nanto-e.com archive

はれあたまダイアリー

いつも楽しく読ませていただいてきました。ちょっと自分でもやってみようかと思いました。

優越感

2013年07月01日
一泊旅行で
飛騨古川の町を歩いていたら
お寺の前に
このような言葉が貼ってあった。





私はあの人よりまともかもしれない
私はあの人より働き者かもしれない
私はあの人よりかわいいかもしれない

現実にはあの人よりだめだ

思うことの方が多かったりして

ときどき
優越感に浸れることがあると
うれしくなって
そういう気持ちが
支えになることもある。

それって
差別心の始まりだとしたら

誰にも差別心はある。

だから
誰にもある
っていうところから
始めればいいんだよね。

用水の写真

2013年07月01日
万華鏡257号のテーマは

「農業用水」

最初に聞いたとき

何て地味なテーマ、

と正直思いました。

ところがですね
出来上がってきたのを拝見しますとですね、

写真が美しい。

水が美しい。

ページを開けた瞬間
清々しい空気
水しぶきが
リアルに伝わってきます。

万華鏡の写真家の風間さんは
富山に生まれた方でないのに
どうして
こんなに富山を愛してくださるんだろう

と写真を見る度
びっくりするし
ありがたく思います。

今度の号はとくに
そう思いました。

お近くの図書館などで
ぜひ
お手にとって
ご覧下さいね。

結局は自分

2013年07月02日
人を責めてみても
始まらないんですよね。
これが。

と言っても責めてますけど。

でも
くだらないことで
心を奪われるな。

自分で自分を励まします。

先日の旅行で
娘さんがJICAでアフリカに赴任して
娘さんのところに行って
アフリカを旅してきた
友人の話をまた詳しく聞きました。

観光もそこそこに
学校で授業をしたり
アフリカのお宅の台所を直したり
その地域にしっかり絡んで
2週間を過ごしてきたようだ。

日本人ってすごいのよ。
教育ってすごいのよ。

しみじみと
日本の良さを語ってくれる。

だが
かの地で彼女は
もっとできる、
もっとしたい

思ったようだ。

定年になったら
JICAでの熟年ボランティアを目指す

それが
彼女の目標のようだ。

いいのよ。
レイプされたって死ぬわけじゃないし。
仮に死ぬなら死ぬでそれでいいのよ。

かっけー。

私の悩みなんて
アホみたいだ。

意地でも笑顔で通すからねー!
待ってろよー!

坊さんバー

2013年07月02日
先日テレビで
お酒を飲むところのバーが
坊さんによって
経営されているという
お店の紹介があった。

むろん
全員
坊主頭で
作務衣姿。

清潔感があって清々しい。

店の一角に小さな仏壇が
しつらえられていて
お経を読む時間があり
法話もある。

何と言っても人気なのは
個人の
身の上相談のようだ。

テレビでは
彼氏が冷たいというような
相談がされており

きれいな顔のお坊さんは

「思いのままにならないのがこの世です」

とおっしゃっていた。

沁みる!
沁みる!

今日は痛い日だったので
ほんとに沁みます。

不徳の致すところ。

あしたからまたがんばりましょう。

柔らかいあたま

2013年07月03日
小学校の茶道クラブの
お手伝いに行ってきました。

初めての子も
2年目の子もおいでるのですが

想像していたより
ずっと
作法の動きが
きれいなお子さんが多いのです。

小学校高学年になると
もう茶道を学ぶのに
動き的には
大人の人と遜色ありません。

いいなあ。

若いって。

これから柔らかな頭で
いろいろなことを
覚えていくんだろうな。

年を重ねると
本を読んでも
おもしろいことはおもしろいのですが
心には深く入っていきますが
頭には深く入っていきません。

しばらくすると
内容をほとんど忘れてしまいます。

頭のあさーいところに
ちょっとはいって
すぐ出ていってしまいます。

まあ、
年を取ると
いろいろなことを覚えておかないで
全部忘れなさい、
覚える必要ないですよ
ということなんでしょうが。

帰りがけに
お軸の
あの絵を描いた人はだれでしたか?
と確かめる子もいて
末頼もしい限りでした。





風のわざ

2013年07月04日



これは何でしょう。

とクイズになるくらい
何が何だか
さっぱりわからなくなっています。

月曜日に
ミョウガの苗を分けていただき
植えました。

月曜日です。

そして
二日後の水曜日
大風が吹きました。

風がミョウガをなぎ倒していきました。

近くで見ると
こんなふうです。




作物を作るって
大変です。

なんなんまぶまぶのご縁から
ミョウガをまめに取るようになり
あのひんやりとした
ミョウガの林の中で
うろうろするのが大好きになり

ミョウガを作ってみたくなり
苗を分けていただくという
幸運にも預かり
とてもうまくいってたんですが…。

このあとどうしたらいいのか
また相談してみよう。

でも
少なくともブログネタにはなりました。

ブログってうれしい。
ブログって大好き。

強情かたつむり

2013年07月04日
郵便局に行きました。

用事が終わって
帰ろうとしましたが
短冊が貼ってある掲示板に目が行きました。

俳人あさぎりさんのブログで
俳句がより身近に感じられます。

ずっと見渡して












わたしの一押しは

吾ながら言へば強情かたつむり

わかってる
わかってるのよ
でも
折れたくないのよ

っていう時があります。

特に
夫とか
夫とか
夫とか。

「吾ながら」に

自分でもわかってます感が
出てて
いいな。あ

わかってる。

わかってるんだけど。

ごめんね。
強情かたつむりで。







林真理子の自分への信頼

2013年07月05日
「野心のすすめ」で更に時の人となり
今日は朝も晩も
林真理子の特集をテレビでやっていた。

不遇の時代から
コピーライター、エッセイスト、小説家と
知識人として
ずっと人気を保ち続けるのは
すごいことですよね。

どうして
林真理子はこれだけ自分を信じることができたのか。

ひとつは
読書の質と量にあると思う。

若い頃のエッセイを読んだとき
彼女の実家が本屋さんで
とにかくロシアの文豪の小説とか
若いときにしか読めない体力の要る小説を
ほとんど読んでいると
書いてあるのが印象的だった。

