ウンチをするハメになることがある。

ウォシュレットの配列が微妙に違う。

なので
ウンチをした後なので
お尻を洗うのに
「おしり」のボタンを押すべきところを

不慣れな場所でウンチをした後ろめたさからか
見慣れない配列のせいか

「おしり」でなくて「大」を
押してしまった。

あーあ、おしりを拭く先に流してしまったので
2度流しの無駄をしてしまった。

ということがあったのだが

ふとウォシュレットを見ていて
長年の引っ掛かりを思い出した。

お尻を洗うのが「おしり」ボタン
尿道出口、および膣出口を洗うのが「ビデ」ボタン

「おしり」は洗う箇所の表示
「ビデ」は洗う器具の名前の表示。

バラバラやないかい。

箇所なら箇所で、器具なら器具で、
統一せんかい。
日本語があいまいになるやろ。

ということだ。

だが

「肛門」
「膣」or「尿道出口」

というのは
子どもが字を読めないかもしれないし
トイレに入るたびに毎回みたい文字でもない。

なので
すっきりと

「オシッコ」
「うんち」

ではどうだろう。

とてもいい考えだと思うのに
フェイスブックでは
きとくな方だけがイイネ!ボタンを
押してくださる。

まだまだだ。

愛らしいおひな様

2013年03月04日
砺波養護学校の中学生の皆さんと
2学期から
一緒にダンスを踊ってきました。

最後の日に
私へのご褒美に
みなさんの手作りの品を
たくさんいただいたんです。

一筆箋とかストラップとか
マグネットとか
かわいいのばっかりで、
そういうのもらうと
うれしいんですよねー。

ひな祭り付近だったので
ひなグッズも。

そのうちのひとつがこれ。




素朴なおひなさまの表情が
とても魅力的です。

このふたり仲良さそうだし。

やさしい人でないと
作れないよね。
ありがとうございます。

パソコンの横に置いて
楽しんでいます。

親死なず

2013年03月05日
先日から娘が電話で

顔が半分少しむくんで痛い

と言ってきた。

顔のことなので心配になる。

中耳炎だろうかと
とりあえず
病院に行くことを勧め

昨日行ってきたところ
異常はないとのことで
虫歯や不正咬合が原因のこともあるので
とおっしゃったので
今日は歯医者に行ってきたとのこと。

原因は
親不知(おやしらず)だそうで
まだ顔を出していないけど
出ようとしている痛みらしい。

ひどい人は顔半分がぽんぽんに
腫れる人もあるという。

とりあえず原因が分かって
痛みも和らいだようだ。

親不知

つまり親が死んだ後に生えてくるから
親知らず、ということですよね。

だから
昔なら
もう死んでいても不思議でない
年ということになる。

私は今55才なので
この地域の平均寿命でいうと
若い部類に入る方ではないか。

親知らず、でなくて
親死なず、になっている。

でもまだまだ
がんばることがたくさんあります。

がんばります。

子どもに戻る

2013年03月06日
娘がきのう帰ってきて

二日遅れだけど
ちらし寿司を作った。




久しぶりなので
えーっと何を入れるんだっけ?
と考えながら
作りました。

娘が美味しそうに食べてくれて
何よりでした。

今日
夕飯を食べていたら
母が
食べ物が胸に詰まったとかで
苦しそうになった。

母が
苦しそうになると
私の心は
子どもの心になる。

お母ちゃん大丈夫?
お母ちゃんどこへも行っちゃいやだよ。
お母ちゃんがいないとダメだよ。

幸いにして
すぐ元に戻ってくれて
安心したんだけど。

先日
城端で
急になくなった方もあり

今一瞬でも
元気で
家で過ごせることを
母と
ありがたいね
と喜びました。

びっくり効果

2013年03月06日
気になることがあって
去年のノートを引っ張り出してみていたら

貼り付けてある
常磐ハワイアンリゾートに行った時の
華やかなパンフレットが目に入った。

それと一緒に
「温泉を上手に利用して健康発見」
とタイトルが書いてあるレジメがあって
ああ、そうそう、と
温泉の話を聞いたことを思いだした。

温泉は

「鮮度」が大切なのよ。

温泉は
地下の深ーいところでぬくぬくと
安定していたのを
地上に引き上げられて
えーーっっ!とびっくりして
不安定になる。
その不安定から
安定した状態に戻ろうとする、
そのエネルギーが
人体への刺激となり自然治癒力を
高めるのだそうだ。

だから
温泉こそ
堀りたて新鮮が大切らしく
時間が経ったお湯は
そういう効果がなくなってしまうとのこと。

だから
人も
新しい経験をしたり
旅に出て新しいものを見ると
刺激を受けて
不安定になって
エネルギーを出すのかもしれないね。

新しい経験をするって
大事なんだね。
でも
日常を繰り返すばかりで
そうそう新しい経験なんてないさ
と思うときもあるけど
それでも普段の生活の中から
なんかちょっと
新しさを見つけていくしかないよね。

ブログを書くって
「新しさ見つけ」に
とても役立ちますよね。

ブログばんざい!

町で買おう 町で食べよう

2013年03月07日
訃報が
とても身近だ。

年をとったせいなのか
存じ上げる方が今日も
というふうに続く。

人が減っている。


町中で小売業をやっていらっしゃる
みなさんは
勇者です。

町で買いましょう。

知っている人にお金を使うと
お金が喜びます。

お金が喜ぶと
友達を連れて
また来てくれますよ。

町で買いましょう。

ガソリン代もお得ですよ。

町で買いましょう。

トータルでは
その方がずっとお得。

町で食べましょう。

美味しいものがたくさんありますよ。

町で買いましょう。
町で食べましょう。
町で買いましょう。
町で食べましょう。
町で買いましょう。
町で食べましょう。
町で買いましょう。
町で食べましょう。

春なので
「いちめんのなのはな」調に
してみました。

春ですね。

イケメン

2013年03月07日
「イケメンやった
 終わってしまった…」

と娘がつぶやきました。

先日
娘が歯科に行った話を書きましたが
その歯医者さんには
2年から半年に一度定期健診に
行っていた歯医者さんでした。

だから
先日診てもらったのが
最後だったというわけです。

歯なんて
腕が大切で
イケメンとか関係ないじゃん
と思っていましたが

今日
わたしが
初めて行った歯医者さんで
診察に当たってくださった
先生が
イケメンでした。

当然お若い方です。

瞬間
腕なんてどうでもいいと思いましたね。

イケメンの方が大事でした。

どうして
こんなに弱いんでしょうか。
わたしがイケメン好きだから
周りの女子もイケメン好きなんでしょうか。
それとも
女子って
みんなそう?

