nanto-e.com archive

はれあたまダイアリー

いつも楽しく読ませていただいてきました。ちょっと自分でもやってみようかと思いました。

よいことは二つなし。

2014年04月01日
先日
食器の洗い物を片付けていて
茶碗を取った拍子に
茶碗の上にあった
ナイフが滑って落ちた。




このナイフなんですが
先日カードのポイントがたまって
ポイントでもらえる
一番ポイントが近い商品ていうのが
なかなかほしいものがなくて
ちょっと足りないところには
欲しいものはいっぱいあるのにね

まあ、それはいいとして
このナイフをもらったんですよ。
ポイントで。

これが
持ち手10センチぐらい
刃は12〜13センチぐらいで
小型のナイフなんですが

よく切れる。

とてもよく切れて
愛用しておりました。

このナイフがね、
滑って落ちて
それがシンクの台に当たって
はねて
私の足の上に
落ちたんです。

右足の人差し指と中指の間ぐらい

ちょっと登ったところ。

それがね
この柄がけっこう重くてね、

刺さりましたよ。

けっこう痛かったですね。

刺さった表面積は小さいから
血が
靴下にちょっと滲んだだけでしたけど

見た目より
奥に行ってるから
ずいぶん痛かったです。

二日ほどジンジンしてましたが
でも
今は治りました。

よく切れるナイフは
けがもしやすい。

よいことは
ふたつないという
よくある話。

かあちゃんの取扱説明書

2014年04月01日
城端図書館で

「若い人に贈る読書のすすめ2014」

フェアーをやっていて

入口には若い人向けの本がたくさん並んでいます。

そういう本を
若い人でもないのに借りる人がいます。

私です。




「かあちゃんの取扱説明書」いとうみく 作
             佐藤真紀子 絵
             童心社


表紙の絵がすてきで
借りてきました。

息子が
かあちゃんをうまく操ろうと
かあちゃんの取説を作るのですが
結局
母ちゃんのほうがうわてだったという
オチがなかなかいいです。

そして
裏表紙がさらにいい。




最後になお楽しくなるお話でした。

いつの間にかモンスターに

2014年04月02日
昨日まで許されていた
当たり前のことを言って
当たり前のことをして

ところが
いつの間にか
「モンスター○○になっている」
ということは
起きるのだ。

私も
いつの間にか
モンスターになっていて
びっくりしたことが
つい最近ありました。

まあ、
ひとつひとつ
積み上げていくしかないですけどね。

小保方さんにしたって
今更
ノートの取り方が未熟だとか
という話になれば
じゃあ、
指導する側は
どうだったんだ?
っていう話ですよ。

どうして
今まで放っておいたんだって話ですよ。

だから
同等に責任ありますよ。

やっぱり
かわいいからかなあ。

興味あるよなあ。
小保方さん。

あ、そう言えば
今日
テレビに
ゼネラルモータースのCEOが
出てきて
女の人で
びっくりしちゃいました。

アメリカを代表する企業の一つの代表、
クルマの会社の代表が
女性なんですよ、

世の中
そういうことなんですねー。


女性に目が行った
今日でありました。


記録

2014年04月02日
万華鏡266号は
城端時報の山本哲也氏の特集

33年間
町の新聞「城端時報」を守り続けてきた
哲也氏は

「城端時報」の価値は

「記録」にあると言い切られた。

だから
城端は幸せなのだ。

町の記録が残っているから。

たとえば
学校の記録にしても
個人の成績は残っていても
学校に何があったかなど
学校のお便りは
残さなければならない公文書でないので
時期が来たら
なくなってしまうのだ。

そんなふうに
あるようでなくなっていく記録を
城端時報はがっちり固めてあるのだ。


STAP細胞騒動で
小保方さんのノートが話題になった。

毎日の結果を正確に
書いて残してあったら
また話は違っていたのだろう。

っていうか
私も
毎日
ちゃんと書くっていうのが苦手で
書くべきことを書くのが苦手で

きちんとしようと思いましたね。

いつも
思うだけだけどね。

出丸の桜

2014年04月03日



残雪のある高清水山系をバックに
春を告げていました。

少女パレアナ

2014年04月03日



「少女パレアナ」E・ポーター作 村岡花子 訳
        偕成社



朝ドラ「花子とアン」
始まりましたね。

あるメルマガで
村岡花子通の人の話が出てきて
村岡訳作品で一番好きな作品は?の問いに
当然
赤毛のアン
かと思いきや

「少女パレアナ」

が出てきたので
さっそく借りて読みました。

1972年、
今から42年前に一刷が発行されています。

ストーリーは
アンとよく似ています。

孤児の主人公が
新しい環境で
超前向き気質で花を咲かせるという
パターンですね。

パレアナと出会う人が
みんな幸せになっていき
山あり谷ありありますが
ハッピーエンドが予想され
安心して楽しく読める本でした。

アンよりパレアナ

というのは
私はよくわかりませんでしたが。

今もテレビで
昭和時代の歌謡曲が流れていて
歌詞はわかりやすいし
ストーリーもつかみやすい。

いい時代ですね。
わかりやすく
不安のなかった時代。

本も歌も。

やっちゃいました

2014年04月03日

ネズミは笑う?