だから
若いときの知の体力が
十分ついているのだ。

彼女が若かりし頃
その見た目から差別されたり
悲しい思いをしたことを
実に冷静に
人が喜ぶための文章にしている。

その客観性も
多くの偉大な本を読みこなしてきた
林真理子だからこそ
持てたものでないか。

何もないところに
野心は持て得ない。

何かの作業で
自分の知的好奇心を研ぎ澄ます
そういう努力が
常にあったからこそ
野心を持てたのだ。

だから
わたしらとは
元々違うのさ

と思う一方

私だってまだ
野心はあるよ

といろいろな思いで揺れながら
林真理子を見ていたのでした。

全部東北弁でOKなのはあき竹城だけ

2013年07月05日
今日は
万引きしたユイを
春子が見つけ
ユイに話をする場面で

今週の山場のひとつでした。

小泉今日子は本領発揮で
元グレの雰囲気もばっちり、
迫力満点で
ほれぼれしました。

迫力満点と言えば
薬師丸ひろ子の
おばさん女優役もすばらしい。
コメディ担当を
見事にこなしています。

それに相対する
アキも力負けしていません。

要するにおもしろいです。

今日は
薬師丸ひろ子扮する鈴鹿ひろ美が
アキにセリフを読ませ
訛っているのを聞いて

「女優の中で全部東北弁で通せるのはあき竹城だけよ」

というのです。

微妙に現実が入っていて
吹き出してしまいました。

高額納税者は領収書が命 とか

全体のストーリーを押さえつつ
ところどころで
笑わせてくれるのは
とてもうれしいです。


困ったときの
朝ドラネタで。


ガチ

2013年07月05日
以前に書きましたが
今年の敬老会、蓑谷婦人会の出し物は

美空ひばりメドレーです。

東京キッド
お祭りマンボ
まっ赤な太陽
川の流れのように

の4曲を踊ります。

1曲の振りでも大変なのに
4曲って大変なんですよ。

でもだれも不平を言われるわけでなく
ただひたすら
練習してきました。

10回の練習なんですが
これまで私の知っております
過去3回は
8〜9時と
きっかり時間を守って練習してきました。

ですが
今年は
気がつけば9時半ということが
よくありました。

みんなまじめで熱心で
感動ものです。

4曲踊るので
みんな代わりばんこに
いちばん前に出てきます。
だからみんなよけいに真剣です。

でも
笑いを取るとか
そういうのができなくて
受けてどっかん
というところもなく

ただひたすら
踊るというプログラムで
申し訳ないのです。

東京キッドで
使う杖。





イケダさんは
ひいおじいちゃんのを借りてきたそうです。
きれいなテープを巻いて
おしゃれになりました。
頭がペリカンです。





練習を見ながらお話ししてましたら
責任者の婦人会長さんは
眠れない夜もあるとのこと。

練習の半ばぐらいって
ほんとに出来上がるのかしら
って私もよく思います。

ましてや
責任者の方はいかほどの
プレッシャーでしょう。
お疲れさまです。

みなをまとめて
一つの出し物を仕上げるって
そりゃ大変なこと。

でもだからこそ
みんなの距離がぐっと縮まるんです。

敬老会って
いい仕事してるんですよ。

目の前のカルカッタ

2013年07月06日
先日
アフリカでのボランティアを目指す
友人の話を書きましたが
最近は
世界が狭くなり

海外を自由に旅行される方はもちろん
仕事でいらっしゃる話も良く聞き

そんな中で
ほとんど地域の中だけで
生きていくのは
つまらないことの
ようにも時々思えるのです。

先日
国家救援医、國井修氏の本の話を書きましたが

その中に
マザーテレサを訪れた話がありました。

 カルカッタの施設では1、2週間の短期間でもボランティアを受け入れている。私も参加させてもらった。そんな中で、マザーに会うこともできた。
 あまりの感激に、目をうるうるさせながら彼女に駆け寄り、思わずこんな質問をしてしまった。
「マザー、私は医学生で、将来あなたのような仕事をしたいと思っています。今、なにをすればいいでしょうか?」
 すると彼女は私の手をとって、優しく微笑んで言った。
「まずはしっかり勉強して大学を卒業しなさい」
 なんとも呆気ない答えに目のうるうるが、はてなという感じになってしまった。

  「国家救援医−私は破綻国家の医師になった」
              國井修 角川書店


きょう
久しぶりに
本棚で目がいった
渡辺和子さんの本をパラパラめくると
ここにもマザーテレサの話があった。

マザーの話に感激した学生数人が、奉仕団を結成して、カルカッタに行きたい、と願い出たことがあります。それに対してマザーは、「ありがとう」と感謝しつつも、「大切なのは、カルカッタに行くことより、あなたたちの周辺にあるカルカッタに気付いて、そこで喜んで働くことなのですよ」と優しく諭されたのです。

 「置かれた場所で咲きなさい」
   渡辺和子  幻冬社



目の前のことと向き合う、
今の時間を大切にすること、

いつもそう思いながら
忘れてしまうことを
また思い出させてもらいました。

ということで
これから慰労会

めいっぱい楽しんできま〜す!

イタイイタイ病の影響

2013年07月07日
今日のエコウォークの
昼食は

ゆめの森ゆうゆう館

というところで
お弁当を食べました。

ここへの行きすがら
ガイドさんが話してくださいました
ところによりますと
この「ゆめの森」というのが

イタイイタイ病の原因となった
カドミウム土壌を除去したのかどうなのか
そこは忘れてしまいましたが

とにかくその後に
客土として
ここの八尾の山の土を運んでいって
山が平地になるぐらい
大量の土を運び出し
その運び出したあとに出来たのが

この「ゆめの森」ということでした。

温泉、宿泊施設、子ども向け施設など
たくさんのレジャー施設が作られました。

しかし数年して事業は行き詰まり
温泉施設の他はクローズされてしまいました。

それをもったいないと
ガイドをしてくださった友咲さんをはじめ
委員会を作り
今年の春から
ふたたび
オープンして
草刈りや館の管理など
行っていらっしゃるとのことでした。