大事な家族

2013年03月08日
「もう一回読もう」

夕方のさっき、そう言って
母は新聞を開いた。

朝ご飯を食べているときに
「そうやなー思うこと書いてある」
と私に読んで聞かせてくれたのは
今日の新聞の投書欄の記事だ。

今年の凍ったツルツルで
外で滑って転んで
尾てい骨にひびが入ったという
女性の話。

救急車で運ばれて
病院でひびが入っていることが分かり
入院を勧められたが
家にいる夫とネコが心配で
結局
家に帰って来たという話。
帰っていくと
待っていたようにネコがまつわりついてきた
とあるのも
うちでも
母が帰ってくるとほんとにそうなので
うれしそうに読んでいた。

今3月に娘の卒業式があるのだけど
結局母は
ネコが心配だからと
行かないことになった。

私もあれこれと
ふわふわしていて
父が亡くなってから
母も出かける人ではあるけど
それでもやっぱり一人で過ごすことが多くなった。

ネコは大切な話し相手だ。
とくに母にとっては。

2匹とも
だんだんいい年になってきた。

長生きしてほしいよね。








何てったって 巨人と自民党

2013年03月08日
寄り合いから帰ってきたら
WBCは2対0と
日本が台湾に負けている。

母と遅い夕食の夫とテレビを見ていて
私も混じる。

うちは
母が巨人ファンで
夫がヤクルトファンで
私がドラゴンズファンです。

だが
WBCとなると

巨人選手が打席に立つと
やっぱり巨人選手って
頼りになる感じがするんだよねえ。

やっぱ

巨人だわ。
ファンじゃないけど
実力だよね。


自民党だって
さすがだよね。

けんかしないもん。
内輪で。

国会中継だって真剣に聞いてる訳じゃないけど
ときどき聞こえてくる、

安倍首相の

「結果が全てですから」

という答弁も
高ピーで
うわーと思うけど、

やっぱり
結果を出せることはすごいよね。

アメリカのエネルギー革命の波が
ちょうど来てるのも
運の強さかもしれませんね。

ということで

母の前で

がんばれ巨人!
やっぱり巨人!

と初めて
応援した今日であります。

イケメン

2013年03月09日
きのうのWBCの試合を見ていて

母が

一番先に投げたが
どういう人やったけ?

と尋ねるので

ああ、阪神の能見

と答えた。

ああ、阪神の人か。

あんまり調子ようなかったけど
イケメンやさかいいいわ。

と母は言った。

いくつになっても
イケメン好きはおなじです。

歯医者さんイケメンの話を
この前の昼飯時に母に話をしていたので
それを受けての
母のイケメン好き表明でした。

またしても仲のいい夫婦

2013年03月10日
今日は
ある会の総会で
めでたく平穏に総会は終了し
夜は打ち上げとなった。

わたしが
アルコホーリックドリンクを
嫌いでないことを
会のボスだったAさんは察してくださって
家まで迎えに来てくださった。

Aさんのご主人が
Aさんの一年間の労をねぎらって
今日は運転手をしてくださるとのことで
ご主人が運転して
迎えに来てくださったのだ。

前から

うちのだんなけっこういい男ながいぜ

というのを何かの時に
聞いたのを覚えていて
それを思い出して

道路に出て
迎えを待ちながら
お目にかかるのを楽しみにしてたのだが

お目にかかってみたら
本当に
いい男だった。

や、いい男っていうのは本当ですね、

とAさんに言ったら

そうやろ〜、
この間結婚写真が出てきて
見とったがいけど
もっといい男やったがいぜ〜

と明るく笑う。

お店に着くまでも
彼女は
ありがとう
とか
そうやねー
とか

肯定的な言葉で
ご主人との会話をつなぐ。

二日続けて

夫育てのうまい妻

に出会ってしまい
敗北感に
うちひしがれる。

もう少し
やさしい妻になろうと

思いました。

モネの睡蓮

2013年03月10日
きのうは
万華鏡の取材で
マンテンホテルの総料理長に
お目にかかってきたのだが

総料理長の奥様が
偶然にも
昔スキーの大会で一緒になって
文通をしていた
人だった。

ご自宅にお邪魔したのだが
ご自宅は
レストランに改装されていて
油絵を描いたり
オブジェを作るのが好きな
彼女の作品で
シックにまとめられていた。

結婚して
アートが好きな彼女は
美術展にしばしばご主人を誘う。

作品を見てもわからないし
何がいいのかと思ったが
とにかく見ることが大切と
彼女に誘われるまま
美術館や美術展に足を運ぶ。

ある日
やっぱり彼女に誘われて
高岡の美術館に足を運ぶ。


モネの「睡蓮」を見たとき
ご主人は
初めて
絵のすばらしさに
足が震えたという。

だから
見続けることが大事なんですよ、
とおっしゃっていた。

互いに尊敬しあい
よい影響を与え合う
夫婦ほど
崇高なものはありませんね。

日常を切ろうね

2013年03月11日
3月は忙しいことを
今頃になって気が付いた。

総会だとか
寄り合い関係は
来期との狭間にある時期で
けっこうボリュームがある。

確定申告だとか
仕事だとか

3月はもやもや。


会合を忘れたり

書類はちっとも捗らなかったり。

あ〜、ごめんなさい。

やっぱり

三味線のお稽古に行こう!

気分を切り替えよう。

日常をパスッと忘れて
三弦を
爪弾いてこよう!

行ってきます!

頭の中のお礼状

2013年03月11日
頭の中の礼状1

この間の発表
すばらしかったですね。
ユーモアもまじえて
農家レストランの開設に至るまでの御苦労が
とてもよくわかりました。
今度行きますと言いながら
まだ行けてないのがほんとに残念です。
今月中には絶対行きたいです。
楽しい時間をありがとうございました。

頭の中の礼状2

先日は楽しいお話しを聞かせていただき
ありがとうございました。
まさか、総料理長の奥様がNさんとは。
名字は一緒だったのでもしかして親戚かも…
ぐらいは思ってましたけど。
自分でお作りになった作品が
飾られているレストラン。
ドラマみたいにかっこいいもん。
今度是非食べに行きます。
今回のご縁があったことを本当に嬉しく思っています。
ありがとうございました。


頭の中の礼状3

きのうは本当にありがとうございました。
1年間大変なこともあって
それでもこうやって
みんなで楽しい時間を持てるのは
どんなことにも感情的にならずに
落ちついて対処してこられた
Fさんの力量のおかげです。
その上にわたしが花束までいただいて
お気遣いに心より感謝しております。
イケメンのご主人によろしくお伝え下さい。