2014年04月04日
ある本を読んでいて

笑うのは人間だけでないと
わかりました。

霊長類は笑うのだそうです。

チンパンジーも、ゴリラも、
オランウータンも。

霊長類だけでなく
ネズミも笑うそうです。

くすぐられて
笑うネズミ。

笑うネズミ

ネズミは笑うとして

うちのネコが
笑ったと思ったことは
今のところありません。

でも
笑わないと思っていたので
笑うと思ってみると
また違うかもしれません。

笑った顔が撮れたら
またアップしますね。

私のアン

2014年04月04日
朝ドラで

「赤毛のアン」の訳者
村岡花子さんを取り上げる
と聞いて
少し身構えた。

何しろ
「アン」だ。

「アン」がどんなふうに
出てくるのか
気になる。

「赤毛のアン」は
多大なる影響力を
持ったお話です。

映像のない文字の世界なので
私には私のアンが
出来上がっていて

多分
他の人もみんなそうで
人それぞれのアンがいて
マリラがいて
マシュウがいて
ダイアナがいて
ミセスリンドがいて

だから
映像になると
とてもチェックが厳しいんですよ。

朝ドラの主題歌に出てくる
アニメのアン

違う。

違います。

知性がない。



こんな怖いファンが
いっぱいいますからね。

がんばってくださいね。

知らないうちに支え合う

2014年04月05日
先日取り上げた
「母ちゃんの取扱説明書」のほかにも

若い人のための本を借りてきてしまいました。

「スミスの本棚」テレビ東京報道局編 著
        日経BP社





それなりの方々が
笑っていいとものゲストのように
次の本の紹介者を紹介して
つないでできています。

途中で出てきたラインが

立川志の輔→佐渡裕→ピーコ

です。

私の好きな佐渡さんが紹介していたのは
河合隼雄氏の「こころの処方箋」でありました。

本箱にあったので
もう一度見返しました。

昼間に
内裏様とお雛様と離して
箱に入れたと書きましたが

少し離れていた方がいいと書きましたが

離れていた方がいいと思っている夫婦でも
実は支えあっているという
話が載っていたので
部分ですが紹介したいと思います。

 夫婦の間でもそうである。夫婦でも年をとってから相手がいてくれてよかったと思っている人と、「この相手さえいなかったら……」と思っている人とある。一人だったら好きなことができるのに、なまじ相手がいるので気を遣ってしまう。そして、二人で顔を合わすと何だかトゲトゲとしてきて、腹が立つようなことを言い合ってしまうのである。
 このような夫婦で、片方が亡くなられ、残された方はそれ以後、元気で楽しく……と思っていたら、その方も相ついで亡くなれるような例が割にある。「居ない方がいい」と思っている相手に、実のところは無意識に依存していることが大きかったのである。前に「文句を言っているうちが華である」と、述べたが、夫婦の場合もそうであることが多い。お互いに文句を言いながら、実はよりかかり合い、支え合っているのである。だから、文句を言う相手が居なくなると、自分の方もがっくり参ってしまうのである。

「こころの処方箋、37一人でも二人、二人でも一人で生きるつもり」河合隼雄 新潮文庫
 


文句を言えるうちが華

心に刻んでおきましょう。

別々の部屋で

2014年04月05日
数日前
残念なことを思い出した。

お雛様が

まだ
片づけてなかったのだった。

休日に片づけようと思いながら
普段は行かない部屋なので
目に入らないうちに
こんなことになったのだった。

今日の午前中は
あいにく家族は出払って
私一人だったので
一人で片づけた。

小物を仕舞って
タンスや牛車や菱餅を片付けて
人形を片付けた。

人形はふた箱に分けてしまう。

三人官女、五人囃子と片づけながら

内裏様とお雛様になった。

紙で包み
袋に入れ
箱に入れる時になって
一度は二人を同じ箱に入れたのだが
ずーっと一緒もつらいかなと思って
別々の箱に入れてあげた。

そうすれば
来年また新鮮な気持ちで会えるじゃん?

「一年にひと月ぐらい一緒」
っていうのも
悪くないでしょ。

ということで
無事に片づけも終わったのでした。


ジャイアンツが強すぎて面白い人と面白くない人と

2014年04月06日
開幕戦だった。

3−0で阪神が勝っていて

菅野といえども
まだまだ2年目だね。

と思っていたら

いつの間にか
ジャイアンツが8点を取り返して
圧倒的に勝ってしまった。

あらまあ
と思っていたら
その次も次も
バカバカ打つ。

1番の長野は大当たりだし
坂本でさえ7番とかで

全員4番の重量感と
走れて守れて

アンチ巨人としては
暗いシーズンになりそうです。

そんな中
おととい昨日と負けましたけど
今日
ドラゴンズはジャイアンツに勝ちました!

もう1つでも勝ったら
良しとしないとね。

ドラゴンズは
谷繁監督になりましたが
プレイングマネージャーは
大変ですよね。

昔はできたかもしれないけど
今は時代が違うからね。

名古屋での巨人戦をテレビで見ていると

私が名古屋で働いていた時に
母と祖母が来て
3人でナゴヤ球場に行った話になります。

母は野球を見るのが好きで
巨人ファンですが
巨人戦のチケットはもちろん取れず

あの時は広島×中日戦を見に行きました。

小松が投げていました。

祖母は野球がわからないので
人がいっぱいおいでることにびっくりするのと
ライト(電球)の数を数えていたそうです。

母も
野球がわからない祖母に
つき合ってもらっているので
落ち着かなく
巨人戦でもないので
1-0で中日が負けていた8回で
球場を後にしたのでした。

帰りのタクシーの中で
9回に中日が逆転し
私はもう少しいればよかったのに

母に文句を言った覚えがあります。

あれから30年ほどが経ちました。

母は今も楽しそうに
野球を見ています。

今年の
強いジャイアンツに喜んでいます。





「カスタマイズ」って何?

2014年04月06日
FB友達の
マキちゃんが

「ブックカバーカスタマイズする」って

書いていて

その文章と一緒に映っている写真には
ブックカバーをみんなで作っている
様子が載っていた。

「作る」のと「カスタマイズ」は
どう違うんだろう?

ということで
マキちゃんに質問してみたところ


「自分が使いやすいように、変更可能な場所を、自分用にしていくこと」だと解釈しています。


goo辞書では、[名](スル)《「カストマイズ」とも》既存の商品などに手を加えて、好みのものに作り変えること。「会計システムを―する」ですと!