呉西にいると
カドミウムの話も
けっこう遠い話のように思っていましたが
やはり
一つの山を無くすぐらい
大きな動きがあったのだと
知りました。


建設に公費が使われ
しばらく補助があって
運営されるけれど
あとが難しい。

そのような残骸を
この間から
あっちこっちと見てきました。

歴史は
ずっと
繰り返しています。

たぶんそんなものなのでしょう。

宝石のような芋虫

2013年07月07日
今年の春にがうん天蚕の会の
友崎貴代美さん

万華鏡のインタビューで
天蚕の話を伺いました。

今年の南砺市婦人会総会の講師として
お見えになった森田由紀子さん主催の
エコロの森で
八尾のエコウォークで
がうんにいけるツアーが
あるとわかって

今日行って来ました。

八尾まで
砺波で寺尾温泉方向に曲がり
山田温泉を抜け
八尾に行くと
少しとばしましたが
40分余りで着きました。

八尾の曳山会館を見て

小高い公園を通り
カタクリの森を通り
お昼を食べ
最後にようやくがうんの森に着きました。

今は
五齢の幼虫がさなぎになるところ
つまり繭を作り始めているところで
ちょうどよく太った
まるまるの幼虫を見ることが出来ました。




とても大きいです。

近づいていくと
擬態で自分に気付かれないように
えさを食べるのを止めて
動かなくなるそうです。




枝と同じ角度で
止まるのです。

フンも大きくて
サクランボの種ぐらいありそうです。

一日17〜18枚の
クヌギの葉っぱを食べるそうで
ひと枝を食べ尽くしてしまうので
他の枝に移し替える作業や
繭を取る作業や

今日も朝
5時前に起きて
2時間ほど作業してから
曳山会館にお見えになったとのことでした。

カイコが幼虫の間は
仕事前の朝2時間
仕事が終わっての2時間の作業が
ずっと続くようです。

本当に大変な仕事です。

でも
幼虫は想像以上に美しく
宝石のようでした。
カイコになるのに近づくに連れ
白っぽく透明に
翡翠のような色になっていくのだそうです。

ぜひみなさんもごらんになってみては
いかがでしょうか。

7月21日
同じ八尾エコツアーが開催されますよ。
友咲さんと森田さんの
パワーを感じるのも
このツアーの魅力です。ぜひ。

婦人会長さんのあいさつ

2013年07月07日
敬老会の余興を見に
じょうはな座へ足を運んだ。

舞台裏での練習をいっしょに。

蓑谷チームは
すでに黒の舞台衣装で
メイクも口紅赤めの舞台用。

ビデオを見ながら
練習に余念がない。

そして無事に発表を終えました。





夜の懇親会で
ビデオを見る段になって

蓑谷の婦人会長の
タカザワさんが
クロダさんのあいさつ
すごい上手やったというので
みんなで聞きました。

舞台は毎年少しずつ変わっていますが
変わらないこともあります。
それは
舞台袖で待つ人の
心臓が飛び出すくらいのドキドキです。
このドキドキを治せるのは
みなさまの暖かい拍手が
一番の何よりの特効薬です。
どうか応援よろしくお願い致します。

と言われ
うまいなあと感心しました。

本当に
敬老会のオーディエンスは
受容的です。

年輩の女性が多いので
そうなのかもしれませんが

舞台というのは
見る人に支えられていて
出来上がるものなのだと
思いました。

いつか
動く画像をアップしたいのですが。
もうしばらく
時間がかかりそうです。


ネコが、
ブログのトレードマークのネコが
動かなくなっていて
心配です。



元気になってほしいです。

なくさないとわからない

2013年07月08日
さっきから
仕事の書類が一枚見当たらず

そういう時って
さあーっと汗がひくっていうか
       でるっていうか

もうそのことで
頭がいっぱいになります。

かりにも仕事がこなせているから
ほかのことをする
余裕があるので
やっぱり
仕事って大事です。

そういえば
健康だから
仕事もできるので
健康も大事ですよね。

なんでも
なくしてみないと
わかりません。

神様
よくわかりましたので
あの用紙
意地悪しないで
わかるところにおいてくださいね。

お願いしますよ。

過疎化、少子化

2013年07月09日
生協を配達してくれる
マツタニさんと
久しぶりに話をする。

マツタニさんは
尊敬する人の一人。

営業というか
人に商品を進めるのがうまいし
努力していらっしゃる。

売るのがうまい人は
一も二もなく
尊敬してしまう。


生協は
かつては
荷物のおろし場所に
組合員が集い
荷物の上げ下ろしを手伝い
話に花が咲いた。

マツタニさんは
なるべくお客さんと話そうと
努力する人だが

彼が就職してからでも
(4年ぐらい?)
年々荷物を待ち受ける
班が減り続けているという。

富山はもともと
共稼ぎの多い県で
全国三位以内に入る
共働き県なのだが

それにもそれがあって
荷物を降ろしてくるだけの班が
増え続けているという。

人が減っている
話したくない人が増えている
面倒だと思う人が増えている
共働きが増えている

生協の配達のお兄さんは
もっとも世情を敏感にキャッチしてる
業種ですね。

ということで
マツタニさんに
いろいろ教えてもらった
楽しい時間でした。

マツタニさん
えらくなってね。

敬老会あれこれ

2013年07月09日
きのうは三味線のおけいこでしたが
一緒におけいこする中に
婦人会長が二人もおいでて
その他にも関係者がいて
敬老会の話に
花が咲きました。

会長さんのお二人は
婦人会最大の行事を
好評価のうちに終えられて
高揚しながらもホッとしていらっしゃいました。

今年は
婦人会は
午前午後2回公演から
各地区一回公演となりました。

しかし
一回になっても
練習量が減るわけでなく
むしろ
お見せするのが一回になって
もったいない

という声もありましたが
今年新たに
出し物を披露された
水車レディース、ハワイアンダンス、
保育所のみなさんも素晴らしい出来でした。

でも
去年と違う形で
やられたのは
とてもよかったと思います。

みんながとても感心していたのは
高齢者の代表の方のお礼の言葉でした。

米寿の祝いを受けられた
蓑谷の杉本さんが代表して
壇上に立ち
巻物を読み上げられましたが
内容、読まれる様子とも
しっかりとしていらっしゃって
とてもかっこよかったのでした。

私は
婦人会も敬老会も
好きなので
みんなが
敬老会がよかったよかったと
話してくださるのを聞くのが
大好きです。

そういえば
美空ひばりの「東京キッド」「お祭りマンボ」
「真っ赤な太陽」「川の流れのように」
の4曲の中で
客席からいちばん歌う声が聞こえてきたのは
「東京キッド」でした。

踊ったほうはほとんど知らない曲ですが
みなさんにとっては
懐かしい歌なのですね。

三味線は
相変わらず間違えてばかりいましたが
そういう話をいっぱい聞けて
気持ちよく帰ってきたのでした。

ブログの楽しみ

2013年07月09日
夜書いて 朝消す


ネットマナーには反していないと思うが

攻撃的だったり

アホだったり

ちょっとこれは

というのを

翌日の朝消す

ということが
最近よくあります。

カウントを数えると
15人ぐらいの方に
ご覧になっていただいていて
晒し加減がちょうどいい
みたいな。

書いたり
消したり

これもブログの楽しみですね。

AKB と TPP

2013年07月10日
こんなおもしろいこと
どなたがお考えになったのでしょうね。

AKB と TPP

座布団10枚でも
足りないです。

作られずにいられない人

2013年07月10日



敬老会が終わって
その日の夕方は
そのまま懇親会だった。

そこで
ナカモリさんが
チーズケーキとチョコレートケーキを
焼いてきてくれた。

20人余りいるので
その分を焼くとなると
前日からオーブンフル回転らしい。

ナカモリさんのお宅は
牛を飼っておいでる。

どうやって焼いたの?
の質問に

「昨日の夜に1個
 今朝1個
 牛を見てきて1個…」

仕事の合間に
時間を見つけては
焼いてきてくださったのだ。


わたしは
チーズケーキのほうが好きで
本当においしくて
わたしはちょっと特別に
2個いただきました。

何とか売れないかしら

と思うおいしさでした。

「このケーキに
 ナカモリさんのとこの牛のミルク
 入っとるの?」

と私が聞いたら

「さっきも聞かれたがいけど
 うちの牛

 肉牛なが」

ということでした。

ちゃんちゃん♪

これは何の実でしょう

2013年07月11日
これは何の実でしょう

という質問があって
わたしはわかりましたので
畑に行ってとってきて
同じ質問です。

これは何の実でしょう。




児玉清と佐渡裕

2013年07月11日
今日図書館に行ったら
入口の本棚に

「ひたすら面白い小説が読みたくて」
    児玉清 中央公論新社


多くの読書家の
あこがれの人だった児玉さん。

終わりのページの人物紹介の欄を見ると
2011年の5月に亡くなっており
すでに2年を過ぎたことになります。

いくら惜しい人でも
天命に従って命を終え
そして時間は過ぎていくのですね。


 児玉さんは、ものを書く人間に、心からの敬意をもって接する人だった。テレビなどで児玉さんが作家にインタビューする姿を見たことのある人ならわかると思う。ベテランか新人か、売れているかそうでないかにかかわらず、つねに敬意を払っていたし、いつも物書きの味方だった。だから、児玉さんのインタビューを受けたり、対談をしたり、解説を書いてもらった作家はみな、幸福な気持ちになったのだ。