って
ここに書かずに
書けばいいのにね。

まだ
ハガキの上のリアルな文字になってません。

残念。



患者は育ってたよ

2013年03月12日
今日は2度目の
新しい歯科医院。

前の近川歯科医院で
歯周病のチェックとクリーニングを
お願いしていたので
今度の病院でも
お願いして
今日は1回目の検査だった。

「いっぱい治療していらっしゃいますけど
 今はそれなりに保っていらっしゃいます。
 安定した状態です」

の後に

「近川歯科医院から来られた方は
 しっかりしていらっしゃいます。
 自分の考えをちゃんとお持ちですし」

と言われた。

歯科医院をやっていた
従兄弟が亡くなって
今の歯医者さんに来て
そう言われた。

従兄弟が目指していたのは
そういう歯医者さんだったのだと思う。

患者がケアを大切に考え
自分で考えて
歯の健康に取り組める
そういう患者さんを目指していたのだと

そして
その通りになっていたのだと

ちゃんと
ほめてもらったよ


心の中で従兄弟に
報告した。

娯楽妻

2013年03月12日
芸暦80年にもなろうかという
中村メイコさんが
お昼のトーク番組にお出になっていた。

脱色系の茶髪でベリーショートに
2カ所がとんがった今どき帽子
カントリー風なゆったりした服装で
雰囲気は相変わらず若々しい。

父親にね
それこそ生まれてすぐから
おまえは涙は似合わないよ
と言い聞かせられて育ったんですよ。
ずっと言われるものだから
物心着いた頃に
「どうしてわたしは涙が似合わないの?」
と聞いたんです。
「(間を置いて)
 美人だと涙がほほをつたっても絵になるけどねえ」
と言ったもんですから
ああ、わたしは
美人じゃなくて
おもしろい方の顔なんだと
わかって
おもしろくしてきたんですよ。


夫と結婚して
夫にどうして私と結婚したの?
と聞いたらね
「(間を置いて)
 娯楽の少ない時代だったからなあ」
って言ったんですね。

あ、じゃわたしは「娯楽妻」なんだと。
一日一回は笑わせるようにしてきたんです。


淡々と、おっとりとした口調は
いつみてもステキだ。

一日一回笑わせる。
素地がないとなかなかむずかしいけど
でもお互いに
「娯楽夫」「娯楽妻」になって
笑って欲しいと思うと
なんかいい方向に行きそうですよね〜。

最初は1週間に1回笑わせる
ぐらいからスタートしようかな。

ちなみに中村メイコさんは
結婚57年ということでした。

英語になって意味が分かる

2013年03月13日
城端小学校は
学校で百人一首をやるので
ほとんどの子が歌を音で覚える。

人気があるのは
坊主めくりで強い蝉丸の「これやこの〜」とか
天皇で歌がわかりやすい
     「君がため〜春の野に出でて若菜摘む〜
とか昔は股引をはいていたので
     「百敷や〜
も人気があった。

大人になって百人一首の中で
一番好きな歌は

「恋すてふ 我が名はまだきたちにけり   
  人知れずこそ 思い染めしか」


だった。

恋をしてしまったけど私の名前は出ていない。
人に知られないからこそ想っていられるのだ


と片思いのロマンチックな歌だと思っていた。

これが英訳になるとですね

My name's been raised;

already rumors are rife.

Though we have just met,

and I thought no one knew about my newfound love!


私の名前が出始めた
すでに噂は広まりつつある。
出会ったばかりなのに、
新しい恋を誰も知らないと思ってたのに!

と過去分詞になってまして
今始まって今知れわたっちゃって
という感じで
すでに始まった恋を
うれしそうに
みんなに知られちゃったー!
と言っていて
時間がはっきり書かれていて
「今」感があっておもしろいです。

ぐっと生々しくなりました。


「英詩訳 百人一首」 マックミラン・ピーター
        佐々田雅子 訳

          



でもさすが英語です。
ほとんどの歌が


よくわかんなーい!

「空」と「無」

2013年03月13日
今日のいつかに
本棚の前を通って
小林正観さんの「宇宙を貫く幸せの法則」
をちょっと立ち読みしました。

こういう立ち読みが
けっこう時間を食ったりするんですけど(^_^;)