と二つも答えてくれたのだった。

考えてみれば
カスタマーは「客」だから
客化する、

自分用に作り変えるってことね。

で、
何とか
「カスタマイズ」を使ってみたいのだが

卵焼きにしいたけを入れて
カスタマイズした。

あれ、なんか違うでしょ。

ドレッシングにコショウを入れてカスタマイズした。

なんか違うでしょ。

おさんどんにはカスタマイズが
合わないかもしれません。

今日は使えずに終わりそうです。

いつか使うもんね。

名前が出ない

2014年04月07日
久しぶりに
大河ドラマを見た。

黒田官兵衛、
?6のあの人だ。

あれ、名前が出ない。

ちなみに?6のほかのメンバーを
思い出してみるが
いのっち
長野くんしか
思い出せない。

あとの4人は霧がかかっている。
顔はわかるが
名前が出ない。



竹中半兵衛、
朝の番組の司会をやってる
子どものある人と結婚した
あの人、

名前が出ない。


織田信長
森高千里のだんなさんで
カレーのコマーシャルをしてた
えーっと、

名前が出ない。

あまりに
名前が出てこず
怖くなり

そーっと
新聞の番組欄を見て
名前を確かめた。

黒田官兵衛は あー、岡田准一だった!
近所の岡田さんと結びつけて覚える。

竹中半兵衛は あー、谷原章介だった!
東西原の谷田さんと
結びつけて覚える。

織田信長は、あー、江口洋介だった!
エロと結びつけて覚える。

とエピソード記憶にして
この3人はどこで見ても
言えるようにしようと思ったのでした。

ちなみに
?6のほかのメンバーは
三宅君と坂本君と森田剛君でした。

恐ろしく名前が出なくなっています。

ほんとに恐ろしいです。


ロシア語はまったくわからない

2014年04月08日
きのうはロシアからのお客様との
交流会があった。

婦翔会というのは
着付け、お茶、習字、お花など
先生方が無駄なほどいらっしゃり

かつ 皆様
ポジティブ善意にあふれていらっしゃるので
がいこくのおばさま方との
国際交流には
ぴったりなのだった。

ロシアの年金生活者世代のみなさんの
体格というのは
横を向かれると
かなり
日本人と違うのがわかる。

多くの人が
三桁の体重があるのではないかと
思えた。

そういうみなさんの
着物を着てみたいという
ご希望により
着付けの先生方が
着物を着せられるのだが


胸元が
どうしたって合わさらず
当て布をして
花を飾られた。
和洋折衷でとても素敵だった。




でもあれだけ体が大きいと
大変だと思います。

日本の健康診断の仕組みや
国による健康管理の仕組み

ロシアに売り込めるんじゃないですか?


「育てる」先に「作る」工夫

2014年04月09日
今も池上さんのテレビで
年金問題を取り上げておいでたけど
少子高齢化は
ずいぶん深刻な問題になっていて
子どもを産んでも育てられない
環境が
取りざたされているけど

その先に
子どもを作る行為そのものに
興味が失われているというのだ。




「売り方は類人猿が教えてくれる」ルディー和子
            日経プレミアシリーズ



この本は
ブログネタ満載なんですが
その中でも
今日は
「日本人絶滅のおそれ」について
抜き出してみます。

 現代の私たちは、遺伝子を残すことにまず第一に必要な、性交に興味がないのです。中でも、日本人が、世界で一番無関心なようです。
 コンドームの世界的メーカーであるデュレックス社は世界各国の性行動について毎年調査をしていますが、その調査において、日本はセックスレス頻度においてダントツに世界最下位です。
 たとえば、2005年度の調査によると、世界的平均頻度は1年間で103回なのに、日本は24回、ビリから2番目のシンガポールの42回の約半分です。
「回数じゃなくて中身だよ」とよく聞く言い訳も通用しません。性生活の満足度においても、日本はわずか24%。ただし最下位だけは免れて、ビリは中国の22%です。



というふうに
世界的に見て
回数が圧倒的に少ないらしいのです。

なぜでしょう。

ということで次回は
なぜでしょう、
に進みたいと思います。

今日は眠いのでこの辺で。

「人間臨終図巻」

2014年04月09日



「人間臨終図巻」山田風太郎 徳間書店

亡くなった年代別に
臨終について書かれている
ちょっと変わった本です。

「十代で死んだ人々」
の一番最初は
十五歳で亡くなった八百屋お七です。
そのあと

十六歳で亡くなった

大石主税
アンネ

十七歳で亡くなった

森蘭丸
天草四郎

と古今東西関係なく
亡くなった年齢でいろいろな人が出てきます。

まだ全部読んでいませんが
読んだ中で
二十八歳で亡くなった
円谷幸吉についての死が
心に残りました。

円谷幸吉は
東京オリンピックで銅メダルを取り
期待された次のメキシコオリンピックの
開催される年の一月に
朝霞陸上自衛隊体育学校の幹部宿舎二階の個室で
カミソリ自殺を遂げます。

大きな期待と不調の狭間で
プレッシャーからの
自死と思っていましたが
それだけではなかったようです。

 朝日新聞記者中条一雄によれば、幸吉の自殺は、足と腰の故障のほかに、彼には美しい恋人があったが、体育学校の校長が、オリンピックをひかえて恋愛沙汰はまかりならぬと交際を禁じ、二カ月前にその女性がほかの男性のもとに嫁いだことによるという。


こんなことが
あったのですね。
自死を選んでしまった理由が
はじめてよくわかりました。

小保方さんの存在感

2014年04月10日
きのうは
昼ご飯をわざと少し遅らせた。

なぜかというと
1時からの小保方さんの記者会見を
見たかったからだ。

母は
フジテレビPM1:00からの
「ごきげんよう」の大ファンで
見られる限りはいつも見ている。

だから
母と一緒だと見られないかもしれないな

と思っていたのだが
いつもは
1時になると
チャンネルをフジの8チャンネルに
合わせるのに
今日は
変えようとしない。

ごきげんよう見んでいいが?