「ひたすら面白い小説が読みたくて」解説より抜粋
    児玉清 中央公論新社

 


土曜日の朝に
「題名のない音楽会」という番組があるが
その司会を務める
世界的な指揮者、佐渡裕
も児玉さんと同じだ。

キャリアに関係なく
音楽活動家すべての人に敬意を払い
どんな若いゲストでも
音楽を楽しむことを共有できる。

だから
佐渡さんと一緒にいる人は
みな楽しそうで
こちらまで楽しくなってくるのだ。

美しいもの、よきものを
愛する心を天から授けられ
周りの人にフェアーに接し
音楽を、小説を愛することで
さらに
エレガントな振る舞いになった人
ということで

児玉さんと佐渡さんは
よく似ている。

嫉妬を敬意に変える
エンジンを
だれでも
手に入れようと思えば
手に入れられる
はずなのに。

そいが
むずかしいんで
ごわはんど。

戦争がなくてありがとう

2013年07月12日
フェイスブックで
アルピニストの野口健さんの記事が
流れてくるようになっている。

富士山の世界遺産登録があって
ここのところ
マスコミへの露出も多い。

先月末には
南砺市で講演なさいましたしね。


今日書かれていたのは

アフリカでは
子供が誘拐されて
兵士に仕立てられるとのこと

しかし
アフリカのみならず
ネパールでも同様に
共産勢力によって同様に
子供の誘拐が起きているとのこと。

今の日本がいかに幸せな社会か
とおっしゃっています。


「八重の桜」では
戦場シーンが続いています。
先々週は家老一族の
小さな子供たちの自害シーンも
あったりして
悲劇的な会津藩の戦いが
まだ終わりません。

戦争がないのは
奇跡的なことなのかもしれませんね。

多少のことはありますが
子供を学校にやれて
成長を見守れる
今に
感謝です。

今日は
勤め帰りの娘に
いっぱいやったあとを拾ってもらい
よけいに感謝です。

今日は
暑くて
座ると
すぐ
こっくりこっくりいきそうな
ぼんやりした
一日でした。

みなさんも十分にお休みになって
ご自愛くださいね。


ミョウガが残念

2013年07月12日
7月の最初の日に
ミョウガを植えたのですが
先日も書きましたように
二日後に大風が吹いて
そのあと猛暑が続き
ミョウガが
だんだんと
茶色に変わりつつあります。

100本ぐらい植えましたが
残りそうなのは
20本ぐらいでしょうか。

風には本当に弱りました。

写真は…

残念すぎて載せられません。

代わりに
このアートを。






ズッキーニの
グラデーションです。

うまくいくと
このように
美しい姿を見せてくれますが。

道は厳しいです。


ぐやじ〜

2013年07月13日
あすですね

権次郎まつり
というお祭りが地元でありまして

そこでなんまぶを
売ることになりました。

メインの牛丼と
なんまぶとの試食会が
先日あったそうで
その模様が新聞にどんと
載っていました。

まあ、もともとかわいいんだけどさ

でもユカターズメンバーの

マエダさんと
タカザワさんが

めっちゃかわいく映ってて
ぐやじ〜!




ということで
みなさん
よかったら買いに来てくださいね〜。

蓑谷公民館で
12時から牛丼となんまぶと。

かわいいユカターズが
おまちしています〜〜░▒░▒

ヘビいな一日

2013年07月14日
今日は
4時半に娘が出かけたため
一度起きて
また寝てしまったが
8時から
なんまぶ作りで
暑い中の
ガス前での作業が続いた。

9時ごろ
まほろばちゃんから
電話があった。

「はれあたまちゃんの洗濯機のそばにへびおった〜!」

用事でうちにきたまほろばちゃんが
うちの中でヘビを見た。

「小さい蛇やけど…」

ああ、漢字にすると
よけいにヘビ感が出る。

小さいならじゃあいいか
と思えないところがさすがヘビで
洗濯機のそばに
うにゅうにゅと隠れるヘビを
想像しながら
なんまぶを作った。

無事に売り切れ

片づけも終わり
権次郎ラーメンと
権次郎たこ焼きを食べ
家に帰る。

戸を閉めておくからね
とまほろばちゃんが言っていた
洗濯機があるところの戸を開ける。

何の気配もない。
たぶん隠れているのだろう。



ほかの部屋に用事で入ったところ
ヘビが
さささっと物陰に隠れた。

おお
いつの間にかここに来ていたのか、
この部屋は下段に小さな引き戸があって
ヘビが出やすいからいいぞ。

長い棒を持ってきて
(すすはらい)
隠れた辺りをつつく。

だがヘビは全く出てこない。
部屋中をくまなく探してみたが
出てこない。

きっともう出て行ったのだろうと
引き戸を網戸状態にして
しばらく留守にした。

帰ってきてみると
網戸のところに
外に出たそうに
サッシの桟に沿って、小さなヘビがいる。

あれだけ探したのに
いったいどこにいたのだろう
という疑問はさておき
さっそく網戸をあけて
お帰り願ったのだった。

ということで
「うちにヘビがいるかもしれないうち」
から
「ヘビがいないうち」
になり
安心して諸活動に取り組めるようになり
ヘビイな一日は終わっていこうとしているのでした。


 

加工がないと届く

2013年07月14日
3日ぐらい前から
20回は見ている映像がある。

昨年5月5日の題名のない音楽会
という番組の
素人の人が歌うコーナーで
細川杏美さん(7さい)が歌っている

「風よふけふけ」

という歌だ。
今まで何度か聞いたことがある歌だが
彼女の歌を聞いて
はじめてこんないい歌なんだと分かった。

ユーチューブで
画像を探したが
残念ながらヒットしなかった。

なので
言葉で言ってみようとすれば

トトロに出てきた妹のメイちゃんが
7さいになって
歌っている感じ。

たくさんいる
じょうずな子役さんとは
違って
加工されず
彼女の中にある楽しさが
ストレートに
外に出てきているのだ。

何回見ても楽しい。

審査員の森公実子さんは
かわいさのあまりに泣き出しているし
毒舌で有名な高嶋千里さんは悩殺され
ぐっさんは
大人の紛争のあるところに
細川さんに行ってほしい
そうすれば解決するだろうに
と語っていた。

娘に見せ、まほろばちゃんに見せ、
うちの人に見せた。

USBに入っているので
動かせません。
もしご希望がありましたら
うちにいらしてくださいね。
お見せします。

感動を分かち合いましょう!