宗教用語で
「空」や「無」
はよく使われますよね。

色即是空

とか
「空」の意味が今いち
よく分からなかったんですが

正観さんは

そこにある現象を色をつけてみないこと

という風に書いていらっしゃいます。

現象は「無」でなくて
そこにある。

それを色をつけて見ないのが「空」

色をつけるとは

「美しい」「きたない」
「大きい」「小さい」
「重い」「軽い」
「古い」「新しい」

などの形容詞はまさに「色」ですね。

名詞では

「成功」「失敗」

などがあります。

どんなものも大きいといえば大きい
小さいといえば小さい

どんなものも重いといえば重い
軽いといえば軽い

どんなことも「成功」といえば「成功」
「失敗」と言えば「失敗」

私たちの日常は
自分でつけた「色」から
苦しみが始まっている。

絶対的なことなど何もない
そこにあるのは「現象」だけ。

全ては自分の思い様で
悩みも自分で作っている。

だから立ち位置を変えれば
悩みなんてすぐになくなるんですよ

という話。

いつの間にか
自分のつけた色でがんがんになっている自分に

ふと、気が付きました。





具だくさん

2013年03月14日
母に朝ご飯を
作ってもらうようになったのは
娘が高校生になって
お弁当とか駅までの送り迎えとかで
だったかなあ。

とにかく
そのまま
ずるずる甘えて
今日に至る。

朝、
いつものように
ガスレンジ台にある
みそ汁をよそう。

ふたを開けて
しゃもじを入れると
ごろごろと
具がしゃもじに引っかかる。

大根とか
いっぱい入ってて
具を
いっぱいよそった。

それほど塩味も濃くなくて
おいしい。


人に作ってもらった
具だくさんのみそ汁を
食べられるのは

生きている中で
かなり上の順位に来る
幸せである。

なので
ちゃんと
「わたし、しあわせやー」
と言いました。




削るのは寝る時間

2013年03月14日
この間から
耳鳴りがひどくなり
食事時に
母にちょっとそのことを言ったら

「毎日いつまでも起きとるさかいやないけ」

と言われた。

母は普段はあまり言わないように我慢しているが
このように
私が調子が悪いと言ったりすると
必ず
「遅くまで起きとるから」のせいにされる。

ほんとにそうなので
黙って はいはいと
言っているしかない。


この間
富山市であった
男女共同参画何たらかんたらに行ったが
福井からおみえになった
女性農業者の講演があった。

大豆を作り
豆腐を造り
次々と新商品を開発中なのだ。

その方が
女性が新しいことをやろうとすると
家事か睡眠
どっちかの時間を削るしかない
と言ってらした。

「寝る」という
大切な第一次欲求を削ってでも
したいこと
しなければいけないこと

階段を上がっていく人は
必ずこういう道を通っていくのだろうね。

わたしは
ブログとか
まあお遊びですので
そういうのと違うけど
でも
楽しくてやらずにおれない。

多分これを読んでくださる
多くの方が同類項。

体に気をつけながら
楽しみましょうね。

春の息吹

2013年03月15日



上昇志向の強い
福寿草




数日で
朝のおつゆの身になります。
蕪の葉。





群れて伸びる水仙。

婦人会が魅力がないとか言うけど
組織って
意見を言うのに便利な団体なのよ。

そう簡単に、見限っちゃもったいないよ。


というわけで

家にいるのがもったいないような
一日でした。

ダジャレ

2013年03月15日
TPPの参加表明がされるということで
毒素条項と言われる
ISD条項について
語ろうかと思ったが

天気がいいので
やめます。

ご紹介するのは

「ダジャレヌーヴォー」石黒謙吾 扶桑社




石黒謙吾といえば
「盲導犬クィール」という
読書感想文本にもなった
感動の名著があるが

その他にも
このような本を
出す方とはうれしいではないか。

当たり障りのないいくつかを。

「どうしよう平八郎の乱」

「つわり名古屋は城で持つ」

「井上羊水」

「外反母趾手帳」

「おすぎとコピー」

「せんたく機フライドチキン」

「ウルトラセブンイレブン」

「サマセット・モー娘」

「乗り口博子、降り口博子」

「しょんぼりルドルフ」





え?

としばらく意味を考えて
解決するまでの数秒間は
脳トレにもなります。
多分。

色っぽいのや下ネタ系も多数。

図書館にあります。

潜水艦

2013年03月16日
福寿草の芽はちょっと横向いていて

潜水艦の上に突き出た探査カメラのようにも見える。

「おい、ちゃんと暖かいのだよね。
 春は来ているのだよね」

そうやって調査しているようにも見える。

なんなんまぶまぶ販売

2013年03月16日
今日 

バスケットボール
グラウジーズの試合が福野体育館であり
なんなんまぶまぶを
販売させていただきました。




だから

体育館の中には入らず
ロビーにいたのですが

プロはすごいね。

雰囲気が
アマチュアの試合と
まったく違う。

扉がちょっと開いたときに見える
シュートの雰囲気とか
ざわめきとか
音楽とか

わくわくしました。

いつか
見てみたいと思いました。

野球も
バスケも
プロのチームがあるって
すごいことなんだね。

ということで
明日も福野体育館ロビーで
販売するんですが

準備した数が
ちょっと多かったかもしれないと
思っていて
できたら
明日の午前中
蓑谷公民館みずばしょう苑まで
取りに来ていただけるのなら
なんなんまぶまぶを
売りたいと考えています。

500円サイズです。

AM11:30まで
蓑谷公民館みずばしょう苑
(南砺市蓑谷871)で
販売しております。

あのB級グルメの味を再び
日曜のお昼に如何でしょうか。
お待ちしております。

あ、グラウジーズの試合を見に来ていただき
なんなんまぶまぶを
食べていただければなお
いっそうすばらしいばかりです。

お待ちしております。

生き物のカイコ

2013年03月17日
万華鏡253号は

「八尾のカイコ」

です。

カイコの写真がいっぱいあります。
絹を作るカイコというより
普通に生きている
虫のカイコ、生命力が溢れた
カイコの写真がいいんだわー。


でも一番好きだったのは
八尾の
雪の坂の町の写真。

ぜひ見てください。

心が動きます。

立ち見が出るほど

2013年03月17日
今日の
グラウジーズの試合は
昼の1:00からだった。

でもその前に
子どもたちの試合があったり
10:00ぐらいから
会場の福野体育館はにぎやかだった。

天気がいいこともあってか
たくさんのお客さんだ。

後で聞いたところによると
立ち見も出たとのこと。

グラウジーズには
南砺市出身の水戸選手がいて
水戸選手の「9」をつけた
応援の人がいっぱいいた。

なんまぶが途切れた時間があり
買いに来てくださった
お客さんにお話を伺った。

私より少しお姉さんで
新湊からお越しとのこと。
会社で応援していたのがきっかけで
年間会員に。

一回目の観戦で感動して
会員になられたという。

水戸選手はどうですか
と聞いてみたら

かっこいいですよ、
動きが俊敏で目立つんですよ。

とのこと。

ますます試合が見たくなったが
チケットを持っていないし
なんまぶも人手不足で
売り子は私一人だったので
歓声を聞きながら
なんまぶ店番を続けた。

歓声が昨日より大きくて
グラウジーズが勝っているのがわかる。
ほんとに楽しそう。

幸運なことに終わり際の
30秒だけ
試合を見せていただいた。

音楽と
立ち見の人でいっぱいの観客席の応援と
プロの司会の人のプロ声と
チアリーディングと

ほんのしばらくなのに
酔いしれてしまった。

いつか絶対試合を見に行きたいと
思いました。

あ、水戸選手のお母さんが
二日ともなんまぶお買いあげいただきました。
美しい、そのうえ笑顔の
誠にステキな方でした。

あ、みずばしょう苑に買いに来てくださった
へちまださん
ありがとうございました。
粗相もあり申し訳ございませんでした。
でも本当に助かりました。
ありがとうございました。







これは私ではないです

2013年03月18日
きのう
グラウジーズでのなんまぶ販売が終わりがけの時に
商工会のオオノさんが写真を撮ってくださって
キシコさんのカメラでも撮ってもらい
写真が送られてきた。

え、これがわたし?

確かに私が一番年上だけど
もっとかわいいはず。

ふだん
鏡で見ている私は
もっとかわいいはず。

エーーーーッッ!!

と思うのですが
まほろばちゃんは
いとも簡単に

「いつものはれあたまちゃんやよ」

といいます。

ウソだ!

絶対違う!

普段見ている私はもっとかわいい!

フェイスブックに載っている写真は
すでに
一昨々年のものです。

みんなじぶんの写真を
次々と更新していかれます。

いいなあ。

更新できて。

はれあたまは
右から二人目です。






もっとかわいいはずだ!!

「地元のために」を言うか言うまいか

2013年03月18日
きのうはこんなにいいお天気だったのに




今日は嵐となりました。

嵐の中を
南砺市の中学生たちが卒業式を迎え
巣立って行かれました。

おめでどうございます。

城端中学校は
生市長がお見えになり
さすが田中市長、
力のある来賓祝辞を伺いました。

二つのお願いをされていて

一つ目は忘れました。

二つ目が「南砺市のために」
がんばってください。

ということでした。

少子高齢化、人口減少、
はっきりと「南砺市のために」
とおっしゃる市長のお気持ちは
よくわかります。

この間
ある懇親会で話をしていて

「日本の中央で役立つような
 そんな人材はめったにいないし、
 まして自分の子がそうなるとは思えない。
 どうでもいい仕事で都会にいるよりは
 帰ってきて後を継げ、と
 はっきり言って
 育てるべきだと思います」