と聞いたら

母は

それどころでない

と答えた。

小保方さんのほうがずっと
大事だった。

途中でチャンネルを変えて
フジテレビにしたら
フジテレビも
ごきげんようの放送をやめて
小保方さんにしていたのだった。

この存在感。

すごい。

美しい。

毅然としている。

でも「200回成功」っていうのは
どきっとするよね。

ノートの数とまた合わなくなるしっていう
心配を
素人の私もしてしまうじゃないか。

「レシピ」とか「こつ」とか

料理番組じゃないんだし。

ああもう。

の放送でありました。

君はマグノリアの花の如く

2014年04月11日
宝塚歌劇の売れたお芝居の一つに

「風と共に去りぬ」があって

そのお芝居の挿入歌の一つに

「君はマグノリアの花の如く」

という歌があります。

「風と共に去りぬ」のお芝居が
スキかどうかは別として
何回も上演されるので
しばらく宝塚のファンをやっていると

否が応でも
覚えてしまうのです。

「マグノリア」

なにか、素敵な花のようです。

どんな花なのか
わかったのは
去年かその前の年

マグノリアは

「モクレン」のことでした。

肉厚の花びらで
盛りが過ぎると
花びらが茶色くなって
見る影もなくなっていく
あのモクレンが
「マグノリア」」だったのでした。

ちょっと「なーんだ」

だったのですが。

でも盛りの美しさは
あの香りは、

恋する人に捧げて
「君の如く」とたとえられて
不足はないですね。




モクレンの季節も
終わっていきます。

あなまどい

2014年04月11日
きのうの演劇鑑賞会のタイトルは

「あなまどい」

なんのことがわからなかったが
晩秋になり
冬眠する穴が見つからず
うろうろしているヘビのことを言うらしい。

いつものグループの3人で
観劇していたのだが
今年一年私が見た中でも
一番面白かったし
あとの二人の先輩は
2年刊の中でも一番の作品
ということで

とにかく
おもしろかったのだ。

仇討に出て34年
戻ってきた家には
年老いた妻が。
家を預かっていた兄家族が
返すまいと策略を…。


ハッピーエンドで終わるかと思いきや
最後に来て
ドキドキする展開が
いくつもあって
「えっ!」が3回ぐらいあった。

いつもながら
役者さんがうまい。
10代から50代まで演じ分ける。
妻役の人なんてあまりにうまくて
私は別の役者さんがやっておいでるのかと
思ったら同じ人だと聞いて
本当にびっくりした。

シリアスなお芝居だが
笑えるところがたくさん仕込んであった。

私は
軽く食べて出かけたのだが
終わってから
食事に誘われ
余りにおもしろかったので
感想を共有したく
カレーを食べに行ったのだった。

誘われるって嬉しい。

誘ってくれてありがとう。

ということで
砺波演劇鑑賞会では
次回6月は「ハムレット」です。

会員を募集しています。
みなさまご覧になりませんか?

やりたいように、生きている。

2014年04月12日
今日はわりに
忙しい日だった。

だからブログを触るのが
今の時間になってしまった。

昼からは
じょうはな座の定期公演で
花筏の出演があり
混ぜてもらってきた。

別に
どっちでもいいのだ。

出ても出なくても。

でも練習に顔を出すと
人手が足りないみたいだし
その日は用事がないから
じゃあ、出ようかな
ということになる。

その1

舞台に上がるというのは
大変なことで

人前なので
間違えられない。

覚えたつもりでも、
ずーっと踊ってきていても、
ふと、次を忘れたり、
あれ?
ということが起きたりして

とにかくすごい緊張感だ。

その2

練習、リハーサル、本番、

こういう芸事系は
基本

「待つ」ことが

一番の仕事だ。

出番が前の人の練習を待つ。

あとの人の終わりを待つ。

待つ、待つ、待つ。


覚えることも大変、
待つことも大変、

でもやっているのは、
どっちでもいいのに
やっているのは、

やっぱり好きだし
楽しいからだね。

本番のステージで
間違えながら
でも、好きだなあ
だからやってるんだなあ

と思った、
本番の舞台の上でありました。



欄間

2014年04月12日

女性が消える社会

2014年04月13日
「女性が消える社会」

なんとぶっそうなタイトルでしょう。

ですが
残念ながら現実のようです。

地方から女性が消える

この資料を見ていくと
その原因は
小売業など女性の就職先が
地方からなくなっていて

働く先のある
大都市に集まっているとのこと。

それを支えるのが
シェアハウスなどによる家賃低減化

ダブルワークという
仕事を
かけもってのワークスタイルだそうです。

2040年に
若い女性が半減する地域を示した地図がありましたが
富山県は朝日町のみで
全体に中部地区は該当する市町村は
少なかったです。
むしろ
関東の山間部のほうが深刻に見えました。

去年今年と
亡くなって家がなくなったり
町のほうへ住みかえられたり
ということが
続いて

少子高齢化
を肌で感じますね。

わたしたちは
ほんとに
この事象に向き合っているんでしょうか。

どんなことか
わかっているんでしょうか。

だれか
おせえて。

春先のゴールデンコンビ

2014年04月13日
今年は桜がきれいだと
評判ですが
やはり雪が少なかったせいでしょうか。

フェイスブックも
桜の花の写真が
本当にきれいな写真が
たくさんアップされています。

暖かさもあり
寒さもあり
風もなく

桜だけでなく
椿の花も
その他の花も
今年は本当にきれいです。

家にある雪柳も
いつになく
たくさんの花をつけていました。

トイレに飾ってあった花。




雪柳と水仙。

美しい明るい色の取り合わせで
私の中では
春先のゴールデンコンビです。

新学期の小学校の教室には
たいがいこの組み合わせで
花が飾られていました。

小学校の頃の

新しい学年になって
新しいクラス
新しい先生

花を持たせてくれる
祖母のこと

この組み合わせで
いろいろなことがよみがえってきます。

しばらく
天気は続きそうですね。

花を満喫できる稀な年です。

心のゆとりがあれば。

それがなかなか。

動じない水戸光圀

2014年04月14日
井波、院瀬見のエドヒガン桜です




昼間でも
薄暗く
一人で行ったら
ちょっと怖かったです。

夜に行けと言われたら
絶対に無理です。

先日

「若さに贈る」松下幸之助 PHP文庫


若くないけど
読んでいたら
こんなことを書いてありました。

 むかしの武士がどうして偉かったかというと、かれらは幼少のころから、厳しい修行をしたからでしょう。わたしが小僧のころ、夜、店番をしながら読んだ講談本では、水戸光圀など、七つ、八つのころからいろんな修行をさせられています。たとえば、怪談やさまざまなこわい話を聞かされ、そして突然、父の頼房から、
「これから○○へ行って、獄門の首が上がっているのを取ってこい」
といわれます。光圀は、かしこまりましたといって、単身くらやみのなかに出かけて行きます。そんな風に育てられていますからものに動じません。なにか事があるとき、それがあらわれるのです。
 「船場学校に学ぶ 土性っ骨の体得」
 より