まっで心配したし

2013年07月15日
きのうは
娘が日帰りで
関西方面に遊びに行くと言って
朝早く出かけて行った。

夜の8時過ぎに
今サンダーバードに乗ってるから
零時前には帰れると
メールがきた。

金沢に何時につくか
はっきりわからないが
8時なら遅くとも
10時半には金沢に着くはず。

ならば遅くとも
まちがいなく零時には着くはずだ。
早ければ11時半ぐらいだな
とめぼしを付ける。

母は今朝早かったので
9時過ぎに早々に寝た。
うちの人も外仕事が続いていて
11時前には寝た。

わたしはやっぱり
娘の顔を見ないで寝るなんてできずに
うだうだと
つまらないブログを書いたりして過ごす。

そろそろかな。
11時半を回ってそわそわし出す。

電話してみようかな。
運転中だからやめておこうかな。

とするうちに
零時を回った。

本のページをぱらぱらとめくるが
落ち着かず
頭に入っていかない。

やっぱり電話してみようと
電話してみるが
つながらない。

何回電話してもつながらない。

心配になって
外に出てみる。

不思議なことに
こんな時は少しも怖くない。

さすがにこの時間になると
家の前のスーパー農道は
まったく車が通らない。

目の前にホタルがいっぴき
ぴっかんぴっかんしていて
少し慰められたが
心配は募るばかりだ。

しばらくすると
車の音がして耳を澄ませたが
ゴオーという大型車の音で
道端からはなれて陰に隠れた。

こんな夜中に道端に人が立っているのは
ぎょっとして見たくないだろう
という配慮です。

トラックも行ってしまい
まだしばらく立っていましたが
そのうちに雨が降り出し
家の中に入りました。

電話出ない、雨降る、来ない
電話出ない、雨降る、来ない


結局
零時半に娘は帰ってきました。

ナビに振り回されて
迷子になっていたようです。

世界に平和が訪れて
ホッとして寝ました。
ありがとうございました。

無理やりクリームソーダ

2013年07月16日
今日は
会合で
年上のお姉さま方と会しました。

わたしは
いつも
なるべく
「はい、はい」とだけ
言うようにしている会合です。

何かを飲みましょうということで
注文を取ってくださいました。

何にする?

コーヒーお願いします。

ほかの方の注文も聞かれ
再び私に
何にする?
と聞いてくださいましたので
コーヒーお願いします、
と答えました。

アイス?

と聞かれましたので

ホットです

と答えました。

すると

クリームソーダはいや?

とお尋ねになりましたので
ちょっと考えましたが
(ちょっとといっても1秒ぐらい)

クリームソーダにします

といいました。


なんだかんだと

全員がクリームソーダになりました。

やってきた
クリームソーダは
夏色で




クリームソーダでよかったと思いました。

美しいからがんばれるのか あるいはその反対か

2013年07月16日
今日
万華鏡の取材で

よくこれだけがんばれるな

と思える方のお話を伺いました。

ほそみちさんから
イケメンですよ

と聞いていましたが
言葉に偽りなく
ほんとうにかっこいい方でした。

しかしながら
それ以上に驚いたのは

その方の奥様の
可憐さ、美しさでした。

奥様は年が離れてお若い方
と思っていましたら
実年齢を伺うとそうでもなく
私より年上?

