nanto-e.com archive

はれあたまダイアリー

いつも楽しく読ませていただいてきました。ちょっと自分でもやってみようかと思いました。

思わず撮る写真

2014年10月01日
東京からの帰り
私は真ん中の島に座っていて
うつらうつらしていると

何となく左側が騒がしく
窓際の人がカメラを構えているのがわかる。

左側に座っていた連れに
何かと聞くと

御嶽山が見えるとのことだった。

晴れた日に
山に煙が立ち上る。




灰のせいか山全体が黒く見え
何事かが起こっている山に見えるのだった。

今この山で起こっていることを考えると
不謹慎にも思うが

写真を撮りたい気持ちが勝ってしまう。

そして
見てほしいという
気持ちが湧いてくるのだ。

気持ちが
右に振れ
左に振れ

毎日の
ブログは続くのであります。

万能らっきょう酢

2014年10月01日



突然ですが
ここで問題です。

1、鶏そぼろちらし寿司
2、ゆで豚サラダ
3、サンマ煮着け
4、あさり味噌汁
5、デザート 米粉餡を果物にまぶして

この中で
圧倒的においしかったのはどれでしょう。

この料理はすべて
JAの
らっきょう酢、五倍酢が使ってあります。

1、は酢飯のもととして

2、はドレッシングとして

3、はみりんとらっきょう酢だけで
 お醤油を使わずに煮てあります。
 サンマを酢水で洗うと臭みが取れて
 美味しさが違うそうです。

4、あさりは酢を入れた水で洗うと
 生臭さがなくなり
 お味噌にほんの少し酢を入れると
 塩味が薄くて済むので減塩になるんですよ。

5、米粉、砂糖、水を火にかけてとろみが出るまで混ぜ る。火からおろし酢と塩を少量加えたものを、お好みの果物と混ぜる。秋田の郷土料理だそう。


さあ、この中で
圧倒的に一番においしかった
ディッシュは何番でしょう?



添加物とかいろいろ

2014年10月02日
なんとブログにしろ
フェイスブックにしろ
その人なりの記事の
特徴があって

フェイスブックの友達の中に
体に害のあるもの情報を
ずっと
書いてくださる方もいらっしゃいます。

添加物
砂糖
その他いろいろ

読んでみると
確かに恐ろしく害がありそうです。

世界に比べて
日本は添加物の基準が甘いとか
砂糖は
タバコより体に悪いとか

確かにそうかもしれませんね。

砂糖は
無理です。

リームー。

この世の楽しみを奪わないで。

添加物もいっとき
神経質になった時期がありましたが

添加物ありがとう

というタイトルで以前書いたように

大勢の人に
おいしそうに
長期的に
食べてもらえるように
生まれてきた添加物。

昔の時代なら
口にできないようなものも
添加物のおかげで
食べられるようになった。

つまり
私たちはそういう時代に
生きているということです。

余裕のある人は
添加物を避ける生き方をされればいいし、

そうでないひとは
それなりに
時代に沿って受け入れていく

そういうのも
悪くないと思うんですよ。

とにかく
今の日本は
他の地面と比べても
ほんとに平和で

どの時代と比べても
いい時代です。

その時代に
食べるもの食べて
飲めるもの飲んで
見られるものを見て
聞けるものを聞いて

平和ってすてき。

どれが一番おいしいか

2014年10月02日
どれが一番おいしいか
という質問でしたが
答えがないのは

たぶんどうでもいいからでしょう。

そうです。
みんなおいしいし
どれがおいしいかなんてどうでもいいのですが

一番おいしかったのは
(ドドドドドドドドドド… ドラムロール)

サンマの
らっきょう酢煮でありました。

お醤油使ってないのに
とってもおいしいの。

ということで
今日はサンマを買ってきました。

酢洗いして

らっきょう酢煮を作ってみます。

すると

質問して
答えて
実践して

おもしろいかどうかは別として
3回書けることになりますね。

ということで

夕飯づくりに向かいます♪

早い安いうまい

2014年10月03日
地元のスーパーセフレで
イカの頭と足をまとめて
5組のパックが
わずか200円で売られている。

これを
みりんと醤油で炒めて
一味を振りかけたのが

うちの人も娘も私も大好きで
幸せ度がぐんと増す。




かねがね
イカは
本体よりも
げそのほうが
ずっとおいしいと思っていて

そのことに気づいた
売り手側が
げその値段を上げたらどうしよう

とびくびくするぐらい

げそのこりこり感を愛しています。

みなさん秘密ですよ。
げそが
めちゃめちゃおいしいことは。

サンマのらっきょう酢煮

2014年10月03日



出来上がりました。

これはサンマ3尾を
頭とはらわたを取り
酢水で洗い
(一度酢水で洗うと仕上がりが全然違うそうです)