なるほど
毎週斬り合いになっても
あれだけ
落ち着いていたのは
こんな鍛えられ方をしたからなんですね。

というのはあれですが
講談のなかとはいえ
すごい鍛えられ方です。

だいたい親が甘く生きてるから
鍛えるってむずかしいよねー

と話はそこで終わりなのでした。


いろいろごめん

2014年04月15日
先日
「今夜も生でさだまさし」の
東北応援真夜中コンサートがあり

その録画を
この間からちびちび見た。

よく見ると
後ろの黒板に

「いろいろごめん
 受信料払ってね♡」

と書いてあった。

「受信料払ってね」

はいつも書いてあるのだが

今回はその前に

「いろいろごめん」が

ついていた。

会長を含めた
いろいろ騒動を指しているものと
思われる。

いろいろあったけど
辞めそうにないし
辞めさせそうにないし

これからの
世の中は
いろいろ騒動を起こせるぐらいの人でないと
やっていけないのだろうか。

小保方さんにしたって
ノートはきちんと取れないけど
取れなかったからこそ
人には思いつかない方法が
思いついたのだろうか。

最近
ぐらつきますよ、

自分の判断基準なんて
いろいろあると
ぐらついて
ぐらついて

ぐらんぐらん。


泣かないと科学的

2014年04月16日
笹井さんの会見を
もちろん見ました。

初めの方だけですが。

昼の番組で
超エリートと繰り返されていて
超エリートがどんな人だか
見てみたかったのです。

ザッピングしてみましたが
テレビ放送していたのは
ミヤネ屋だけで
NHKでさえ放送していませんでした。

「ごきげんよう」を深夜枠にまで
追いやった
小保方さんの注目度と
まったく違いました。

確かに
泣きそうになかったし
落ち着いていらして

話の雰囲気が
科学的でした。

泣いちゃうと
「科学」が飛んじゃうね。

いちおう
みなさん出揃いました。

裁きをする方は
ちゃんと
筋を通すことが大事だよね。

利権、いや、
理研のみなさん

がんばってね。


食用の犬

2014年04月16日
エスキモーが
犬ぞりに用いる犬は

食料がなくなった時には
食用になることが

今日のNHKの
歴史ヒストリアで
わかった。

この間も
11万羽のニワトリが
人の都合によって
命を閉じた。

食用になるから
どうせ同じ

と思うんだけど

でも
ごめん、

だよね。


鶏舎の方々も
どれだけの
ショックがあったことか。

殺す係りの方も。

同等の命を
何もできずに

考える。

桜の年

2014年04月17日
いつまでも
たくさん
きれいな
今年です。

今年は
花びらの量が多く
風もなく

地面も例年と違います。




50何年生きてきて
こんなきれいな年は初めてです。

父も
空から見ているかな。

吉川英治

2014年04月17日
時代小説の大家で
シリーズもので

「吉川英治」という名前の本が
並んでいる
そういうのを
図書館で見たような気がします。

作品を見ると

「新書太閤記」
「鳴門秘帖」
「新三国志」
「江戸三国志」
「宮本武蔵」
「新編忠臣蔵」

など大河ドラマの原作になってそうな
タイトルがずらりと並んでいます。

吉川英治さんの年表を見ていて
目を引いた一行がありました。

1930年
家庭不和から出奔、温泉地などを転々として暮らす。

という一行でした。

「出奔」ていうのが
いいですよね。

温泉地を転々として暮らすなんて
今の時代から思えば
優雅。

今は人気作家がそんなことをすると
素人に見つかって
SNSにアップされて
続かないでしょうね。

そのあと
正式に離婚され

再婚
子どもにも恵まれ
家庭を築かれました。

吉川英治について


いい男は逃がさない

2014年04月18日
今日の8時からの
NHKテレビは東海枠で
アーカイブスの白川郷の特集だった。

合掌造りの屋根の葺き替えを
業者に任せずに
「結」という地元の力を借りて
何百人の人でやるという
大変な仕事を
録画して残してあった。

一番最新の
2000年だったか
長瀬家の
屋根の葺き替えを
NHKスペシャルが記録していた。

名前忘れたけど
善五郎さんだっけ、
若いのに昔風の名前の付いた
彼が結いを取り仕切って
葺き替え事業をやることになった。

16の時に白川村を出るが
何のためらいもなく
後を継ぐ者と決めて
20歳のときに戻ってきたという。

およめさんをもらい
娘と
両親の5人暮らし。

お母ちゃんが

「およめさんがおいでていいちゃ」

という。

そうなのだ。

彼は
いい男だったのだ。

「いい男やからじゃない?」

といったら

「やっぱりそうやねえ」

と言っていた。

「いい男」というのは
入っている魂も含めて
見た目がいいのだ。

吉祥天さんが書いていらしたけど

いい男を
女は逃がさない。

たとえ多少の不便があろうとも
逃がさない。

逃がさないのだ。


笑えるうちに

2014年04月18日
先日
お茶のお手伝いで
町の高齢者福祉施設へ行ってきた。

以前
見学で見せていただいたことがあったが
素通りのように
さっと過ぎただけだった。

それからもう
だいぶ経っていて
久しぶりに高齢者施設のなかへ入った。

お茶を飲んでいただくということで
1時間半ほどを
食堂で過ごした。

入所者のみなさんは
表情が少ない。

話しかけられて
返事をされる方もいらっしゃるが
ほとんどは
無表情で
一点を見つめていらしたり
下を向いていらしたり

そういうことだ。

中には
以前私が中央病院でリハビリを受けていた時
一緒にリハビリを受けていらした方も
お見えになり
その方も以前と比べて
表情がなくなっていて
残念な気持ちになった。