見た目年齢の
若々しさに改めて
「ヒエ〜」と
叫ぶほどでした。

控えめで
いつも笑顔で
夫君を自然に抜かりなくサポートし

こんな方が
サポートしてくださったら
わたしだって
がんばれるはず。

がんばっているからこのように可憐な
ご婦人に出会われたのか
出会いがあったから
このように結果を積み上げてこられたのか

ニワトリが先か
卵が先か
どちらが先かわかりませんが

こんな人がいてくださったら
私だってがんばれる。

というステキさでした。

次号
万華鏡をお楽しみに。

友、近方より来たる

2013年07月16日
今日の夕方
友人のKちゃんが
事務所に来てくれて

「ねえ、あんたが20回見た
 あれ見せて」

と言った。

あ、あれねー

部屋は
本気で来てくださいと言っているとは
思えなく
洗濯物も机の上も散らかり放題だったが
いつものことなので
その部屋で
一緒に見た。

トトロのメイちゃんが
7歳になって出てきて歌っている

と書いたのを
そうやね、と言ってくれた。

実は
これを書いたのを後悔していた。
自分がいいと思ったことを
わずかな手掛かりで人に伝えるのは難しい。
独りよがりなブログになったなー
と反省していたのだ。

だから
見に来てくれたのは
本当にうれしかった。

私が
勧めたものを
本気で見たいと思ってもらえるのは
とってもうれしいことです。

ということで
みなさんも
よかったらどうぞ。

ということで
部屋を片付けておかないとね。


冷房なし

2013年07月17日
今日は
ピンチヒッターで
小学校の
お茶お花クラブに行ってきました。

和室のとなりの
多目的ホールから
麦屋の三味線や太鼓を稽古する
音が聞こえてきて
雰囲気満点のおけいこになります。

しばらく
小学生ぐらいのみなさんと
話していないので
何を話せばいいかなーと
話題を探します。

「教室 暑くね?」

とわざと今風に言ってしまったのは
われながらあざとい気がしましたが
それはさておき
一人の子が

「蒸し風呂みたい」

と言いました。

そうですね。
この暑さですものね。

いまどき
冷房のない建物なんて
体育館ぐらいですよ。

小中学校に冷房がないのは

・子どもにはたくましく育ってほしい
・ないほうが教育的だ
・全部つけると予算が大変

などの理由が考えられますが
ここ最近の暑さは
亜熱帯並みになってきています。

まじに
これからは
小中学校の教室の冷房を
考えないといけないんじゃないんでしょうかね。

暑いとあなた、
わたしだって
ただでさえない集中力が
ぱーっと
光が当たったまっくろくろすけみたいに
どっかいっちゃいます。


こどもの
「蒸し風呂みたい」
と話してくれた時の顔を思い出すと
そう思うんですよ。

残念あるある

2013年07月18日
服を着替える部屋に
冷房が入ってないので
たまにスカートをはくとき、
ストッキングをはかなくてはいけなくて、
大変です。

洗濯した中から 
つま先が伝染してないのを探して
汗でびったり足にひっつくのを
少しずつ持ち上げてはきます。

ところが汗で
なかなか持ち上がらず、
時間もないし
ちょっと無理に引っ張るのね。

すると、びびーっと伝染して、
だめになって、
また一からっていうのが残念。

交渉力

2013年07月19日
吉祥天さんのブログ
を拝見して
なるほどと思った。

子供にあまあまで
何かあると肩代わりもし
筋の通った対応の仕方など
思いもつかない私など
耳が痛いばかりです。

でもほんとにそうだと思いますので
次回
そういうことに遭遇したら
心したいものです。

ということで
交渉力
という話になると
日本の参加が始まるTPPの
交渉が気になるところだ。

初めて書類に目を通せるとかで
100人以上の大団体が
会議に行くらしい。

今朝のニュースで
さっそくアメリカが
日本の都合で
日程を遅らせるわけにはいかない
例外は認められない

「再交渉、蒸し返し認めぬ」…TPPで米

とかましていた。

交渉っていうのは
言えばいいわけでなく
タイミング、機を制する
というテクニックも大切そうで

日本はほんとに不得意そうだ。

書類を読める人100人も必要なのだろうが
その100人の中に
吉祥天さん的な人が
何人いるのか
それこそが大事ですよね。

読んでみて
こりゃだめだ
と思ったらどうなるんだろう

交渉とか
日本がほんとにできるんだろうか

米と牛肉とサトウキビは
どうなるんだろうか

と参議院選より
そっちのほうがずっと気になります。

ちょっと残念

2013年07月20日
スーパーに行ったら
しゃけが手ごろでおいしそうだったので
3切れ買ってきました。

今晩娘は外で食べるので
夕飯はいらないと
いっていたからです。

夫と母と私の
三人分です。

夏野菜がいっぱいあるこの時期は
ホイル焼きが
楽でいいです。

ということで
アルミホイルを敷いて
しゃけの上に野菜を乗せているところへ
娘が来て

それを見て

おいしそう

といいました。

娘においしそうと言ってもらえると
とてもうれしいのです。

(外で食べるより)こっちのほうがいい

ああ、なんてうれしいことを
言ってくれるんでしょう。

娘の分は作ってなかったけど
私の分を取っておけばいいので

じゃあ
取っとくから明日の朝食べれば?

と言いました。

すると娘は

そこまでして食べんでもいい

と言いました。

あ、そこまでじゃなかったのね。
ちょっとがっかり。

でも
食べてほしいので
私は食べずにとっておきます。

ばかでしょ〜。




ちなみに今
夫が野菜が辛いと言ってました。
ゆで不足だったらしい。

我慢して食べてください。

30分でイケるかも

2013年07月20日
今日は最後の
総決起集会です。

応援の先生方のみなさん




さすが
みなさんお話が上手です。

そして
時間内に
1時間を2分過ぎただけで
総決起集会は終わりました。

2時間の時は
2時間なりのみなさん
上手な話になさいます。

はなすプロのみなさん

だから

30分で終わりましょう!

ということになれば
それなりの話をなさると思います。

短いほうが
もっと印象的で
人の心に届く言葉になるかもしれません。

いや別に
早く終わってほしいといってるわけじゃなくて

短い言葉のほうが
人の心に届くっていう

ああ、
くどくどと
数日前のいのさんみたいになっています。

ということで
明日はみなさん
投票日です。

え、選挙中だったの?

とおっしゃる方もあるかもしれませんが
投票日です。

選挙には
莫大なお金を使っています。

せめて
選挙にでも行かないと
浮かばれません。

ということで
明日行ってきます。

選挙に行きました、一応。

2013年07月21日
私のような年代は
投票に行かないと
後ろ指を指されるような気がして
選挙に参ります。

娘は今年初めて選挙に行きました。
これまでの2年間は
住民票はここにあるが
実際には離れて住んでいて
投票できない状態でした。

若い人に本気で投票してほしいなら
ほかでも投票できるような
しくみになるといいのにと
思います。

今度の選挙はネット解禁となりましたが
ネットでPRや応援してもいいという範囲で
投票には関係なく
肩すかしでした。

日本の風土といっていいのかな、
へたに政治にかかわりを持つな
レッテルを張られてしまうよ
という雰囲気があります。

なのに
投票になると
みんな行きましょう
投票はしないとだめですよ
と選ぶ側での参加は呼び掛けられます。

不在者投票制度が設けられ
連日
多くの人員が
不在者投票所に費やされています。

参院選のような全国の選挙の場合
その総額はいったいいくらになるのか
一度聞いてみたい気もします。

選挙こそ
ネットを使って
安くできるようにしていく
そしてできる分野だと思います。

自民党のみなさん
よろしくお願いします。

8番ラーメン

2013年07月21日
お昼まで富山市
お昼まで高岡市

というとき
おなかは空きますが
なるべくがまんして
家まで帰ってくるのですが

今日はお昼まで高岡で
暑いかんかん照りの中で運転していたら
がまんできなくなって
8番ラーメンに入ってしまいました。

みそおねがいします

8番に入ったときは
学生時代からだから
30数年、みそラーメンしか
頼んがことがありません。
それに餃子がつくかつかないかだけ。

で野菜たっぷりの
みそラーメンを食べておりますと
二人の保育所3歳4歳ぐらいの子供を連れた
お父さんがおいでました。

休みに子供二人連れて
大変だなあ、いまどきのパパは…。
と、気になってちらっ、ちらっと
見ておりますと
ラーメンが来るまでの間
二人のお子さんに
それぞれ絵本を開かせ
いいかんじです。
そうこうするうちにラーメンが来て
ふたりのお子さんの小どんぶりに
ラーメンを分けていらっしゃいます。

いいかんじです。
ですがラーメンはそれしか来ていません。
一杯で3人で分け合うのだろうか、
現代のいっぱいのかけそば的な
家族なのだろうか。
お父さんはおなかが空かないだろうか、
と気になっておりましたが
私も自分のラーメンを食べるのにがっついていて
ふと
お父さんを再び見ると
冷やしざる大盛りが
きていて
がっつり召し上がっておられ
安心したのでした。

8番ラーメンは
次から次へと
お客さんが入ってこられ
何十年も人気店を続けておいでることに
今日も感心しながら
店を出たのでした。

公平に分ける

2013年07月22日
昨今
ウナギは値上がりしています。

ですので
お財布的に
うちは一尾で十分なのです。

で、以前は
一尾をだいたい
八つぐらいに切って
そのまま大きめの皿に
全部をのせて
「ほしい人がほしいだけ食べてね」形式
だったのですが

一尾で八切れだと
ほしい人が食べたいだけ食べちゃうと
ほかのほしい人が
食べられなくなる
という事実に気が付きました。

で、
今年からは
娘も帰ってきて
四人になったこともありまして

一尾を八つに切り
一人ふた切れずつ配布することにしました。

あ、うちの人には
少し気を遣って
幅の広い部分を配ってます。

で、酒の菜にしようが
ご飯にのせて
あとはタレで調節してもらうと
いうことにしました。

やっぱり
値の張るたんぱく質系は
うちの場合
この分け方がいいと思いました。

何しろ自分の分を確保したいっていう
そこですけどね。

私は今日は取っておいて
明日ご飯にのせて
食べるもんね…、うひうひうひ…。


「責任は?」ばかりでかしましい

2013年07月22日
民主党の大敗
維新もどこそこも伸び悩み

投票前の各紙の予想と
ほとんど数字は一致しています。

大敗したっていっても
だれもびっくりしてないし
やっぱりこんなもんでしょう
的にたいていの人は見ています。

責任は?
責任は?
辞めるんですか?
辞めないんですか?