なるほど。

私は一人っ子だったけど
親はそんなにプレッシャーをかけなかった。
就職がそこしかない状態で
あわただしく名古屋に行った。

結局戻ってきたけど

選べる自由があったのは
とても幸せだと思う。

だから

好きにしていいよ派

です。

この間もそう思ったけど
やっぱり私は
好きにしていいよ派と
確認した
卒業式でした。

心が動く来賓祝辞

2013年03月19日
今日は城端小学校の卒業式でした。

今年のPTA会長の山田清志さんは
話のうまい方なので
期待していましたが
その期待を上回りました。

今日、皆さんは涙が出ますか?
と子どもたちに尋ねられた後

自らの小学校の卒業式の思い出を
語られました。

式が終わって教室に行ったら
涙が出てきた。
担任の先生が泣いている子どもたちに
「涙が出るのは六年間一生懸命がんばった証です。
 思い切り泣いてください。
 でも明日からは、
 中学校の卒業式で涙が流せるよう
 思い出を作れるようがんばりなさい」

と言われたそうです。

女子サッカーの佐々木監督の言葉
「成功の反対は失敗ではない。
 なにもやらないこと」
とおっしゃり
つづいて
中島みゆきの「ファイト!」
を紹介されました。

「ファイト!戦う君の唄を
 戦わない奴等が笑うだろう
 ファイト!冷たい水の中を
 ふるえながらのぼっていけ」
 
    「ファイト!」中島みゆき

がんばっていることが
ひょっとして笑われるかもしれない。
でもくじけずに挑戦して欲しい。

そして
友達が戦っているのを
笑ってはいけない。
応援してあげましょう。

君たちを待ち受けているのは
冷たい水かもしれないが
おそれずのぼっていってほしいと思います。


あー、書こうと思うと
言葉が思い出せず
でも大体こういうことだったと思います。

一度も
紙を見ることなく
全て子どもたちを見つめながら
語られました。

感動で
いっぱいになりましたが

そのあとの子どもたちが
またまた素晴らしかった。

よびかけの
ことばひとつひとつが
生きていました。

歌もめっちゃ声がよく出ていて
終わった後
ブラボーと立って拍手したいくらいでした。

出席させていただいて
ほんとうに
ありがたく思いました。
  

きれいな魂が集まる時

2013年03月19日
今日の
小学校の卒業式の余韻が
まだ残っている。

昼は
PTA会長の祝辞に圧倒された
ブログを書いたけど

校長先生の
IPS細胞の山中伸弥教授の話も印象深いし

教育委員会の
「ねえ 君」の詩もよかった。


だがなんと言っても
子どもたちの歌声が圧巻だった。

ほんとに幸せ。

卒業式の歌は
歌詞も
メロディも美しい。

別れを前に
ネガティブな感情を忘れて

集う。

魂をきれいにして集う。

わたしは
地域の役が教育関係なので

自営業を利用して
甘えて
ずっと
卒業式に出させてもらっている。

そのことを
感謝しなくては

と思いました。

あ、
若い皆さん

ほんとに感謝は
40半ばを過ぎないと
意味が分からないですよ。

今は
上辺だけの感謝で
十分です。

身近な子どもたちの
合格発表も聞けて
今日はいい日です。

批判は勝っているうちにしないとね

2013年03月20日
ヤフーのトップページに

「WBCに規律はあったのか」

などというタイトルが載っている。

そういう話はそそられるもので
クリックしてみてみると

選手の不倫関係や
コーチの休日の過ごし方とか

どうでもいいようなことを
あげつらって書いてあります。

野球選手を含めたスポーツ選手、
芸能人に

一般人と同じ道徳観を求める方が
間違っています。
類い希なる才能と努力で
そこまでいったんだ、
多少の女遊びをしてもいいんでない?

と思います。

1次予選
2次予選とも

感動的な試合であれだけ騒いでたのに。

ぶつぶつ言うのなら
野村さんみたいに
勝っているときから
言わないとダメです。

負けてから言うなんて
めっちゃ格好悪いし〜。

ということで
よろしくお願いします。



マンテンホテルの朝ご飯

2013年03月20日
万華鏡の取材で
マンテンホテルの総料理長、
江向さんのお話を伺ったことは
この前書きましたが

取材のためには
まずいただいてこなくては!
と某有名ホテルサイトで
朝食点数4.7点
(5点満点中。
 これは富山のシティホテルも入れた
 全部の中で最高得点です。)

の朝食バイキングをいただいてきました。

バイキングコーナーは
さほど広くありませんが
あ、これはいらない
と思うお菜がありません。

鱒寿司(自家製)、ホタルイカの沖漬け(自家製)
白エビのマリネ、さすの昆布締め、
イカのお作りなど富山名物が小皿に入っていて
取りやすくなっています。






ホテルで作られているので
市販の商品とはひと味違います。
鱒寿司の鱒のふんわりした食感が印象的でした。
(鱒寿司は数限定)

とにかく
トレイが一杯になってしまいました。




小皿をいっぱい取って
食べきれるか心配になって
真ん中のお皿は控えめになりました。

ホテル朝食のチェック品目は
「漬け物」と「卵焼き」

さすが。

卵焼きは甘すぎず、上品。

大根の浅漬けは家庭の味です。


ですがこのレストランの素晴らしいのは…

スタッフのサービスと笑顔です。

目配りが効いていて
少なくなったお菜はすぐに補充されます。

そして
笑顔が
声かけが
やわらかくてステキでした。

レストランは10階にあり
柔らかなサービスと
立山連邦を臨む景色と日差しと
ずっといたい気持ちになりました。

ホテルに泊まらなくても
朝食だけ食べられます。
1050円です。
6:30〜10:00(入るのは9:30まで)



なんと酒米のお酒2本

2013年03月21日
なんと農協では
毎年6本コースの頒布会があります。


今年の頒布会の目玉

「愛宕の松」





楽天市場にまだありました。


もう1本は

「玉旭」

八尾の蔵元のお酒です。
杜氏が城端の方です。







どっちも
すっきりとしたお酒。

あとくちがさわやか。

おいしいお酒は
みんな

「あとくちさわやか」

の評価になってしまいます。

両方とも超おすすめ。

これからお祝い事の多い季節。

是非おいしいお酒で乾杯してくださいね。

見ることが大事だ

2013年03月22日
モネの睡蓮

に書いたけど
マンテンホテル総料理長江向さんのお話しで
分からないまま美術展に
連れ出され続けて
ある日
モネの睡蓮の絵を見て
電流が走った
という話は

衝撃的で

今まで
少なくとも
5人の人に話した。

そうだ
私も見に行かねば。

福光美術館の
「ザ・セッション!Artの俊英展」を見に行こう!