1尾を5つにぶつ切りして

らっきょう酢 110 CC
みりん     40 CC

を入れ
ひたひたになるくらい
水を足し

途中で生姜の千切りを加え

40分ぐらい煮ました。

飴色になって
醤油を使っているみたいに見えますが
らっきょう酢とみりんだけです。

まほろばちゃんも
美味しいと言ってくれて
自分のうちでも
作ってみるとのことでした。

中骨も食べられるくらいの
感じになります。

数日もちそうですし
常備菜に
いいと思いますよ。

ということで。
寄合があるので
これを置いて
出かけてきます。

あしたもなんまぶ販売

2014年10月04日
明日は
トレイルランとかがあるそうで
ゴール付近の
富山銀行の前場で
なんなんまぶまぶを売らせていただきます。




トレイルランに
台風も参加されるようで

通りがかりに寄って行かれるようです。

もちろん
どなたにでも
お分けしますので

買いに来てくださいね。

台風の前に
お越しくださいね。

売るほどあります。

やっぱり親

2014年10月04日
今日は万華鏡の次号の取材だった。

時には名の知れた方もいらっしゃるが
万華鏡は
あえて
知られていない方を
取り上げることもあり
今回も
どうしてこの方なのだろうと
思いながら
出かけていくのだが

話を伺っていると
どうして
この方が選ばれたのか
わかってくるのだ。

そういう方に
2時間ほど話を伺うと
異次元の世界にいたようで

帰りの車の中は
なるほどねえ
とその人の世界観を
味わいながら
帰ってくるのだ。

どうして
そんな(すごい)ことができたのか。

その価値観は
どこから来たのか。

辿り着くのは
いつも

です。

教育なんて
親がすべて
です。

271号の
元KNBディレクターの
金沢敏子さんの
ご両親の話も印象深かった。

戦後
朝鮮から引き揚げて
入善町に戻ってきたご両親は
唐津屋を始められた。
祭りになると
香具師にまじって
出店で寅さんのように口上を言いながら
茶碗を売るお父さんが
小学生の敏子さんは
恥ずかしくて仕方がなかった。

そんな仕事止めれんがけ

と言う敏子さんに

敏ちゃん
仕事に貴賤はないんだよ。
お父ちゃんは一生懸命仕事をしているから
恥ずかしいことは何もないんだよ。

とおっしゃったという。
子どもに仕事が恥ずかしいと言われ
激することなく
諭されるお父さんは
すごくないか。

お店に来る人は
いろいろな人がいたが
お父さんもお母さんも
どんな人も差別することなく
昔でいうお乞食さんには
お金を渡されることもあったという。
ご両親の仲がとてもよかったというのも
印象的でした。

ということで
わが子は
親を映す鏡です。

だから
ありのままを
受け入れていくのが
できることのすべてです。

ごめんなさい。







3人

2014年10月05日
なんなんまぶまぶを売りますと
ブログで
告知します。

何も反応が
思い当たらないことがあります。

でも
今日は
ブログとFBで

あさぎりさんが
お越しくださり
他の方がお越しくださり

それが3人を超えると
やったー!と思いますね。

自分がやってることなんて
狭い小さな世界です。

でもそれが誰かの世界と重なり合う。
それがブログで
自分が話したことで、

そんなすばらしいことは
うれしいばかりです。

袖擦り合うも多生の縁

少しずつ触れ合う
縁の量が
その人の人生の
幸せの量を決めているのかもしれませんね。

なんまぶ販売場所変更

2014年10月05日
瑞泉寺門前に変更になりました、
今先頭の方がゴールなさいました。
皆さん応援に
お昼を兼ねて
瑞泉寺山門前に起こしくださいね。
さっきあさぎりさんが
買いに来てくださいました。
うれっすいわー。