テレビを見ていると
記者の人だか
レポーターの人だか知らないが

とかまびすしいことこの上ない。

弱小政党が
責任取ろうが取るまいが
大勢に影響はないし
そんなことは
どうでもいいです。

もう自民党しかないんですから
与党の監視をしっかり
お願いします。

選挙があってもなくても
夏は続きます。

めずらしく、ピントの合った写真




型の効果

2013年07月23日
最近忙しくなった友人と話していて
残念なことは
お茶のおけいこに行けないことだ
というのを聞いて
わかるような気がした。

お茶は型のあるおけいこだ。
心をそこに集中させて
お茶を出す人のことを思い
美しい、相手の心をいやす
点前になるよう
心を集中する。

普段の生活とは
異次元の世界になる。

三味線のおけいこもそうだね。
相変わらず
ちっとも上達しないけど
一曲に
集中する。

「型」があることは
ありがたいことだ。

自分らしさ
自分だけの表現と言われると
そんなこと言われても
となるが

型に専心すると
なぜか
こころが
落ち着きます。

そんなことが分かったのは
ほんのしばらく前ですけどね。

年取らないと
わからないこともいっぱいあって。

ということで
7月は上手下手は別として
三味線もお茶も
休まずおけいこできた
よい月でした。

にしても眠いです。
今年は
疲れが残りやすい気候のような気がします。

みなさま、
ご自愛を。


草がみっともない

2013年07月23日
ばあちゃんが
生きていた時には
「草がみっとんない」
といって
まめに雑草を取っていました。

そんなに誰も見ていないのに…

と心の中で思っていました。

しかし
自分がミョウガを植えた場所が
この間からの適度な雨で
めっちゃ草だらけになってしまいました。

自分で世話をしてると
雑草だらけっていうのは
子育てを放棄しているネグレクト母親
みたいに思われるんじゃないかと
世間が気になります。

ばあちゃんの気持ちが
ちょっとわかって
しばらくやりましたが
すぐいやになりました。

今日の夕方少しだけむしりましたが
全部も半分も三分の一も無理でした。

枯れかかるミョウガと勢いのある雑草の写真は
残念すぎて撮れませんでした。

夕方は
セミとヒグラシの声が
上から降ってきて
味わいがあります。

誰かとけんかすることなく
一日が終わっていき
感謝です。



はやお盆の時期ですね

2013年07月24日
桜ヶ池そばの
ヨッテカーレに行ってきました。

玄関入ってすぐ
きれいな小菊が色とりどりに並んでいて
もうすぐ
お盆なのを思い出します。




ひと束250円というお安い値段です。

お散歩がてら
ぜひ
いらしてくださいね。

中には
あのおいしい
アスパラも売られています。




ウリやすいかも
並んでいますよ。
(写真撮り忘れましたが)

先日
ヨッテカーレは
サイクリングをやる人の
立ち寄り場所に
ちょうどいいという話を聞きました。

行くまでに坂道があって
おにぎりとかの軽食はエネルギー補給に
ちょうどいいそうです。
見晴らしもいいし
いい場所らしいんです。

ヨッテカーレに
自転車置き場の整備とか
お願いしたんですが
南砺市も一緒に考えていただいて
サイクリング者の「聖地」とまでは
いかなくても
ちょっといってみようコースの
目的地になればうれしいです。

っていうことで
関係者のみなさん
よろしくお願いします。




夜に集う

2013年07月26日
おととい
通りかかった中学校の
グラウンドの夜の照明に
大きな虫が
いっぱい集まっていた。

蛾の仲間にちがいないが
飛んで線を書く様は
優雅できれいだ。




車から降りて
写真を撮っていると
夜の9時過ぎだし
グラウンドを使っていただろう何人かが
私を
何をしているのだろうと
不安げに見ておいでるのがわかった。

しかし
よく見ると
知った人だった。

全国大会にも
出場する強豪ソフトボールチームのみなさんだ。

お孫さんが何人もおられる方も
複数おいでるのよ。

外での練習はきついだろうに
ほんとにすごいなあ。

この間登山家の野口健が
トーク番組で
なにかイベントをやると
集まるのは女子ばかりだ
と言っていたのをちらっと思い出した。

いろいろと
話をして
娘がトヤマに帰ってきて
働き出したこととか
そんなことも聞かれるままに話した。

思いがけず
話ができると
得した気持ちになれました。

今度のソフトボールの大会も
がんばってくださいね。



ジローラモさんの思い出

2013年07月27日
明日までになってしまいましたが
福光美術館で
地元出身の川原竜三郎展が開かれています。

マキちゃんの
とてもよかったという話を聞いていて
行こうとは思っていたのですが
最終日一日前になってしまいました。

ほそみちさんのブログで
テレビに出ておいでるジローラモさんが
おいでるとかおいでないとか
お書きになっていたのを見て
どんな関係があるのかな
と思っていたのですが

館内の展示室前に
ジローラモさんの文章が掲げてありました。

私が川原さんと出会ったのは、25年前、日本に住み始めたばかりの頃のことでした。

 私は、日本語学校に通う途中にある家が、いつも気になっていました。庭には、いっぱいに美しいバラが咲いています。大きな窓が一階から二階へとつながり、他の家とは明らかにちがうたたずまい、色とりどりのバラの香りと大きな窓、そして studio verde とイタリア語で書かれた表札に引きつけられました。



映画の冒頭シーンになりそうな
先行きが気になる絵が浮かびませんか?

続きを行きますよ。

中に入ると、そこには純真そのものの女性をモチーフにした繊細で可憐な作品が並んでいました。
 彼は彫刻家で、そこはアトリエだったのです。外からみえた大きな窓はアトリエにたくさんの光を取り込むためでした。
 イタリア語を自由に操るほどの、ウイットに富んだ会話に、すぐに彼が好きになってしまいました。
 そしてふと目に止まったのは、椅子に座った女性がハーブを演奏している彫刻でした。
 我が家にそっくりな作品がある…。なんと義理の母が購入したもので、私の大のお気に入り。彼がその作者だったとは…。人は出会うべき人には出会えるものです。
 