正直に言うと
1回目見たので
2回目も多分似たような作品だから
行かなくてもいいかな

と思っていたのだ。

こんなことだから
育たなかったのだ



行ってまいりました。


よかったです。

砺波に
どうしてこんなすごい作品作れる人
たくさんおいでるがいろー

とびっくらこきます。

安達陽子さんの
「つぼみ」は
単純に欲しくなりました。


ほそみちさんが
「燦雨」が
展示されているとお書きになっていたので
常設展へ。

棟方志功の流離頌の
楽しさにるんるんしました。

本当に楽しそうに作ってあって
ほほが緩みます。

合併しなかったら
棟方志功の作品も
知らないまま終わっていたかもしれない。

合併の
ありがたいところもたくさんあるよ

と思いながら
帰ってきました。



最近の耳鼻科

2013年03月22日
十日ぐらい前のある朝から
右耳の中が
こもったようになり
耳鳴りもして
どうもパッとしない。

時間によっては
少しよくなったりするのだが
基本的に
ずっともんわりは続き
何しろ
顔の容積の一部の不調なので
何だか心配にもなる。

ということで
思い切って
砺波の耳鼻科に行って来ました。

昼の終わり頃に行こうと
11:30に病院に着いたのですが
もらったカードは「81」
81番目で
あと25人で80分待ち
と表示が出ています。

途中で出かける人は
受付で手続きすれば
外からでも
携帯で今何番目であとどれぐらいの待ち時間か
分かる仕組みになっているようでした。

便利ですね。

診ていただいたら
部分的に
聞こえが悪くなっていて
そこが聞こえるようにする
薬を出しますとのことで
薬をいただいてきました。

なんかよくわかんないけど
でも
薬をもらえると
安心です。

飲んでみます。

っていうか
もうだいぶよくなったみたい。

診てもらったっていう
安心感で。

お医者さんてすごいよねえ。

杭は出過ぎても打たれた

2013年03月22日
部落出身者であることを公にしている
元衆議院議員、野中広務と

在日朝鮮人で人材育成コンサルタント
一時よくテレビでお見かけした
辛淑玉
との
対談本だ。

野中広務と言えば
小渕政権では官房長官、
森内閣では自民党幹事長を務めた
超大物だ。

小沢一郎との仲の悪さも
有名だった。

官房長官という
一国を動かすぐらいの
立場に就いた野中氏。

出る杭は打たれても
出すぎる杭は打たれないという
例えだってあるように

部落出身者であることを
公にしていても
ここまで上りつめれば
差別を受けることはないかと思いきや、
現実はそんなに甘くないらしい。

この本の終わり頃
辛氏が
朝鮮姓を公にして戦ってきた
苦しさを吐露する場面で

野中氏も生涯を通じての
過酷な差別体験を語る。

家族、
家族が苦しむ。

家族の苦しみが
本人に返ってくる。

親、パートナー、子、孫まで
過酷な仕打ちにあう。

「女房は女房で愚痴を言わないけども、やっぱり寂しく思ってるでしょう。だから俺の人生っていったい何だったんだろうなあと思ってさ」

野中のつぶやきが
胸に迫ってきた。




「差別と日本人」野中広務 辛淑玉 角川書店

逆利用

2013年03月23日
先日
髪を切りに行ったら

今まで
左で分けていたのを
右分けにして流してくださった。

左から分けられるものだと
思っていた髪は
逆向きになると
けっこう逆立って
ボリューミーになった。

アデランスのコマーシャルにある
ヘアウィッグを
つける前と
つけたあとほどではないが

でもちょっと
それに近いような
ふんわり感があって
鏡を見る度
うれしくなる。

55歳にして
逆方向利用。

他にもずっと一方方向で使っていて
逆に使えば
まだまだ
寿命が延びるというのが
他にもあるかもしれない

と思わせるぐらいの
最近では
お得な発見でした。

ただ
髪を洗ったあと
放っておくと
もとの左分け方向になってしまうので
髪を洗ってすぐ
しんけんにドライヤーを
かける必要があります。

ふんわり感のため
がんばります。

明後日は娘の大学の卒業式です。

入学式が終わって
帰る私たちを見て泣きそうになっている娘と
別れて帰ってきたのが
ついこの間のようです。

無事の卒業の日を迎えることができ
ありがたいばかりです。


青春は終わった

2013年03月24日
そう言えば
娘が入学する
4年前はすでにブログを始めていたはずだと
何を書いていたか
思い出してみました。

娘と別れた日のブログ

あんなに
メソメソしていたのに
メソメソは
入学当初だけで
メソメソが懐かしい。

すぐに
新歓コンパにあちこち行きだして
元気になりました。

連絡手段は携帯だけなので
携帯がつながらないと
すぐに心配になって

東京へ行って来よう

とそわそわするところは
父とよく似ているところだなあ
と自分で思いました。

結局

寝ていただけ

とわかって
もう心配するのはよそう
と思いながら
また同じ心配を繰り返していました。

高速バスにも何度も乗りました。
娘は最安バスをよく利用していました。
4年間 事故なく乗せていただき
ありがたく思います。

娘は
こちらに帰ってくることになって
もう青春は終わった
などとほざいています。

何を大げさなと
言いたくなりますが

東京に宿舎がなくなるのは
私も残念です。
「娘の様子を見に」という
レッテルがなくなり
東京へ行くとすると
今度からは「ただの遊び」になってしまいます。

しかし
回りのお母さんを見ても
私ほど
娘のところによく出かけていた
母親はそういないでしょう。
ありがとうございます。
遊ばせていただきました。
それも今回の卒業式で終わり。
私も
「青春は終わった」
気分があります。