忙しいとか忙しくないとか

2014年10月05日
人がもっている時間は
みんな一緒だし

その時間を
その人が使いたいように
使っているだけで

忙しいとか
忙しくないとか

本来は
ないはずであります。

だから
忙しく見えるということは
「心を亡くしている」
状態ということで

忙しいでしょう

と言われることは
反省した方が
いいかもしれませんね。

忙しくないように
見えたいものです。

という反省。

若手の台頭

2014年10月06日
土曜日は
社中の若手主催による
お稽古日でした。

流派の支部で
どこも会員が固まりつつある中で

うちの社中は
どんどんと若い人が入ってきて
しかも
みんな熱心。

京都である研修会にも
みんなで楽しみながら参加して
互いに楽しみ、競い合っておいでます。

今回は
年寄り組がお客さんで
若手組がモテなす側。

あー、
みんな上手になってるなあ。

くやしいです。

くやしいお茶会でしたよ。

でも
そういう新しい風が吹いていて
若い人と一緒に
学べる環境にあるって
幸せです。

伸びている
先にいる人を見るのって
目の保養になります。

前にも言いましたけど
うちの社中は
美人ぞろいでも
名を馳せています。

あなたも
一緒に
お始めになりませんか?

男子生徒だって
熱烈歓迎。




災害が続きます

2014年10月06日
昼に茶の間に行くと

静岡市がべったりと
水に浸かっている様子が
テレビに映し出されていた。

この間の御嶽山の爆発の
悲報から
そんなに時も経っていないのに

また
このような災害だ。

気候が変化して
以前と
雨の降り方が違っているのは
身をもって感じているし
これからが気になります。

ですが
昔から
日本は災害の国だったようです。
万華鏡264号
《高志の群像》シリーズで
折谷隆志(おりたにたかし)さんに
お話を伺いました。

折谷先生は
稲の交配の研究をなさっており
モンゴルやアフリカなどに
適した種類を研究していらっしゃいますが

先生が見せてくださった
資料を拝見すると

日本は
ずっと
飢饉の連続の国だったことが
よくわかりました。

想像しているより
大きな飢饉に何度も襲われていて
日本は
何度も飢えた国でした。

飽食だの
コメ余りだの

ほんのいっときの
夢のような
一瞬に過ぎないことが
よくわかりました。

食料の確保は
とても大事です。

現実には
農業というめんどうを
できる人が
高齢化と少子化で
アウトです。

国は営農組合の
法人化を進めているようですが
採算の合うような
田んぼなんて日本には
そうありません。

ここで書いているだけで
袋小路なのに
国はどうするのかなあ。

ほんとに。

ミョウガも最終。

もう最後だと
いっぱい花を咲かせていました。







ウォシュレット

2014年10月07日
ウォシュレット
というのは
商品名かも知れないが
もう広く行きわたっている感がある。

先日
ある人と話していて
泊まった旅館があまり思わしくない
旅館だったことのひとつに

「ウォシュレットもなかった」

というのがあって
やっぱり
旅館はそれぐらいは欲しいよね

という話になる。

ところが
そこで話がいろいろ広がるのだが

お尻を洗ってしまうと
肛門のところで
雑菌退治にがんばっている
大切な菌まで
流してしまうらしく

最近
大腸がんが増えているのは
そのお尻の菌が流されるせい
という考えもあるようだ。

清潔にしようとして
病気になるのも
今 ならではの
病気と言えるだろう。

ウンチをするたびに
お尻を洗おうか
洗うまいか
最近迷うようになった。
迷って
結局どうしているかは秘密。

何かが良くなれば
何かに不都合が起こる。

河合隼雄さんが
どこかに書いていらしたが

二つよいこと、さてないことよ。

なのだ。

ありがとうございました

2014年10月08日
あとしばらくですので
最後まで
続けたかったのですが

私の心は
石でできていませんので
引っ越すことにしました。

わたしは
なんとブログの書き込みは
全部読ませて
いただいてきました。

私のことを
書いていらっしゃるのかな
と思うこともありましたが

そうではないかもしれないし
自分のこととは
思わないようにして
やってきました。

書いていらっしゃる方の
詳しいお仕事内容も知らないし

誰かを狙ってとか
そういうことは
政治家以外は
避けてきました。

ということで
とりあえずはここに引っ越します。

はてなダイアリー

カウント 333333
を目指してきたので
それがちょっと残念。

あとしばらくですが
なんとブログの盛況を
祈念しております。

作者 : はれあたま

 かなり生きてきて、でも、生きてきた中で今が一番楽しい気がしています。ブログに参加することでもっと楽しくなればいいなと思ってます。

2014 年
11
12
2013 年
2012 年
2011 年
2010 年
2009 年
2008 年
1
2
3
4
5

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。