通り道の家が気になって
ドアをたたいたという
全くの偶然によって知り合われたのですね。

「人は出会うべき人には出会える」

いい言葉ですね。

これ以上の出会いを望むより
今までの出会いを大切にして
明日を重ねていきたいですね。

女性の美しさを
作品の形から
自分の美しさを
思い出しましょう。

川原竜三郎展

福光美術館、明日までです。


残念なとこといいとこ

2013年07月27日
健康保険の
扶養者調査の
返信用の封筒です。




表の
「差出人」の欄が

たてがき

になっていて残念。

会社印はたいがい横判だから
「たてがき」っていうのは
会社関係書類としては
ないです。

ということで
残念ポイントは「たてがき」

で、書類を入れようと
封筒を裏返して

入れ口を見ると
文字が書いてあります。

ここに必要書類が書いてあって
チェックできるようになっているんです。

これは
気が付きやすいし
合理的。




いいとこポイントです。

っていうことで

源泉税の支払い、
基礎算定届の提出
被扶養者確認届
ボーナス支払い届

と届け出の多い7月が終わっていこうとしています。

今日別院のお茶会に行きましたら
待合に
街中の若奥さんたちもいらしていて

麦や祭りにお子さんが出るか出ないか
という話が出ていました。

夏になったかと思えば
気が付けば秋。

毎年そうですけど。

今も
カナカナと
ヒグラシの声が
鳴り響いています。

季節が過ぎていきますね。

バカでかいズッキーニ

2013年07月28日
しばらくズッキーニを
取りに行くのを忘れていたら…

こんな感じで




もう少し近づくと

こんな感じ





トマトと一緒に




コショウの瓶と一緒に




ひとりで





今年は
ズッキーニの存在感に
ひれふす年となりました。

一番のパワースポット

2013年07月28日
娘の洋服を買いに
お出かけしてきました。

娘といっしょに
娘の洋服を見るのは
好きです。

でもほかにも
好きな人はたくさんいらっしゃるようで
お見せは混雑していました。

今はバーゲン中で
わたしもできたら
自分のもほしいなと
思っていましたが

スカート丈はずいぶん短いし
あててみると
デザインも色もかわいすぎて
56歳のを見つけるのは
なかなかむずかしい。

まあ、それは残念だけど
置いといて

館内は
東進ゼミのコマーシャルソングのような
ピンポンピンポンという
明るい軽快なBGMがずっと流れていて

時どき
女性の声で

「一番のパワースポット、それはバーゲン会場!」

とアナウンスが入ります。

ああ、確かに言えてるかもしれないね

と娘と話していました。

しかし

家に帰ってきて
娘が

お母さん
あそこはやっぱりパワースポットでないわ
だってくたくただもん

と言いました。

でもかわいい服買えてよかったじゃん♪

と言いましたら

まあね

と言いました。

帰り道にシェイクを買ったら
混み合う
駐車場のエレベーターに
持ち込むのがはばかられ
8回の屋上まで階段で上がりました。

車の中で食べたシェイクは
おいしかったです。

何が楽しいって
娘とのデートだろう

正直に言おう。

ひとりで登るもん

2013年07月29日
先日
虫干し茶会の帰りに
別院の山門に登ってきました。

この間
登っている人を見て
いいなあと思っていたのです。

入口に
係りの方がいらっしゃって

あいさつをして
階段を登ります。

かなり急です。





更に登ると
陽が射していて
なかなかにいい雰囲気です。






角の竜のひげがすてき





山門横の大杉とも
こんなに近くて
うれしいし。




城端町のメインストリートを
見下ろす





内部は撮影禁止です。

町内のお子さん方は
虫干しになると
この階段を昇り降りして
大きくなられたんでしょうね。

山門に上ったのは
初めてじゃありませんが
ひとりでは初めてです。

今まで登らなかったのが
もったいない気がしました。


日本郵政とアフラックの提携

2013年07月30日
先日
生協青年と話していたら

生協も
もちろん
食品の販売がメインだけど
それだけでは利益が出にくくなっていて
保険が
助けになって
やっとかっと
みたいな話を聞いた。

生協も
の「も」は
ほかにもあるという意味で
農協なんかは
ずっと前から
そういう体質になっている。

でもそれでJA全体がまわって
農業を維持でき
雇用も確保されているのだから
地域のためには
合理的なことだと思う。

つまり
地方は
「保険」か税金か
どっちかでまわっている。

だから保険業務は
地域にとっては大事です。

こんど日本郵政がアフラックと提携すると聞いて
TPPやる先から
あの日の丸郵政が外資の保険と組んで
そいじゃみんな外資に
持ってかれちゃうんじゃないの?
と心配になりました。

しかもアメリカを忖度した
日本政府の介入があるとかないとか
え、日本の国を売りたいの?

と事情が分からない私などは
思ってしまうのです。

でもニュース見ても
そんなに騒ぎになってないようだし
だれか
そんな心配することないですよ
という
情報をお待ちしています。


風俗か再婚か

2013年07月30日
めずらしく民放のドラマを見ています。
偶然に一回目をちらっとみたら
どえらい面白かったからです。

朝ドラのおひさまで
元気な少女を演じていた
満島ひかりさんが
幼い子二人を抱えたシングルマザーの役を
ほんとうに上手にやっておいでます。

ねじれた関係にある母親を田中裕子
こりゃあ
二人を見ているだけで
価値があります。

1回目のあるシーンで
シングルマザー同士で
話すところがあります。

「風俗か再婚か」

正社員のママなら
まだ何とかなるでしょうが
パートタイマーの母親の現実は
きびしい。

子供を面倒見る傍らで
お金も必要となると

シングルマザーの選ぶ道は
風俗か再婚しかないということです。

富山県でも
都市部は
幼い子だけでの留守番家庭が
増えているといいます。

以前に比べると
子供を預ける環境は
少しずつ良くなっています。

保育所、学童、
子供を預けられる日や時間が
長くなっています。

でも
一人で子供を育てるとなると
お金も人手も
周囲の理解も
全く足りないのです。

主任児童委員をしていましたが
ほとんど何のお役にも立てず
役を終わろうとしています。

申し訳ないばかりです。

児童館が指定管理制度下になるという話

2013年07月31日
今日は

南砺市児童館運営委員会

という会合に行ってまいりました。

文字通り
南砺市の児童館運営について
報告を受け
あーだこーだと
お話しする会なのですが

今年は
3時半終了の予定が
1時間近く話し合いが伸びてしまいました。

というのも

「指定車管理制度の導入について」

という議題があったからです。

スポーツクラブとか
スキー場とか
すでに指定車管理制度のもとで
運営されていますよね。

南砺市には施設がいっぱいあって
その維持に大変なので
23年度に
施設見直して指定管理にしましょうっていう
スケジュールができたとのことで

来年度は
児童館がその指定管理の導入が
予定されている年度なんだそうです。

会議の中では

・指定管理というしくみが、児童をあずかり育成する児童館にふさわしいのか

・来年度から実施という計画なのに、今もほとんどの人が知らないし、認知されていない。導入にはもう少し丁寧な説明が必要でないのか

・市職員が現場から引き揚げて、現場のことがわかるのか。わからない人の采配になってしまうのでないか。

という
もっともな意見が出ました。

利用料を取る市町村もあるらしいですが
南砺市は児童館は無料です。
南砺市もがんばっています。

ということで
もう少し話し合いが必要なのは
間違いないように思われました。

ひとりは淋しい

2013年07月31日
飼い猫が2ひきいるが
年を取って
オシッコぐせが
悪くなってきた。

どこでも
してしまうので
朝起きた時は
あちこち
用心して くんくんして
歩く。

あー、またここにー。

あー、あそこにもー。

なので
ネコの顔を見るたびに

「オシッコしたらだめだよ」

を言うのがくせになってしまった。

オシッコするからと言って
家族には変わりなく
ネコには
ずいぶんとなぐさめられているのも
本当のこと。

母が草をむしると
どこからか
ネコがやってきて
ずっと母のそばにいる。

ネコもひとりより
母のそばがいいし
母もひとりより
ネコがいたほうがいい。

私もネコがいると
声をかけに行く。




写真はネコに呼びかけて
私のところにくるネコが
母を振り返っているところ。

ひとりはさびしい。

みんな寄り添って生きたいよね。
作者 : はれあたま

 かなり生きてきて、でも、生きてきた中で今が一番楽しい気がしています。ブログに参加することでもっと楽しくなればいいなと思ってます。

2014 年
11
12
2013 年
2012 年
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
1
2
3
4
5

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。