さあ、
新しい青春を探して
また
ファイトですね。

モノホン

2013年03月24日
東京駅に夜の10時に着く。

改札口を出て
東西線に乗るのに
大手門方向を目指す。

東西線の表示が出ている
エレベーターの前に男の人が二人
まっておいでて
エレベーターの扉が開き
男の人が乗り込んでいく。

まってくださーい
とあわてて乗り込もうとして
ペットボトルを落としてしまい
拾う間待たせてしまったが
待っていてくださって
扉が締まる。

男の人は二人とも
よく見ると
身体が大きい。

サングラスをかけていらっしゃるが
頬に傷がある。

何と言うのか
すごい有り余る貫禄がある。

地下一階までが
すごーく 長く思えて
さーっと汗が引いて

「エレベーター動いてないんじゃないですか?」

と言って
ボタンを確かめた。

一人の男の人が

「動いてるよ。おそいんだよ」

と言われて
ほんとに
じきに開いた。

もちろん
特に
何事もなかったのだが



東京は
面白い。

確かに多量

2013年03月25日
ある日
玄関にドスドスと
音がする。

うちの人かなと思いながら
確かめもせず
しばらくして
音が止んで
出て行ってみたら

玄関に書類の壁が出来ていた。

うちの人が今年から区長をやることになり
配り物が来るようになったのだ。

年度初めとは言え
あさぎりさんと同じように
まずは驚いた。

とりあえず
班に分けて
ひとつの印刷物を手にとってみると

印刷所の住所が富山あたりの
どっかになっている。

南砺市じゃないのか。

言ってみれば
この不要の印刷物が
南砺市で作られていて
南砺市にお金が落ちるのなら
まだ我慢もできる。

でもこの山の費用が
南砺市以外に行くのは
複雑な気持ちだ。

ひとつひとつの書類は
どの団体にとっても
発行することが大切な印刷物なのは
そうなので仕方ないと思う。

だから
もらうのは仕方ないとして
そのお金は南砺市に回るといいなと思う。

でも
これが正規の正しいやり方なのだよね。
お金が安ければ
たとえどこでも
そこにやってもらうのだよね。

TPPは
それがもっと広がった形だよね。

安ければ
いいんだよね。

これが進んだ国のかたちというのは
どうなるんだろう。

国が形骸化して
大企業が残っていく、
企業帝国が
できていくのだろうか。



印刷物ひとつで
なんと大げさな。

とは思うが
こういう流れになってしまった。

東京にいると
いろいろ思います。
ガハハ。

3月は花見に向かない

2013年03月25日
大学そばの交差点は
うちのような
袴姿の女の子やそれに付き添う親で
人が溢れている。

着付けてもらった娘は
ゼミで集まるとか
用事があるらしく
大学に行ってしまい

私たちは
娘を見に来てくれた
東京の友人と
大学のそばのサイゼリヤで
お茶を飲んだ。

東京は桜が満開だ。
会社でお花見とかないんですか?
と聞いたら
3月はお花見をしてはいけないのだそうだ。

なぜなら
辞令が出る時期と重なり
飲み会をすると
春の嵐以上に荒れる人が出てくるからだそうだ。

そういえば
ある友人も
引退された課長の声がかりで
課の同窓会をやることになったが
女子は声をかけるとすぐ出席の返事が来るが
男子は欠席の人も多いと言っていた。
やっぱり
出世の度合いとか
そういうことが出欠にも
関わってくるみたいだ。

この間も役所の人事異動について
いろいろ噂する声を聞いた。

桜、
人事異動

この二つのなかりせば
春の心はのどけからまし。

校歌

2013年03月26日
娘の大学の学長の先生は
静かな雰囲気の方で
何千人も前にした講堂でのお話も
普通のトーンでステキだった。

これから社会に出て
会社や配属先の利益のために働くのはそうだが
教育の真の目的は
世界平和に寄与する人材を
育てることであり
そこを目指してほしい
というようなお話で
心に響きました。

最後に応援団と
グリークラブのみなさんが
先導され
校歌が歌われました。

バンカラの気風の名残か
男子女子を問わず
全員で拳を振り上げながら歌われました。

最後に学校の名前を七回も繰り返す
自己愛の強さがでた
アクの強い校歌です。
ですが
卒業式で聞くと
涙が出そうになりました。


娘は何回も聞いたのか
今日
引越しの片付けをしながら
鼻歌で歌っていました。

最後の夜は更ける

2013年03月26日
昨日はゼミ最後の懇親会
今日は女友達との最後の食事で

結局
夕飯はずっと別々だった。

なのでわたしは
ひとりで
馬場方面へと夜の街を歩いてきた。

夜でも人通りのずっと絶えない
街道沿いは相変わらず。

今日はほかの学部の卒業式があったので
馬場の駅前、
近所の飲み屋の前は
多分卒業生らしい集団で
にぎやかだった。

最後だ。
こうやって
若者の町を
夜に一人で歩くのも
もうそんなにないことだ。

一人の女の子が
両脇を男子に抱えられて
歩いている。
飲みすぎだなあ。


今朝から
娘が少し機嫌が悪くて
ふむふむと思っていたが
今日一日一緒に
ひっこしのかたづけをしていて
少しずつ話をして
少しわかった気もした。

いいことも
不本意なことも
たくさんあった4年間。

でも娘は
夕方
引越しの片付けの手を
ふと止めて


「楽しかった」

と言っていた。

本当にそう思うのと
自分に言い聞かせるのと

両方あるように
私には
思えました。

私にも
とても
感傷的な夜です。

RURIKO

2013年03月27日
「RURIKO」林真理子 角川書店

表紙は浅丘ルリ子の若き日の
美しい写真に手が加えられたもの。

華やかな雰囲気が
このひとならではだ。

生きている人の
スキャンダルを含めた生涯を
書くのは
難しいことだと思う。

デビュー当時の
日活内の交友関係、力関係が
書かれていて
特に
どんな風に石原裕次郎が現れたのか
次に小林旭の出現、
美空ひばり、

実名なので
面白いです。

浅丘ルリ子のタイトルですが
裕次郎の生涯の方が
印象に残りました。

どれだけ群を抜いたスターだったか
それに巻き込まれた周りの人々。

もちろん
フィクションと
念を押してありますが、

ゴシップ感は
林真理子さん独特の面白さです。






そのままでした

2013年03月28日
この前から
仏壇に参る度に
目に入って
気にはなっていたのだが

きのうも
娘が帰ってきて
一緒に仏壇に参って

「まだかたづけてないが?」

と言われました。

そうです。

おひな様が
そのままでした。

大丈夫です。

金沢は
旧暦で4月まで
飾られるお宅も多いのです。

城端福光は
金沢の影響が大きいとこですし
うちも
あと1週間ぐらい
仏壇の辺りは
旧暦地域にしようと思います。

おひな様も
いいお天気がつづいて
気持ちいいでしょう?