どんな老後が自分に来るのか
わからない。

あまり笑えなくなる日が
くるかもしれない。

笑えるうちに
いっぱい笑っておきたいなと。

そのためには
気の合う仲間と
愚痴を言い合うそういうのも大事だと
今から連絡するところです。

一人で踊る麦屋節

2014年04月19日
あすは
親戚の結婚の祝いの会がある。

先日本人がおいでて
何か出し物を出してもらえないかと
話があり

むぎやなら踊れるけど

と言ってしまった。

がんばって
無理をしてしまう
パターンです。

衣装は借りてきましたが
考えてみたら
着付けはいつも
やってもらっていて

袴がはけないのでした。

とりあえず今から
お母ちゃんに聞いて
練習します。

着物から着替えて
むぎやの衣装を着けて
また着替えて

それにむぎやは
4題目まであるのだが
大勢で踊ると隊列を変えて
少し変化もあるのだが

一人で4題なんて
見ている人は飽きるに決まっている。

何で引き受けたんだろう
何で引き受けたんだろう
何で引き受けたんだろう


うじうじ
絶好調です。

いつも引き受けながら

「何で引き受けたんだろう」と
同居しています。

もっと自分に
引き寄せたい。

がんばります。



親に聞くむずかしさ

2014年04月19日
娘は

6時過ぎに家を出ていく。

毎朝
眠いのと
時間がないのと
バタバタと出ていく。

春になって
娘の靴が変わり
パンプスになったのだが

足首のところに
細いベルトを回して止めるようになっていて

朝の忙しい
一秒でも惜しい時間に

屈んでベルトのボタンを留めるのに
時間がかかっているので

「あんた
 もうちょっと履きやすい靴
 買うてこられ、
 そんな靴時間かかってダメやわ」

と言ったら

「わかっとる。
 そうしようと思とったがに
 そんなわかっとること
 言わんといて」

と言われた。

何もそんないい方しなくても
と思っていたが

さっき
母に袴の結び方を教わっていたら

それは違う
そこが雑だとか

いちいちいちいち
いちいちいちいち

うるさい。

あーうるさい。

教わっておきながら
いうのもなんですが。

親にものを教わるのは
むずかしいです。

わたしもあんまり
言わんとこう。


丁稚

2014年04月20日
結婚式場から帰ってきて
飲み直しということで
新郎側の親戚の集まりがあった。

司会をした叔父は
緊張して
披露宴の間は
ほとんど飲み食いができなかったので
みんなで
お疲れさまでしたと
どんどんすすめた。

話好きで
話のうまい叔父の話はいろいろに広がる。

中学校を卒業して
すぐに
福光の鉄工所に奉公に出た。

朝の6時から夜の10時まで仕事
そのあと仕事で使った
エプロンを洗わねばならない。
1個30円の石鹸で洗うのだが
夏場はいいが
冬場は手がかじかんで
大変だったという。

しかし親方が厳しい人で
エプロンの汚れが残っていると
だらしがないと怒られるため
寒さの中でも
洗わねばならなかった。

言葉より先にものが飛んでくる。
頭は傷だらけだという。

10時まで仕事なので
12時より先に寝たことがなく
毎朝5時には起きなくてはいけなかった。

そんな丁稚奉公を
11年続けた。

なぜなら
勉強は嫌い、とりえもない、
とにかく技術を身に付けないと
生きていけないと思ったから

なにがなんでも
辛抱しなければならなかった。

今は労基法があって
そんなとんでもない働き方はできないし

会社自体の方向が間違っている
ブラックな会社を
応援する気はないが

でも
叔父の話を聞いていて

働くとは
何かを身に付けるとは

そういう時期がないと
自分の中には
入ってこないのかもしれない。

結婚式終わる

2014年04月20日
麦屋節は
思っていたより
喜ばれて
幸せでした。

だいたい
あの衣装が
いいですのよね。




これは以前の写真ですけどね。

男性麦屋節の衣装をつけて通るだけで
会場係のお姉ちゃんが
はっとして喜んでくれるんですよ。
おばちゃんの私が着てても。
まっでうれしいわ。

私は新郎側の親戚として
結婚式に出ましたが
わたしより
少し年上で
もう結婚はないかも
と思っていたので

今日の晴れの日は
親戚みんな
喜んでいました。

年を重ねての二人の結婚は
味わいがあります。




おめでとうございました。




同級生

2014年04月21日
きのうの結婚を祝う会は
富山のホテルで
ありました。

きのうも書いたように
余興に
麦屋節を踊ろうと

披露宴出席者のための
着替え室に
行って着替えにいくと

他の方の着付けのために
着付けの方が待っていらっしゃいました。

「ちょっと場所をお借りします」と
わたしは紋付き袴に着替え始めました。

すると
「はれあたまさんでない?」

とどこからか声がします。

え?