ということで。

初ヘビ

2013年03月28日
東京は肌寒かったですが

こっちの方があったかいです。

今日は特に
車の冷房を入れたいくらいの天気でした。

山の入り口には
一輪草が




用水は
雪解けの水があふれていて
勢いがあります。




福寿草






雪割草も




おやおや
もうヘビが道の真ん中に




そうだよね
あったかくなると
虫も毛虫も
は虫類も両生類も
いっぱい出てくるんだ。

どの季節も
いいことも
むずかしいことも
いっぱいありますね。

捨ててはいない

2013年03月28日
おととい卒業式で
きのうは荷造りで
今日は引っ越しで

持って帰らずに
東京で処分してもらう冷蔵庫とかその他
取りに来てもらうのを待っていて
東京を出たのは
午後6時

自宅に帰ったのが
11時だった。

それから
荷物をほどいて
届いていた
娘の入社に向けた書類を揃える段になって

「年金手帳」もしくは
「支払い証明書」が

必要だという。


年金手帳

見たことない。


支払い証明書

確定申告の時
役に立たないと思って
どうしたかな

捨ててはいないと思うんだけど…。

捨ててはいないが
見つからない。

我が家は
そういうもので溢れています。

おかげさまで
年金手帳も年金支払い証明書も
運良く見つかり
そこで
入社を妨げることはなくなりました。

数々の失敗を繰り返し
以前に比べ
書類の保管とか
考えるようになってきているとは思うんですが

それ以上に書類が
増え続ける感じです。

がんばります。







目線が地面

2013年03月29日
この間
東京から帰ってくるときは
電車で帰ってきた。

東京駅に
夕方の5時40分について
あわてて
新幹線乗り場に急ぐ。

乗りたい「とき」の
指定席はとうに売り切れ。

各駅停車の「たにがわ」なら
座れるだろうと
52分発の
たにがわに
娘と二人、大荷物をかかえて
あわてて乗る。

2階席はもういっぱいそうなので
1階席に降りていった。

すぐに動き出して
上野に着く。

外を見ると
地面が目の高さにあった。




駅の断面図を見ているようでおもしろい。

今気づいたということは
1階席の窓際は初めてかもしれない。

でも写真になった断面図は
あんまりなんの写真家よく分かりませんよね。

そのうち
目の前を
靴が通ることに気がついて
あ、
靴を撮れば
地面感が出るかもしれないと
駅に止まるたびに
ぱちぱちやってみましたが

それがなかなかむずかしい。











通っている人は
写真に撮られてるなんて
思ってないだろうなあ。

新幹線は
広くて乗り心地がよくて
いつ乗ってもワクワクします。

新幹線
ありがとう。

消耗品

2013年03月29日
卒業式の翌日は
終日
娘の引っ越し荷造りだった。

あんなに小さな部屋だもの
荷物だって
たかがしれている

と思っていたが

いざ段ボールに積め出すと
けっこう
たくさんの段ボール箱ができて

やっぱり
4年間て
それなりですよね〜。

だいぶ片づけた段になって
ベッドの下から
靴箱が
3つも出てきた。

ふたを開けてみると




履き古した
競技ダンスの

練習用シューズ。

高いヒール履いて
踊るのって大変だよね。

「これ履いて練習しとったが?」

「そう、でも3ヶ月でダメになる」

えーっっ、
割に高そうに見える
このシューズが3ヶ月でダメになって
きとったの?

今さらどうでもいいのですが、
それ以上
こわくて
詳しいことは聞かずに

出てきた
シューズは全部捨ててきました。


感傷に浸っていられるのも
あとしばらく。

今年は
4月1日が月曜日ですので
がっつり
5日間続きます。

がんばってください。









うどん

2013年03月30日
最近
うちの人が昼にいるときは
うどんを食べることに
ほぼ決まっていて
それはそれで
簡単で楽でいいのですが

わたしは
ご飯を食べた方が
栄養的にいいかなと
うちの人のうどんは
作るが
私は食べません。

ところが
うどんというのは
とてもそそられる食べ物です。
あのかつぶし、昆布系の
出汁のにおい、
葱みじんのにおい、
たまりません。

味見と称して
うどんの1本2本を
すくって食べることもよくあります。

今日
娘の買い物に付き合って
某イオンに行ってきました。
途中まで付き合いましたが
だやくなったので
途中で別れて
本屋さんに行きました。

おもしろそうな本もたくさんありますが
小説は図書館にあるので
買いません。
本もけっこういい値段がして
それに重くて
今日はやめようと思いました。

広いフードコートに行ったら
うどん屋さんがあって
そこで素うどんを食べました。

いつも
ひとすじ、ふたすじで
がまんしていたうどんを
いっぱいガッツリ食べて
満足しました。




外国を訪れて
空港に降り立つと
その国を代表する香辛料がにおうと言います。

日本はやっぱり
出汁と醤油の香りがするのだと
何かで読んだ気がしますが
このうどんのにおいでしょうねえ。

280円。
おいしかったです。

私の夢

2013年03月30日
娘が
きのう
免許をいただいてきました。

今日の午前中
家から10?ほどの美容院まで
往復して

午後から
家から
35?ほどの某イオンへ
行く段になり

運転する?

と聞いたが
いや、こわいから
と尻込みしていたのに

いざ
車を出すと
運転してみる
ということで

高岡までの往復を
娘の運転で行ってきました。

ずっと
運転がこわいようなことばかりを
言っていたのですが

今日は
楽しそうで
「なんでもできそうな気がしてくる」
と言っていました。

そうやよ、
一人でどこでも行けるよ

と2人で車の素晴らしさを
再認識しました。

私の夢は
外で飲んで
娘に迎えに来てもらうことです。

今年中には
実現すると思います。

うれしいです。


縁側がこんなにいっぱいあっていいのか

2013年03月31日
今日は
娘を送って
高岡まで行って来た。

ちょうど昼だったので
駅近くの
回るお寿司やさんに
入った。

新しいお寿司やさんで
くら寿司以降の
一皿100円均一の
お店だった。

おいしい。

お寿司はおいしい。



なぜだか分からないが
縁側が
いっぱい流れてきた。
ヒラメだかカレイだかわからないが
あの縁側だ。

あぶりえんがわ、
ポン酢ジュレえんがわ、
普通のえんがわ、
シソ葉えんがわ

と種類も豊富だ。

えんがわは
一匹で獲れる量は限られている。

だのに
なんでこんなにいっぱい
えんがわのお寿司ができるんだ?

いったい何匹犠牲になってるんだ?



フカヒレをとるために
ヒレだけ切って
残りは生きたまま海にもどすという
凄惨な話を思い出したりしながらも

あぶりえんがわが
めちゃ
おいしくて

えんがわ二皿
食べちゃいました。

安くておいしいというのは
抗うのが
むずかしいです。

ごめんなさい。


便利代500円

2013年03月31日
娘が東京にいた間
何回か来ていたが

ある時を境に
変わったことがあった。

それは地下鉄の入り口だ。

いつからかは
忘れたけど
ある時から

切符の人とは別に
かざして「ピ!」という音で
通っていく人が一度に増えた。

地下鉄の改札は
その「かざすだけ」入り口が増えて
切符入り口は隅っこに行ってしまった。

かねがね
あの「ピ!」を
一度はやってみたいと思っていて
今回
最後の東京で
来た日に
パスモを買った。




1000円のを買って
改札を通ろうとして
カードを
切符の入り口に入れようとしたら
「ガガ!」
といって入らなかった。

あ、そうだ、
ここに入れるんじゃなくて
かざすんだった

と気がついて
無事に改札を通りました。

アパートについて
娘にパスモを買ったことを話したら

「あれデポジット料500円かかるんだよ」

と言いました。

あ、そうなの?
そんなにするの?
そうなんだ。

でももう買っちゃいましたので。

160円×3の
入るときと出るとき、
もう1回の入るとき

計7回の「ピ!」を楽しみました。

500円で7回で
一回当たりの「ピ!」が
70円についたことになります。

けっこう割高と言えます。

みなさんパスモを買うときは
お気をつけ下さいね。
作者 : はれあたま

 かなり生きてきて、でも、生きてきた中で今が一番楽しい気がしています。ブログに参加することでもっと楽しくなればいいなと思ってます。

2014 年
11
12
2013 年
2012 年
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
1
2
3
4
5

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。