とびっくりして
振り向くと
先ほどの着付けの方が
おっしゃっていたのです。

城端の方ですので
むぎやのかっこうをしていたので
わかったとのことでした。

私はすぐには誰だかわからなかったのですが
「はれあたまさんですか?わたしはSです」
と旧姓をおっしゃてくださって
同級生だとわかりました。

そう言われれば
大きな瞳や上品な顔立ちに
面影があります。

久しぶりだね〜ということで
沢田研二を見に行っただの
少し
昔話に花が咲いたのでした。

その頃は
友達というほどではなかったけど

こうやって
思いがけないところで会うと
うれしいし
心強いものです。

Sさんは脱ぎ散らかした私の着物を
畳んでくださいました。

今はもう
お孫さんもいらっしゃるということで

みなさん
それなりの
人生を
あゆんでいらっしゃいます。

同級生というのは
「同士」ですね。

一緒に過ごした時間が
何かを共有させてくれています。

余興が終わって
着替えに戻ると

彼女は
お客様の留袖を
手際よく
美しく着付けておいでました。

いい年の取り方を
していらっしゃるなと思いました。

ありがとう、
元気でね


別れました。

船長の行動

2014年04月21日
連日
沈島での海難事故の報道が続く。

報道を聞く限りは
数々の
落ち度が重なり
「人災」と言って
憚りない様子だ。

船長が乗客を救わずに
先に逃げてきてしまったと
船長がテレビに映らない日はない。

日本だと
被疑者の顔を出すようなことはしないけど
韓国は
カメラの前に
さらされるのですね。

多分
海難事故訓練も教育も
まったく
受けてなかったのだろう。

どうしていいのか
わからなかったのだろう。

私も
いざという時に
めっちゃ弱い。

自分が命を落とすかもしれない
という時に
命を捨てても
と我慢できるだろうか。

お菓子が足りなくなって
ちょっと我慢する

というのと
わけが違う。

助かりたい
と思ってしまわないだろうか。

船長は
無理かも。

彼には
ずっと指を指されながら
生きなければいけない
人生が続く。

日本のテレビも
ほかの国の落ち度を
繰り返し言っても
すっとするのは
その時だけですからね。

アベノミクスにもかかわらず
貿易収支は
最大の赤字、

中国にタンカーが差押えらるわ、

そっちはどうなのって
思うから
また教えてね。

胃痛

2014年04月22日
朝起きた途端
胃がさしこむ痛みが来た。

きゅーっと
胃が掴まれるような、
離して離して
と言いたくなる
あの痛みです。

しばらくすると
落ち着くのですが

動くと
また痛くなり

薬箱にあった
市販の薬を飲みましたが
症状はあまり改善しません。

仕事場に行きましたが
普段以上に
はかばかしくなく

今日は大腸もお休みのようで
水分吸収を停止しているような状態で

何回もトイレに行きます。

結局
少し休むことにしました。

自営業というのは
甘えていますね。

はい、休ませてもらいました。

午後2時をまわった辺りでだいぶ回復し
出来る範囲の仕事をしました。

元気で
働けるということは
ありがたいですね。

飲み過ぎに気をつけようと
思いました。

何となく最後まで

2014年04月22日
少女がハットにコインを入れた時、奇跡が起こった

最近よくある
何とかっていう
あれですよね。

わかってるんだけど
どこまでいくのか
最後まで
見ちゃいました。

すばらしかったです。

このページの下の
神父さんのプレゼントというのも
見ましたが
粋な神父さんですね。

シンガポールでの結婚式の
お説教は
30分以上はありましたね。

真剣に長かったです。

意味はほとんどわかりませんでしたが
みなさん
真剣にきいていらっしゃって
宗教との近さを感じました。

ということで

お休みなさい。


女性の貧困

2014年04月23日
先日
「地方から女性が消えていく」
というブログを書きましたが

地方の仕事がなくなって
女性が都市部に流れつつあり
ひとりで
仕事を二つも三つも掛け持ちして
働く女性が増えている
ということでした。

その流れの話になります。

「今、働く世代の単身女性の3分の1が年収114万円の暮らしを強いられている」

ということであります。


〜深刻化する“若年女性”の貧困 あしたが見えない〜 

では風俗業が
託児所を準備し
シングルマザーのセイフティーネットになっている
現実が書かれてありました。

これが大いに反響を呼び
今回のNスぺの企画になったようです。

他の記事を読んでみると
風俗業も厳しくなっているそうで
潰れるところも多いそうです。

少子化とか
言っていますが
こんな現実を何とかしないと
どうにもならないでしょうね。

自分がそれに対して
今何をするわけではないのに
こんなことを
書いていてもしょうがないですが

書いています。

クローズアップ現代の中に
高校を卒業しても
正規で働ける女子は48%ととあります。

高等学校卒業予定者の就職内定率ランキング

を見ると
女子の高校卒業予定者の内定率は
78%になっていて
これには派遣とかも含まれてそうなっているのか
よくわからないのですが

それにしても
富山県は女子内定率石川、岩手に次いで
3位ということで
ありがたいことです。


仕事、

仕事だよね。

まとまらずに終わります。



ワインはあり得ない

2014年04月23日
当時の女子寮で
ワインを薬と間違えて
がぶ飲みするなど
考えられない。

花が酔っぱらった今週の事件は

「赤毛のアン」の中の
アンが腹心の友、ダイアナ・バーリーに
ジュースと間違えて
ワインを飲ませ
ダイアナが酔っぱらってしまい
バーリー家に出入り禁止になる
あの件を
この話に
無理やり
ねじ込もうと
しているように思えて

ちょっとこれは
無理なんじゃね?

と思っている
視聴者がいることを
忘れないでくださいね。

原作を読んでいらっしゃる方
本当にこういう逸話があるのでしたら
教えてくださいね。

花の爺ちゃんも
マシュウにあてているのかもしれないけど

私にとって
アンより
マシュウのほうが
もっといじってほしくない人なのだ。

石橋蓮司は
私のマシュウほど
枯れてないんだよ。

引き当てるのは
やめてよ。

っていう
視聴者がいることを
忘れないでくださいね。

はま寿司以上みんな同じ

2014年04月24日
娘が東京にいた時だから
もうおととしになるけれど

高岡駅まで
送りに行く途中で
「はま寿司」という回転寿司屋に
入った。

新しいお店で
安くて
美味しかった。

どうして
こんなに安くておいしいんだろうと
思った。

富山で食べた
きときと寿司もおいしかった。

吉祥天さんが
「すきやばし次郎」について
書いていらっしゃいましたが

わたしは
もちろん
行ったことないので

どんな味がするのか
想像してみる。

想像してみるけど
お寿司はお寿司だ。

お寿司はみんなおいしい。

はま寿司とか
きときと寿司の味しか
思い浮かばない。

はま寿司以上みんなおいしい。

同ランク。

という
お寿司がいかにおいしいか
についてでした。

「人間だもの」

2014年04月24日
きのうですが
会社の朝の打ち合わせで
気安く請負いながら

すっかり忘れてしまった

ということがあった。

それは電話掛けで

相手があると
一瞬
後回しにしてしまうことがあり

そのまま
忘れてしまうのだ。

いや、
まったく忘れてしまうわけではないけど

まだいいだろ

まだ余裕があるだろ

とじりじりと
後ろへ行き

そのうちに
忘れてしまう

という様式です。

幸いというか
きのうは
みんなに
軽微ながら
似たようなミスがあり

まほろばちゃんは

「人間だもの」

と慰めてくれました。


いい言葉ですね。

素直に慰められます。


私も次に使おう。

相田みつをさん
ありがとう。

しかし
いつまでも
「人間だもの」を
繰り返すわけにもいかないので

聞いたら書く
頼まれたら見えるところに書く

など
工夫していきたいと思います。

っていうのも
書いておかないと
忘れちゃうからね。

メモ、メモ。

メモが世界を救う。



在所の火事

2014年04月25日
今日は寄合の日で

寄合をしていたところ
火事の知らせが入った。

「蓑谷」と聞いて
ドキッとした。

番地を聞いて
うちと離れていることが分かったが

もちろん
よく知っている人なので
心配になった。

たまたま
寄合をしていた部屋はガラス張りで
煙が出ている方向が
よく見えた。

たしか
3時半ぐらいだったと思うが
それが
煙がいつまでたっても消えない。

鎮火は4時21分ということで
かなり長い間燃えていたことになる。

火は隣に燃え移り
隣家まで
焼けてしまった。

幸いにして
けがややけどをした人は
なかったようだ。

ですが

気が重い。

原因はまだわからないが
火が怖いことは
ほんとによくわかった。

気をつけるより
ありません。

うまく
収まっていきますように。


ひりおる風

2014年04月27日
今回の在所の火事は
在所民にとっては
東日本大震災以来の

ショックな出来事だった。

原因がたき火というのも

母が言ったのだが

「残念」というしかない。

この季節、枝を始末するのに
火を焚くことも
あるのが地域の実際だ。

私も以前に
火を焚いて
小学生の娘に見張りをさせたのだが
傍の木に燃え移り
通りかかった方が
消してくださった

ということがあった。

ひやりとしたことは
多くの人が経験していると思う。

今回は
不幸なことに
大火になるまで
注意が払われることがなかった。

こんなこともあるのだと
改めて
気を引き締めなさいと

教えられた。

母は朝は風がないが
昼になると
「ひりおるかぜ」(「昼の折の風」がなまって)
が吹いて
気をつけねばならないのだという。

そんなことも
今度
母から聞いて

知らないことが
いっぱいあるのだと

気をつけようと

そういうことです。

多くを教えられた
出来事です。

才能は見い出される

2014年04月27日
先週のNHKあさいちのゲストは
綾野剛で
そうなると録画して見ることになる。

映画の宣伝もありました。

「そこのみにて光り輝く」
6月7日よりフォルツァ総曲輪で上映されます。
見たくなりました。

綾野剛さんのデビュー作は仮面ライダーで
23テイク、撮り直したそうで
(テイクというのは回数のことらしいですが)

光るものがあり
見出す人がいて
ちゃんとそれが見い出された
ということですね。

才能があれば
必ず誰かの目に止まり
活躍している人は
そのチャンスを逃がさない
ということでしょうか。

世界的な指揮者
佐渡裕さんは
まさにそうですよね。

ですから
誰の目にも止まっていないというのは
才能がないということで
安心して
凡人になっていればいいわけです。

安心。

その23回撮った
監督さんが
ビデオメッセージで
綾野剛さんに

「可もなく不可もない仕事をするな」

とおっしゃっていました。

「可もなく不可もない仕事をするな」
「可もなく不可もない生き方をするな」

刺さりますね。

アサイチでほかにも映画が
紹介されていました。

チョコレートドーナッツ

これも面白そう。

これもフォルツァ総曲輪に来ますよ。

楽しみですね。

春の到来

2014年04月28日
先日
部屋で掃除機をかけていたら
テーブルの下に
2センチほどのかたまりがあって
掃除機が吸い込んだ。

ゴミは
持ち手の途中にたまるようになっているのだが
何だか生臭い。

生臭いゴミというのは
いやな感じである。

生臭さの原因を確かめようと
掃除機を止めてみてみると

果たしてそれは
ネズミの頭だった。

うちの猫の仕事です。

春になって
毎日
真剣に石垣の間を見ています。

春ですね。

今度からは
頭も残さず食べてほしいものです。

金を集める力

2014年04月28日
みんなの党の渡辺嘉美代表の
8億円騒動は
代表をやめることで
ひと落ち着きしている。

この騒動の時
きっぱりと白黒を言う評論家もいたが
はっきりとした物言いをしない
人たちも多かった。

中でも

「金を集める力のない人に
 渡辺をどうこう言う資格はない」

と言い切る人評論家がいて
印象的だった。

新党を作るというのは
べらぼうにお金がかかるそうだ。

そのお金を工面して
新党を作って
毎回実績を積み上げ
ここまできたのは
大したものなのだ。

お金を稼ぐのが
うまい人もいれば
お金を引っ張ってくるのが
うまい人もいる。

地域の中でも
(お金が)あるところからうまく引き出して
物事を進めていける人がいる。

やっぱり
それはとてもかっこよくて
誰でもできることじゃない。

そして
それは
清廉潔白より
裏表がないより
人を
惹きつける。

最近
国債の赤字額について
ときどきテレビでやっています。

渡辺さんが言っていた
改革を早くやらないと
大変なことになりそうです。

もうこうなったら
どんな人でもいいです。

日本のために
がんばってくださいね。


たまたま

2014年04月29日
この前、柳家小三治の「まくら」を読んだら、
そう言えば、小三治もいい年になったし、
ここいら辺で聞いておかないと
聞けず終いになるかもしれないと
心配になり、
そうするとどうしても聞きたくなり、
小三治のスケジュールをネットで見ると
4月29日に入間市市民会館で独演会が
あるとあり、
オークションを探すとほとんど定価の
一枚があり
入札してみたら落札の運びとなり、
電車の切符を買い、
二日前に
家人に
すみませんが留守にします、と言い
ちょっと嫌な顔をされ、
それをスルーし、
そうしてやってきました。

小三治さん、まだまだ元気そうでした。

これから映画を見て帰ります。

想像力

2014年04月30日
先日
ある集まりに人が足りなくて

私の友人に
声をかけた。

彼女はそんなに出好きでないことも
わかっていたのだが
人数が足りず
背に腹は代えられなくて
電話したのだった。

私の話を聞いて
いっかな気が進まない様子だったが
頼む私に

「あんたが私に頼むのは
 よっぽどのことやろうから
 行くちゃ」

と言ってくれたのだ。

私が頼むのはよほどのことだから
自分の事情より
私の事情を考えてくれた。

考えてやっぱりやめた
じゃなくて
「行く」
といってくれた。

相手の立場に立って考える、
これこそ
「想像力」だと

思ったのでした。

今日はその集まりがあって

最後に

悪くなかったよ

と声をかけてくれた彼女。

長い長いつきあいです。

とにかく
ありがとう。

助かりました。


「痛い」就活

2014年04月30日
「何者」 朝井リョウ 新潮社





朝井リョウの直木賞受賞作品

朝井リョウは娘の一個年上
就活が舞台になっているこの話は
娘の就活話と重なって
大変さが実感できながら
読めた本でした。

数十枚のES(エントリーシート)
を書き
先輩を探し
面接、
とくに集団面接というのは
もろに
隣の人と比べるので
きついですよね。

とにかくきつい。

自分を表現しなければいけない、
それがうまくできなければ
「痛さ」になって
自分に返ってくる。

いろんなタイプの痛さがあって

就活をバカにする痛さ
就活のためにボランティアをする痛さ
売り込まなければならない痛さ

内定しても
エリア職という痛さ
ブラックかもしれないという痛さ
先行き厳しい業界という痛さ

ほんとに大変ですよ。

いつの間にこんな世の中になったんだろう。

若い人たちを
こんなところに追い込んじゃったんだろう。

と反省したくなりました。

最後に
ぐあーっと
どんでん返しがあって

おもしろい一冊でした。

電車の中でやっと最後まで読めて
おもしろくて一人で興奮してました。
作者 : はれあたま

 かなり生きてきて、でも、生きてきた中で今が一番楽しい気がしています。ブログに参加することでもっと楽しくなればいいなと思ってます。

2014 年
11
12
2013 年
2012 年
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
1
2
3
4
5

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。